iPhone 12実機レビュー|文句なしの性能を持つ最強スマホ

iPhone 12実機レビュー|文句なしの性能を持つ最強スマホ

 

iPhone 12は2020年冬モデルのiPhoneです。
今までワイモバイルでは最新機種のiPhoneが発売されることはありませんでしたが、ついに最新機種も発売されるようになりました。

 

ワイモバイルは安い価格帯のスマホがほとんどですが、その中でもiPhone 12は価格が高いです。
しかし、その価格に見合った性能を持っています。

 

  1. ダブルレンズの高性能カメラ
  2. 高性能CPU搭載
  3. ワイアレス充電・急速充電対応
  4. 防水・防塵対応
  5. 顔認証対応
  6. Apple Pay対応
  7. 5G対応

 

今回は、購入したiPhone 12の実機レビューを行っていきます。
詳細なスペック、外観、実機で撮影した写真、実際に機能を使った感想などを紹介していきますので、興味がある方はぜひご覧ください。

 

iPhone 12のスペック

iPhone 12のスペック

iPhone 12のスペック

 

まずはiPhone 12のスペックを紹介します。

 

iPhone 12のスペック
ディスプレイ 6.1インチ Super Retina XDRディスプレイ
ディスプレイ解像度 2,532×1,170
CPU A14 Bionicチップ
ROM 64GB・128GB・256GB
RAM 4GB
縦幅 146.7mm
横幅 71.5mm
厚さ 7.4mm
重さ 162g
アウトカメラ画素数 1,200万画素(デュアルカメラ)
インカメラ画素数 1,200万画素
バッテリ 2,815mAh
データ通信方式 5G/4G/3G 対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.0
Apple Pay
NFC
赤外線 ×
ワイアレス充電
防水/防塵 IP68等級
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G) × / ● / ●
認証機能
ワンセグ ×
カラー ホワイト/ブルー/ブラック/グリーン/レッド

 

iPhone 12は6.1インチの大型サイズのiPhoneです。
2020年冬に発売開始された最新iPhoneだけあり、性能はとても高いです。

 

iPhone 12の特徴

  • 高性能CPU
  • 顔認証対応
  • おサイフケータイ対応
  • 防水・防塵対応
  • ワイアレス充電対応

 

カメラはデュアルカメラ+高性能AIで高い画質の写真・ビデオが撮れますし、高性能CPUで動作も速いです。防水・防塵対応の上、ワイアレス充電まで対応しているので、日常での使用にも文句ありません。

 

バッテリはAndroidスマホと比べるとそれほど多くありませんが、iPhoneは消費電力が少ないので余裕のある電池持ちとなります。

 

ワイモバイルでも価格が高い機種だけあり、かなり使い勝手は良いです。

 

付属品

iPhone 12はワイモバイルオンラインストアで購入したので、段ボールから開封するところから紹介します。

 

オンラインストアから届いた段ボール

オンラインストアから届いた段ボール

 

ワイモバイルオンラインストアで注文をすると、佐川急便で段ボールが届きます。

 

段ボールの中身

段ボールの中身

 

段ボールの中には、iPhone 12、初期設定の説明書と納品書 兼 返品連絡票が入っています。

 

Phone 12の箱を開けると、付属品一式が入っています。

 

iPhone 12の付属品一式

iPhone 12の付属品一式

 

付属品は下記のものになります。

 

  • Lightningケーブル
  • SIMカード取り出し用PIN
  • ステッカー
  • 説明書

 

なお、電源アダプタとイヤホンは付属されていません。
電源アダプタを持っていない場合、イヤホンが欲しい場合は別途購入しましょう。

 

ワイアレス充電にも対応しているので、電源アダプタの代わりにワイアレス充電器を購入するのもオススメです。

 

 

iPhone 12の外観

iPhone 12 ホワイト

iPhone 12 ホワイト

 

今回紹介するiPhone 12のカラーは、ホワイトです。
ディスプレイは6,1インチサイズの大型サイズですが、片手で持てるくらいの大きさです。

 

片手で持てるサイズ

片手で持てるサイズ

 

画面は黒いベゼル(ディスプレイの黒枠)とノッチ(ディスプレイ上部の黒い凹み)がディスプレイの周囲を囲んでいて、オシャレな画面になっています。
液晶画面はOLEDが使われており、表示も鮮やかです。

 

側面はアルミがフラット(平ら)にデザインされてる

側面はアルミがフラット(平ら)にデザインされてる

 

