実機レビューあり!ワイモバイルスマホの2021年おすすめ機種まとめ

ワイモバイルスマホの2021年おすすめ機種まとめ

(2021/3/19 更新)

 

ワイモバイル(Y!mobile)ではAndroid OneシリーズやSIMフリースマホなど、色々な機種が販売されています。

 

けっこう種類が多いので、どれを選んでいいか迷う方も多いと思います。
そこで、管理人が実際に使ってみて、価格・性能面を考えておすすめだと思った機種を紹介していきたいと思います。

 

※端末ごとの詳細な実機レビューを別ページで行っています。気になる端末がある方は、そちらもぜひご覧ください。

 

1位:iPhone 12

iPhone 12

 

1位はiPhone 12です。
iPhone 12は最新モデルのiPhoneです。

 

ワイモバイルで販売されているスマホの中でも、性能は抜群にイイです。
その分、価格も高いですがそれに見合った満足度があります。

 

 

カメラはダブルレンズ搭載で、かつ高性能プロセッサ「A14 Bionicチップ」によってキレイな写真が撮影できます。
ディスプレイもOLED(有機EL)を使用しているSuper Retina XDRディスプレイで、明るさと暗さがはっきりとしたキレイな画面を楽しむことができます。

 

最新の高性能スマホが使いたいという方は、iPhone 12がオススメです。

 

なお「少し小さめサイズのディスプレイがいい」、「少しでも機種代金は安くしたい」という方は、iPhone 12 miniも検討してみてください。
iPhone 12 miniはiPhone 12がサイズダウンしただけの機種となります。

 

 

2位:Xperia 10 II

Xperia 10 II

 

2位はSONYの「Xperia 10 II」です。

 

Xperia 10 IIは性能が良い上に価格もお手頃なコスパの良い国産スマホです。

 

 

縦長の有機ELディスプレイは、キレイな画面で動画などを楽しむことができます。
トリプルレンズ搭載のカメラは、写真撮影用のスマホとしても十分な性能を持っています。

 

アプリを2分割して同時に使用できる「21:9 マルチウィンドウ」機能は、他の機種には無い魅力的な機能です。

 

安心して使える国産スマホとして、Xperia 10 IIはオススメです。

 

 

3位:iPhone SE2

iPhone SE2

 

3位は、「iPhone SE2」です。

 

価格が高いiPhoneシリーズの中でもお手頃な価格となっていますが、性能の高さはスゴイです。

 

おすすめポイント5つ

  1. 高性能CPU搭載
  2. ワイアレス充電・急速充電対応
  3. 防水・防塵対応
  4. 指紋認証対応
  5. Apple Pay対応

 

カメラ性能は少し低いですが、コスパを考えるのであれば買い間違いなしのiPhoneです。

 

 

4位:OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 A

 

4位は、「OPPO Reno3 A」です。

 

OPPO Reno3 Aは、とにかくカメラがすごいスマホです。
圧巻のクアッドカメラ(4眼カメラ)は、8000×6000ピクセルの超高解像度で写真を撮影できます。

 

おすすめポイント6つ

  1. 4800万画素の4眼カメラ(クアッドカメラ)
  2. 有機EL+約6.44インチのキレイな大画面
  3. 指紋+顔認証対応
  4. 4,025mAhの大容量バッテリ
  5. 高い防水・防塵性能
  6. おサイフケータイ対応

 

安い価格帯のスマホでカメラ性能を求めるのであれば、OPPO Reno3 Aがオススメです。

 

 

5位:Android One S6

Android One S6

 

5位は、Android Oneシリーズでも最新機種となる「Android One S6」です。

 

安い価格帯ですが、必要機能がフル装備になっているところが魅力的です。

 

7つのポイント

  1. 高性能なデュアルカメラ
  2. 中級クラスの性能
  3. 防水・防塵・耐衝撃対応
  4. 指紋認証対応
  5. おサイフケータイ対応
  6. 赤外線対応
  7. OSアップデート保証あり

 

Android OneシリーズなのでOSのアップデートも保証されており、元々の頑丈さも含めて長く使っていける機種です。

 

「どの機種を選んでいいか分からない」という方も、性能バランスが抜群に良いAndroid One S6を選んでおけば間違いありません。

 

 

 

ワイモバイルには安い価格の端末も多い

おすすめ順にワイモバイル機種を紹介しましたが、今回紹介した機種以外にもお得な端末は多く用意されています。

 

「できるだけ安くしたいから機種代が安い端末から選びたい」という方は、下記の記事をご覧ください。

 

 

数あるワイモバイルの端末の中でも、月々の支払いが安くなる機種のみ紹介しています。
こちらもスペックが十分に高いスマホが揃っているので、ぜひ一度ご覧ください。

 

ワイモバイルオンラインストアからの申し込みがオトク

オンラインストアなら機種代割引されてオトク

 

