ワイモバイルに乗り換え(MNP)すべきタイミングはいつ?具体的に解説

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えをするときは、いつ乗り換えると一番お得なのか知っていますか?

 

このページではいつ乗り換えをすればお得になるのか、その他注意すべき内容を含めて具体的に解説をしていきます。

 

 

乗り換えタイミングを決めるポイント2つ

 

実は、キャリアごとにお得な乗り換えタイミングは決まっています。

 

  • ドコモ、auの場合は月中頃〜月末までに乗り換えがお得
  • ソフトバンクの場合は契約状況に応じての乗り換えがお得

 

では、なぜそのようなタイミングになるのでしょうか?
決めるためのポイントは2つあります。

 

  1. 初月に支払うワイモバイルの基本料金
  2. 解約時に支払う3大キャリアの基本料金

 

それぞれの料金をできるだけ安くでき、かつお得にデータ通信などを利用できるタイミングが、乗り換えのベストタイミングと言えます。

 

ワイモバイルの初月の基本料金は日割り計算される

 

ワイモバイルを契約した月から基本料金は発生します。
契約月の基本料金は、日割り計算されます。

 

具体的に言うと、下記の料金は日割り計算対象となります。

 

  • スマホプランS/M/L
  • ケータイプランSS
  • ベーシックパック・パケット定額

 

なお、基本料金は日割りとなりますが、高速データ通信容量は日割りされません。

 

契約したプランの高速データ通信容量が適用されるので、月末に近いタイミングで契約するほど、安い料金で高速データ通信容量が使用できます。

 

3大キャリアの基本料金は日割り計算されない

 

ドコモ、au、ソフトバンクの基本料金は、解約時に日割り計算されません。

 

  • ドコモだと「カケホーダイ(ライト)」、「パケットパック、シェアパック」
  • auだと「(スーパー)カケホ、LTEプラン」、「データ定額」、「auピタットプラン、auフラットプラン」
  • ソフトバンクだと「スマ放題(ライト)」、「データ定額」

 

上記の基本プランが、日割り計算されないプランとなります。
(上記に記載されてない基本プランも、日割り計算されません)

 

日割り計算されないので、締め日までに解約すれば、いつ解約しても同じです。

 

 

ワイモバイルの基本料金は日割り計算されるため、乗り換える際には契約の締め日に近いほど支払う料金が安くてお得ということになります。

 

 

ドコモ、auは月中頃〜月末までの乗り換えがベストタイミング

 

ドコモ、auの契約の締め日は月末です。そのため、月中頃〜月末までの乗り換えがオススメの時期となります。

 

月末近くになりすぎて、乗り換えタイミングが月を跨がないよう、ある程度余裕を持って乗り換えましょう。

 

 

ソフトバンクの乗り換えタイミングは締日に注意が必要

 

ドコモ、auは締め日が月末となっていますが、ソフトバンクだけは締め日が違います。

 

ソフトバンクの締め日は、10日・20日・月末のいずれかになります。
締め日については、My Softbankから確認することができます。

 

 

ソフトバンクユーザーが乗り換える際には、締め日を確認したうえで乗り換えをする必要があります。

 

たとえば、締め日が20日なのに月末ギリギリで乗り換えをしたりすると損なのでご注意ください。

 

 

乗り換え月は契約更新月にしよう

 

こちらはほとんどの方が既に承知していることだと思いますが、契約更新月に乗り換えるようにしましょう。
契約更新月は各キャリアとも2ヶ月あるので、余裕を持って乗り換えできます。

 

また、端末代金の残債が残っていない状態であることも大事です。

 

解約をすると、月々の端末割引が無くなってしまうからです。

 

もし残債が残っているのであれば、最後に支払いをする必要があります。
3大キャリアのいずれも、今まで通り分割払いを支払うか、一括で払うかを選ぶことができるので、好きな方を選ぶといいです。

 

 

ワイモバイルへの申し込みは余裕を持とう

 

ワイモバイルの乗り換えるタイミングは今までにお話しした通りですが、
次にお話ししたいのはワイモバイルに申し込みをするタイミングです。

 

実際に乗り換えるタイミングは申し込みしたタイミングと
少しずれるので注意が必要です。

 

契約の成立は回線の開通タイミング

 

契約が成立するのは回線が開通したタイミングです。
申し込みをしてから回線が開通するまで時間がかかるので、その点を考慮して申し込みをしましょう。

 

なお、乗り換え前の事業者は回線が開通した時点で解約となります。
MNP予約番号を発行した時点では解約とならないので、ご注意ください。

 

[参考記事]

 

MNP予約番号の有効期限にも注意

 

MNP予約番号には15日の有効期限があります。
この有効期限内に回線開通をしないと、MNP予約番号は無効となります。
※期限切れの場合、乗り換え前の事業者は解約とならず、そのまま契約は継続されます

 

MNP予約番号の有効期限が切れた場合は、MNP予約番号を再取得すればOKです。
発行時と同じ手順で、再取得できます。

 

ワイモバイルオンラインストアで申し込みをする場合は、有効期限が10日間以上残っていないといけません。有効期限が10日間残ってない場合は再取得が必要です。

 

MNP予約番号発行後は、できるだけすぐに申し込みをしましょう。

 

 

【注意】ワンキュッパ割は翌月適用

 

乗り換えるタイミングとは関係ないですが、ワンキュッパ割は翌月に適用される点にご注意ください。

 

料金の明細を見て、「あれ、ワンキュッパ割が適用されてない」という勘違いをされている方が意外に多いです。

 

翌月適用なので、間違えないように気をつけしましょう。

 

 

オンラインストアからの申し込みなら頭金が安くなる

 

 

さらにお得に乗り換えをしたい場合は、ワイモバイルオンラインストアからの申し込みをオススメしています。

 

ワイモバイルショップで契約をすると、「ショップの頭金を支払う」もしくは「不要なオプションの加入」が必要となります。
ドコモ/au/Softbankのショップで契約した方は覚えがあるかもしれませんが、同じことがワイモバイルショップでも起こります。

 

ワイモバイルオンラインストアから申し込む場合は、ワイモバイルショップを経由しないので「ショップの頭金を支払う」、「不要なオプションの加入」のどちらも不要です。

 

よりお得に乗り換えるのであれば、オンラインストアからの申し込みも考えてみてください。

 

ワイモバイルをオンラインストアから申し込むべき7つの理由

 

 

まとめ

 

ワイモバイルへ乗り換えをするときには、いつ乗り換えをするべきか悩んでしまいがちです。

 

ドコモ、auの方は月中頃〜月末までに乗り換えをするのがオススメです。

 

ソフトバンクの方は、締め日をMy Softbankで確認したうえで、余裕をもって乗り換えをした方が良いです。

 

 

各キャリアからのMNPによる乗り換え手順は下記にて紹介しています。

 

 

ワイモバイルへの乗り換えを検討されている方は、できるだけ損をしないように乗り換えしていただければと思います。

 

ちなみにワイモバイルショップで申し込みすると、ショップでの頭金が余分に発生するのでオンラインストアからの申し込みがおすすめです。

 

 

↑オンラインはショップの頭金不要なのでより安い↑