【ケース別に解説】ワイモバイルで持ち込みスマホで機種変更する方法

 

 

「ワイモバイル(Y!mobile)は持ち込んだスマホで機種変更できる?」

 

このような質問をたまに貰いますが、機種変更と言っても人によって2つのケースがあります。

 

  1. ワイモバイルを既に契約していてスマホだけ変えるケース
  2. 新規契約をする時にもスマホを持ちこむケース(厳密には新規契約)

 

ちなみに、ワイモバイルではどちらのケースも対応可能です。

 

ここでは、2つのケースの機種変更を行う方法について、詳しく解説していきます。

 

 

ワイモバイルを既に契約していてスマホだけ変えるケース

 

まずは、ワイモバイルのSIMカードをそのまま利用して、スマホだけ自分で用意するケースを紹介します。

 

「端末込みでワイモバイルを契約した後、ワイモバイル端末を売り飛ばして、端末は自分で用意しちゃおう!」と考えている方もこのケースに当てはまります。

 

このケースは、「SIMカードの差し替え」などと呼ばれていて、しっかりとした下調べが必要になります。

 

基本的には3つのポイントを抑えていれば、問題なく利用できます。
※ただし、ワイモバイル公式サイトでは動作保証されていないため、あくまで自己責任でお願いします。

 

その1.SIMカードのサイズを確認する

 

まず、SIMカードのサイズがスマホが対応しているサイズであるか確認をします。

 

SIMカードのサイズが違う場合は、サイズ変更をすることも可能です。

 

サイズ変更は手数料3,000円(税抜き)が必要です。
ワイモバイルショップでしかサイズ変更ができないので、さらに店頭での事務手数料がおそらく3,000円ほど追加でかかります。

 

その2.対応バンドの確認が必要

 

次にスマホが対応するバンドを確認する必要があります。
バンドが合わないと、SIMカードが利用できても通話やデータ通信を行うことができません。

 

詳しいバンドの確認方法に関しては、「Y!mobileでSIMカードだけ契約するならバンドの確認が必要」の記事をご覧ください。

 

その3.キャリアスマホはSIMロック解除も必要

 

SIMフリースマホである場合は問題ないですが、キャリアスマホを利用する場合はSIMロック解除も必要です。

 

SIMロック解除の方法についてはキャリア別に紹介しているので、下記の個別記事をご覧ください。

 

 

 

SIMカードの種類に注意が必要!

 

ワイモバイルのSIMカードには大きく分けて3種類のSIMカードがあります。
SIMカードだけ差し替える場合は、種類の違いに気を付けないといけません。

 

AndroidとiPhoneでSIMカードの種類が違う

 

ワイモバイルのSIMカードは、AndroidとiPhoneではSIMカードの種類が違います。

 

Android用のSIMカードはn101/n111の2種類があり、iPhone用のSIMカードはn141の1種類があります。
(Androidスマホでmicro SIMを選んだ場合はm101/m111のいずれかになります。)

 

 

Android用のSIMカードn101/n111/m101/m111のいずれかを別のスマホに利用する場合は問題ないのですが、iPhoneのSIMカードを基本的に他のスマホで利用できないと考えてください。

 

n141はAPN構成プロファイルが公開されていない

 

n101/n111/m101/m111はワイモバイルで公開されているAPNで動作します。

 

しかし、iPhone専用のSIMカードであるn141は、ワイモバイルのiPhone専用のAPNになっています。
このAPNはプロファイルが公開されていません。

 

そのため、ワイモバイルのiPhone 5s/SE/6s同士であれば問題なく使えるのですが、それ以外のスマホ・iPhoneには使えません。

 

Androidスマホや他社製のiPhone、SIMフリーのiPhoneなどではデータ通信が利用できないという状態になるようです。。。
(例外として、ソフトバンクのiPhoneであればそのまま使えたという報告などはあるようですが)

 

ワイモバイルのiPhone専用のAPN構成プロファイルは非公開になっているのですが、一応Google検索をするとAPN設定は出てきます。
ただし、公式プロファイルではないため、動作保証されていません。

 

n101(m101)とn111(m111)の違いはNFCの有無

 

n101/n111/m101/m111であれば、SIMフリースマホ、もしくはワイモバイルスマホで使うことができます。

 

しかし、101と111の型番の違います。
この型番の違いは「NFCの有無」です。

 