側面には航空宇宙産業に使われるアルミが使われています。
側面は平らになっていて、色はシルバー。昔ながらのiPhonという感じです。

 

iPhone 6以降は側面は丸みを帯びたデザインになっていたのですが、iPhone 12は昔ながらの平らなデザインに戻りました。

 

iPhone SE(第2世代)と側面を比較してみます。

 

左:iPhone SE(第2世代)、右:iPhone 12

 

左がiPhone SE(第2世代)で、右がiPhone 12です。
iPhone SE(第2世代)は側面が丸みを帯びていて、少しボタンが埋もれているようなデザインになっています。
iPhone 12は側面が平らになっていて、ボタンも浮き出ているデザインとなっています。

 

左側面にサイレントスイッチ、音量ボタン、SIMスロット

左側面にサイレントスイッチ、音量ボタン、SIMスロット

 

左側面にはマナーモードに切り替えるためのサイレントスイッチ、音量調整のためのボリュームボタン、SIMカードのスロットが付いています。

 

右側面に電源ボタン

右側面に電源ボタン

 

右側面には電源ボタンが付いています。

 

底面にはコネクタとスピーカー

底面にはコネクタとスピーカー

 

底面にはLightningケーブルを挿すためのコネクタと、ステレオスピーカーが付いています。

 

なおiPhone 12はイヤホンジャックがなくなっており、イヤホンを使う場合はLightningケーブル接続のイヤホンが必要です。

 

イヤホンは付属されていないので、欲しい場合は別途購入しないといけません。

 

 

iPhone 12の処理性能はスゴイ

iPhone 12はプロセッサ「A14 Bionicチップ」を使っており、処理性能はすごく高いです。
試しにスマホベンチマークを計測するアプリ「Antutu」を試してみました。

 

iPhone 12のベンチマークテスト結果

iPhone 12のベンチマークテスト結果

 

622,219点となり、ワイモバイルスマホの中で一番良い結果が出ました。

 

2020年冬モデルのiPhoneだけあり、性能はすごく高いです。
これだけの性能があれば、ゲーミングスマホとしても十分な性能を発揮してくれます。

 

処理性能を求めている方にも満足してもらえる機種であることは間違いないです。

 

デュアルカメラで写真もキレイ

iPhone 12のカメラは、1200万画素のデュアルカメラです。
レンズの性能も高く、光をしっかりと集めて撮影できます。

 

さらに処理性能の進化したA14 Bionicチップによって、様々なシーンでキレイな写真を撮影することができます。

 

 

粉砂糖の細かい粒もハッキリ写る

粉砂糖の細かい粒もハッキリ写る

 

焦げの質感もしっかりと出てる

焦げの質感もしっかりと出てる

 

花の色彩もキレイに写る

花の色彩もキレイに写る

 

明るくキレイに撮影できるので、SNS用の写真撮りなどにも向いています。
またデュアルカメラのレンズは広角・超広角の2つを備えており、より遠くの風景撮影も行えます。

 

街中の写真(通常の広角レンズ)

街中の写真(通常の広角レンズ)

 

街中の写真(超広角レンズ)

街中の写真(超広角レンズ)

 

カメラを使った感想としては、明るい場所・暗い場所のどんなシーンでも、明るくキレイな写真を撮影できる優れたカメラであると思いました。

 

iPhone 12のカメラ性能は高いので、カメラ性能にこだわる方も満足できると思います。

 

機能が充実しており使い勝手も良い

iPhone 12は機能も充実していて、日常使いのスマホとしてもオススメです。

 

Super Retina XDRディスプレイがキレイ

Super Retina XDRディスプレイがキレイ

Super Retina XDRディスプレイがキレイ

 

iPhone 12は今までのRetinaディスプレイではなく、パワーアップした「Super Retina XDRディスプレイ」になっています。

 

Super Retina XDRディスプレイはOLED(有機EL)が使われています。
従来のLCDはLCDではバックライトを使ってすべてのピクセル(画面を構成している1つ1つのマス)を同時に照らしていますが、OLEDは1つ1つのピクセルごとに発光します。そのため、明るさと暗さの表現をすごく細かく表示できます。

 

動画なども高精細で楽しむことができます。

 

Face IDによる顔認証

iPhone 12はFace IDによる顔認証に対応しています。
顔認証後、画面を上にスワイプするとロック解除できます。

 

