ワイモバイル「DIGNOケータイ3 903KC」のスペック・評価レビュー

ワイモバイル「DIGNOケータイ3 903KC」のスペック・評価レビュー

 

2020年3月6日にワイモバイル(Y!mobile)からDIGNOケータイ3 903KCが発売されました。

 

ワイモバイル最新機種のガラケー(ガラホ)だけあって、かなり高スペックの機種となっています。

 

今回は、このDIGNOケータイ3 903KCの実機レビューを行っていきます。
これからワイモバイルのガラケーを購入しようと考えている方は、ぜひご覧ください。

 

DIGNOケータイ3 903KCのスペック

まずはDIGNOケータイ3 903KCのスペックを紹介します。

 

DIGNOケータイ3 903KCのスペック

サイズ 横幅:51mm

高さ:112mm
厚み:17.9mm

重さ 約131g
連続通話時間 [FDD-LTE]約650分

[3G]約910分
[GSM]約420分

連続待受時間< [FDD-LTE]約600時間

[3G]約740時間
[GSM]約650時間

バッテリー容量 1,700mAh
充電時間 約140分
CPU MSM8909(クアッドコア)1.1GHz
ROM/RAM容量 8GB / 1GB
対応外部メモリ / 最大容量 microSDHC / 最大32GB
カメラ有効画素数 約800万画素
ディスプレイサイズ 3.4インチ
表示方式 TFT
解像度 854×480ドット
Wi-Fiテザリング機能 最大接続数:10台
Bluetooth
赤外線通信
ワンセグ
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP5X
耐衝撃
国際ローミング
VoLTE(HD+)/VoLTE/HD Voice(3G) - / ● / ●

 

大容量バッテリーで長持ちです。
VoLTEで通話音質も良いですし、Wi-Fi、Bluetoothも使えてデータ通信も安心です。

 

赤外線も対応しているので、PHSやガラケーからの電話帳移行も簡単です。
さらにワンセグも付いてるので、暇つぶしにテレビも見れます。

 

スペックは文句なしに良い機種です。

 

ただし以下の点は気を付けてください。

 

  • 卓上ホルダが無くなった
  • 充電ケーブルはType-CのUSBケーブルが必要

 

前機種のDIGNOケータイ2では卓上ホルダが付いていましたが、DIGNOケータイ3には卓上ホルダがありません。

 

あと充電ケーブルはmicro USBからType-Cのケーブルになりました。
ワイモバイル他機種のUSBケーブルは利用できないので、ご注意ください。

 

DIGNOケータイ3 903KCの外観

DIGNOケータイ3 903KCの外観を見ていきます。
今回購入したのは、シルバーになります。

 

DIGNOケータイ3 903KCの正面

 

折り畳み時の正面画面には、でかでかと時刻が表示されます。
とても見やすいです。

 

端末は金属感がある質感になっていて、ちょっと高級感があります。

 

DIGNOケータイ3 903KCの背面

 

背面にはKYOCERAの文字が刻印されています。

 

 

DIGNOケータイ3は全体的に丸みを帯びたデザインとなっていて、手に収まりやすいです。
端末を手に持ってみると、フィットしていい感じです。

 

私の感想としては、DIGNOケータイ3はカッコよくて使い勝手が良いガラケーです。

 

DIGNOケータイ3 903KCの付属品

DIGNOケータイ3 903KCの付属品ですが、全くないです(笑)

 

DIGNOケータイ3 903KCの付属品

付属品は特にない

 

「クイックスタート」と「お願いとご注意」の冊子だけになります。

 

DIGNOケータイ3 903KCのおすすめポイント7つ

DIGNOケータイ3 903KCには、おすすめのポイントが7つあります。

 

  1. 防水・防塵・耐衝撃で頑丈
  2. 電池持ちも良い
  3. キーも押しやすい
  4. VoLT&聞こえ調整で通話もバッチリ
  5. Wi-Fi、テザリング対応
  6. 赤外線も対応
  7. ショートカットキー対応

 

ポイントを1つずつ紹介していきます。

 

防水・防塵・耐衝撃で頑丈

DIGNOケータイ3は防水・防塵・耐衝撃対応で頑丈!

