Android One S3実機レビュー!シンプル・タフなスペックの格安スマホ

Android One S3実機レビュー

 

ワイモバイル(Y!mobile)から発売されているAndroid Oneシリーズの中でも、廉価版として発売されているのがAndroid One S3です。

 

この端末は防塵・防水・耐衝撃を備えていて、かつAndroid Oneのアップデート保証もあり、長く使えます。

 

ワイバイルで販売されている機種の中では最安値となっているので、月額料金を安く抑えたい方にはおすすめの端末です。
今回は端末を入手したので、Android One S3の実機レビューを行っていきます。

 

  • Android One S3のスペックや評価が気になる
  • 実際に使った感想を聞きたい
  • 良い点・悪い点を確認したい
  • ワイモバイルの端末選びの参考にしたい

 

上記に当てはまる方は、ぜひご覧ください。

 

Android One S3の外観

Android One S3はソフトバンクとワイモバイルの両方で販売されています。
スペックは全く同じですが、販売されているカラーには違いがあります。

 

ワイモバイルで販売されているのは、ネイビーブラック/ホワイト/ピンク/ターコイズの4色です。
今回紹介するのは、ホワイトになります。

 

 

Android One S3のディスプレイサイズは、5.0インチと程よい大きさです。
手に持つと無理なくフィットし、手が小さいくても片手で持ちやすく、操作しやすいです。

 

手にフィットするサイズ

手にフィットするサイズ

 

ディスプレイにはSHARP独自の「IGZOディスプレイ」を採用しています。

 

IGZOディスプレイはAndroid One X1、X4などに使われていますが、少ない電力で高精細の画像を表示できる優れたディスプレイです。
あと耐衝撃も対応しているため、落とした際に画面が割れにくくなっています。

 

背面にはSHARP、Android Oneのロゴ

背面にはSHARP、Android Oneのロゴ

 

背面にはSHARP、Android Oneのロゴがプリントされています。

 

電源ボタン、ボリュームボタンは側面

 

電源ボタン、ボリュームボタンは端末の右側面にあります。

 

USBの充電ポートは下側面

 

端末の下側面はUSBの充電ポートがあります。
USB3.0対応で、急速充電も可能です。

 

ただしUSBケーブルは付属していないので、自分で用意しないといけません。

 

イヤホンジャックは上側面

 

端末の上側面にはイヤホンジャックがあります。
電車やバスの中で音楽を聞きたい場合なども、大丈夫です。

 

カメラ性能を試してみた

恒例のカメラ性能テストをしてみました。
アウトカメラの画素数は1,310万画素となっており、ある程度高い性能です。

 

どれくらいの画質なのか、試しにいろいろ写真を撮ってみました。

 

写真をクリックすると、原寸の画像が表示されます。
(サイズが重いのでご注意ください。)

 

まずは風景写真です。

 

公園の風景その1

公園の風景その1

 

公園の風景その2

公園の風景その2

 

公園の風景その3

公園の風景その3

 

少し明るめに写る感じはしますが、それなりにキレイな写りになりました。
ある程度遠くのものでも、しっかりと写り込みます。

 

次は食べ物も撮影。

 

ラーメン

すがきやのラーメン

 

普通な感じで撮れました。
近くを撮影する場合は、バッチリ撮れます。

 

特別優れているカメラ性能ではありませんが、それなりのカメラ性能があれば良いのであれば問題ないレベルだと思います。

 

Android One S3のオススメな点5つ

Android One S3の良いところは、5つあります。

 

バッテリーは2,700mAh。電池持ちは悪くない

バッテリ残量から残り時間が表示される

バッテリ残量から残り時間が表示される

 

ゲームなどをせずに普通に利用している分には1~2日持ちます。
それほど多いわけではないですが、普通に悪くないバッテリー容量です。

 

端末の一部機能をOFFにしてバッテリの持ちを長くする「バッテリーセーバー」や使用頻度の低いアプリの電池仕様を制限する「自動調整バッテリー」といった機能を使えば、バッテリーが切れそうな時に長持ちさせることもできます。

 

自動調整バッテリー機能も搭載

自動調整バッテリー機能も搭載

 

IGZOディスプレイで表示がキレイ

Android One S5には、SHARP独自のIGZOディスプレイが使われているので、画面はキレイです。

 

グラフィックはキレイ

グラフィックはキレイ

 

ゲームを鮮やかな色彩で楽しむことができます。

 

VoLTE(HD+)にも対応しているので通話はバッチリ

VoLTE通話ができる

VoLTE通話ができる

 

VoLTEには、通常のVoLTEとさらに高音質のVoLTE(HD+)があります。
Android One S3はどちらにも対応しています。

 

ワイモバイル、ソフトバンクの対応機種同士であれば、さらにキレイな音質で通話できます。
VoLTE非対応の機種でも、普通にキレイな音質で通話できます。

 

防水・防塵・耐衝撃で頑丈

防水・防塵・耐衝撃に対応しています。
防水はIPX5/8、防塵はIP6Xとなっていて、防水性能に関しては最高クラスの保護性能になっています。

 

防水性能は高い

表面が濡れても操作できた

 

お風呂で使えるくらいの防水性能はあり、ディスプレイの表面が濡れていても操作できました。

 

OSのアップデートもあるので長く使える

最新OSと最新セキュリティで使える

最新OSと最新セキュリティで使える

 

Android Oneシリーズは、毎月のセキュリティアップデートに加え、発売から2年の間に一回以上Android OSのバージョンアップが行われます。

 

そのためAndroid One S3も最新OSのAndroid9で使えます。
セキュリティ面でも安心です。

 

Android One S3の注意点

Android One S3は価格を抑えるため、以下の機能が搭載されていません。

 

