HUAWEI P30 liteレビュー|神コスパのハイスペックスマホ

HUAWEI P30 liteレビュー|コスパ怪物のハイスペックスマホ

 

ワイモバイル(Y!mobile)から発売延期されていたHUAWEI P30 liteが、発売開始されました。

 

カメラもトリプルレンズとなり、かなりの大幅性能アップをしているので、期待感はすごいです。

 

今回はHUAWEI P30 liteの実機レビューを行っていきます。

 

ワイモバイルのHUAWEI P30 liteを購入しようか考えている方は、ぜひご覧ください。

 

 

HUAWEI P30 liteのスペック

まずはざっとHUAWEI P30 liteのスペックをP20 liteと比較しながら紹介します。

 

HUAWEI P30 lite/P20 liteのスペック
ディスプレイ 6.15インチTFTディスプレイ 5.8インチTFTディスプレイ
ディスプレイ解像度 2,312×1080(FHD+) 2,280×1,080(FHD+)
CPU Kirin710 (オクタコア) 2.2GHz + 1.7GHz Kirin659 (オクタコア) 2.36GHz + 1.7GHz
ROM / RAM容量 64GB / 4GB 32GB / 4GB
縦幅 152.9mm 149mm
横幅 72.7mm 71mm
厚さ 7.4mm 7.4mm
重さ 159g 145g
アウトカメラ画素数 約2400万画素+約800+約200万画素(トリプルカメラ) 約1,600万画素+200万画素(デュアルカメラ)
インカメラ画素数 約2,400万画素 約1,600万画素
データ通信方式 下り最大250Mbps / 上り最大37.5Mbps 下り最大187.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 4.2
バッテリ 3,340mAh 3,000mAh
おサイフケータイ 非対応 非対応
NFC 非対応 非対応
防水/防塵 非対応 非対応
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G) − / ● / ● − / ● / ●
認証機能 指紋、顔 指紋、顔
カラー ピーコックブルー/パールホワイト/ミッドナイトブラック クラインブルー/ミッドナイトブラック/サクラピンク

 

搭載している機能は前作のP20 liteから変わりはありませんが、全体的に性能がアップしています。

 

特に大幅に性能アップしたのは、CPUとカメラです。
CPUはKirin710というCPUに変わり、AntutuというCPUの処理性能テスト(ベンチマークテスト)でP20 liteと比較すると、約1.5倍の性能になっています。

 

カメラはダブルレンズ⇒トリプルレンズとなった上に、解像度も約1,600万画素+200万画素⇒約2,400万画素+800万画素+200万画素とアップしています。
バッテリも大容量などになったり重さもアップ(!?)したりと、前作よりも明らかにパワーアップしております。

 

付属品

HUAWEI  P30 liteの付属品

TPUケースも付いてくるから安心してすぐ使える

 

付属品には、TPUケース(ブラスチックのやわらかいケース)と充電器、イヤホン、クイックスタートガイドが付いてきます。
もともと充電器が付属されているので、新しく買い足す必要はありません。

 

HUAWEI P30 liteの外観

 

今回紹介するのは、SIMフリー版のP30 lite ピーコックブルーとなります。
※P30 liteはワイモバイルの他に、UQモバイルやau、SIMフリーなどで購入できます。SIMフリー版はSIM契約なしで購入できます。

 

外観は光沢感が溢れています。
光を当てるとピカピカと光って、キレイに見えます。
P20 liteよりも、さらに高級感は増したような気がします。

 

HUAWEI  P30 liteの裏面

光沢があってピカピカしてる

 

触るとツルツルしていて、けっこう滑ります。
ただし触ると指紋でべたべたになってしまうので、TPUケースはすぐに付けておいた方がいいです。

 

トリプルレンズと指紋認証に使うセンサーは、背面にあります。
指紋認証のセンサーは、背面のにある丸いくぼみで、そこで指紋認証をします。

 

HUAWEI P30liteのカメラと指紋認証センサー

背面にカメラと指紋認証センサーがある

 

指紋認証センサーは指を持っていく位置にあるので、かなり使いやすいです。
この位置にあることで、スマホを持って即起動できます。

 

電源、ボリュームボタンは右側面にあります。

 

HUAWEI  P30 liteの右側面

電源、ボリュームボタンは右側面

 

イヤホン、USBの充電差し込み口は端末の底面にあります。

 

HUAWEI  P30 liteの底面

底面にイヤホン、USB

 

充電はType-CのUSBケーブルで行います。
付属品にUSBケーブルが付いてくるので、買わなくても大丈夫です。

 

画面は大きいですが端末は薄くて使いやすいです。
重量は159gとなっており、それほど重く感じません。

 

管理人の場合は、ズボンのポケットに突っ込んで使っています。

 

