Android One X4の実機レビュー!性能バランス・使い勝手が良い万能型

Android One X4の実機レビュー!性能バランス・使い勝手が良い万能型

 

ワイモバイル(Y!mobile)から発売されているAndroid One Xシリーズの2018年6月モデルがX4です。
今回はAndroid One X4の実機レビューを行っていきます。

 

Android One X4の性能や評価が気になる方、ワイモバイルの端末選びの参考にしたい方はぜひご覧ください。

 

 

Android One X4の外観

管理人が持っているのは、ボルドーピンクです。
実機がどんな外観なのかを紹介していきます。

 

Android Oneシリーズでも大きい5.5インチ

 

端末は5.5インチの大画面となっていて、とても見やすいです。
Android Oneシリーズの中でも大きな画面でありながら、スリムなので使い勝手はとても良いです。

 

上位モデルのXシリーズだけあって、下位モデルのSシリーズよりも外装はキレイに仕上がっています。外装には光沢があり、高級感があります。


充電はType-CのUSBなので、急速充電が可能です。
USBケーブルは付いてこないので、持っていない方は購入しないといけません。

 

USBの差し込み口は端末の底面にあります。

 

充電は最近増えてきているType-C

 

音楽を聞く際のイヤホンジャックも端末の上部にあります。

 


イヤホンジャックは端末上部についてる

 

電源、ボリュームスイッチは端末の右側です。
ちょうど親指が届くくらいの位置についています。

 


電源、ボリュームスイッチはちょうど良い位置

 

フルHD+の5.5インチIGZOディスプレイを楽しめる

画面は、5.5インチのフルHD+のIGZOディスプレイとなります。
IGZOディスプレイは少ない電力消費で高精細、タッチセンサーの感度が良い、優れもののディスプレイです。

 

最近のSHARP製スマホにはよく使われていて、同じくらいのスペックのスマホでは、AQUOS Senseシリーズなどに使われています。

 

フルHD+だけあって解像度も高く、大画面でキレイな映像を楽しめます。

 

キレイなディスプレイ

 

Android Oneシリーズの中でも、キレイなディスプレイです。

 

カメラ性能もけっこう高い

カメラ性能もけっこう高いです。
アウトカメラの画素数は1,640万画素あり、実はAndroid Oneシリーズの中では最も性能が高いです。

 

どれくらいの画質なのか、試しにいろいろ写真を撮ってみました。

 

写真をクリックすると、原寸の画像が表示されます。
(サイズが重いのでご注意ください。)

 

 

まずは風景写真。

 

公園の風景

 

ショッピングモールから青空を撮影

 

けっこうキレイに撮れました。
次は恒例の食べ物も撮影。

 

肉そば

 

サクサクな揚げ物

 

さすがにAndroid Oneシリーズの最新機種だけあり、カメラ性能はある程度高く、画質の良い写真が撮れています。

 

さすがにHUAWEI P20 liteのようなデュアルレンズのカメラ画質には及びませんが、十分なキレイさだと思います。

 

バッテリーは大容量の3,100mAh。急速充電も対応

バッテリーは大容量の3,100mAhです。
Type-Cなので急速充電にも対応しています。

 

Type-Cで急速充電も対応

 

説明だと3日間充電しなくても良いらしいのですが、さすがに3日充電無しは無理でした。

 

実際に使って見ると、だいたい2日くらいが限界っぽいです。
充分なバッテリー容量だとは思います。

 

VoLTE(HD+)にも対応しているので通話はバッチリ

通話面では、VoLTEに対応しています。
ワイモバイル、ソフトバンクのVoLTE対応機種であれば、キレイな音声で通話できます。

 

VoLTE通話時は「HD」が表示される

 

家族で使う場合もバッチリです!

 

指紋認証対応で起動も簡単

あらかじめ指紋を登録しておくことで、指紋認証による起動ができます。
センサーは端末正面の下部にあります。

 

指紋認証ですぐに起動する

 

防水・防塵対応で安心して使える

防水・防塵にも対応しています。
IPX5・IPX8/IP6Xという規格に対応していて、特に防水性能が高いです。

 

IPX8は以下のような試験をして、問題ないことを確認しています。

 

常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。

ワイモバイルHPより

 

トイレに落としたくらいなら大丈夫そうです。
(さすがに怖いので試してないですが)

 

おサイフケータイ、ワンセグ、ハイレゾも対応

Android One X4はおサイフケータイにも対応しています。
本体裏面の、中央よりやや上にFelicaのマークがあります。

 

おサイフケータイにも対応

 

あとワンセグが付いているので、テレビを見れます。
ハイレゾ音源も再生できるので、音楽をスマホで楽しみたい方にはおすすめです。

 

一通りの機能は揃っている感じです。

 

OSのアップデートもあるので長く使える

Android Oneシリーズは、毎月のセキュリティアップデートに加え、発売から2年の間に一回以上Android OSのバージョンアップが行われます。

 

セキュリティ面では安心ですし、半年や1年経ってAndroid OSが古くなっても最新バージョンのOSにアップデートして利用できます。

 

【注意点】赤外線は非対応

Android One X4は色々な機能が搭載されていますが、赤外線だけは非対応です。
必要が無いと思う機能ですが、赤外線機能が欲しいという方はお気を付けください。

 

どうしても赤外線が欲しいという場合は、Android One X3を検討した方がよいです。

 

 

性能バランスの良いスマホとしておすすめ

Android One X4は一通りの機能が揃っている性能バランスの良いスマホです。

 

 

他の機種を選ぶと、だいたい上記の機能のどれかは抜けています。
(特におサイフケータイは対応していない場合が多い)

 

最新機種の中ではカメラ性能は高いとは言えませんが、十分に画質の高い写真を撮ることができます。

 

カメラ性能にこだわるのであれば、HUAWEI P20 liteにした方がおすすめです。
しかし、カメラにそこまでこだわりが無いのであれば、満足できる性能です。

 

OSやセキュリティアップデートもあるので、長く安心して利用できます。

 

ワイモバイル機種で契約する端末選びに迷っているのであれば、Android One X4は選んで間違いはない機種です。

 

性能バランス・使い勝手が良いスマホが欲しい方は、ぜひ検討してみてください。