Android One X5の実機レビュー!シリーズ最高スペックの凄いスマホ

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)から発売されているAndroid One Xシリーズの最新作がAndroid One X5です。
Android One Xシリーズの中でも最高のスペックを持っていて、前モデルのAndroid One X4よりも数段上のスペックとなります。

 

動作はサクサクで使い勝手が良く、高級感まであるので使っていて気持ちいいです。

 

このページでは、Android One X5のスペックや使い勝手、カメラ性能などの実機レビューを行います。
Android One X5の性能や評価が気になる方、ワイモバイルの端末選びの参考にしたい方はぜひご覧ください。

 

 

Android One X5のスペック表

 

まずAndroid One X5のスペックを紹介します。

 

サイズ 約W72×H153×D7.9mm
重さ 約158g
バッテリー容量 3,000mAh
CPU MSM8998(オクタコア)

2.45GHz + 1.9GHz

ROM容量 32GB
RAM容量 4GB
対応外部メモリ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 6.1インチ TFT
解像度 3,120×1,440

(クアッドHD+)

メインカメラ 約1,600万画素
サブカメラ 約800万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
耐衝撃 MIL-STD-810G準拠
おサイフケータイ 対応
指紋認証 対応
Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver5.0
VoLTE(HD+)/VoLTE/HD Voice(3G) 対応
カラー ニューモロッカンブルー

ミスティックホワイト

 

特にすごいのがCPU性能で、Android One X5にはSnapdragon 835(MSM8998)というCPUが使われています。
このCPUはノートパソコンに使われているCPUにも迫る性能を持っていると言われていて、スゴイ処理能力を持ってます。

 

今までのAndroid Oneシリーズのスマホでは処理が重いゲームは難しかったですが、Android One X5であれば問題なく遊べます。

 

防水・防塵・耐衝撃対応ですし、おサイフケータイにも対応しているので、搭載機能も十分です。

 

 

Android One X5の付属品

 

Android One X5の中を開けて、付属品を見てみます。
中には説明書、クリーニングクロス、USIMカードのピンが入っています。

 

Android One X5の付属品

Android One X5の付属品

 

ガラスクリーナーの色は濃いグレー、USIMカードのピンは持ち手が丸くなっています。

 

ガラスクリーナーとUSIMカードのピン

ガラスクリーナーとUSIMカードのピン

 

Type-CのUSBケーブルは付属していないので、持っていない方は購入しましょう。

 

 

Android One X5の外観・デザイン

 

Android One X5はニューモロッカンブルー/ミスティックホワイトの2色展開です。
今回紹介するのは、ニューモロッカンブルーとなります。

 

深い青色ですが、マットな質感で高級感があります。
光に照らすとカッコいいです。

 

Android One X5の背面

マットな質感で高級感がある

 

ディスプレイは6.1インチとシリーズの中で最も大きいサイズとなります。
画面のフチまで表示されるので、とても見やすいです。

 

Android One X5の正面

大画面でフチまで表示される

 

端末の上部にはmicroSDカード、SIMカードのスロットがあります。

 

Android One X5の上部

microSDカード、SIMカードのスロット

 

端末の右側面には電源スイッチがあります。

 

Android One X5の右側面

電源スイッチ

 

端末の右側面にはボリュームスイッチとGoogleアシストボタンがあります。

 

Googleアシストボタンは押すだけで、GoogleアシスタントやGoogleレンズを起動できます。
1回押すとGoogleアシスタントを起動し、2回押すとGoogleレンズを起動します。

 

Android One X5の左側面

ボリュームスイッチとGoogleアシストボタン

 

端末の底面には、イヤホンジャックとType-CのUSB差し込み口があります。

 

Android One X5の底面

イヤホンジャックとType-CのUSB

 

 

圧巻のクアッドHD+の6.1インチディスプレイ

 

画面は、6.1インチのクアッドHD+のTFTディスプレイとなります。
フチまでキレイな映像が表示されるので、とても快適に使えます。

 

端末のサイズ自体も大きすぎず、片手持ちでも扱うことができます。

 

片手持ちでも扱える

 

最大輝度は約1,000nitと従来のスマホの2倍の輝度になっています。
輝度が高いため、外のまぶしい環境でも快適に使用できます。

 

 

CPU性能はスゴイ!ベンチマークテストしてみた結果

 

CPU性能がものすごくアップしているのか、試しにAndroid One X4と比較をしつつ、CPUのベンチマークテストをしてみました。

 

ベンチマークテストとは、スマホがどれくらいの高さの処理能力を持っているか評価するテストです。
テストには、Antutu Bnechmarkというアプリを使っています。

 

X5のスコア

X4のスコア

 

