ワイモバイルのベーシックパックは解約すべき?実際に解約した結果

ワイモバイルのベーシックパックは解約すべき?実際に解約した結果

 

ワイモバイル(Y!mobile)でガラケーを契約する場合、メール(MMS)やインターネットを使う際に必要になるのがベーシックパックです。

 

ベーシックパックは現座、任意加入のオプションとなっていますが、加入しないことで不便な点もあります。

 

試しに、ケータイプランSSで契約している「AQUOSケータイ2」のベーシックパックを解約してみました。

 

  • ケータイプランSSでベーシックパックを解約したい
  • ケータイベーシックプランSSでベーシックパック加入を迷っている

 

上記のような方は、ぜひご覧ください。

 

ベーシックパックを実際に解約したらこうなった

ケータイプランSSでベーシックパックを解約してみました。

 

ケータイプランSSは、2年縛りのあるプランです。
2019年9月30日で新規受付が終了しています。

 

2019年10月1日以降は、2年縛りの無い「ケータイベーシックプランSS」のみ契約可能になっています。

 

解約してみると下記のようになりました。

 

  • MMSメール/データ通信が使えなくなった
  • 月額割引の料金が減った

 

それぞれ、順番に説明していきます。

 

MMSメール/データ通信が使えなくなった

ベーシックパックはケータイプランSSまたはケータイベーシックプランSSを契約したときに、「3G/4Gによるデータ通信」および「MMSメール」を利用するために必要なオプションです。

 

解約をすると、どちらも利用できなくなります。
Wi-Fiやテザリングを利用すれば、インターネット接続は可能です。

 

なお、ベーシックパックに再加入すれば、「3G/4Gによるデータ通信」および「MMSメール」のどちらも利用できるようになります。

 

月額割引の料金が減った

ケータイプランSSでは端末を購入すると、月額料金を割引してくれる「月額割引」と呼ばれる割引が適用されていました。

 

その月額割引の料金が減ってしまいました!

 

 

料金節約のためにベーシックパックを解約したのにこれでは本末転倒!!
ちなみにベーシックパックを再加入したら、月額割引の割引料金は元に戻りました。

 

 

 

なおケータイベーシックプランSSでは、月額割引は無くなっているので、この現象は起こりません。

 

ケータイプランSSを契約している方のみ気を付けて欲しい内容です。

 

月額割引はプラン料金とオプション料金が対象

 

なぜこのような現象が起こるかというと、月額割引は基本的に「プラン料金とオプション料金が割引の対象」となるためです。

 

「月額割引」は、ご契約翌月から最大24ヵ月間、基本使用料、オプションサービスの月額料や利用料、通話無料サービス対象外部分の通話料、パケット定額サービス対象外部分のパケット通信料、手数料から割引されます。

(ワイモバイル 公式HPより)

 

月額割引は1,200円(税抜き)なのに対し、ケータイプランSSの料金は934円(税抜き)です。
266円(1200円-934円)が割引しきれなかった分として余るのですが、機種代金からは割引されません。

 

しかし、ベーシックパックに加入していれば、月額割引の1,200円分の割引は全て適用されます。

 

1,234円(934円+300円)-1,200円=34円となり、ベーシックパックに加入しても34円高くなるだけということになります。

 

 

34円高くなるだけなら、ベーシックパックに入っておいた方が良いと思います。

 

ただし、「スーパーだれとでも定額」などのオプションは、月額割引の対象になります。
ベーシックパックの解約を解約して、別のオプションに加入する場合などは節約になります。

 

ベーシックパックを解約する場合は151に電話

ベーシックパックは、My Y!mobileからは解約できません。
解約する場合、151に電話するかワイモバイルの店舗に行く必要があります。
※ケータイベーシックプランSSも同様と思われます。

 

私は151に電話をして解約しました。

 

151への電話は通話料有料なので気を付けてください。
※ただし、スマホプラン・スマホベーシックプランの10分無料通話、またはスーパーだれとでも定額オプションは無料通話の対象です。

 

 

ベーシックパック加入はマイワイモバイル(My Y!mobile)から

ベーシックパックはマイワイモバイル(My Y!mobile)から加入申し込みできます。
「解約したけど、やっぱ入りたい」という時は、申し込んでください。

 

ベーシックパック再加入

 

私は解約してすぐに再加入しましたが、即日で適用されました。

 

まとめ

ベーシックパックは、現在は任意加入のオプションとなっています。
しかし加入をしない場合はMMSや、3G/4Gによるデータ通信が使えないというデメリットがあります。

 

またケータイプランSSを契約している場合は、ベーシックパックを解約すると月額割引が少なくなるケースもあります。

 

ベーシックパックの未加入・解約は、メリット・デメリットをしっかりと考えて選びましょう。