初心者向け!ワイモバイルで買えるスマホの種類と選び方のポイント5つ

 

ワイモバイルで買えるスマホの種類と選び方のポイント5つ

 

ワイモバイル(Y!mobile)では色々なスマホが販売されています。
iPhone、Andorid、SIMフリーなど、スマホ初心者の方はチンプンカンプンだと思います。

 

そこで、このページではワイモバイルが初めての方がスマホ選びに迷わないよう、ワイモバイルで買えるスマホの種類とスマホ選びのポイント5つについて紹介していきたいと思います。

 

「スマホの種類が多すぎて分からない!」
「AndroidとかiPhoneとかって何だよ?」
「SIMフリースマホって何が違うの?」

 

こんな人は必見です!

 

 

SIMロックとSIMフリーについて、まずは知ろう

 

まず最初に知っておいて欲しいことは、SIMロックとSIMフリーについてです。

 

ワイモバイルで購入できるスマホは、SIMロックがかけられている「SIMロックスマホ」と最初からSIMロックがかけられていない「SIMフリースマホ」があります。

 

SIMロックがかけられているスマホは、ドコモやau、ソフトバンクなどの他事業者で利用することができません。

 

ただし、後からSIMロックを解除する「SIMロック解除」の手続きを行うことで、SIMフリースマホにすることができます。

 

 

ワイモバイル購入できるスマホの種類は3つ

 

ワイモバイルで購入できるスマホですが、大きく分けて3種類あります。

 

3種類のスマホ

  1. iPhone(SIMロック)
  2. Androidスマホ(SIMロック)
  3. Androidスマホ(SIMフリー)

 

それぞれ、順番に見ていきましょう。

 

iPhone(SIMロック)

 

iPhone(SIMロック)

 

Apple社が販売しているスマホ「iPhone」です。
現在はiPhone 6sとiPhone SEが販売されています。

 

少し古いタイプになってしまいますが、まだまだ現役で利用できるiPhoneです。
安い価格でiPhoneを利用したい方にはオススメです!

 

ただし、ワイモバイルで販売されているiPhoneには、SIMロックがかけられています。
SIMフリーとして利用したい場合は、SIMロック解除をしましょう。

 

ちなみに管理人の母はiPhone SE、妻はiPhone 5s(現在販売終了)を利用しています。

 

Androidスマホ(SIMロック)

 

Androidスマホ(SIMロック)

 

ワイモバイルで販売されている「Android Oneシリーズ」および「かんたんスマホ」がSIMロックがかけられているAndroidスマホとなります。

 

基本的にはワイモバイルが販売しているAndroidスマホ=SIMロックのAndroidスマホと考えてもらえばいいです。

 

ワイモバイルが取り扱っているスマホなので、故障した場合などにもワイモバイルショップで修理対応してもらえます。

 

 

Androidスマホ(SIMフリー)

 

Androidスマホ(SIMフリー)

 

一般的に「SIMフリースマホ」と呼ばれているAndroidスマホです。

 

元々スマホ端末だけで販売されていて、その端末をワイモバイルのSIMカードとの組み合わせで販売しています。

 

さらにワイモバイルモデルとSIMフリーモデルがある

 

ちょっとややこしい話なのですが、SIMフリースマホには「ワイモバイルモデル」と「SIMフリーモデル」があります。

 

SIMフリースマホは元々ワイモバイルが販売しているスマホではないのですが、ワイモバイルで使いやすくなるように少しだけスペックが変わっていたりします。

 

そのようにワイモバイル用になっている端末が「ワイモバイルモデル」です。
(呼び方は色々あって、ワイモバイル版などと呼ばれたりもしてます)

 

例えば、HUAWEI P20 liteを例に挙げると、SIMフリーモデルではワイモバイルのVoLTEに対応していません。
しかし、ワイモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteは、ワイモバイルのVoLTEに対応しています。

 

このように、ワイモバイル用に少し仕様が変わっていたりしますが、ワイモバイルで使いやすくなっているだけです。

 