カメラ性能は上級モデル並み!すごいの一言

カメラ性能は上級モデル(ハイエンドモデル)並みです。
トリプルレンズを装備しているP30 liteは同じ価格帯のスマホの中では、間違いなくトップクラスの性能になります。

 

カメラアプリにもモードがいろいろ用意されていて、普通にモードを変えて使うだけでプロっぽい写真を撮影することもできます。

 

P30 liteで撮影した写真を紹介するので、参考までにご覧ください。

 

【トリプルレンズがすごい】通常モード

特に何もしなくても、そのままキレイに写真が撮れます。

 

木を撮影

木を撮影

 

子供が大好きアンパンマン

子供が大好きアンパンマン

 

冷やしそば

冷やしそば

 

【より遠くを撮影できる】広角モード

広角モードを使うと、同じ場所にいてもより遠くを写すことが出来ます。

左の写真が通常モード、右の写真が広角モードで撮影した写真です。

 

通常モードで撮影

通常モードで撮影

広角モードで撮影

広角モードでより遠くを撮影

 

同じ場所で撮影したのに、距離感がすごく変わりました。
「遠くを撮影したい」というときも、広角モードを使えば移動しなくていいです。

 

【プロ並みの写真】ポートレートモード

自分物写真を撮るときに、背景をぼやけさせて人物をキレイに撮影できます。
ポートレートモードを使えば、プロ並みは言い過ぎかもしれませんが、それっぽく写真を撮影できます。

 

ポートレートモード

すごく、それっぽい写真

 

試しにうちの奥様を撮影してみましたが、かなりイイ感じに写真が取れました。
(目線はP30 liteのカメラアプリでモザイク入れてます)

 

ポートレートモードはインスタ映えしそうです。

 

【画像認識】Al Vision

HUAWEI製のスマホに搭載されているAIによる画像認識機能です。
Android One X5で紹介しているGoogleレンズと似たような感じです。

 

Al Visionはカメラの被写体を画像認識して、以下のようなことができます。

 

QRコード QRコード、バーコードをスキャンできる
翻訳 文章の翻訳ができる
ショッピング カメラ被写体をショッピングサイトから購入できる
カロリー 食べ物のカロリー表示をしてくれる
識別 カメラ被写体の情報を表示してくれる

 

今回は試しに「ショッピング」機能を使って、GEORGIA 香るブラックを写してみました。

 

GEORGIA 香るブラック

ちゃんと検索された

 

しっかりとショッピングサイトから同じ商品を探してきてくれました。

 

カメラ以外の充実機能

もちろんP30 liteはカメラだけではありません。
使い勝手が良くなるように、他機能も充実しています。

 

2つの超高速認証で即起動

HUAWEI P30 liteには顔認証と指紋認証の2つの認証機能が用意されています。
P20 liteもそうでしたが、この認証がものすごい速いです。

 

どちらの認証も「ロックを忘れた?」と思ってしまうくらい、一瞬で終わってしまいます。

 

指紋認証は、背面の丸いセンサーに指をあてるだけです。
パッと一瞬で起動します。

 

P30 liteの指紋認証は一瞬

指をあてると一瞬で起動

 

背面にセンサーが用意されているので、普通にポケットから取り出して片手起動ができます。
すごく便利です。

 

顔認証も、パッと顔の前に持ってくるだけで一瞬で起動します。
マジで速いです。

 

P30 liteの顔認証も一瞬

顔認証も一瞬で起動

 

この2つの認証機能に慣れてしまうと、他のスマホのロック解除が面倒くさく感じてしまいます。

 

「HUAWEIは認証機能すごい」と言われているみたいですが、本当に高速です。

 

6.15インチのフルHD+ディスプレイ

ディスプレイはは6.15インチの大サイズです。
端末の枠ぎりぎりまでが液晶画面となっていて、大きな画面を楽しめます。

 

6.15インチのフルHD+のキレイな大画面

 

液晶画面の画質もキレイです。
ディスプレイの解像度も2,312×1080のフルHD+となっており、超きめ細やかな色彩を楽しめます。

 

CPU性能も約1.5倍にアップ

CPU性能もだいぶアップしています。
AntutuというCPU性能をテストするアプリで、どのくらいすごいか調査しました。
ついでにP20 liteと性能比較もしてみました。

 

P30 liteの性能

P30 liteの性能

P20 liteの性能

P20 liteの性能

 

左がP30 liteで、右がP20 liteです。
P20 liteはnova 3eとなっていますが、海外版がnova 3eと呼ばれているのでそのように表示されるみたいです。

 

スコアを比較してみると、P30 liteはP20 liteの約1.5倍ほどの性能になっています。
かなり性能はアップしています。

 

Antutuで13万点台のスコアがあればサクサク動作するので、普段使いのスマホとしては十分なスペックです。

 

バッテリーは大容量の3,340mAhで長持ち

バッテリーは3,340mAhとなっており、大容量になっています。
USBの端子はType-Cなので、急速充電も可能です。

 