 

DIGNOケータイ3は、IPX5/IPX8という等級の防水対応となっています。
ガラケーやスマホなどで、最大レベルの防水性能です。

 

【防水について】IPX5とは、内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5L/分の水を3分以上注水する条件であらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。

IPX8とは、常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。石けん、洗剤、調味料、ジュース、海水など水道水以外のものを、かけたり浸けたりしないでください。また、高温のお湯や冷水に浸けたり、かけたりしないでください。

ワイモバイル公式HPより

 

IP5Xの防塵にも対応しています。
砂などが入り込みやすい、庭・畑仕事をする方も安心です。

 

【防塵について】IP5Xとは、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れて撹拌(かくはん)させ、取り出したときに電話機の機能を有し、かつ安全に維持することを意味します。砂浜などの上に置かないでください。

ワイモバイル公式HPより

 

さらに耐衝撃となっているので、落下などの衝撃にも強いです。
耐衝撃は、アメリカ国防総省が採用するための「MIL規格」に準拠した試験が実施されていて、その頑丈性が保証されています。

 

【MIL-STD-810Gについて】米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の10項目に準拠した試験(耐衝撃:高さ1.22mからの合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験、防水(浸漬):約1.5mの水中に30分間浸漬する試験、耐振動:3時間(3方向各1時間/20~2,000Hz)の振動試験、高温保管(固定):60℃で連続4時間の高温耐久試験、高温保管(変動):30~60℃まで変化させる高温耐久試験、高温動作(固定):50℃で連続3時間の動作試験、高温動作(変動):32~49℃まで3サイクル温度変化させる動作試験、低温保管:-30℃で連続4時間の低温耐久試験、温度衝撃:-21~50℃の急激な温度変化で連続3時間の温度耐久試験、低圧保管:連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧保管試験)を実施しています。

ワイモバイル公式HPより

 

DIGNOケータイ3は十分な頑丈さを持っているので、長く使っていくことを考えるガラケーとしては合格点だと思います。

 

電池持ちも良い

1700mAhのバッテリー

 

ガラケーとしては大容量となる1700mAhのバッテリーを持っています。
スマホと比べると若干少ない容量に見えますが、ガラケーには十分すぎる容量です。

 

普通に電話とか使っていると3日くらい、あまり使わなければ1週間くらい充電しなくても大丈夫です。

 

キーも押しやすい

キーが丸みを帯びているかつ出っ張ってる

 

キーも押しやすい構造になっています。
キーが丸みを帯びて出っ張っている構造になっているので、指をあてた時にすんなり押せます。

 

VoLTE対応で音質もバッチリ

DIGNOケータイ3 903KCはVoLTE対応

通話はVoLTE対応

DIGNOケータイ3 903KCは音質調整もできる

2段階の音質調整も可能

 

VoLTEに対応をしているので、ワイモバイル・ソフトバンク同士でのVoLTE対応端末との通話はバッチリです。

 

さらに「聞こえ調整」が用意されていて、通話相手の声を自分が聞き取りやすい2つの音質に変更できます。

 

おだやか 甲高い声をなめらかな自然な声にする
くっきり こもった声をハッキリとした声にする

 

Wi-Fi、テザリング対応

Wi-Fiでデータ通信もできます。

 

DIGNOケータイ3 903KCはWi-Fiも使える

 

さらにテザリング機能も付いているので、もしスマホベーシックプランを契約するのであれば、ルータ代わりにも使用可能です。

 

赤外線にも対応

DIGNOケータイ3 903KCは赤外線対応

 

赤外線機能に対応しています。
PHSやガラケーからの電話帳移行は赤外線で対応できます。

 

 

 

ショートカットキー対応

 

キーには、「ショートカットキー」が3つ用意されています。
電話帳や通話相手をショートカットキーに登録しておけば、すぐに電話をかけることもできます。

 

ガラケー操作が苦手でも、簡単に操作できます。

 

DIGNOケータイ3 903KCで気になる点2つ

DIGNOケータイ3 903KCを購入し、実際に使ってみて気になった点を2つ紹介します。

 

Wi-Fi ON/OFFのショートカットキーが無い

DIGNOケータイ3にはWi-FiをON/OFFするショートカットキーが無かった点です。

 

Wi-FiをON/OFFするショートカットキーがない

 

BluetoothのON/OFFするショートカットキーがあります。
個人的にはWi-Fiの方を使うので、Wi-Fiのショートカットキーの方が良かったです。

 

卓上ホルダが無くなった

DIGNOケータイ2 702KCを充電

DIGNOケータイ2には卓上ホルダがあった

 

前モデルの「DIGNOケータイ2 702KC」では卓上ホルダがあったのですが、DIGNOケータイ3になったら卓上ホルダが無くなりました。

 

・・・なぜ無くした!!

