【HUAWEI P20 lite実機レビュー】満点評価の高スペックスマホ

 

HUAWEI P20 lite実機レビュー

 

ワイモバイル(Y!mobile)から発売されているHUAWEI P20 liteは安い価格帯でありながら、スペックがすごいと話題になっているAndroidスマホです。

 

現在はスマホの売り上げ世界2位にまで上がっているHUAWEIの主力機種であり、日本でも売れまくっているらしいです。

 

今回、HUAWEI P20 liteを入手したので、実機レビューを行っていきたいと思います。
噂に聞いていましたが、カメラと顔認証機能がスゴすぎでした。。。

 

 

HUAWEI P20 liteのスペック

 

まずはざっとHUAWEI P20 liteのスペックを紹介します。

 

HUAWEI  P20 liteは3色

 

HUAWEI P20 lite(ワイモバイル版)スペック
ディスプレイ 5.8インチTFTディスプレイ
ディスプレイ解像度 2,280×1,080(FHD+)
CPU Kirin659 (オクタコア) 2.36GHz + 1.7GHz
ROM / RAM容量 32GB / 4GB
縦幅 149mm
横幅 71mm
厚さ 7.4mm
重さ 145g
アウトカメラ画素数 約1,600万画素/200万画素(デュアルカメラ)
インカメラ画素数 約1,600万画素
データ通信方式 LTE/AXGP/3G
データ通信方式 下り最大187.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
バッテリ 3,000mAh
NFC 非対応
防水/防塵 非対応
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G) − / ● / ●
認証機能 指紋、顔

 

カラーはクラインブルー/ミッドナイトブラック/サクラピンクの3色です。

 

付属品として、TPUケース(ブラスチックのやわらかいケース)と充電ケーブル、イヤホンが付いてきます。Android Oneシリーズのように、Type-Cの充電ケーブルを購入しなくても大丈夫な点はいいですね。

 

HUAWEI  P20 liteの付属品

充電ケーブルだけでなく、ケースも付いてくる

 

なお、HUAWEI P20 liteには、au版、UQモバイル版、ワイモバイル版、SIMフリー版の4つがあります。

 

上記で紹介したスペックはワイモバイル版ですが、それぞれに微妙な違いがあります。

 

カメラ性能や認証機能などの基本的な性能は全く同じです。
違うのはVoLTE対応であるか、バンド(周波数帯)がどれくらい対応しているかという点です。

 

ワイモバイル版のHUAWEI P20 liteを購入すれば、ワイモバイルのバンドにはしっかり対応していて、かつVoLTEも使えるので気にしなくても大丈夫です。

 

なお、管理人が今回ゲットしたのはUQモバイル版です。

 

 

HUAWEI P20 liteの外観

 

外観はけっこう高級感あふれてます。

 

管理人が持っているのはクラインブルーですが、背面は超ピカピカして光を反射します。

 

触るとツルツルしていて、けっこう滑ります。
あと指紋でべたべたになってしまうので、TPUケースはすぐに付けておいた方がいいです。

 

HUAWEI  P20 liteの裏面

光沢があってピカピカしてる

 

指紋認証に使うセンサーも背面にあります。
背面の上の方に丸いくぼみがあり、そこで指紋認証をします。

 

指紋認証センサー

背面の丸いところで指紋認証する

 

ほとんどのスマホの指紋認証は端末の正面にあるので、けっこう衝撃的でした。
実際に使って見ると片手で持った時にちょうど良い位置にくるので、使いやすさはバツグンです。

 

 

画面は5.8インチの大画面です。
画面のフチのギリギリまで表示されるので、大きい画面でとても見やすいです。

 

HUAWEI  P20 liteの表面

5.8インチの大画面。フチまで表示される

 

電源、ボリュームボタンは右側面にあります。

 

HUAWEI  P20 liteの右側面

電源、ボリュームボタンは右側面

 

イヤホン、USBの充電差し込み口は端末の底面にあります。

 

HUAWEI  P20 liteの底面

充電はType-CのUSB

 

充電はType-CのUSBケーブルで行います。
付属品にUSBケーブルが付いてくるので、買わなくても大丈夫です。

 

 

カメラ性能は上級モデル並み!すごいの一言

 

カメラ性能は上級モデル(ハイエンドモデル)並みです。
このカメラがHUAWEI P20 liteの一番の魅力だと思います。

 

管理人も使っていて、「スゲー、超スゲー!」とワクワクしてしまったので、魅力を語っていきたいと思います。

 

なお、カメラで撮影した写真はクリックすると、原寸の写真を表示するようにしています。

 

アウトカメラはダブルレンズで超キレイに撮影できる!

