Xiaomi Redmi 9T実機レビュー|必須機能のみを高性能にした格安スマホ

Xiaomi Redmi 9T実機レビュー|必須機能のみを高性能にした格安スマホ

 

Redmi 9TはXiaomi製のスマホです。
本体価格が2万円代の格安機種で、現在はオンラインストアで新規契約・MNPで契約すれば1円という激安価格なのですが、性能はかなり高いです。

 

  1. 4800万画素の4眼カメラ(クアッドカメラ)
  2. 約6.5インチのキレイな大画面
  3. 指紋+顔認証対応
  4. Snapdragon 662の高い処理性能
  5. 6,000mAhの超大容量バッテリ
  6. デュアルSIM対応

 

おサイフケータイ非対応、防水・防塵非対応、5G非対応などの欠点もありますが、使い勝手は良いです。
価格帯を考えれば「買い」のスマホであることは間違いないです。

 

今回は、購入したRedmi 9Tの実機レビューを行っていきます。

 

Redmi 9Tのスペック

まずはRedmi 9Tのスペックを紹介します。

 

Redmi 9Tのスペック
ディスプレイ 約6.53インチ TFTディスプレイ
ディスプレイ解像度 2,340×1,080(FHD+)
CPU Qualcomm Snapdragon 765G(オクタコア)

2.4GHz(Single)+2.2GHz(Single)+1.8GHz(Hexa)

ROM / RAM容量 64GB / 4GB
縦幅 162.3mm
横幅 77.3mm
厚さ 9.6mm
重さ 198g
アウトカメラ画素数 約4,800万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素(クアッドカメラ)
インカメラ画素数 約800万画素
バッテリ 6,000mAh
データ通信方式

【4G】
下り最大110Mbps / 上り最大46Mbps

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
おサイフケータイ ×
NFC ×
赤外線 ×
防水/防塵 IPX8 / IP6X
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G) × / ● / ●
認証機能 指紋、顔
ワンセグ ×
カラー カーボンブラック

 

Redmi 9Tは必要な機能以外を省いた高性能なスマホです。
性能は高いですが価格を安くするため、本当に必要がない機能は省いています。

 

  • 5G非対応
  • 防水・防塵非対応
  • おサイフケータイ(Felica)非対応

 

最低限、防水・防塵機能が欲しいという場合などにはオススメできません。
しかし、バッテリーなど本当に必要な機能は高くなってします。

 

  • 高性能プロセッサによる高い処理能力
  • 指紋、顔認証対応
  • 6.53インチの大画面
  • 約4,800万画素の4眼カメラ

 

 

多くを求めない方にとっては、無駄のない高性能なスマホとも言えます。

 

さらに保護フィルムがスマホ本体に最初から貼ってあり、TPUケース(透明なスマホケース)まで付いてきます。
コスパは間違いなく最高です。

 

基本性能を高くしたスマホを、激安で欲しいという方にRedmi 9Tはオススメです。

 

付属品

Redmi 9Tはワイモバイルオンラインストアで購入したので、段ボールから開封するところから紹介します。
ワイモバイルオンラインストアで注文をすると、佐川急便で段ボールが届きます。

 

段ボール

オンラインストアから届いた段ボール

 

段ボールの中身は精密機器なので、動かないようにしっかりと固定されています。

 

中身はしっかりと固定されてる

中身はしっかりと固定されてる

 

段ボールの中には、Redmi 9TとSIMカード、初期設定の説明書と納品書 兼 返品連絡票が入っています。

 

段ボールの中身

段ボールの中身

 

Redmi 9Tの箱を履けると、付属品一式が入っています。

 

Redmi 9Tの付属品一式

Redmi 9Tの付属品一式

 

付属品は下記のものになります。

 

  • SIMカードスロット用PIN
  • TPU保護ケース
  • 保護フィルム(貼付済み)
  • USB Type-Cケーブル
  • 充電アダプタ
  • 冊子

 

TPUの保護ケースと保護フィルムが付属品になっているので、汚れや傷などを気にせずにそのまま使えるのは嬉しいです。
ちなみに保護フィルムは最初から張り付けられています。


最初からキレイに貼られているので、フィルムを貼る際に気泡を気にしなくていいのは嬉しい心遣いです。

 

ただし保護フィルムは、ただの柔らかいフィルムです。
落下時の画面割れ防止はできません。

 

落下した時の画面割れを防ぎたいのであれば、保護フィルムは剥がして硬度9Hのガラスフィルムを付けるといいです。

 

 

Redmi 9Tの外観

今回紹介するRedmi 9Tのカラーは、カーボンブラックです。
約6.53インチの大きめサイズのディスプレイです。

 

見やすい大型ディスプレイ

見やすい大型ディスプレイ

 

FHD+の大きなディスプレイなので、画面も見やすいです。
背面は薄い黒で暗すぎない落ち着いた色味になっています。

 

背面の上部にはクアッドカメラ(4眼カメラ)があります。
あとは「Redmi」のロゴがでかでかと存在しています。
(正直ロゴはちょっとダサい気がする)

 

薄い青で落ち着いた色合い

薄い黒で暗すぎない落ち着いた色味

右側面にはSIMカードのスロットがあります。

 

右側面にはSIMカードスロット

右側面にはSIMカードスロット

 

左側面にはボリュームボタンと電源ボタンがあります。

 