NFC機能付きの403SHにn101とn111をそれぞれ挿すと、以下のようになりました。

 

■n101を挿した場合

NFC対応となってる(非対応表示は無い)

■n111を挿した場合

「NFC非対応USIMです」と表示された

 

 

ちなみに管理人とその家族がワイモバイルを契約をした時は、SIMカードは以下のように付いてきました。

 

  • NFC無しのAndroid OneS4を契約した時は「n111」
  • AQUOS CRYSTAL Y2(403SH)、SIMカード単体契約をした時は「n101」
  • iPhone 5s/SEを契約した時は「n141」

 

ただし、NFCには海外で主流となっているType A/B、おサイフケータイに使われているFelica(Type F)があります。

 

この内、SIMカードが対応しているNFCはType A/Bです。

 

おサイフケータイ(Felica)はスマホ本体が対応していれば使えます。
基本的には、NFC非対応のSIMカードでも利用可能です。
(ただし、SIMカードがType A/Bに対応していないとアプリが上手く対応しないなどの話も聞くので、SIMカードがNFC対応である方が良いです)

 

代理店でSIM単体契約する場合は注意が必要なケースもある以前にメールで相談を頂いた方のケースですが、代理店でSIMカード単体契約をした際にn111を挿されていたという方がいらっしゃいました。

 

SIMカード単体契約の場合、通常はNFCが利用できるn101をもらうことになります。
しかし一部の代理店では、SIMカード単体契約でもn111を利用していることもあるようです。

 

私自身も初めて聞いたケースですが、代理店を利用する場合は以下の可能性があることを念頭に入れておいた方が良さそうです。

  • SIMカード単体契約でもn111となるケースが稀にある
  • n111の場合、NFC(Type-A/B)に関連する機能が利用できない

 

SIMカードへのIMEI制限は無い

 

スマホ端末には、「IMEI」という15桁の製造番号のことが必ず付いています。

 

「IMEIをSIMカードと紐づけして、購入した端末以外はSIMカードを利用できなくなる制限」がIMEI制限と言われています。

 

現状では、このIMEI制限はかけられていません。

 

インターネットで検索すると、ある・ないと言われていますが、当サイトで確認している限りではIMEI制限はありません。

 

ただし、今後は制限がかけられないとも限らないので、SIMカード単体契約をするのが一番無難だと思います。

 

 

持ち込みスマホで新規契約するケース

 

次に、持ち込みスマホで新規契約をするケースをご紹介します。

 

基本は機種変更と同じ確認が必要

 

「ワイモバイルを既に契約していてスマホだけ変えるケース」と全く同じポイントの確認が必要になります。

 

3つのポイント

  1. SIMカードのサイズ確認
  2. 対応バンドの確認
  3. SIMロック解除

 

上記3つに問題なければ利用できます。
SIMカードのサイズは、新規契約時にスマホに合うサイズを選びましょう。

 

なお、SIMカード単体で契約した場合、n101のSIMカードとなります。

 

n101はAndroid・iPhoneどちらでも利用可能です。

 

SIMカードの契約で追加割引がある

 

新規、または他社から乗り換えでSIMカードのみの契約をすると、月額料金がさらに安くなります。
スマホの機種代がかからないので、すごく安くなります。

 

 

 

実店舗よりオンラインストアの方がオススメ

 

機種変更をするなら、実店舗よりオンラインストアがオススメです。
なぜなら実店舗で契約をすると、余分なオプション加入や不要なアプリを入れる必要があったりするからです。

 

オンラインストアであればそのようなことはありません。

 

店員さんに確認することが無いのであれば、オンラインストアから申し込んだ方が間違いなくお得です。

 

 

持ち込みスマホも適用できるキャンペーンがある

 

持ち込みスマホで契約する場合にも、適用できるキャンペーンはあります。
ワイモバイルでは複数のお得なキャンペーンが同時に開催されており、できるだけ適用させた方がお得です。

 

契約前には、必ず適用できるキャンペーンがないかチェックしておいた方が良いです。

 

 

 

まとめ

 

持ち込みで機種変更をする場合、下記の3つのポイントが重要です。

 

  • SIMカードのサイズがスマホに合っていること
  • ワイモバイルのバンドに対応できること
  • SIMロック解除をしてSIMフリー化しておくこと

 

持ち込みで機種変更を考えている方は、ぜひ本記事をご参考に機種変更をしてください。