【Simply 603SI】ワイモバイルのストレート型ガラケーってどう?

 

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)でストレートタイプのガラケー「Simply 603SI」があります。

 

実は、このSimply 603SIがワイモバイルでは最安のガラケーで、月額1,008円(税込)で利用可能です。

 

ただし、通話専用に利用することを考えている方以外にはオススメできない端末です。

 

このページでは、実際にSimply 603SIはどのくらいのスペックなのか、料金はどれくらいか、使い勝手は良いのかなどを検証していきます。

 

 

 

 

Simply 603SIのスペック

 

それでは、まずSimply 603SIがどのくらいのスペックなのかを見てみましょう。

 

 

Simply 603SIのスペック

サイズ 横幅:50mm

高さ:132mm
厚み:13.8mm

重さ 約115g
連続通話時間 [FDD-LTE]約600分

[3G]約800分

連続待受時間< [FDD-LTE]約500時間

[3G]約800時間

バッテリー容量 1,770mAh
充電時間 約180分
ROM/RAM容量 8GB / 1GB
対応外部メモリ / 最大容量 microSDHC / 最大32GB
ディスプレイサイズ 2.4インチ
表示方式 TFT
解像度 320×240ドット
Bluetooth
赤外線通信
防水 / 防塵
国際ローミング

 

バッテリー容量は1,770mAhと容量はかなり大きいです。
連続通話時間は、LTEで約600分、3Gで約800分あるので十分使えます。

 

防水/防塵には対応していません。

 

また、国際ローミングに対応していないので、海外利用は考えられていないようです。

 

赤外線通信およびSDカードの読み込みはできるので、電話帳の移行などはスムーズに行うことができます。

 

 

Simply 603SIの主な4つの特徴

 

次に、Simply 603SIの主な特徴を挙げていきます。

 

主だった特徴は4つあります。

 

価格が安い(一括0円)

 

なんといっても端末価格が安いです。

 

ソフトバンクを含めたのりかえ、新規契約、PHSからの機種変更いずれかの場合、端末代金が実質0円となります。
端末購入として必要な料金は、頭金の500円(税抜き)のみです。

 

ソフトバンクからの乗り換えの場合

 

 

月額料金はベーシックパックに加入しなければ、ケータイプランSSのみとなります。

 

しかも、ベーシックパック加入が必須でないため、メール・インターネットを使わないのであれば本当に月額1,000円で使用できます。

 

ベーシックパック加入が必須でない

 

実は、ガラケーの中では唯一ベーシックパック加入が必須ではないです。

 

ベーシックパックを除いて契約できるようになっているため、
ガラケー最安の月額1,008円(税込)の料金プランを実現しています。

 

Wi-Fiは利用できないため、ベーシックパックに加入しないとメール・インターネットは利用できません。
※ベーシックパック未加入でも、SMSだけは使用できます。

 

持ちやすくて使いやすい

 

 

持ちやすさ、使いやすさを追求されていて、必要な機能だけ搭載されています。

 

本体の厚さは約13.8mm、重さは約115gと薄くて軽いです。
丸い形状になっていて、手にも馴染みやすいボディになっています。

 

 

キーが押しやすい

 

 

「テラスシェイプキー」と呼ばれる形状のキーになっていて、キー入力がしやすいです。
ちょっとキーが出っ張っているので、押しやすいです。

 

折り畳みタイプのガラケーは、折り畳むのでキーはあまり出っ張っていないことが多いです。

 

「折り畳みタイプのガラケーのキーが押しにくい」という人でも、Simply 603SIは安心して使えます。

 

 

Simply 603SIはWi-Fiが使えない点は注意

 

 

Simply 603SIは格安でおすすめのガラケーですが、Wi-Fiが使えないという点だけはご注意ください。

 

基本的に通話専用の最安ガラケーとしてプランも想定されているようで、今までガラケー契約に必須であったベーシックパックも加入する必要がありません。

 

