AQUOS sense4 basic実機レビュー|誰でも扱いやすい便利なミドルレンジスマホ

AQUOS sense4 basic実機レビュー

 

AQUOS sense4 basicはワイモバイルで発売されているシャープ製スマホです。
シャープのAQUOS Senseシリーズの2020年度最新版となります。

 

この機種の特徴は、「性能バランスが良いうえに便利な機能も多く、誰でも扱いやすい」という点です。スマホ初心者やシニア世代の方も使いやすくなるようにカスタマイズすることもできます。

 

さらに本体価格も安く、コスパから考えてもオススメです。
性能に関してはいわゆるミドルレンジスマホというところで、十分な性能も持っています。

 

今回は、AQUOS sense4 basicの実機レビューを行っていきます。
詳細なスペック、外観、実際に機能を使った感想などを紹介していきますので、興味がある方はぜひご覧ください。

 

AQUOS sense4 basicのスペック


まずはAQUOS sense4 basicのスペックを紹介します。

 

AQUOS sense4 basicのスペック
ディスプレイ 約5.8インチ IGZOディスプレイ
ディスプレイ解像度 2,280×1,080(フルHD+)
CPU Qualcomm Snapdragon 720G(オクタコア)2.3GHz+1.8GHz
ROM / RAM容量 64GB / 3GB
縦幅 約148mm
横幅 約71mm
厚さ 約8.9mm
重さ 約176g
アウトカメラ画素数 約1,200万画素 + 約800万画素
インカメラ画素数 約800万画素
バッテリ 4,570mAh
データ通信方式 LTE / AXGP / 3G
最大通信速度 下り最大250Mbps / 上り最大46Mbps
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
おサイフケータイ
NFC
赤外線 ×
防水/防塵 IPX5,IPX8 / IP6X
耐衝撃 MIL-STD-810H準拠

※落下はMIL-STD-810G準拠

VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G) ● / ● / ●
認証機能
ワンセグ ×
カラー ライトカッパー/シルバー/ブラック

 

特にすごいのは電池持ちの良さです。
シャープ独自の省電力に優れたIGZOディスプレイと、大容量の4,570mAhのバッテリによって長時間の電池持ちを実現しています。

 

またCPUにもSnapdragon 720Gを採用していて、スマホの動作反応も上々です。軽いゲームくらいなら問題なく楽しむことができます。

 

カメラは1,200万画素+約800万画素のデュアルカメラとなっており、良くも悪くもなく、標準的な性能となっています。

 

全体的な性能を考えると、標準以上のスペックを持ったスマホであると思います。

 

付属品

AQUOS sense4 basicはワイモバイルオンラインストアで購入したので、段ボールから開封するところから紹介します。

 

オンラインストアから届いた段ボール

オンラインストアから届いた段ボール

 

ワイモバイルオンラインストアで注文をすると、佐川急便で段ボールが届きます。

 

段ボールの中身

段ボールの中身

 

段ボールの中には、AQUOS sense4 basicの箱、初期設定の説明書と納品書 兼 返品連絡票が入っています。

 

AQUOS sense4 basicの付属品は冊子だけ

AQUOS sense4 basicの付属品は冊子だけ

 

AQUOS sense4 basicの箱の中には、スマホ本体と冊子が入っています。
USBケーブルなどの付属品は特にありません。

 

AQUOS sense4 basicの外観

今回紹介するAQUOS sense4 basicのカラーは、ライトカッパーです。
ライトカッパーは、ややピンクがかったゴールドのような感じです。

 

ややピンクがかったゴールドのような感じ

ややピンクがかったゴールドのような感じ

 

約5.8インチのディスプレイは発色・反応速度がよいシャープ独自のIGZOディスプレイです。
サイズ感もちょうど良く、片手で使いやすいですし、画面も見やすいです。

 

ちょうど良いサイズ感

ちょうど良いサイズ感

 

左側面にはSIMカードを入れるためのSIMスロットがあります。

 

左側面にSIMスロット

左側面にSIMスロット

 