  • おサイフケータイ
  • ワンセグ
  • 指紋認証
  • 赤外線

 

赤外線はAndroid One S4でも搭載されていますが、おサイフケータイ/ワンセグ/指紋認証などの機能が欲しい場合はAndroid One Xシリーズを購入した方がいいです。

 

月額料金は少し高くなりますが、より高機能になっています。

 

 

Android One S3の機種代金

Android One S3の機種代金は、定価25,200円(税込)です。
ただしワイモバイルオンラインストアから申し込むことで、さらに機種代の割引を受けることができます。

 

オンラインストアの申し込みなら機種代割引

 

ワイモバイルオンラインストアから申し込みをすると、以下の金額の割引をしてもらえます。

 

機種代の割引額
契約方法 機種の割引額(税込)
新規契約、他社から乗り換え 14,400円
ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 0円
機種変更、PHSからの契約変更 7,200円

 

この割引金額を、Android One S3の機種代金から差し引いた金額が、実際に支払う機種代金となります。

 

割引を含めた実際の機種代金は、以下の通りになります。

 

割引を含めた実際の機種代金
契約方法 実際の機種代金(税込)
新規契約、他社から乗り換え 10,800円
ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 25,200円
機種変更、PHSからの契約変更 18,000円

 

機種代金の支払いは、一括払いと分割払いを選べます。
分割払いは24回、36回のどちらかを選べます。

 

Android One S3の月額料金

先ほど紹介した機種代金に、スマホベーシックプランの基本料金を加えた金額が、実際に支払う月額料金となります。

 

ここでは、例としてAndroid One S3を3年間(36回払い)で契約した場合の月額料金(税込)を紹介します。

 

新規契約、または他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,478円 3,248円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,578円 4,348円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 4,678円 5,448円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,878円 3,648円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,978円 4,748円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 5,078円 5,848円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

PHSから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,678円 3,448円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,778円 4,548円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 4,878円 5,648円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

月額料金を計算する際のポイントは3つです。

 

料金計算のポイント3つ

  1. 初月のスマホベーシックプランの料金は日割り計算
  2. 端末代金の支払いは2ヶ月目から
  3. 新規割(770円オフ)は2~7ヶ月目のみ適用

 

ワイモバイルオンラインストアは2つあるので注意

機種代割引されてオトクなワイモバイルオンラインストアですが、実はオンラインストアは2つあります。

 

  • ソフトバンクが運営している「ソフトバンク運営のオンラインストア」
  • Yahooモバイルが運営している「Yahooモバイル内のオンラインストア」

 

2つのオンラインストアは、それぞれ違う限定キャンペーンを開催しています。
正直ややこしいのですが、申し込みをする時にどちらを選ぶかは重要です。

 

Android One S3を申し込むときに適用されるキャンペーンは、以下のような違いがあります。

 

オンラインストアで適用されるキャンペーン
キャンペーン 特典内容 適用の可否
ソフトバンク運営のオンラインストア Yahooモバイル内のオンラインストア
機種代割引 契約種別ごと、以下の金額が税込で割引される。
  • 新規契約:14,400円
  • 他社から乗り換え:14,400円
  • 契約変更(PHSから乗り換え):7,200円
  • 機種変更:7,200円

契約事務手数料 無料 契約時に必要な事務手数料3,300円(税込)が無料になる。

×

ワイモバイルのスマホ契約でPayPay2,555円プレゼント 5のつく日にスマホ購入すると、PayPayボーナスライトが2,555円相当もらえる

※ソフトバンクからの乗り換えは対象外

×

 

おすすめは「ソフトバンク運営のオンラインストア」からの申し込みです。

 

Yahooモバイル内のオンラインストアは機種代割引に加えて、PayPayボーナスライト2,555円をもらえます。(5のつく日に申し込む必要あり)

 

しかしソフトバンク運営のオンラインストアであれば、機種代割引に加えて契約事務手数料3,300円(税込)が無料になるため、よりオトクになります。

 

 

 

PayPay3,000円もあわせてゲットしよう!

ワイモバイル どこでももらえる特典

 

Yahooモバイル内のオンラインストアでは、ワイモバイルのスマホを契約すると追加のPayPayボーナスライトをもらえる「ワイモバイル どこでももらえる特典」キャンペーンが開催されています。

 

特典ページから事前にエントリーをしたうえでスマホベーシックプランS/M/Rを申し込み、契約後にY!mobileサービスの初期登録を行えばPayPayボーナスライト3,000円相当をもらえます。

 

このキャンペーンの良いところは、Yahooモバイル内のオンラインストアに限らず、どこで申し込みをしても対象になるという点です。

 

ソフトバンク運営のオンラインストア、ワイモバイルショップ、家電量販店のどこで申し込みをしても対象となります。

 

ソフトバンク運営のオンラインストアの事務手数料無料キャンペーンや、Yahooモバイル内で実施されているPayPayのキャンペーンなどとも併用できるので、利用しないだけ損です。

 

ワイモバイル申し込み予定の方は、必ずエントリーしておいてください。

 

 

なおエントリーには「前月までに作成したYahoo! JAPAN ID」が必要です。
まだYahoo! JAPAN IDを持っていない方は、Yahoo! JAPAN IDの登録ページでIDをあらかじめ作成しておきましょう。

 

 

長く使えるスマホシンプル&タフなスマホ

Android One S3は長く使えるスマホシンプル&タフなスマホです。

 

 

最新機種並みのスペックとはいきませんが、ライトユーザーが使う分には困らないだけのスペックがあります。
ワイモバイルでも最安機種なので、お手頃なスマホを求めている方にはおすすめです。

 

安くて長く使えるスマホが欲しいという方は、Android One S3を検討してみてください。

 

※機種代割引+事務手数料3,300円無料!