 

アウトカメラはダブルレンズですごくキレイに写真が撮れます。

 

ダブルレンズ

2つのレンズで画質がすごい良い

 

ランチを試しにとってみました。
木の質感とかが、よく分かります。

 

HUAWEI  P20 liteでランチ撮影

木の質感とかすごく出てる

 

 

風景写真もキレイに撮れます。
試しにiPhone 6sと同じアングルで撮影をしてみました。

 

 

HUAWEI  P20 liteの風景写真

HUAWEI P20 liteは明るく撮れた

 

iPhone 6sの風景写真

iPhone 6sはやや暗い感じになった

 

上がHUAWEI P20 liteで、下がiPhone 6sです。
HUAWEI P20 liteで写真を撮ると、かなり明るいコントラストで、葉っぱの質感がキレイに撮影できています。

 

iPhone 6sもカメラ性能は良いのですが、HUAWEI P20 liteと比べると見劣りします。

 

HUAWEI P20 liteは、光が差しこんでも上手く調整して撮影していて、よりキレイに写っているようです。
試しに部屋の照明を撮影してiPhone 6sと比べてみました。

 

HUAWEI  P20 liteで照明を撮影

HUAWEI P20 liteは全体がハッキリしてる

iPhone 6sで照明を撮影

iPhone 6sは全体的に暗い

 

左がHUAWEI P20 liteで、右がiPhone 6sです。
HUAWEI P20 liteで写真を撮ると、鮮やかに光も表現できています。

 

iPhone 6sと比べてみるとよく分かりますが、カメラ性能は本当に高いと思います。

 

 

あと、夜間でもキレイに撮影できます。
夜のファミマを撮影したら、キレイに撮れました。

 

HUAWEI  P20 liteで夜のファミマ撮影

夜でもファミマをキレイに撮影できた

 

 

カメラのアプリ機能もスゴイ!!

 

HUAWEI P20 liteのすごいところは、ダブルレンズだけではないです。
撮影する際のカメラアプリに色々な機能が搭載されていて、人物写真や風景写真もキレイに楽しく撮影できます。

 

正直に言うと機能が多すぎて、管理人も使いこなせないくらい機能が多彩です。

 

HUAWEI  P20 liteの撮影モードはたくさんすぎる

なんかすごく機能が多い。。。というか多すぎ!

 

プロ写真モードとかも使ってみましたが、パッと使いこなすことはできなかったです。
そこで、簡単に使えたけどスゴイ便利機能を代表で4つ紹介したいと思います。

 

ポートレートモード

 

ポートレートモードは「人物写真をキレイに撮影する」ための撮影モードです。

 

機能を有効にして撮影をすると、すごくキレイに撮影できます。
実際にうちの奥さんを撮影してみると、肌が超キレイに!
※目線はHUAWEI P20 liteの編集機能でモザイクかけてます

 

ポートレートモードON

補正後は肌がきれいに!背景はちょっとぼやけてる

ポートレートモードOFF

通常撮影時はこんな感じ

 

 

左がポートレートモードによる補正後、右が通常時の補正前です。

 

ポートレートモードで撮影すると、人物をよりハッキリとしたコンストラストで写しつつ、肌に補正をかけてくれます。
人物をよりハッキリさせるため、背景などはぼやけるようです。

 

ちなみにビューティーレベルが存在し、10段階で補正をかけられます。
インカメラでもポートレートモードを使用できるので、自撮りをする人にもおすすめです。

 

キレイに自撮りをしたい方、ちょっとでもキレイに写真に写りたい方にはうれしい機能ですね。

 

ワイドアパーチャモード

 

ワイドアパーチャモードは「被写体の周りをぼかす」ための撮影モードです。

 

簡単に言うと、中心に映しているもの以外をぼかして撮影できます。
試しに喫茶店で注文したバナナシェイクを撮影してみました。

 

ワイドアパーチャON

左奥のグラスや右奥の手はぼやけてる

ワイドアパーチャOFF

全てはっきり映っている

 

左が通常の写真で、右がワイドアパーチャモードで撮った写真です。

 

右の写真は、中心にあるバナナシェイク以外はぼやけてます。
なんかプロっぽい写真になりますね。

 

このぼやけ感は、ダブルレンズあってこそらしいです。

 

ARレンズモード

 

面白い人物写真を撮影できるのが、ARレンズモードです。

 

ARレンズモードで撮影

う・・・うさぎになっちゃった!