右側面には音量ボタン、Googleアシスタントボタン、電源ボタンがあります。

 

右側面には音量ボタン、Googleアシスタントボタン、電源ボタン

右側面には音量ボタン、Googleアシスタントボタン、電源ボタン

 

上部にはイヤホンジャックがあります。

 

上部にはイヤホンジャック

 

底面にはUSB Type-Cケーブルを挿すためのコネクタと、ステレオスピーカーが付いています。

 

底面にはコネクタとスピーカー

底面にはコネクタとスピーカー

 

電池持ちは1週間の大容量バッテリ

 

AQUOS sense4 basicのバッテリは大容量の4,570mAhです。
なんとシャープ独自基準では1週間持ちするだけの大容量バッテリです。

 

1週間持つという基準は「1日1時間の使用」という条件なので、普通に使ったらさすがに1週間はキツイです。
しかし、電池持ちがすごく優れている機種であるのは間違いないです。

 

ゲームなどをついつい遊びすぎてしまって、スマホの電池持ちが物足りない人でも満足できるバッテリ容量です。

 

IGZOディスプレイがキレイ。のぞき見防止機能もある

IGZOディスプレイ

キレイで省電力・反応も良いIGZOディスプレイ

 

AQUOSシリーズというと、IGZOディスプレイです。
AQUOS sense4 basicのディスプレイにもIGZOディスプレイが使われています。

 

IGZOディスプレイはシャープ独自の技術で、以下のようなメリットがあります。

 

  • 発色が良い
  • タッチした時の反応が良い
  • 消費電力が低い

 

画面のキレイさ・タッチの反応の良さは十分に良いです。

 

あと感心したのは、のぞき見ブロック機能です。
格子っぽい模様を表示することができ、背後などからスマホをのぞき見しづらくすることもできます。

 

のぞき見ブロック機能

のぞき見ブロック機能で他の人は見づらくなる

 

「ちょっと周りに見られたくないな」という画面を出す時などには、安心です。

 

基本機能は充実している

AQUOS sense4 basicの基本機能は充実しています。
普段使いのスマホとしては必須の機能や、便利で使い勝手の良い機能も備えています。

 

防水・防塵・耐衝撃対応

防水・防塵、さらに耐衝撃対応

防水・防塵に加え、耐衝撃にも対応

 

防水・防塵はIPX5,IPX8 / IP6Xに対応しています。

 

また耐衝撃性能はは、アメリカ国防総省が制定した「MIL-STD-810H」に準拠した試験もクリアしています。※落下はMIL-STD-810G準拠

 

多少のトラブルは気にせず使用することができます。

 

おサイフケータイ対応

Felicaマークは背面のカメラ横

Felicaマークは背面のカメラ横

 

AQUOS sense4 basicはFelicaに対応しており、おサイフケータイを使うことができます。
Felicaマークは背面のカメラ横にあります。

 

生体認証は顔認証

AQUOS sense4 basicは顔認証に対応しています。
顔を登録しておけば、すぐにスマホを起動させることができます。

 

ただ残念なところは、指紋認証に対応していないところです。
今はコロナ禍でマスクをしている方も多く、できれば指紋認証も対応をしてほしかったかなとは思います。

 

すごく便利!AQUOS便利機能

AQUOS便利機能

色々なことができるAQUOS便利機能

 

AQUOS sense4 basicには独自機能である「AQUOS便利機能」があります。
普段使いで役に立つ、便利な機能が11種類用意されています。

 

その中でも、個人的に特に便利だと思う機能が2つあります。

 

1つ目は「ゲーミング設定」です。
ゲームをしている最中に、通知をブロックしたりすることができます。

 

ゲームをしていると、「このタイミングで通知とか表示しないでほしい」など思ったりすることはないでしょうか。

 

そんなときにゲーミング設定を利用すれば、通知をブロックしつつそのままゲームに没頭できます。

 

