iPhone7実機レビュー!スペック・特徴や月額料金、6sとの比較

iPhone7 実機レビュー

 

ワイモバイル(Y!mobile)ではiPhone 7が販売されています。
iPhone 7はおサイフケータイに対応しているiPhoneです。

 

今回はiPhone 7の実機を紹介しながら、スペックや特徴、前作「iPhone 6s」との比較や月額料金について解説していきます。

 

iPhone 7のスペック(6sと比較)

iPhone 7とiPhone 6s

iPhone 7(ブラック)とiPhone 6s(ゴールド)

 

最初にiPhone 7のスペックをiPhone 6sと比較しながら紹介します。

 

スペック iPhone 7 iPhone 6s
ディスプレイ 4.7インチRetina HDディスプレイ 4.7インチRetina HDディスプレイ
CPU Apple A10 Fusion(2.33GHz) Apple A9(1.85GMHz)
メモリ(RAM) 2GB 2GB
ROM容量 32GB/128GB 32GB/128GB
縦幅 138.3mm 138.3mm
横幅 67.1mm 67.1mm
厚さ 7.1mm 7.1mm
重さ 138g 143g
バッテリ 1960mAh 1715mAh
メインカメラ画素数 1200万画素 1200万画素
インカメラ画素数 700万画素 500万画素
カメラ手ブレ補正 対応 非対応
Felica(おサイフケータイ) 対応 非対応
防水・防塵 対応 非対応
イヤホンジャック 無し 有り
ブラック/シルバー/ゴールド/ローズゴールド スペースグレイ/シルバー/ゴールド/ローズゴールド

 

iPhone 7になって機能が大きく変わった点は、以下の4つです。

 

  • おサイフケータイに対応した
  • 防水・防塵に対応した
  • カメラに手ブレ補正が付いた
  • イヤホンジャックが無くなった

 

おサイフケータイに対応しているのと、防水・防塵に対応しているのは嬉しい点です。
あと注意したい点はイヤホンジャックが無くなった点です。

 

既存のイヤホンは使えず、ライトニングケーブル経由での接続になります。

 

イヤホンを使う場合、以下の3つのいずれかで繋ぐことができます。

 

  1. ライトニングケーブルへの変換アダプタで既存のイヤホンを繋ぐ
  2. ライトニングケーブルに対応したイヤホンを使う
  3. ワイアレスイヤホンを使う

 

ライトニングケーブル対応のイヤホンは付属品として付いてきますが、今まで使っていたイヤホンを代用するということはできません。

 

他にも変わっている点はありますが、そこまで気にするほどのものではないと思います。

iPhone 6s⇒7で外観が変わった箇所4つ

iPhone 6sから7で外観が変わっている箇所が4つあるので紹介します。

 

今回比較しているのは、iPhne 7 SIMフリー版(ブラック)とiPhone 6s ソフトバンク版(ゴールド:SIMロック解除済)です。

 

イヤホンジャックが無くなった

これはわりと大きな問題で、イヤホンジャックが無くなりました。
iPhone7とiPhone 6sを比べてみます。

 

 

iPhone 6sは端末の下側面にイヤホンジャックがあったのですが、iPhone 7にはありません。

 

では音楽はどのように聞くかというと、ライトニングケーブル経由、もしくはワイアレスイヤホンを使うことになります。
(ライトニングケーブル対応のイヤホンは付属品として付いてきます)

 

アンテナラインが減った

iPhone 7ではアンテナラインが減りました。
アンテナラインとは、電波を受け取るためのアンテナの役割を持っています。

 

このラインについても、iPhone 6sと7を比べてみます。

 

iPhone 7ではアンテナラインが減った

 

iPhone 7は端末背面の上部と下部に、Cのような形でラインが入っています。
iPhone 6sは端末背面の上部と下部に、Dのような形でラインが入っています。

 

ラインが減ったといっても性能には変わりはありません。
強いて言えば、シンプルなデザインになっているiPhone 7の方が私は好きです。

 