 

上の写真のように、カメラで撮影した人をうさぎなどの動物にしてくれます。
何の動物にするかは、エフェクトを選ぶことによって変えることができます。

 

ARレンズモードのエフェクト

ARモードでエフェクトを変えて色々な動物を楽しめる

 

撮影した写真の編集機能

 

カメラで撮影した写真を編集する機能もスゴイです。

 

写真を撮った後でキレイに編集する「ビューティー」や顔を隠したいときなどに使用する「モザイク」、その他にも便利な機能が揃ってます。

 

HUAWEI P20 liteの便利なカメラ機能

 

 

ビューティーで編集した場合、ポートレートモードで撮影したのと同じようなキレイさの写真に仕上がります。

 

このページで紹介しているポートレートモードやARレンズモード、インカメラで撮影した写真は、HUAWEI P20 liteのモザイクで目線を隠してます。

 

 

インカメラも1,600万画素でキレイ

 

アウトカメラだけでなく、インカメラもすごいです。
なんとインカメラで1,600万画素あります。

 

自撮りをする人にはぜひおすすめしたいキレイさです。
試しにうちの娘をポートレートモードで撮ってみましたが、超キレイにとれてます。

 

HUAWEI P20 liteのインカメラ

インカメラとは思えないキレイさ

 

 

ちなみに管理人自身を自撮りしたら、青ひげがキレイにとれすぎて誰も喜ばない写真になったので削除しときました(笑)

 

 

2つの超高速認証で起動も片手でストレスフリー!

 

HUAWEI P20 liteには顔認証、指紋認証の2つの認証機能があります。
この2つの認証機能が、また便利なんです。

 

指紋認証は端末の背面にあって、スマホを片手で持っただけで認証できるようになってます。

 

HUAWEI P20 liteの指紋認証

高速指紋認証!パッと起動する

 

認証は一瞬で、指を当てたら起動しているという感じです。
高速すぎるので、「ロック本当にかかってるの?」と思ったくらいです。

 

iPhone 6sとか、Android One X4とかも指紋認証はありますが、ホームボタンでの認証です。
HUAWEI P20 liteみたいに背面の指紋認証に慣れてしまうと、かなり面倒くさく感じちゃいます。

 

 

そして、顔認証もスゴイです。
スマホを顔の前に持ってくるだけでロック解除されます。

 

HUAWEI P20 liteの顔認証

顔認証も一瞬

 

こちらも高速で認証されます。
スマホを顔の前に持ってきて、電源ボタンをポチッと押すと一瞬で起動します。
やはり「ロック本当にかかってるの?」と思っちゃいます。

 

ただ、顔認証はやはり精度の限界はあるようで、あくびをしたり、目を閉じたりすると認証されませんでした。
メガネを外しても大丈夫でしたので、精度は結構高いと思います。

 

どちらの認証機能も高性能で、かつユーザーがストレスを感じないように作ってるのが本当に良く分かります。

 

 

5.84インチのフルHD+でキレイな大画面

 

画面は5.84インチの大サイズです。
端末の枠ぎりぎりまでが液晶画面となっていて、大きな画面を楽しめます。

 

HUAWEI P20 liteはディスプレイが大きいしキレイ

5.84インチのフルHD+のキレイな大画面

 

ディスプレイの解像度も2,280×1,080のフルHD+となっており、超きめ細やかな色彩を楽しめます。
※解像度が高いほど、画面がキレイに見えます。2,280×1,080(フルHD+)はかなり解像度が高いです。

 

 

バッテリーは大容量の3,000mAh。急速充電もできる

 

バッテリーは3,000mAhとなっており、大容量になっています。
USBの端子はType-Cとなっていて、急速充電できます。

 

フル充電するには、だいたい2時間くらいかかります。
(2%〜100%までに2時間19分かかりました)

 

HUAWEI P20 liteの充電2%

HUAWEI P20 liteの充電100%

 

 

なお、HUAWEI P20 liteは付属品でType-Cのケーブルが付いてくるので、ケーブルを持っていない人も購入の必要はありません。

 

 

ワイモバイルのバンドにも完全対応!VoLTEにも対応

 

ワイモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteは、ワイモバイル専用の仕様になっています。

 

3G(W-CDMA)はバンド1、8に対応。
4G(FDD-LTE)はバンド1、3、8、28に対応、4G(AXGP)はバンド41に対応してます。

 

バンドに完全対応しているので、通話・データ通信ともに完璧に使えます!