ただし指紋認証には対応してません。
マスクをしている場合は上手く認識されない場合もあるので、外出先での使い勝手は悪いかもしれません。

 

ワイヤレス充電・高速充電が使える

ワイアレス充電にも対応

ワイアレス充電にも対応

 

iPhone 12はワイヤレス充電・高速充電に対応しています。

 

ワイアレス充電は「Qi(チー)」という規格に対応しており、この規格に対応しているワイアレス充電器であれば充電できます。

 

充電器に置くだだけで充電でき、Lightningコネクタにケーブルを抜き差しする必要が無いので便利です。

 

最大7.5Wの出力に対応しているので、ワイアレス充電器を選ぶのであれば7.5W対応のものを選ぶといいです。

 

急速充電は通常よりも高速で充電できる機能です。
最大20Wでの急速充電に対応しています。

 

従来のiPhone用の電源アダプタは5W出力のもので、急速充電には対応しておりません。
急速充電を使う場合、PD(Power Delivery)という規格に対応した電源アダプタ、もしくは充電器を購入しないといけません。

 

 

Apple Pay対応

Apple Pay対応

Apple Pay対応

 

iPhone 12はFelica、NFCに対応しており、Apple Payを使うことができます。
Apple PayではSuica・PASMOなどが使えるので、鉄道やバスに乗る際に使う際などにとても便利です。

 

防水・防塵対応

防水・防塵対応

防水・防塵対応

 

防水・防塵は、スマホでも最高ランクとなる「IP68等級」に対応しています。
IP68等級の防水・防塵性能は、下記のようになります。

 

  • 防水性能は「水深6mまで、最長30分間」
  • 防塵性能は粉塵が内部に侵入しない「完全防塵」

 

スマホが持つ防水・防塵機能としては最高ランクだけあり、かなり安心できる性能です。
ただし水没故障をした場合、メーカー保証の対象外とはなってしまうので、お風呂やプールなどでの使用は避けた方がいいです。

 

5Gにも対応

5Gにも対応

5Gにも対応

 

iPhone 12は超高速通信の5Gにも対応しています。
ただし5Gのエリアはまだまだ整備中で、東京・名古屋・大阪などの都心部以外ではあまり電波がつかめません。

 

管理人の住んでいる地域は地方なので、まだまだ5Gの電波が利用できません。
これからのエリア拡大に期待です。

 

バッテリー持ちは結構良い

iPhone 12のバッテリー持ちはかなり良いです。

 

バッテリー容量は2,815mAhで、標準以上の容量です。
しかしiPhoneの消費電力はそれほど多くないため、使っていてそれほどバッテリーを消費しません。

 

Apple公式でのテストでは、ビデオ再生 最大17時間、オーディオ再生 最大65時間に耐えられるくらいのバッテリー持ちとなっています。

 

1日使用するくらいなら、全く問題なく使えるだけのバッテリーはあります。

 

iPhone 12の機種代金

iPhone 12の機種代金(税込)は、64GBモデルが110,880円、128GBモデルが116,640円、256GBモデルが131,040円です。

 

しかしワイモバイルオンラインストアから申し込むと機種代が割引され、さらに機種代金を安くすることができます。


なお、ワイモバイルオンラインストアは2つあります。


ワイモバイルオンラインストアは2つある

ワイモバイルオンラインストアは2つある

  • ソフトバンクが運営している「ワイモバイルオンラインストア」
  • Yahoo!JAPANが運営している「ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)」

Yahoo!JAPANはソフトバンク系列の会社なので、どちらも公式のワイモバイルオンラインストアとなります。


しかし2つのオンラインストアの名前は似ているので、分かりにくいです。
そのため、当サイトでは下記の名前で区別しています。


  • ワイモバイルオンラインストア⇒「ソフトバンク運営のオンラインストア」
  • ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)⇒「Yahoo!モバイルオンラインストア」

2つのオンラインストアの見分け方は簡単です。
Yahoo!モバイルオンラインストアは、ロゴに「ヤフー店」と記載されています。


Yahoo!モバイルオンラインストアのロゴ

ロゴに「ヤフー店」の記載がある

ロゴに「ヤフー店」と記載されていない方が、ソフトバンク運営のオンラインストアとなります。


2つのオンラインストアは、どちらも機種代割引キャンペーンを実施しているのですが、割引額が異なる場合があります。



それぞれのワイモバイルオンラインストアで申し込んだ場合、割引後の機種代金および割引額は以下の通りとなります。

 