カメラが少し大きくなった

iPhone 7の方が少しカメラが大きくなっています。

 

 

単純にカメラが大きくなっただけではなく、カメラ性能もアップしています。

 

  1. 光学式手ぶれ補正対応
  2. 6枚構成のレンズで暗い場所でもキレイに撮影できる
  3. 4つのLEDで、より明るく発光できる

 

iPhone 6sよりもキレイに撮影しやすくなりました。

 

ホームボタンがセンサー式になった

iPhone 7はホームボタンがセンサー式になりました。

 

 

iPhone 6sはプッシュ式のホームボタンなのでポチっと押さないといけませんでしたが、iPhone 7は指紋認証と同じように指をあてるだけです。

 

指はあてるだけ

 

指をあてると「ブルッ」と振動してホーム画面に移動します。
最初は慣れませんでしたが、慣れるとわりと使いやすいです。

 

センサー式だと壊れにくいというメリットもあるので、iPhone 7からセンサー式ホームボタンが採用されているようです。

 

iPhone 7が6sよりすごい点4つ

iPhone 7を使ってみて、iPhone 6sよりすごいと思う点は4つあります。

 

おサイフケータイ(Felica)に対応した

iPhone 7ではおサイフケータイ(Felica)に対応しています。
Apple Payを利用して支払いできます。

 

なおFelicaのアンテナ位置は背面カメラの横、通話スピーカーの真後ろ辺りにあります。

 

iPhone7のFelicaのアンテナ位置

Felicaのアンテナ位置は背面カメラの横あたり

 

このあたりをかざせば、Felicaで支払いできます。
Androidとは違って、マークが付いていないのでご注意ください。

 

CPU性能がアップ

iPhone 6sと比べると、CPUの性能が40%、グラフィックスの性能が50%向上しています。
また消費電力も抑えられ、iPhone 7は最長で2時間、バッテリーの稼働時間が長くなっています。

 

どれくらいすごいのか、試しにCPUのベンチマークテストをしてみました。
ベンチマークテストとは、スマホがどれくらいの高さの処理能力を持っているか評価するテストです。

 

テストには、Antutu Bnechmarkというアプリを使っています。

 

iPhone 7のベンチマークスコア

iPhone7のスコアは高い

iPhone 6sのベンチマークスコア

iPhone6sもけっこう高い

 

結果は195,838点と、かなり高いスコアが出ました。
だいたい20万点くらいあると、ミドルレンジスマホ(中級クラスのスマホ)としては上位になる処理能力です。

 

最高性能の一歩手前くらいのスペックとなります。

 

ちなみにiPhone 6sは154,415点と、結構高いスコアです。
こちらもミドルレンジスマホとしては標準くらいの処理能力があります。

 

メインカメラが性能アップ

メインカメラ(背面のカメラ)はiPhone 6sより性能アップしています。

 

  1. カメラレンズがf2.2⇒f1.8となり明るくなった
  2. 光学式手ぶれ補正あり
  3. LEDフラッシュも2つ⇒4つに増えた

 

手ブレを起こしにくくなりつつ、暗い場所で撮影してもキレイな写真を撮りやすくなっています。

 

防水・防塵に対応した

iPhone 7はIP67等級の防水・防塵対応となっています。

 

防塵性能 粉塵が内部に侵入しない
防水性能 15cm~1mの水深に30分間水没しても内部に水が侵入しない

 

防水対応とはなっていますが、完全防水ではありません。
「iPhoneが濡れている場合は充電しないでください」と記載もあるので、できるだけ濡らさないほうがいいです。

 

iPhone 7のカメラ性能

iPhone 7のカメラ性能がどれくらいか、いろいろ撮影をしてみました。

 

写真をクリックすると、原寸の画像が表示されます。
(サイズが重いのでご注意ください。)

 

まずは風景写真。

 

風景写真その1

 

風景写真その2

 

風景写真その3

 