結果は206,564点と、かなり高いスコアが出ました。
Android One X4は89,110点となっており、2倍以上の開きがあります。

 

だいたい20万点くらいあると、ミドルレンジスマホ(中級クラスのスマホ)としては上位になる処理能力です。

 

つまり最高性能の一歩手前くらいのスペックとなります。

 

今までのAndroid Oneシリーズは少し控えめの性能となっていましたが、ここに来て一気に性能がアップしました。
ちなみにiPhone 7で同じテストをした時は、195,838点となっています。

 

iPhone 7のベンチマークスコア

 

テスト結果だけで言うと、iPhone 7より高いスコアとなっています。
最新機種だけあって、処理能力が高いのは間違いないです。

 

充実したカメラ性能

 

カメラ性能はとても高いです。

 

メインカメラの画素数は1600万画素あり、キレイな写真を撮ることができます。
それだけでなく、AI(人工知能)カメラを搭載しているところもポイントです。

 

AIカメラでシチュエーションに合った写真を撮れる

 

カメラを起動すると、「Google Lens」、「AIカメラ」が画面の下の方に表示されます。
「AIカメラ」を選ぶとAIカメラモードとなり、被写体に合った撮影をすることができます。

 

Android One X5のカメラ

Google Lens、AIカメラを選べる

AIカメラモード

AIカメラモード

 

上記の場合は、「食べ物」を撮影するモードになっています。
AIカメラでは「オート/人物/ペット/食べ物/街/日出/夕焼け/風景/花」の9つのモードから自動選択されます。

 

Googleレンズも標準搭載

 

カメラを起動すると、「Google Lens」も使えます。
Google Lensは写真を解析し、解析した結果をそのままGoogle検索することができる機能です。

 

試しにGoogle Lensモードで、妻のiPhone 5sのケースを映してみました。

 

Google Lensで写した

iPhone 5sのケースを写した

Google Lensの解析結果

解析結果は「iPhone 5」

 

なんとケースを映しただけで、「iPhone 5」の検索を提案してくれました。
ケースだけでiPhone 5(正確には5sですが)と解析してきたので、ビックリしました。

 

カメラの実力を確かめてみた

 

カメラの映りはどれくらいなのか、実際に写真を撮ってみました。
感想としては、「満足できるくらいキレイ」だと思いました。

 

写真をクリックすると、原寸の画像が表示されます。
(サイズが重いのでご注意ください。)

 

スタバ

 

親子丼

 

カフェスペース

 

ネオパーサの入り口

 

AIカメラモードなどもあるので、写真をキレイに撮れます。
細部まで鮮明に撮影できるので、SNS映えする写真も撮りやすいです。

 

バッテリーは大容量の3,000mAh。急速充電も対応

 

バッテリーは大容量の3,000mAhです。
Type-Cの急速充電にも対応しています。

 

急速充電

Type-Cで急速充電も対応

 

十分なバッテリー容量なので、普通に使っていればバッテリー切れで困ることはまず無いです。

 

 

指紋認証対応で起動も簡単

 

あらかじめ指紋を登録しておくことで、指紋認証による起動ができます。
センサーは端末背面のカメラ下にあります。

 

指紋認証ですぐに起動

指紋認証ですぐに起動する

 

スマホを持った時に、ちょうど人差し指で触れる位置なので、とても便利です。

 

 

防水・防塵対応で安心して使える

 

防水・防塵にも対応しています。
IPX5・IPX8/IP6Xという規格に対応していて、特に防水性能が高いです。

 

ちょっと水に濡れたくらいなら、問題なく動作します。

 

Android One X5の防水性能

ちょっと水に濡れたくらいなら問題ない

 

ちなみにIPX8は以下のような試験をして、問題ないことを確認しています。

 

常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。

ワイモバイルHPより

 

このように、かなり高い防水性能であることが保証されています。

 

 

おサイフケータイも対応

 

Android One X5はおサイフケータイにも対応しています。
背面のLGのロゴの下にNFCマークがあります。

 

おサイフケータイ

おサイフケータイにも対応

 

 

OSのアップデートもあるので長く使える

 

Android Oneシリーズは、毎月のセキュリティアップデートに加え、発売から2年の間に一回以上Android OSのバージョンアップが保証されています。

 

現時点でも最新のAndroid 9を使えますが、将来的にも新しいバージョンのOSにアップデートして利用できます。

 

セキュリティも安心

 

長く安心して使いたい方にもオススメです。

 

 

Android One X5の月額料金

 

Android One X5を「新規契約、または他社から乗り換え」と、「ソフトバンクから乗り換え」のケースで契約した際の2年間の月額料金を、機種代金「一括払い」と「24回の分割払い」とのケースで紹介します。
※機種変更の月額料金は複雑なので、ここでは割愛します。

