Android One S5の実機レビュー!低価格でもスペックの高いスマホ

Android One S5の実機レビュー

 

ワイモバイル(Y!mobile)から発売されているAndroid OneSシリーズの最新作がAndroid One S5です。
低価格帯のSシリーズではありますが、最新機だけあって性能はかなりアップしています。

 

カメラ性能も十分に高く、満足できるスペックを持っているスマホです。

 

このページでは、Android One S5のスペックや使い勝手、カメラ性能などの実機レビューを行います。
Android One S5の性能や評価が気になる方、ワイモバイルの端末選びの参考にしたい方はぜひご覧ください。

 

 

Android One S5のスペック表

まずAndroid One S5のスペックを紹介します。

 

サイズ 約W71×H148×D8.1mm
重さ 約149g
バッテリー容量 2,700mAh
CPU SDM450(オクタコア)1.8GHz
ROM容量 32GB
RAM容量 3GB
対応外部メモリ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 5.5インチ IGZOディスプレイ
解像度 2160×1080

(フルHD+)

メインカメラ 約1,200万画素
サブカメラ 約800万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
耐衝撃 MIL-STD-810G準拠
おサイフケータイ 非対応
指紋認証 非対応
Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver4.2
VoLTE(HD+)/VoLTE/HD Voice(3G) 対応
カラー クールシルバー

ダークブルー
ローズピンク

 

Android One S5は今までのSシリーズに比べると、かなりの性能アップをしています。
また後ほど紹介しますが、CPU性能はAndroid One X4に迫るくらいの処理性能になっていますし、カメラ写りもかなり良くなりました。

 

おサイフケータイと赤外線には対応していませんが、防水・防塵・耐衝撃対応ですし、普段使いのスマホとして十分なスペックを持っています。

 

Android One S5の外観・デザイン

Android One S5はクールシルバー/ダークブルー/ローズピンクの3色展開です。
今回紹介するのは、ダークブルーとなります。

 

ダークブルーは落ち着いた紺色です。
背面にはSHARPとAndroid Oneのロゴがプリントされています。

 

落ち着いた紺色

 

ディスプレイは5.5インチで、十分な大きさです。
液晶はSHARP独自のIGZOで、色合いも明るくキレイです。

 

Android One S5の正面

5.5インチのIGZOディスプレイ

 

端末の左側面にはmicroSDカード、SIMカードのスロットがあります。

 

Android One S5の左側面

microSDカード、SIMカードのスロット

 

端末の右側面には電源スイッチがあります。

 

Android One S5の右側面

電源スイッチとボリュームスイッチ

 

端末の上部にはイヤホンジャックがあります。

 

Android One S5の上部

イヤホンジャック

 

端末の底面にはType-CのUSB差し込み口があります。

 

Android One S5の底面

Type-CのUSB差し込み口

 

5.5インチのIGZOディスプレイ

Android One S5には、SHARP独自のIGZOディスプレイが使われています。
IGZOディスプレイはAndroid One S3、X1、X4などのSHARP製スマホに使われており、少ない電力で高精細の画像を表示できる優れたディスプレイです。

 

Android One S5と、同じSHARP製のAndroid One S3を並べて比べてみました。

 

IGZOディスプレイは発色が良い

左がS3、右がS5

 

左がAndroid One S3、右がAndroid One S5です。
どちらも発色が良く、液晶画面はキレイで見やすいです。
(写真だとよく分からないかもしれませんが)

 

 

端末のサイズは大きすぎず、片手持ちでも扱うことができます。
ちょうどイイ感じです。

 

片手持ちでも扱える

サイズはちょうど良い

 

CPU性能は大幅にアップ!ベンチマークテストしてみた結果

CPU性能がどれくらいアップしているのか、試しにAndroid One S3・S4と比較をしつつ、CPUのベンチマークテストをしてみました。

 

ベンチマークテストとは、スマホがどれくらいの高さの処理能力を持っているか評価するテストです。
テストには、Antutu Bnechmarkというアプリを使っています。

 

S5のスコア

S4のスコア

S3のスコア

 

スコアは71,966点でした。
Android One S4は58,974点、Android One S3は57,627点となっており、やや低いスコアになっています。

 

だいたい7万点くらいあると、エントリーモデル(ライトユーザー向け)としては十分な処理能力です。
結果として、Android One S5は普段使いのスマホとして問題ないと思いますが、Android One S4とS3はやや処理能力が不足しているということになります。

 

Android One S4・S3でもライトユーザーであれば問題ないと思いますが、やはり処理能力がより高いAndroid One S5の方がおすすめです。

 

カメラの実力はどれくらい?実際に撮ってみた

画素数は1,200万画素と、Android One S4・S3と変わっていません。
しかし、カメラ性能はとても高くなっています。

 

以下の3つの要素によって、カメラ性能がかなりアップしました。

 

3つの要素

  1. Android One S3に比べ25%大型化したピクセルのイメージセンサーで取り込める光の量がアップ
  2. F値2.0のレンズを採用し、より明るくキレイに撮影できる
  3. 広いダイナミックレンジで色再現性に優れた画像処理エンジン「ProPix」で薄暗くても質感や色を残せる

 