 

USBケーブルがType-Cになったからでしょうか?
とりあえず卓上ホルダは付いていないので、充電する場合はUSBケーブルをそのまま本体に挿すしかありません。

 

USBケーブルを直接挿して充電

USBケーブルを直接挿して充電

 

現在ワイモバイルで卓上ホルダ付きのガラケーは、AQUOSケータイ3 806SHのみとなっています。

 

卓上ホルダが欲しいのであれば、AQUOSケータイ3 806SHも検討してみてください。

 

 

DIGNOケータイ3 903KCの機種代金

DIGNOケータイ3 903KCの機種代金は、定価28,800円(税込)です。
ただしワイモバイルオンラインストアから申し込むことで、さらに機種代の割引を受けることができます。

 

 

割引額は契約種別ごとに異なります。
契約種別ごとの割引額および割引後の機種代金は以下の通りとなります。
※2020年11月23日時点での金額となります

 

機種代の割引額
契約種別 割引額(税込) 割引後の機種代金(税込)
新規契約 10,800円 18,000円
他社から乗り換え
ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 0円 28,800円
機種変更
PHSからの契約変更

 

機種代金の支払いは、一括払いと分割払いを選べます。
分割払いは24回、36回のどちらかを選べます。

 

DIGNOケータイ3 903KCの月額料金

オンラインストアから申し込む場合、先ほど紹介した機種代金にプランの基本料金を加えた金額が、実際に支払う月額料金となります。

 

プランは「ケータイベーシックプランSS」と「スマホベーシックプランS/M/R」のどちらかを選ぶことができます。
2つのプランの詳しい違いについて知りたい方は「2つのガラケー料金プランの内容」をご覧ください。

 

DIGNOケータイ3 903KCを契約する場合、ほとんどの方はより安くなる「ケータイベーシックプランSS」を契約すると思います。
そのため、ここでは「ケータイベーシックプランSS」で36回払いをした場合の月額料金を紹介します。
※2020年11月23日時点での金額となります

 

月額料金
契約種別 1ヶ月目 2~37ヶ月目 38ヶ月目~
新規契約 1,027円(※1) 1,527円 1,027円
他社から乗り換え
ソフトバンクから乗り換え 1,027円(※1) 1,827円 1,027円
PHSからの契約変更 1,027円(※1) 1,027円 1,027円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

上記の金額が基本の月額料金となり、後は追加したオプションによって月額料金が高くなります。

 

オプション一覧
オプション名 月額料金(税込) 内容
ベーシックパック/パケット定額 330円 3G/4Gによるデータ通信ができる。

データ通信料は上限4,500円(税抜)を上限とし、使った分だけ請求される。
ガラケーのメールアドレス(@ymobile.ne.jp)を使う場合、本オプションは加入必須となる。

スーパーだれとでも定額 1,100円 国内通話が24時間かけ放題となる。
故障安心パック-S 550円 水濡れや破損などが起きた際の端末補償サービス。

 

メールアドレスを使いたい場合は「ベーシックパック/パケット定額」に加入しておくのを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

ワイモバイルのDIGNOケータイ3 903KCは、主に次のような特徴を持っているガラケー(ガラホ)です。

 

7つの主な特徴

  1. 防水・防塵・耐衝撃で頑丈
  2. 電池持ちも良い
  3. キーも押しやすい
  4. VoLT&聞こえ調整で通話もバッチリ
  5. Wi-Fi、テザリング対応
  6. 赤外線も対応
  7. ショートカットキー対応

 

とっても頑丈ですし、使い勝手もいいです。

 

これからワイモバイルのガラケーを使うことを考えている方には、DIGNOケータイ3 903KCはおすすめの機種です。

 


]