割引後の機種代金および割引額(2021年5月4日時点)
64GBモデル
契約方法 プラン 申し込み先のオンラインストア 割引後の機種代金および割引額(税込)
新規契約、他社から乗り換え シンプルS/M/L ソフトバンク運営 92,880円

(18,000円オフ)

Yahoo!モバイル 99,000円

(11,880円オフ)

ソフトバンクからの乗り換え(番号移行)、ソフトバンク回線MVNOからの乗り換え シンプルS/M/L ソフトバンク運営/

Yahoo!モバイル

110,880円

(0円オフ)

機種変更 シンプルS/M/L ソフトバンク運営 103,680円

(7,200円オフ)

Yahoo!モバイル 107,712円

(3,168円オフ)

 

128GBモデル
契約方法 プラン 申し込み先のオンラインストア 割引後の機種代金および割引額(税込)
新規契約、他社から乗り換え シンプルS/M/L ソフトバンク運営 98,640円

(18,000円オフ)

Yahoo!モバイル 104,760円

(11,880円オフ)

ソフトバンクからの乗り換え(番号移行)、ソフトバンク回線MVNOからの乗り換え シンプルS/M/L ソフトバンク運営/

Yahoo!モバイル

116,640円

(0円オフ)

機種変更 シンプルS/M/L ソフトバンク運営 109,440円

(7,200円オフ)

Yahoo!モバイル 113,472円

(3,168円オフ)

 

256GBモデル
契約方法 プラン 申し込み先のオンラインストア 割引後の機種代金および割引額(税込)
新規契約、他社から乗り換え シンプルS/M/L ソフトバンク運営 113,040円

(18,000円オフ)

Yahoo!モバイル 119,160円

(11,880円オフ)

ソフトバンクからの乗り換え(番号移行)、ソフトバンク回線MVNOからの乗り換え シンプルS/M/L ソフトバンク運営/

Yahoo!モバイル

131,040円

(0円オフ)

機種変更 シンプルS/M/L ソフトバンク運営 123,840円

(7,200円オフ)

Yahoo!モバイル 127,872円

(3,168円オフ)

 

↑機種代割引+契約事務手数料3,300円無料+PayPayをオトクにもらえる↑

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料↑

 

iPhone 12の月額料金

月額料金

 

オンラインストアから申し込む場合、先ほど紹介した機種代金にシンプルS/M/Lの基本料金を加えた金額が、実際に支払う月額料金となります。

 

では実際にどれくらいの月額料金になるのか、例としてiPhone 12(64GB)を3年間(36回払い)で申し込んだ場合の月額料金(税込)を紹介します。
※2021年5月4日時点での金額となります

 

新規契約、他社から乗り換え
プラン 申し込み先のオンラインストア 1ヶ月目 2~37ヶ月目 38ヶ月目以降
シンプルS ソフトバンク運営 2,178円(※1) 4,758円 2,178円
Yahoo!モバイル 2,178円(※1) 4,928円 2,178円
シンプルM ソフトバンク運営 3,278円(※1) 5,858円 3,278円
Yahoo!モバイル 3,278円(※1) 6,028円 3,278円
シンプルL ソフトバンク運営 4,158円(※1) 6,738円 4,158円
Yahoo!モバイル 4,158円(※1) 6,908円 4,158円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンク、ソフトバンク回線MVNOから乗り換え
プラン 申し込み先のオンラインストア 1ヶ月目 2~37ヶ月目 38ヶ月目以降
シンプルS ソフトバンク運営/

Yahoo!モバイル

2,178円(※1) 5,258円 2,178円
シンプルM ソフトバンク運営/

Yahoo!モバイル

3,278円(※1) 6,358円 3,278円
シンプルL ソフトバンク運営/

Yahoo!モバイル

4,158円(※1) 7,238円 4,158円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

月額料金を計算する際のポイントは2つです。

 

料金計算のポイント2つ

  1. 初月のシンプルS/M/Lの料金は日割り計算
  2. 端末代金の支払いは2~37ヶ月目まで(36回払いの場合)

 

2つのオンラインストアは実施キャンペーンも違う

2つのワイモバイルオンライストアは実施しているキャンペーンも違います。


正直ややこしいのですが、申し込みをする時にどちらを選ぶかは重要です。
それぞれのオンラインストアで申し込むときに適用されるキャンペーンは、以下のような違いがあります。