ざっくりまとめると、「より明るくキレイに撮れるようになった」となります。

 

ではカメラの実力は実際にどれくらいなのか、気になったので写真を撮ってみました。

 

写真をクリックすると、原寸の画像が表示されます。
(サイズが重いのでご注意ください。)

 

牛丼

 

唐揚げ

 

うどん

 

マックコーヒーとアップルパイ

 

 

逆光にて撮影

逆光にて撮影

 

接写

 

カメラ性能がアップしたということもあり、かなりキレイに写真が撮影できています。
逆光状態で撮影もしてみましたが、キレイに撮影できました。

 

バッテリーは大容量の2,700mAh。急速充電も対応

バッテリーは大容量の2,700mAhです。
Type-Cの急速充電にも対応しています。

 

Type-Cで急速充電も対応

Type-Cで急速充電も対応

 

十分なバッテリー容量ですし、IGZOディスプレイは省電力となっています。
普通に使っていればバッテリー切れで困ることはまず無いでしょう。

 

防水・防塵・耐衝撃対応で安心して使える

防水・防塵対応

防水・防塵にも対応

 

Android One S5は防水・防塵にも対応しています。
IPX5・IPX8/IP6Xという規格に対応していて、特に防水性能が高いです。

 

ちょっと水に濡れたくらいなら、問題なく動作します。
ちなみにIPX8は以下のような試験をして、問題ないことを確認しています。

 

常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。

ワイモバイルHPより

 

かなり高い防水性能であることが保証されています。
あと耐衝撃にも対応しているので、落下などの衝撃にも強いです。

 

OSのアップデートもあるので長く使える

 

Android Oneシリーズは、毎月のセキュリティアップデートに加え、発売から2年の間に一回以上Android OSのバージョンアップが保証されています。
現時点でも最新のAndroid 9を使えますが、将来的にも新しいバージョンのOSにアップデートして利用できます。

 

長く安心して使いたい方にもオススメです。

 

Android One S5の機種代金

Android One S5の機種代金は、定価28,800円(税込)です。
ただしワイモバイルオンラインストアから申し込むことで、さらに機種代の割引を受けることができます。

 

オンラインストアの申し込みなら機種代割引

 

ワイモバイルオンラインストアから申し込みをすると、以下の金額の割引をしてもらえます。

 

機種代の割引額
契約方法 機種の割引額(税込)
新規契約、他社から乗り換え 14,256円
ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 0円
機種変更、PHSからの契約変更 7,128円

 

この割引金額を、Android One S5の機種代金から差し引いた金額が、実際に支払う機種代金となります。

 

割引を含めた実際の機種代金は、以下の通りになります。

 

割引を含めた実際の機種代金
契約方法 実際の機種代金(税込)
新規契約、他社から乗り換え 14,544円
ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 28,800円
機種変更、PHSからの契約変更 21,672円

 

機種代金の支払いは、一括払いと分割払いを選べます。
分割払いは24回、36回のどちらかを選べます。

 

【11月13日以降は割引額が変わる!?】
上記割引額は、2019年11月13日(水)までの割引額となっています。
2019年11月14日(木)以降の割引額がいくらになるかは、まだ未定です。

 

Android One S5の月額料金

先ほど紹介した機種代金に、スマホベーシックプランの基本料金を加えた金額が、実際に支払う月額料金となります。

 

ここでは、例としてAndroid One S5を3年間(36回払い)で契約した場合の月額料金(税込)を紹介します。

 

なお、紹介しているのは2019年11月13日(水)までの金額です。
2019年11月14日(木)以降は割引額が変わるようなので、月額料金も変更になります。

 

新規契約、または他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜7ヶ月目 8〜37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,582円 3,352円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,682円 4,452円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 4,782円 5,552円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜7ヶ月目 8〜37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,978円 3,748円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 4,078円 4,848円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 5,178円 5,948円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

PHSから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜7ヶ月目 8〜37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,780円 3,550円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,880円 4,650円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 4,980円 5,750円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

月額料金を計算する際のポイントは3つです。

 

料金計算のポイント3つ

  1. 初月のスマホベーシックプランの料金は日割り計算
  2. 端末代金の支払いは2ヶ月目から
  3. 新規割(770円オフ)は2〜7ヶ月目のみ適用

 

なお、ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込みをすれば、初回に支払う契約事務手数料3,300円(税込)が無料になります。

 

オンラインストアからの申し込みであれば、先ほど紹介した機種代の割引もされるので、すごくオトクです。

 

 

 

ワイモバイルオンラインストアは「ソフトバンク運営のオンラインストア」、「Yahooモバイル内のワイモバイルオンラインストア」の2つがあります。

 

契約事務手数料を無料にする場合は、上記ボタンの「ソフトバンク運営のオンラインストア」からお申し込みください。

 

 

標準スペックのスマホとしておすすめ

Android One S5は低価格ながら、ある程度スペックが高いスマホとしておすすめです。

 

 

高性能のカメラがあり、防水・防塵・耐衝撃にも対応しているので普段使いのスマホとしては最適です。

 

「そんなに性能高くなくてもいいけど、ある程度の性能が欲しい」という方は、ぜひAndroid One S5を検討してみてください。

 

※機種代割引+事務手数料3,300円無料!