 

 

そして、さらにワイモバイルモデルのHUAWEI P20 liteはVoLTEも対応しています。
(au/UQモバイル/SIMフリーモデルはソフトバンクのVoLTEは非対応です)

 

ワイモバイル・ソフトバンクのVoLTEに対応している端末が通話相手なら、キレイな音質で通話できます。

 

 

ワイモバイルショップで修理対応もしてくれるので安心

 

HUAWEI P20 liteはショップサポートもある

HUAWEI P20 liteはワイモバイルモデルとなっており、ショップ対応してもらえる

 

ワイモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteは、他のSIMフリースマホと違ってワイモバイルショップで修理対応をしてくれます。

 

端末保証オプションも「故障安心パックプラス」となっており、万が一の時にも安心して利用しやすいです。

 

 

HUAWEI P20 liteの注意点は3つ

 

いいこと尽くしのHUAWEI P20 liteですが、注意点が3つほどあります。

 

防水・防塵対応ではない

 

残念ながら防水・防塵対応ではありません。
お風呂場や洗面所、トイレなどでの取り扱いには十分にご注意ください。

 

デュアルSIMは使えない

 

SIMフリーモデルのHUAWEI P20 liteは、元々デュアルSIMに対応しています。
しかし、ワイモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteはデュアルSIMが利用できません。

 

おサイフケータイは使えない

 

HUAWEI P20 liteはおサイフケータイ非対応です。
おサイフケータイをどうしても使いたいという人は、HUAWEI P20 liteは止めておきましょう。

 

 

HUAWEI P20 liteの月額料金

 

HUAWEI P20 liteを「新規契約、または他社から乗り換え」と、「ソフトバンクから乗り換え」のケースで契約した際の、2年間の月額料金を紹介します。
※機種変更の月額料金は複雑なので、ここでは割愛します。

 

新規契約、または他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜13ヶ月目 14〜25ヶ月目
スマホプランS 3,218円(※1) 2,678円 3,758円
スマホプランM 4,298円(※1) 3,218円 4,298円
スマホプランL 6,458円(※1) 5,378円 6,458円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜13ヶ月目 14〜25ヶ月目
スマホプランS 3,218円(※1) 3,218円 4,298円
スマホプランM 4,298円(※1) 3,758円 5,378円
スマホプランL 6,458円(※1) 5,918円 6,998円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

月額料金を計算する際のポイントは3つです。

 

料金計算のポイント3つ

  1. 初月のスマホプランの料金は日割り計算となる
  2. 端末代金の支払い、ワンキュッパ割は2ヶ月目から
  3. ワンキュッパ割は14ヶ月目に無くなる

 

なお、上記の月額料金以外に、契約事務手数料3,000円(税抜き)と頭金500円(税抜き)が初月料金として必要になります。

 

 

今なら期間限定Tポイントも貰えて超お得!

 

期間固定Tポイント最大1万ポイントプレゼント

 

HUAWEI P20 liteをスマホプランM/Lで申しこむ場合は、「期間固定Tポイントプレゼントキャンペーン」の対象となります。

 

Yahooモバイル上のワイモバイルオンラインストアからHUAWEI P20 liteを申し込むと、最大1万ポイントの期間固定Tポイントをゲットできます。

 

 

スマホプランM/Lで申し込みする場合は、ぜひキャンペーンを活用してお得にお申し込みください。

 

 

まとめ

 

HUAWEI P20 liteは、価格と比べるとすごい高スペックだと感じました。
おすすめポイントをまとめると、下記の5つになります。

 

 

正直に言って、ワイモバイルでコスパNo1のスマホだと思います。

 

管理人も使っていますが、認証機能はすごく快適ですし、高性能カメラで写真もキレイなので使っていて楽しいです。

 

スマホプランSであれば月額2,678円(税込)からの格安料金となります。性能の高いスマホを安く購入したいのであれば、ぜひHUAWEI P20 liteを考えてみてください。

 

ただし、購入すれば間違いなくHUAWEIの虜になるので、その点だけご注意ください!