左側面にはボリュームボタンと電源ボタン

左側面にはボリュームボタンと電源ボタン

 

上面にはイヤホンジャックとスピーカーがあります。

 

上面にはイヤホンジャックとスピーカー

上面にはイヤホンジャックとスピーカー

 

底面にはUSBの充電差し込み口、スピーカーがあります。

 

底面にはUSBの充電差し込み口、スピーカー

底面にはUSBの充電差し込み口、スピーカー

 

充電はType-CのUSBケーブルで行います。
付属品にUSBケーブルとACアダプタが付いてくるので、買わなくても大丈夫です。

 

カメラ性能は流石の性能

Redmi 9Tはクアッドカメラを搭載しているだけあり、カメラ性能は高いです。
写真を試しに撮影してみました。

花の色彩や葉っぱの瑞々しい感じが出てる

花の色彩や葉っぱの瑞々しい感じが出てる

 

接写してもキレイに撮影できる

接写してもキレイに撮影できる

 

4800万画素の4眼カメラだけあって、キレイに撮影できました。
価格を考えると、十分過ぎるくらいのカメラ性能だと思います。

 

Redmi 9Tは高性能

Redmi 9Tは価格は安いですが、高性能なスマホです。

 

顔・指紋2つの生体認証対応

Redmi 9Tには顔認証と指紋認証の2つの認証機能が用意されています。
パスワードを打ち込まなくても、すっと起動できるのは嬉しいです。

 

指紋+顔認証はとても便利ですが、特に嬉しいのは指紋認証です。
外出するときにマスクを付けるので、顔認証対応のみのスマホは意外と使いづらいです。

 

指紋認証であれば、スマホを取り出して片手でサッと起動できるので、とても便利です。

 

バッテリーは超大容量の6,000mAh

バッテリーは超大容量の6,000mAh

バッテリーは超大容量の6,000mAh

 

バッテリーは大容量の6,000mAhで、LTEでの連続待ち受け時間は最大で約31日となってます。
日常使いのスマホであれば、不満は全く出ないバッテリー容量です。

 

さらに最大18WのUSB PD(急速充電規格)にも対応していて、素早く充電できます。
電池持ちや充電に関しては、全く心配いらないと思います。

 

処理性能もそれなりに高い

Redmi 9Tは安い価格帯のスマホですが、処理性能もそれなりに高いです。
試しにスマホベンチマークを計測するアプリ「Antutu」で性能をテストしてみました。

 

Redmi 9Tのベンチマークテスト結果

Redmi 9Tのベンチマークテスト結果

 

スコアは196,959点となっており、エントリーモデルのスマホながら十分な性能を持っています。
一昔前のミドルレンジスマホと同等以上の性能です。

 

動画閲覧やネットサーフィン、SNSなどの普段使いには問題ないですし、少し重い処理のゲームなどでもサクサク動きます。

 

高負荷のゲームなどをする人などでなければ、ストレスなく使えるだけの性能を持つスマホです。

 

ハイレゾ認証+デュアルスピーカーで音質もよい

Redmi 9TはHi-Res認証を受けており、ハイレゾ音源にも対応しています。
さらにデュアルスピーカーを搭載しているので、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

 

デュアルスピーカー

デュアルスピーカー搭載

 

音楽再生をする方や、ゲームのサウンドにこだわる方も十分に満足できる性能を備えています。

 

デュアルSIM対応

Redmi 9TはデュアルSIMに対応しています。
SIMカードスロットは、SIMを2枚挿せるようになっています。

 

SIM1,SIM2を同時使用できる

 

DSDVとなっているので、SIM1,SIM2の両方で通話・受信が可能です。
実際にSIMを2枚挿すと、下記のようになります。

 

 

通話・データ通信をどちらのSIMで使用するかを選ぶこともできます。
1枚目を通話専用、2枚目をデータ通信専用にもできますし、足りない分のデータ容量をSIM2で補ったりもできます。

 

とても使い勝手がいいです。

 

Redmi 9Tで省かれている主な機能3つ

Redmi 9Tは安い価格帯で販売されているスマホであるため、省かれている(非対応になっている)機能もあります。

 

非対応機能3つ

  1. 5G非対応
  2. 防水・防塵非対応
  3. おサイフケータイ(Felica)非対応

 

他のスマホで対応されている機能がRedmi 9Tにはありませんが、必須ではない機能を省いていると思います。
上記3つの機能がどうしても欲しいという方であれば、そこまで気にしなくてもいいかなと思います。

 

まとめ

Redmi 9Tは使い勝手の良い高高スパのスマホです。
おすすめポイントをまとめると、下記の6つになります。

 

おすすめポイント6つ

  1. 4800万画素の4眼カメラ(クアッドカメラ)
  2. 約6.5インチのキレイな大画面
  3. 指紋+顔認証対応
  4. Snapdragon 662の高い処理性能
  5. 6,000mAhの超大容量バッテリ
  6. デュアルSIM対応

 

5G非対応、防水・防塵非対応、おサイフケータイ(Felica)非対応というデメリットはありますが、必須機能というわけではないと思います。

 

必要な機能だけをできるだけ高い性能で、かつ安価格で実現しているのがRedmi 9Tです。

 

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料↑

 

↑機種代割引+契約事務手数料3,300円無料+PayPayをオトクにもらえる↑


]