ワイモバイルのスマホ下取りプログラムの内容・条件を解説

スマホ下取りプログラム

 

ワイモバイル(Y!mobile)には下取りプログラムがあります。
契約をする時に下取りを申し込めば、お手持ちのスマホを下取りしてもらうことができます。

 

本記事では、ワイモバイルの下取りプログラムの内容や、条件などに関して解説していきます。

 

これからワイモバイルで下取りを利用する予定がある方は、ぜひご覧ください。

 

下取りプログラムの内容

ワイモバイルにはスマホの下取りプログラムがあります。
対象の端末を下取りに出すことで、下記いずれかの特典をもらうことができます。

 

  • PayPayボーナス
  • 機種代金の割引

 

ただし下取りプログラムを申し込むための条件があります。
どのような条件なのか、特典の金額がどれくらいになるのかなど、詳しく見ていきましょう。

 

申し込み条件は5つ

ワイモバイルで下取りプログラムを申し込む場合、下記5つの条件を満たしている必要があります。

 

5つの条件

  1. シンプルS/M/Lのいずれかを申し込むこと
  2. 下取りプログラムの対象端末であること
  3. (機種変更、契約変更の場合はワイモバイルで販売した端末のうち変更前に使用されていた端末であること)

  4. 申込者が下取り対象端末の所有権を有していること
  5. 製造番号(IMEI)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと
  6. 正常動作すること

    (電源が入る、各種ロックが解除されているなど)

 

対象となる端末と特典金額の一覧は、ワイモバイル公式HPの「下取りプログラム(対象機種・特典金額一覧)」をご覧ください。

 

下取りプログラムの申し込み条件で特に厳しいところは、2つ目の「下取りプログラムの対象端末であること」です。

 

対象機種を確認すると分かりますが、対象となっている端末がけっこう少ないです。

 

特典はPayPayまたは機種代割引のどちらか

ワイモバイルの下取りプログラムは、「PayPayボーナスでの受け取り」、もしくは「機種代金の割引」を選ぶことができます。
機種代金の割引を選ぶことができるのは、ワイモバイル店舗からの申し込みをした場合だけです。

 

ワイモバイルオンラインストアから下取り申し込みする場合、必ずPayPayボーナスでの受け取りとなります。

 

PayPayボーナスでの受け取り

PayPayボーナスでの受け取り

 

ワイモバイル店舗で下取りを申し込んだ場合は、機種代金の割引を選ぶこともできますが、PayPayボーナスの方がオススメです。

 

機種代金の割引より、PayPayボーナスの方が金額が高いからです。

 

よりオトクに特典をもらうのであれば、金額が高いPayPayボーナスを選びましょう。

 

特典の適用タイミングについて

下取りプログラムで適用される特典金額は、ワイモバイル公式HPの「下取りプログラム(対象機種・特典金額一覧)」の通りです。

 

ただし下取りプログラムを申し込む場所やタイミング・下取り端末の送付タイミングなどによって、適用される特典の金額は下記の通りに異なります。

 

店舗での申し込みの場合

契約申し込み時点での特典金額となります。

 

端末直送・キット店頭渡しの場合

送付キット受け取り日を1日目とし、ワイモバイルが下取り対象端末を受領した日によって、適用される金額が異なります。

 

  • 14日以内にワイモバイルが下取り対象端末の受領を確認した場合:契約申込日時点の特典金額
  • 15日以降にワイモバイルが下取り対象端末の受領を確認した場合:端末の受領確認日時点の特典金額

 

店舗で送付キットをもらって、後から送付することも可能です。

 

破損ありの場合は減額もある

下取りプログラムの特典は、スマホの破損あり・なしによって金額が異なります。
主に下記の3つの症状がある場合、破損ありと判断されます。

 

破損ありと見なされるケース
ケース 具体的な症状
端末本体に破損
  • ガラス部分や筐体にヒビ割れがある
  • カメラまたはボタン部分に破損・欠陥がある
液晶表示異常・タッチパネル動作不良
  • 液晶に液漏れ、焼き付きがある
  • タッチパネルの操作ができない
  • 縦線、横線がある
  • 画面が暗く、文字が読めない
変形
  • 筐体(フレーム)が変形している

 

少しくらいフレームが傷ついているくらいなら大丈夫ですが、明らかに液晶割れなどしているような場合には、破損ありと見なされます。

 

下取りプログラムの注意事項

ワイモバイルで下取りを申し込む際には、下記の点にご注意ください。

 

  • 下取り申し込み後のキャンセルおよび対象機種の返還を請求することはできません
  • 査定のタイミングによってキャンペーンの適用時期が変更になる場合があります
  • 対象申込1回につき、下取り対象端末は1台となります
  • 同一電話番号での適用は一回限りとします。また解約後3ヵ月以内の再契約は対象外となります

 

下取りプログラムの申し込み方法

ワイモバイルオンラインストア・ワイモバイル店舗のどちらでからも、下取りプログラムを申し込めます。

 

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストアから下取りプログラムを申し込む場合は、申し込みをするときに下取りプログラムのチェックを入れて下取り対象の機種を選択するだけです。

 

ワイモバイルオンラインストアは2つありますが、どちらからでも申し込みできます。

 

 

2つのオンラインストアのどちらにも、同じようにチェックを入れる欄が用意されています。

 

ソフトバンク運営のオンラインストア

ソフトバンク運営のオンラインストア

 

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストア

 

下取りプログラムにチェックを入れて申し込むと、下取り用の送付キットが送られてきます。
送付キットで下取り端末を返送すると、下取りをしてもらえます。

 

私もワイモバイルオンラインストアから下取りプログラムを利用してみましたが、簡単に利用できました。

 

申し込みをしてからPayPayボーナスをもらうまでの詳しい流れについては、以下の記事をご覧ください。

 

オンラインストアからの下取りプログラム申し込みの流れを詳しく解説

 

ワイモバイル店舗

初期化した下取り対象端末と本人確認書類を持って店舗へ行けば、そのまま下取りをしてもらえます。

 

店舗で送付キットをもらって、後から送付することも可能です。
(送付キットの場合は、特典はPayPayボーナスのみとなります)

 

まとめ

ワイモバイルの下取りプログラムを利用することで、以前使っていたスマホを下取りしてもらえます。
オンラインストアから申し込む場合にも、下取りプログラムを簡単に利用できます。

 

不要なスマホがお手元にある場合は、ぜひワイモバイルでの下取りを検討してみてください。

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料↑

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料+PayPayをオトクにもらえる↑


]