 

ちなみに一括払いを選んだ方が、総額で15,012円安くなります。
最初に32184円(税込)で支払わなければいけませんが、金銭的に余裕があるのであれば一括払いを選んだ方がお得です。

 

機種代一括払いの月額料金・機種代金

 

機種代を一括払いにした場合、契約時に支払う料金は機種代金と契約事務手数料です。

 

機種代金(税込) 32,184円
契約事務手数料(税込) 3,240円

 

 

月々に支払う料金(税込)は、以下の通りとなります。

 

新規契約、他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜13ヶ月目 14〜25ヶ月目
スマホプランS 3,218円(※1) 2,138円 3,218円
スマホプランM 4,298円(※1) 3,218円 4,298円
スマホプランL 6,458円(※1) 5,378円 6,458円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜13ヶ月目 14〜25ヶ月目
スマホプランS 3,218円(※1) 2,678円 3,758円
スマホプランM 4,298円(※1) 3,758円 4,838円
スマホプランL 6,458円(※1) 5,918円 6,998円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

機種代分割払いの月額料金・機種代金

 

機種代を分割払いにした場合、契約時に支払う料金は頭金と契約事務手数料です。

 

機種代金の頭金(税込) 540円
契約事務手数料(税込) 3,240円

 

分割払いにすると、機種代一括の時には機種代金の頭金540円(税込)が必要になります。
機種代金は2ヶ月目から月々支払うのですが、手付金みたいな形で540円を契約時に支払います。

 

月々に支払う料金(税込)は、以下の通りとなります。

 

新規契約、または他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜13ヶ月目 14〜25ヶ月目
スマホプランS 3,218円(※1) 4,082円 5,162円
スマホプランM 4,298円(※1) 4,622円 5,702円
スマホプランL 6,458円(※1) 6,782円 7,862円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2〜13ヶ月目 14〜25ヶ月目
スマホプランS 3,218円(※1) 4,622円 5,702円
スマホプランM 4,298円(※1) 5,162円 6,242円
スマホプランL 6,458円(※1) 7,322円 8,402円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

料金を計算するポイント5つ

 

料金を計算する際のポイントは5つです。

 

料金計算のポイント5つ

  1. 初月のスマホプランの料金は日割り計算となる
  2. ワンキュッパ割は2ヶ月目から
  3. 分割払いの場合、端末代金の支払いは2ヶ月目(頭金は初月)
  4. ワンキュッパ割は14ヶ月目に無くなる
  5. 契約事務手数料3,240円が初月のみ必要

 

契約時に必要な料金と月々に支払う料金があるので、その点だけご注意ください。
スマホプランは日割り料金となるため、なるべく月の後ろの方で契約した方が契約初月の料金は安くなります。

 

機種代一括の方が15,012円お得

 

機種代金の支払い方法は、機種代一括と機種代分割の2通りあります。
支払う機種代金の総額を比較すると、「機種代一括の方が15,012円お得」になります。

 

実際に支払う金額合計を比較してみると、以下のようになりました。

 

実際に支払う金額合計の比較(税込)
項目 一括払い 分割払い(24回)
機種代金総額 32184円 83,484円

(頭金540円+月額3,456円×24回)

割引総額 0円 -36,288円
実際に支払う金額合計 32,184円 47,196円

 

47,196円-32,184円=15,012円となり、「機種代一括の方が15,012円お得である」結果となりました。

 

最初に32,184円支払うのは痛いですが、総額で見ると機種代一括の方が安いです。
余裕があれば機種代一括で契約しましょう。

 

 

今なら期間限定Tポイントも貰えて超お得!

 

期間固定Tポイント最大1万ポイントプレゼント

 

Android One X5は「期間固定Tポイントプレゼントキャンペーン」の対象です。

 

Yahooモバイル上のワイモバイルオンラインストアからAndroid One X5を申し込むと、最大1万ポイントの期間固定Tポイントをゲットできます。

 

 

申し込みする場合は、ぜひキャンペーンを活用してお得にお申し込みください。

 

 

高スペックの良いスマホとしておすすめ

 

Android One X5は高スペックのスマホとしておすすめです。

 

 

上級モデルに迫る処理能力を持っているAndroidスマホがAndroid One X5です。
このクラスのスマホを月額4,000円台で持てることを考えると、コスパはすごく良いと思います。

 

高性能のカメラがあり、指紋認証、おサイフケータイ、防水・防塵にも対応しているので普段使いのスマホとしては最適です。

 

どうせなら良いスマホが欲しいという方は、ぜひAndroid One X5を検討してみてください。