オンラインストアで適用されるキャンペーン

キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否
ソフトバンク運営 Yahoo!モバイル
GW限定値引きセール 2021年4月23日(金)~2021年5月11日(火)の期間中、オンラインストアでの対象機種を購入すると、最大21,6000円(税込)または18,000円(税込)の割引がされる。

通常の機種代割引よりも、優先して適用される。
※一部機種はセール終了後も18,000円の割引が継続される

×

機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。

【ソフトバンク運営のオンラインストア】

  • 新規契約:14,400円
  • 他社から乗り換え:14,400円
  • 機種変更:7,200円

【Yahoo!モバイルオンラインストア】

  • 新規契約:11,800円
  • 他社から乗り換え:11,800円
  • 機種変更:3,168円

※ソフトバンク、ソフトバンクMVNOから乗り換えは対象外
※一部機種は割引額の増減あり

事務手数料 無料キャンペーン オンラインストアからの申し込みで、契約時に必要な事務手数料3,300円(税込)が無料になる。

ワイモバイル スマホご契約特典 5のつく日(毎月5日/15日/25日のいずれか)または毎週日曜日にスマホ購入すると、PayPayボーナスがもらえる

【新規契約、他社から乗り換え、ソフトバンクから乗り換え、ソフトバンク回線MVNOから乗り換え】
5,555円相当


【機種変更】
3,300円相当

×

ワイモバイル どこでももらえる特典 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y!mobileサービスの初期登録」を行うとPayPayボーナス3,000円相当もらえる


上記のようにキャンペーン内容が異なり、契約種別ごとに適用できるキャンペーンも異なります。


どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用して申し込むかはとても重要です。

 

契約種別ごとに最大限オトクになる方法を紹介

最大限オトクになる方法


さきほど説明した通り、どちらのオンラインストアで申し込みをするかはとても重要です。
初めてワイモバイルに乗り換えようと考えている方は、かなり悩むと思います。


実際、オンラインストアから申し込む際には下記5つの契約種別ごとに適用できるキャンペーンが違います。


  1. 新規契約
  2. 他社から乗り換え
  3. ソフトバンクから乗り換え
  4. ソフトバンク回線MVNOから乗り換え
  5. 機種変更

そこで、どちらのオンラインストアでどのキャンペーンを申し込めば最大限オトクになるか、5つの契約種別ごとにキャンペーンの組み合わせを紹介します。

 

新規契約・他社から乗り換え

新規契約、他社から乗り換えの場合は、ソフトバンク運営のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


機種代割引・ワイモバイル どこでももらえる特典・事務手数料無料の3つのキャンペーンが適用できます。


GW限定値引きセール(18,000円割引)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)+
事務手数料無料キャンペーン(事務手数料3,300円無料)=
合計24,300円おトク


合計24,300円オトクに申し込む手順はこちら

 

ソフトバンク・ソフトバンク回線MVNOから乗り換え

ソフトバンクから乗り換えの場合は、Yahoo!モバイルオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「ワイモバイルスマホご契約特典」・「ワイモバイル どこでももらえる特典」・「事務手数料無料」の3つのキャンペーンが適用できます。


ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay5,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)+
事務手数料無料キャンペーン(事務手数料3,300円無料)=
合計11,855円おトク


合計11,855円オトクに申し込む手順はこちら

 

機種変更

機種変更の場合は、ソフトバンク運営のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「機種代割引」・「事務手数料無料キャンペーン」の2つのキャンペーンが適用できます。


機種代割引(7,200円割引)+
事務手数料無料キャンペーン(事務手数料3,300円無料)
合計10,500円おトク


合計10,500円おトクに申し込む手順はこちら

 

まとめ

iPhone 12は、文句なしの性能を持っている最強スマホだと思います。
おすすめポイントをまとめると、下記の7つになります。

 

おすすめポイント7つ

  1. ダブルレンズの高性能カメラ
  2. 高性能CPU搭載
  3. ワイアレス充電・急速充電対応
  4. 防水・防塵対応
  5. 顔認証対応
  6. Apple Pay対応
  7. 5G対応

 

他のワイモバイルスマホに比べて価格が少し高いのが難点ですが、価格の高さを除けば間違いなくオススメです。

 

高性能のスマホを求めるのであれば、ぜひiPhone 12を検討してみてください。

 

↑機種代割引+契約事務手数料3,300円無料+PayPayをオトクにもらえる↑

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料↑

 


]