SIMロックがかけられているわけではないので、あまりこだわりが無い人は気にしなくてもいいです。

 

いちおう、「ワイモバイルモデル」と「SIMフリーモデル」にはちょっとした違いがあるということだけ覚えておいてください。

 

故障時の対応の差には注意

 

あと、ワイモバイルモデルは故障をした場合、ワイモバイルショップで修理対応をしてもらえます。端末保証サービスも、故障安心パックプラスになります。

 

P20 liteはショップサポートもある

HUAWEI P20 liteはワイモバイルモデルとなっており、ショップ対応してもらえる

 

SIMフリーモデルの場合は、ワイモバイルショップで修理対応してもらえません。端末保証サービスも、故障安心パックライトになります。

 

※ちなみに、以前はHUAWEI機種は修理の取次対応をしてくれていましたが、今はワイモバイルモデルのSIMフリースマホのみの対応となっています。

 

ワイモバイルモデルとSIMフリーモデルの見分け方

 

見分け方は2通りあります。
どちらかで確認してください。

 

オンラインストアでの表記で見分ける

 

オンラインストアで販売されているスマホの一覧を見ると、表記が違います。

 

ソフトバンク株式会社の公式オンラインストアと、Yahooモバイルの公式オンラインストアでは微妙に書き方に違いはありますが、「SIMフリー」と書いてあるのがSIMフリーモデルで、「SIMフリー」と書いてないのがワイモバイルモデルとなります。

 

ソフトバンク株式会社の公式オンラインストアの場合、以下のような表記の違いになっています。

 

ワイモバイルモデルは「スマートフォン」表記

SIMフリーモデルは「SIM+SIMフリースマホ」表記

 

端末保証サービスで見分ける

 

端末の申し込みページを見ると分かるのですが、端末保証サービスが違います。

 

ワイモバイルモデルは「故障安心パックプラス」となるのですが、SIMフリーモデルは「故障安心パックライト」となっています。

 

故障安心パックライトは、SIMカード単体契約をしたときの端末保証サービスと同じです。
SIMフリーモデルは「自社製品でないから、故障しても修理は受け付けられない」ということですね。

 

 

スマホ選びのポイント5つ

 

次に紹介したいのは、迷いがちなスマホの選び方です。
僕がオススメするポイントは主に5つです。

 

月額料金をどれくらいにしたいか

 

とっても重要なポイントです。
安ければ性能はあまり良くなくてもいいのか、高くても性能が高い方がいいのか。

 

どのくらいまでなら月額料金を支払ってもいいのかを考えましょう。

 

ちなみに、端末代金が無料のスマホを選べば、月額2,138円からの激安料金にすることも可能です。

 

 

iPhoneかAndroidか

 

まずはiPhoneとAndroidのどちらを使いたいかを決めましょう。
どちらかこだわりが無ければ、どちらに決めてもいいです。

 

次以降のポイントを考えて、最終的に条件に合うものを選びましょう。

 

画面サイズはどれくらい欲しいか

 

画面サイズが大きければ大きいほど、持ち運びはしづらくなります。
しかし、画面が見やすいです。

 

どのくらいのサイズがいいかを考えましょう。
個人的には、5インチ以上の画面である方が見やすくておすすめです。

 

カメラ・CPUなどの性能はどれくらい欲しいか

 

スマホによって性能は大きく変わってくる場合があります。
基本的には発売したのが新しいスマホほど、性能は高いです。

 

あと、カメラ機能はスマホによって性能差が出やすいです。
カメラ性能にこだわる場合は、カメラ性能が高いスマホを選びましょう!