けっこうキレイに撮れました。
次は食べ物も撮影。

 

ピザを撮ってみた

 

普段使いのカメラ用としては、十分キレイな画質で撮れてます。

 

iPhone 7の機種代金

iPhone 7の機種代金(税込)は、32GBモデルが44,640円、128GBモデルが55,440円です。

 

ただしワイモバイルオンラインストアから申し込むことで、さらに機種代の割引を受けることができます。

 

オンラインストアの申し込みなら機種代割引

 

ワイモバイルオンラインストアから申し込みをすると、以下の金額の割引をしてもらえます。

 

機種代の割引額
契約方法 機種の割引額(税込)
32GBモデル 128GBモデル
新規契約、他社から乗り換え 【スマホベーシックプランS】

12,240円
【スマホベーシックプランM/R】
15,840円

ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 0円
機種変更、PHSからの契約変更 7,200円

 

この割引金額を、iPhone 7の機種代金から割引した金額が、実際に支払う機種代金となります。

 

割引を含めた実際の機種代金は、以下の通りになります。

 

割引を含めた実際の機種代金
契約方法 実際の機種代金(税込)
32GBモデル 128GBモデル
新規契約、他社から乗り換え 【スマホベーシックプランS】

32,400円

 

【スマホベーシックプランM/R】
28,800円

【スマホベーシックプランS】

43,200円

 

【スマホベーシックプランM/R】
39,600円

ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 44,640円 55,440円
機種変更、PHSからの契約変更 37,440円 48,240円

 

機種代金の支払いは、一括払いと分割払いを選べます。
分割払いは24回、36回のどちらかを選べます。

 

iPhone 7の月額料金

月額料金

 

オンラインストアから申し込む場合、先ほど紹介した機種代金にスマホベーシックプランの基本料金を加えた金額が、実際に支払う月額料金となります。

 

ここでは、例としてiPhone 7(32GBモデル)を3年間(36回払い)で契約した場合の月額料金(税込)を紹介します。

※2020年4月3日時点での金額となります

新規契約、または他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 3,078円 3,848円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 4,078円 4,848円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 5,178円 5,948円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 3,418円 4,188円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 4,518円 5,288円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 5,618円 6,388円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

PHSから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 3,218円 3,988円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 4,318円 5,088円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 5,418円 6,188円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

月額料金を計算する際のポイントは3つです。

 

料金計算のポイント3つ

  1. 初月のスマホベーシックプランの料金は日割り計算
  2. 端末代金の支払いは2ヶ月目から
  3. 新規割(770円オフ)は2~7ヶ月目のみ適用

 

ワイモバイルオンラインストアは2つあるので注意

機種代割引されてオトクなワイモバイルオンラインストアですが、実はオンラインストアは2つあります。


  • ソフトバンクが運営している「ソフトバンク運営のオンラインストア」
  • Yahooモバイルが運営している「Yahooモバイル内のオンラインストア」

2つのオンラインストアは、それぞれ違う限定キャンペーンを開催しています。



正直ややこしいのですが、申し込みをする時にどちらを選ぶかは重要です。
それぞれのオンラインストアで申し込むときに適用されるキャンペーンは、以下のような違いがあります。


オンラインストアで適用されるキャンペーン

キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否
ソフトバンク運営 Yahoo!モバイル
機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。
  • 新規契約:14,400円
  • 他社から乗り換え:14,400円
  • 契約変更(PHSから乗り換え):7,200円
  • 機種変更:7,200円

※ソフトバンクから乗り換えは対象外
※一部機種は割引額の増減あり

契約事務手数料 無料キャンペーン オンストアからの申し込みで、契約時に必要な事務手数料3,300円(税込)が無料になる。

×

ワイモバイル スマホご契約特典 毎月5日/11日/15日/22日/25日(5のつく日・ゾロ目の日)にスマホ購入すると、PayPayボーナスライトがもらえる

【新規契約、他社から乗り換え、ソフトバンクから乗り換え】
5,555円相当


【PHSからの契約変更、機種変更】
2,555円相当

×

ワイモバイル どこでももらえる特典 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y!mobileサービスの初期登録」を行うとPayPayボーナスライト3,000円相当もらえる