ただしWi-Fiが使えないので、ベーシックパックに加入しないとデータ通信は本当に何もできません。
ベーシックパックに加入する場合はデータ通信を行うことになるので、Wi-Fiが使えないSimply 603SIは中途半端な端末となってしまいます。

 

この点だけはご注意ください。

 

 

AQUOSケータイ2とSimply 603SIを比較

 

ここまでで、Simply 603SIのスペックや特徴を紹介しましたが、従来機種と比較するとどうなのでしょうか。

 

Simply 603SIとAQUOSケータイ2のスペックを比較してみます。

 

項目 Simply 603SI AQUOSケータイ2
月額料金

(ケータイプランSS)

934円(税抜き) 1,234円(税抜き)
サイズ 横幅:50mm

高さ:132mm
厚み:13.8mm

横幅:51mm

高さ:113mm
厚み:16.7mm

重さ 約115g 約132g
連続通話時間 [FDD-LTE]約600分

[3G]約800分

[FDD-LTE]約800分

[3G]約910分

連続待受時間 [FDD-LTE]約500時間

[3G]約800時間

[FDD-LTE]約595時間

[3G]約840時間

バッテリー容量 1,770mAh 1,800mAh
充電時間 約180分 約140分
ROM/RAM容量 8GB / 1GB 8GB / 1GB
対応外部メモリ / 最大容量 microSDHC / 最大32GB microSDHC / 最大32GB
ディスプレイサイズ 2.4インチ 3.4インチ
表示方式 TFT [メイン]TFT

[サブ]有機EL

解像度 320×240ドット 960×540ドット

クォーターHD

Wi-Fi

(10台までテザリングで接続可能)

Bluetooth
赤外線通信
防水 / 防塵 [防水]IPX5・IPX8

[防塵]IP5X

国際ローミング

 

比較をしてみると、

 

  • 防水/防塵機能がある
  • 国際ローミングに対応している
  • よりバッテリ性能が高い
  • Wi-Fiに対応している

 

といった点で、AQUOSケータイ2の方がスペックは高いです。

 

性能を重視するなら、AQUOSケータイ2の方がおすすめです。

 

 

しかし、月額料金ではSimply 603SIの方が圧倒的に安いです。

 

  • より安い方がいい
  • より軽い方がいい
  • ストレート型のケータイが使いたい
  • メール・インターネットを使わない

 

上記のような方はSimply 603SIがおすすめです。

 

注意したい点は、Simply 603SIはWi-Fiが使えない通話メインの端末であるということです。

 

もし、メール・インターネットを使うのであればベーシックパックに加入する必要があります。
その場合は、Wi-Fiが利用できないので通信料に注意が必要です。

 

私はメールとインターネットを一応使いたいので、
Wi-Fiも使えてより性能の高いAQUOSケータイ2が良いと思います。

 

 

無制限かけ放題はスーパーだれとでも定額

 

ケータイプランSSであれば、1時から21時まではワイモバイル・ソフトバンクへの電話がかけ放題となっています。

 

もし、国内通話を無制限かけ放題にしたいのであれば、月額1,000円のスーパーだれとでも定額オプションに加入しましょう。

 

 

 

私の母もスーパーだれとでも定額に加入していますが、やはり通話が多い人は加入しておいた方がよいオプションです。

 

Simply 603SIであれば、月額料金2,000円ほどで運用できます。
超安いです。

 

 

通話専用のガラケーならSimply 603SI

 

Simply 603SIはあえて昔ながらのストレート型で作られているガラケーです。

 

小型で軽量、キーが押しやすくて、作りもシンプルで使いやすいです。
料金もすごく安いので、シンプルに安いガラケーを求めている人にはオススメです。

 

ただし、Wi-Fiは利用できないため、本当に通話専用にしたいという人以外にはオススメできません。

 

昔ながらの使いやすいガラケーで、通話専用の最安ガラケーを求めるなら、Simply 603SIを検討してみてください。