ワイモバイル初のシニア向け「かんたんスマホ」のスペックや月額料金

 

かんたんスマホ 705KC

 

ワイモバイルから、初のシニア向けスマホとなる「かんたんスマホ 705KC」が発売されました。

 

発売に合わせ、「60歳以上ずーっと国内通話0円キャンペーン」も開催されており、国内通話が24時間無制限かけ放題になります。

 

そんなシニアにおすすめのかんたんスマホですが、今回はスペックや月額料金について、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

かんたんスマホってどんなスマホ?

 

かんたんスマホは、主にシニア向けに発売されているスマホです。

 

かんたん・安心に使えるスマホをコンセプトに設計されているだけあって、シニア世代の方も使いやすいスマホになっています。

 

 

かんたんスマホのスペック

 

主なスペックは以下の通りになります。

 

サイズ 約W71×H147×D9.2mm
重さ 約142g
バッテリー容量 2,600mAh
OS Android 8.1
CPU MSM8937(オクタコア) 1.4GHz+1.1GHz
ROM 32GB
RAM 3GB
対応外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.0インチ TFTディスプレイ
カメラ有効画素数

[メイン]約1,300万画素
[サブ]約500万画素

Wi-Fiテザリング機能(最大接続台数) 10台
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵 IPX5・IPX7 / IP5X
テレビ ワンセグ
Bluetooth Ver4.2
赤外線 対応

 

かんたんスマホの3つの特徴

 

かんたんスマホには、主に3つの特徴があります。

 

使いやすい画面構成になっている

 

シニア向けスマホということもあり、使いやすいスマホとして設計されています。

 

スマホのディスプレイは5インチで大きい画面となっており、文字やボタンも大きく、とても押しやすくなっています。

 

画面の一番下に、よく電話する連絡先を4件までボタン登録しておけるので、家族への通話なども簡単にできます。

 

かんたんスマホの画面

 

端末の一番下についているボタンは「電話」「メール」「ホーム」の3つがあり、切り替えがワンタッチで行えます。

 

不在着信があった場合は「電話」ボタン、新着メールがあった場合は「メール」ボタンが光るようになっていて、とても分かりやすくなっています。

 

自宅でサポートも簡単に受けられる

 

何か困ったことがあった場合は、ホーム画面中央に用意されている「サポート」ボタンを押すだけで、スマホが問題を自動解決してくれます。

 

自動解決できないような問題は、そのまま「かんたんスマホ」専用のカスタマーセンターに連絡して、無料で相談をすることができます。

 

カスタマーセンターのサポートもある

 

カスタマーセンターでは、遠隔サポートも無料で行ってもらえるので、操作が不安な方も問題ありません。

 

自宅に居ながら、かんたんに問題解決できちゃいます。

 

電池持ちがよく、防水・防塵・耐衝撃で頑丈

 

バッテリーな大容量の2,600mAhで、3日間声の電池持ちとなっています。
IPX5、IPX7の防水性能とIP5Xの防塵性能を持っていて、耐衝撃性も備えています。

 

頑丈なので、安心して使うことができます。

 

 

かんたんスマホの月額料金

 

60歳以上の方が、新規契約または他社から乗り換えをした場合の料金は、以下のようになります。

 

項目 月額料金(税込)
機種代金 分割支払い金(24回払い) 2,484円
料金プラン スマホプランS 3,218円
オプション スーパーだれとでも定額 無料
データ容量2倍オプション※1 無料
割引・キャンペーン 月額割引(翌月から) -1,620円
ワンキュッパ割(翌月から12ヶ月) -1,080円
合計 3,002円

※1:データ容量2倍オプションキャンペーンで2年間無料

 

 

購入時の支払い金額として、頭金540円(税込)、月額料金が3,002円(税込)となります。
なお、2年目以降はワンキュッパ割が終了し、4,082円(税込)となります。

 

 

まとめ

 

ワイモバイル初のシニアスマホ「かんたんスマホ 705KC」は、シニアの方や初心者の方が使いやすいような仕組みが整っているスマホです。

 

画面の使いやすさだけでなく、トラブルが起きた際のサポートもバッチリです。

 

60歳以上の方であれば、国内通話が24時間かけ放題になるので、シニアの方にはおすすめです。