上記のようにキャンペーン内容が異なり、契約種別ごとに適用できるキャンペーンも異なります。


どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用して申し込むかはとても重要です。

 

契約種別ごとに最大限オトクになる方法を紹介

最大限オトクになる方法


さきほど説明した通り、どちらのオンラインストアで申し込みをするかはとても重要です。
初めてワイモバイルに乗り換えようと考えている方は、かなり悩むと思います。


実際、オンラインストアから申し込む際には下記5つの契約種別ごとに適用できるキャンペーンが違います。


  1. 新規契約
  2. 他社から乗り換え
  3. ソフトバンクから乗り換え
  4. PHSからの契約変更
  5. 機種変更

そこで、どちらのオンラインストアでどのキャンペーンを申し込めば最大限オトクになるか、5つの契約種別ごとにキャンペーンの組み合わせを紹介します。

 

新規契約、他社から乗り換え

新規契約、他社から乗り換えの場合は、Yahoo!モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。

 

機種代割引・ワイモバイルスマホご契約特典・ワイモバイル どこでももらえる特典の3つのキャンペーンが適用できます。

 

機種代割引(最大15,840円割引)+
ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay5,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)=
合計24,395円おトク

 

合計24,395円おトクに申し込む手順はこちら

 

ソフトバンクから乗り換え

ソフトバンクから乗り換えの場合は、Yahoo!モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「ワイモバイルスマホご契約特典」・「ワイモバイル どこでももらえる特典」の2つのキャンペーンが適用できます。


ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay5,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)=
合計8,555円おトク


合計8,555円オトクに申し込む手順はこちら

 

PHSからの契約変更

PHSから乗り換えの場合は、Yahoo!モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「機種代割引」・「ワイモバイルスマホご契約特典」・「ワイモバイル どこでももらえる特典」・「PHSからの契約変更事務手数料無料プログラム」の4つのキャンペーンが適用できます。


機種代割引(7,200円割引)+
ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay2,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)+
PHSからの契約変更事務手数料無料プログラム(事務手数料3,300円無料)※
合計22,955円おトク


※PHSから乗り換えする場合、どちらのオンラインストアで乗り換えしても事務手数料は無料になる。


合計22,955円おトクに申し込む手順はこちら

 

機種変更

機種変更の場合は、ソフトバンク運営のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「機種代割引」・「事務手数料無料キャンペーン」の2つのキャンペーンが適用できます。


機種代割引(7,200円割引)+
事務手数料無料キャンペーン(事務手数料3,300円無料)
合計10,500円おトク


合計10,500円おトクに申し込む手順はこちら

 

5~18歳のお子様がいるご家庭は学割も適用できる

ワイモバ学割2019 親子どちらも1100円引きのお得なキャンペーン


5歳~18歳のお子様がいるご家庭は、ワイモバイル公式キャンペーンの「ワイモバ学割」も適用できます。


ワイモバ学割は、お子様・家族の両方のスマホベーシックプランM/Rの月額料金が1年間1,100円(税込)引きできる超オトクなキャンペーンです。


5歳~18歳のお子様がいるご家庭は対象になるので、条件に当てはまる場合は、ぜひワイモバ学割を検討してください。


 

まとめ

iPhone 7はワイモバイルで最新のiPhoneだけあり、iPhone6sより性能が高いです。

 

iPhone 7のポイント4つ
  1. おサイフケータイ(Felica)が使える
  2. 防水・防塵対応
  3. カメラ性能がアップ
  4. CPU性能がアップ

 

より性能の高いiPhoneを使いたい場合は、ぜひiPhone 7を検討してみてください。

 

↑機種代割引+PayPayをオトクにもらえる↑

 

↑機種代割引+契約事務手数料3,300円無料↑