普通に使っていると、2〜3日くらいは保つと思います。

 

急速充電で充電も速い

急速充電で充電も速い

 

なお、P30 liteは付属品でType-Cの充電器が付いてくるので、ケーブルを持っていない人も購入の必要はありません。

 

ワイモバイルショップで修理対応もしてくれるので安心

HUAWEI P20 liteはショップサポートもある

HUAWEI P30 liteはワイモバイルモデルとなっており、ショップ対応してもらえる

 

ワイモバイルで販売されているHUAWEI P30 liteの端末保証オプションは「故障安心パックプラス」です。

 

通常のSIMフリースマホと違ってワイモバイルショップで修理対応をしてくれます。
万が一の際にも安心して利用できます。

 

HUAWEI P30 liteの注意点は2つ

いいこと尽くしのHUAWEI P30 liteですが、注意点が2つほどあります。

 

防水・防塵対応ではない

残念ながら防水・防塵対応ではありません。
この点は前作のP20 liteからパワーアップしてくれませんでした。

 

水場での取り扱いには、十分にご注意ください。

 

おサイフケータイは使えない

残念ながらおサイフケータイ非対応です。
この点に関しても、パワーアップしてくれませんでした。

 

ただしワイモバイルユーザーの場合はPayPayが優遇されているので、PayPayをメインに使えばそれほど気にならないかもしれません。

 

HUAWEI P30 liteの機種代金

HUAWEI P30 liteの機種代金は、定価39,600円(税込)です。
ただしワイモバイルオンラインストアから申し込むことで、さらに機種代の割引を受けることができます。

 

オンラインストアの申し込みなら機種代割引

 

ワイモバイルオンラインストアから申し込みをすると、以下の金額の割引をしてもらえます。

 

機種代の割引額
契約方法 機種の割引額(税込)
新規契約、他社から乗り換え 18,216円
ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 0円
機種変更、PHSからの契約変更 7,128円

 

この割引金額を、HUAWEI P30 liteの機種代金から差し引いた金額が、実際に支払う機種代金となります。

 

割引を含めた実際の機種代金は、以下の通りになります。

 

割引を含めた実際の機種代金
契約方法 実際の機種代金(税込)
新規契約、他社から乗り換え 21,384円
ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 39,600円
機種変更、PHSからの契約変更 32,472円

 

機種代金の支払いは、一括払いと分割払いを選べます。
分割払いは24回、36回のどちらかを選べます。

 

【11月13日以降は割引額が変わる!?】
上記割引額は、2019年11月13日(水)までの割引額となっています。
2019年11月14日(木)以降の割引額がいくらになるかは、まだ未定です。

 

割引の上限は20,000円という政府のガイドラインがあるため、おそらく割引額が今より多くなることはないと思われます。

 

HUAWEI P30 liteの月額料金

先ほど紹介した機種代金に、スマホベーシックプランの基本料金を加えた金額が、実際に支払う月額料金となります。

 

ここでは、例としてHUAWEI P30 liteを3年間(36回払い)で契約した場合の月額料金(税込)を紹介します。

 

なお、紹介しているのは2019年11月13日(水)までの金額です。
2019年11月14日(木)以降は割引額が変わるようなので、月額料金も変更になります。

 

新規契約、または他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜7ヶ月目 8〜37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,772円 3,542円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,872円 4,642円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 4,972円 5,742円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜7ヶ月目 8〜37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 3,278円 4,048円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 4,378円 5,148円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 5,478円 6,248円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

PHSから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜7ヶ月目 8〜37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 3,080円 3,850円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 4,180円 4,950円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 5,280円 6,050円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

月額料金を計算する際のポイントは3つです。

 

料金計算のポイント3つ

  1. 初月のスマホベーシックプランの料金は日割り計算
  2. 端末代金の支払いは2ヶ月目から
  3. 新規割(770円オフ)は2〜7ヶ月目のみ適用

 

なお、ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込みをすれば、初回に支払う契約事務手数料3,300円(税込)が無料になります。

 

オンラインストアからの申し込みであれば、先ほど紹介した機種代の割引もされるので、すごくオトクです。

 

 

 

ワイモバイルオンラインストアは「ソフトバンク運営のオンラインストア」、「Yahooモバイル内のワイモバイルオンラインストア」の2つがあります。

 

契約事務手数料を無料にする場合は、上記ボタンの「ソフトバンク運営のオンラインストア」からお申し込みください。

 

 

まとめ

HUAWEI P30 liteは、期待以上に高いスペックのスマホでした。
おすすめポイントをまとめると、下記の5つになります。

 

 

とくにカメラ機能は圧巻で、この価格帯で販売されているスマホとしてはNo1の性能じゃないかと思います。
メーカーにこだわりがないのであれば、ワイモバイルの中でも一番おすすめしたい機種です。

 

※機種代割引+事務手数料3,300円無料!