ワイモバイルのスマホを申し込む場合、ワイモバイルオンラインストアから申し込みをすると、機種代が割引されてかなりオトクです。
機種代の割引額はかなり大きいので、普通にショップで申し込むよりも安くなります。
※本ページで紹介している月額料金は、オンラインストアの機種代割引を含んでいます。

 

しかし、そのワイモバイルオンラインストアですが、実は2つのオンラインストアがあります。

 

  • ソフトバンクが運営している「ワイモバイルオンラインストア」
  • Yahoo!JAPANが運営している「ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)」

 

Yahoo!JAPANはソフトバンク系列の会社なので、どちらも公式のワイモバイルオンラインストアとなります。

 

しかし2つのオンラインストアの名前は似ているので、分かりにくいです。
そのため、当サイトでは下記の名前で区別しています。

 

  • ワイモバイルオンラインストア⇒「ソフトバンク運営のオンラインストア」
  • ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)⇒「Yahoo!モバイルオンラインストア」

 

2つのオンラインストアの見分け方は簡単です。
Yahoo!モバイルオンラインストアは、ロゴに「ヤフー店」と記載されています。

 

Yahoo!モバイルオンラインストアのロゴ

ロゴに「ヤフー店」の記載がある

 

ロゴに「ヤフー店」と記載されていない方が、ソフトバンク運営のオンラインストアとなります。

 

2つのオンラインストアは、それぞれ違う限定キャンペーンを開催しています。
正直ややこしいのですが、申し込みをする時にどちらを選ぶかは重要です。

 

それぞれのオンラインストアで申し込むときに適用されるキャンペーンは、以下のような違いがあります。

 

オンラインストアで適用されるキャンペーン

キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否
ソフトバンク運営 Yahoo!モバイル
GW限定値引きセール 2021年4月23日(金)~2021年5月11日(火)の期間中、オンラインストアでの対象機種を購入すると、最大21,6000円(税込)または18,000円(税込)の割引がされる。

通常の機種代割引よりも、優先して適用される。
※一部機種はセール終了後も18,000円の割引が継続される

×

機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。

【ソフトバンク運営のオンラインストア】

  • 新規契約:14,400円
  • 他社から乗り換え:14,400円
  • 機種変更:7,200円

【Yahoo!モバイルオンラインストア】

  • 新規契約:11,800円
  • 他社から乗り換え:11,800円
  • 機種変更:3,168円

※ソフトバンク、ソフトバンクMVNOから乗り換えは対象外
※一部機種は割引額の増減あり

PayPayキャンペーン ソフトバンク運営のオンラインストアから、新規契約または他社から乗り換えでSIMカードを申しこむと、5,000円相当のPayPayボーナスをもらえる
  • シンプルM/Lを契約すると、PayPayボーナス5,000円相当

×

契約事務手数料 無料キャンペーン ワイモバイルオンラインストアからの申し込みで、契約時に必要な事務手数料3,300円(税込)が無料になる。

ワイモバイル SIMカードご契約特典 5のつく日(毎月5日/15日/25日のいずれか)または毎週日曜日に、新規契約・他社から乗り換えでSIMカード申し込みをするとPayPayボーナスをもらえる。
  • シンプルM:5,000円相当
  • シンプルL:7,000円相当

※シンプルSは対象外

×

ワイモバイル スマホご契約特典 5のつく日(毎月5日/15日/25日のいずれか)または毎週日曜日にスマホ購入すると、PayPayボーナスがもらえる

【新規契約、他社から乗り換え、ソフトバンクから乗り換え、ソフトバンクMVNOから乗り換え】
5,555円相当


【機種変更】
3,300円相当

×

ワイモバイル どこでももらえる特典 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y!mobileサービスの初期登録」を行うとPayPayボーナス3,000円相当もらえる

 

上記のようにキャンペーン内容が異なり、契約種別ごとに適用できるキャンペーンも異なります。

 

よりオトクになりやすいのは、たくさんのPayPayボーナスライトをもらえる「Yahoo!モバイルオンラインストア」になります。
どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用するかはとても重要です。

 

「どのキャンペーンが実際に適用できる?」
「どういったキャンペーンの組みあわせで申し込めばいい?」

 

上記のような疑問や不安を持った方は、各キャンペーンの内容や組み合わせをまとめている下記ページをご覧ください。

 

 

まとめ

今回紹介した5機種は全て、実際に管理人が使用してみた機種となります。

 

ワイモバイルは安くても性能の高いスマホがたくさん用意されています。

 

スマホでアクションゲームなどをする、ちょっとヘビーなユーザーにも十分に対応できるスペックを持っています。

 

さすがに3大キャリアの最新スマホと比べると性能面では劣りますが、かけ放題を含めたコスパを考えると間違いなくおすすめです。

 

ワイモバイルのスマホ選びに迷っている方は、ぜひ本ページを参考にご検討ください。

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料↑

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料+PayPayをオトクにもらえる↑


]