2つ目は「かんたんモード」です。
かんたんモードを設定すると、かんたんスマホのようにホーム画面を見やすいアイコン・文字に変更できます。

 

初心者・高齢者向けのスマホになる

初心者・高齢者向けのスマホになる

 

通常表示する文字を大きくすることなどもできます。
この機能を使用すれば、初心者やシニア世代の方向けのスマホとしても使えます。

 

CPU性能はワイモバイルトップクラス。RAMは少ない

AQUOS sense4 basicはSnapdragon 720Gを搭載しています。
かなり高性能なCPUで、実はワイモバイルでもトップクラスのCPU性能になっています。

 

ただしRAMが3GBと少な目です。
普通に使ったりするのには問題ないですが、処理が重いゲームなどには向きません。

 

動画閲覧やネットサーフィン、SNSなどの普段使い、ライトなゲームなどを目的にするのであれば、特にストレスなく利用できるだけの性能はあります。

 

AQUOS sense4 basicの機種代金

AQUOS sense4 basicの機種代金(税込)は、36,000円です。

 

しかしワイモバイルオンラインストアから申し込むと機種代が割引され、さらに機種代金を安くすることができます。


なお、ワイモバイルオンラインストアは2つあります。


ワイモバイルオンラインストアは2つある

ワイモバイルオンラインストアは2つある

  • ソフトバンクが運営している「ソフトバンク運営のオンラインストア」
  • ヤフーが運営している「Yahoo!モバイルオンラインストア」

2つのオンラインストアは、どちらも機種代割引キャンペーンを実施しているのですが、割引額が異なる場合があります。



それぞれのワイモバイルオンラインストアで申し込んだ場合、割引後の機種代金および割引額は以下の通りとなります。

 

割引後の機種代金および割引額(2020年12月14日時点)
契約方法 プラン 割引後の機種代金および割引額(税込)
新規契約、他社から乗り換え S 23,760円

(12,240円オフ)

M/R 20,160円

(15,840円オフ)

ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) S/M/R 36,000円

(0円オフ)

機種変更 S/M/R 28,800円

(7,200円オフ)

 

↑機種代割引+PayPayをオトクにもらえる↑

 

↑機種代割引+契約事務手数料3,300円無料↑

 

AQUOS sense4 basicの月額料金

月額料金

 

オンラインストアから申し込む場合、先ほど紹介した機種代金にスマホベーシックプランの基本料金を加えた金額が、実際に支払う月額料金となります。

 

なおスマホベーシックプランを契約すると、「新規割」と呼ばれる割引が適用されます。
新規割は2~7ヶ月目の月額料金が770円(税込)割引されます。

 

では実際にどれくらいの月額料金になるのか、例としてAQUOS sense4 basicを3年間(36回払い)で申し込んだ場合の月額料金(税込)を紹介します。
※2020年12月14日時点での金額となります

 

新規契約、他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目 38ヶ月目以降
S 2,948円(※1) 2,838円 3,608円 2,948円
M 4,048円(※1) 3,838円 4,608円 4,048円
R 5,148円(※1) 4,938円 5,708円 5,148円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目 38ヶ月目以降
S 2,948円(※1) 3,178円 3,948円 2,948円
M 4,048円(※1) 4,278円 5,048円 4,048円
R 5,148円(※1) 5,378円 6,148円 5,148円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

月額料金を計算する際のポイントは3つです。

 

料金計算のポイント3つ

  1. 初月のスマホベーシックプランの料金は日割り計算
  2. 端末代金の支払いは2ヶ月目から
  3. 新規割(770円オフ)は2~7ヶ月目のみ適用

 

新規割は2~7ヶ月目のみ適用されるため、8ヶ月目以降は月額料金が急に高くなったように感じるので、ご注意ください。

 

2つのオンラインストアは実施キャンペーンも違う

2つのワイモバイルオンライストアは実施しているキャンペーンも違います。


正直ややこしいのですが、申し込みをする時にどちらを選ぶかは重要です。
それぞれのオンラインストアで申し込むときに適用されるキャンペーンは、以下のような違いがあります。