 

キャンペーンを適用できるか

 

ワイモバイルでは随時キャンペーンが開催されています。
機種によってはキャンペーンが適用できたり、できなかったりします。

 

同じくらいの性能のスマホでも、キャンペーン対象になっている端末と対象になっていない端末もあったりします。

 

オンラインストア限定でのキャンペーンもあったりするので、お得なキャンペーンが開催されていないのか十分に調べましょう。

 

 

 

管理人おすすめの厳選3機種を紹介

 

あまり高い料金を支払わなくても、ワイモバイルには性能の高いスマホが揃っています。

 

個人的に管理人がワイモバイルの中でも特におすすめだと思う機種3つを紹介したいと思います。

 

1位:HUAWEI P20 lite

HUAWEI  P20 lite

 

今、ワイモバイルで販売されているスマホの中で最もコスパが良いスマホがHUAWEI P20 liteです。

 

管理人も今使っているスマホですが、性能が高すぎて驚きました。

 

おすすめポイント4つ

  1. 上級モデル並みのカメラ性能
  2. 顔認証、指紋認証によるロック解除
  3. 5.84インチの大画面
  4. 3,100mAhの大容量バッテリー(急速充電可)

 

特にスゴイと思うのはカメラと認証機能です。

 

アウトカメラは1600万画素+200万画素のダブルレンズで、上級モデルのスマホ並みのキレイさで写真が撮影できます。

 

P20 liteのダブルレンズ

ダブルレンズで写真は超キレイ

 

インカメラも1,600万画素あるので、自撮りもキレイです。

 

認証機能もすごい使い勝手がいいです。
顔認証、指紋認証のどちらも搭載されていて、スマホを取り出すだけで起動できます。

 

使ってみれば、その高い性能に満足すること間違いなしです!

 

ワイモバイルが公式に取り扱っているSIMフリースマホなので、ワイモバイルショップで修理などのサポートも受けられ、安心して使えます。

 

P20 liteはショップサポートもある

 

 

端末代金も値下げされ、スマホプランSは月々500円、スマホプランM/Lは月々0円と安くなっているので、今が買い時の端末です。

 

 

 

2位:iPhone SE

iPhone SE

 

iPhone SEは発売こそ2年前と型は古いですが、まだまだ現役のiPhoneです。

 

ソフトバンクなどでも普通に販売されている機種で、中級クラスのAndroidスマホと同等の性能を持っています。

 

端末代金が頭金の500円のみ、月々の支払いは0円となっており、コスパはすごく高いです。

 

コンパクトサイズのiPhoneを安く使いたい方にはオススメです!

 

 

 

3位:Android One X1

Android One X1

 

ワイモバイルのAndroid One Xシリーズの中でも月々実質0円で使えるのが、Android One X1です。

 

高いスペックを持っており、購入すれば長く安心して使えるAndroidスマホです。

 

 

おサイフケータイ、防水・防塵、指紋認証、大容量のバッテリー、高性能のカメラを備えており、一通りの機能が搭載されています。

 

バランスがとれていて、使いやすさはバツグンです。
1,640万画素のカメラを搭載しているので、カメラ性能もけっこう高いです。

 

安心して使え、かつ格安の国産Androidスマホを探しているのであれば、Android One X1はおすすめです。

 

 

 

 

おすすめ3機種は期間固定Tポイントを最大1万ポイントもらえる

 

期間固定Tポイント最大1万ポイントプレゼント

 

HUAWEI P20 lite、iPhone SE、Android One X1の3機種は、「期間固定Tポイントプレゼントキャンペーン」の対象です。

 

キャンペーンを利用して契約すると、最大1万ポイントの期間固定Tポイントがもらえます。お得なキャンペーンなので、購入予定の方はぜひご利用ください。

 

 

 

まとめ

 

今回は、ワイモバイルで販売されているスマホの種類とスマホの選び方のポイント、および管理人おすすめのスマホについて紹介させていただきました。

 

ワイモバイルオンラインストアを見ると、「スマホがたくさんありすぎて、どれを選んでいいか分からない」という方も多いと思います。

 

初心者の方や、どれを選べばいいか迷ってしまうという方は、本ページを参考にしていただき、ぜひ納得のいくスマホを選んでください。