オンラインストアで適用されるキャンペーン

キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否
ソフトバンク運営 Yahoo!モバイル
機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。
  • 新規契約:14,400円
  • 他社から乗り換え:14,400円
  • 契約変更(PHSから乗り換え):7,200円
  • 機種変更:7,200円

※ソフトバンクから乗り換えは対象外
※一部機種は割引額の増減あり

事務手数料 無料キャンペーン オンラインストアからの申し込みで、契約時に必要な事務手数料3,300円(税込)が無料になる。

×

ワイモバイル スマホご契約特典 5のつく日(毎月5日/15日/25日のいずれか)または日曜日にスマホ購入すると、PayPayボーナスライトがもらえる

【新規契約、他社から乗り換え、ソフトバンクから乗り換え】
5,555円相当


【機種変更】
3,300円相当

×

ワイモバイル どこでももらえる特典 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y!mobileサービスの初期登録」を行うとPayPayボーナスライト3,000円相当もらえる


上記のようにキャンペーン内容が異なり、契約種別ごとに適用できるキャンペーンも異なります。


どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用して申し込むかはとても重要です。

 

契約種別ごとに最大限オトクになる方法を紹介

最大限オトクになる方法


さきほど説明した通り、どちらのオンラインストアで申し込みをするかはとても重要です。
初めてワイモバイルに乗り換えようと考えている方は、かなり悩むと思います。


実際、オンラインストアから申し込む際には下記5つの契約種別ごとに適用できるキャンペーンが違います。


  1. 新規契約
  2. 他社から乗り換え
  3. ソフトバンクから乗り換え
  4. PHSからの契約変更
  5. 機種変更

そこで、どちらのオンラインストアでどのキャンペーンを申し込めば最大限オトクになるか、5つの契約種別ごとにキャンペーンの組み合わせを紹介します。

※ただしPHSからの契約変更は、現在どちらのオンラインストアでも受け付けていません

 

新規契約・他社から乗り換え

新規契約・他社から乗り換えの場合は、Yahoo!モバイルオンラインストアからの申し込みがオススメです。

 

機種代割引・ワイモバイルスマホご契約特典・ワイモバイル どこでももらえる特典の3つのキャンペーンが適用できます。

 

機種代割引(最大15,840円割引)+
ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay5,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)=
合計24,395円おトク

 

合計24,395円おトクに申し込む手順はこちら

 

ソフトバンクから乗り換え

ソフトバンクから乗り換えの場合は、Yahoo!モバイルオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「ワイモバイルスマホご契約特典」・「ワイモバイル どこでももらえる特典」の2つのキャンペーンが適用できます。


ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay5,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)=
合計8,555円おトク


合計8,555円オトクに申し込む手順はこちら

 

機種変更

機種変更の場合は、ソフトバンク運営のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「機種代割引」・「事務手数料無料キャンペーン」の2つのキャンペーンが適用できます。


機種代割引(7,200円割引)+
事務手数料無料キャンペーン(事務手数料3,300円無料)
合計10,500円おトク


合計10,500円おトクに申し込む手順はこちら

 

まとめ

AQUOS sense4 basicは、性能バランスが良いうえに便利な機能も多く、誰でも扱いやすいスマホです。

 

主に下記のような特徴を持っています。

 

5つの特徴

  1. 電池持ちが優れている
  2. 防水・防塵・耐衝撃対応
  3. 顔認証対応
  4. おサイフケータイ対応
  5. 便利な機能が多く、扱いやすい

 

カスタマイズをすれば、シニア世代も使いやすいスマホにすることもできます。まさに誰でも使いやすい便利なミドルレンジスマホです。

 

「ある程度性能が良くて使いやすいスマホが欲しい」
「初心者・シニア向けのスマホが欲しい」

 

上記のような方に、AQUOS sense4 basicはオススメです。

 

↑機種代割引+PayPayをオトクにもらえる↑

 

↑機種代割引+契約事務手数料3,300円無料↑


]