【学割2021-2022】 ワイモバ親子割 シンプルMでも990円~の超割引

(2021/11/21 更新)

 

ワイモバイル2021~2022年度の学割サービスですが、「ワイモバ親子割」という名称で2021年11月17日(水)から開始されました。

 

ワイモバ親子割は、5~18歳の利用者と、その家族のどちらも最大13ヶ月適用されるお得な割引になっています。

 

シンプルM/Lを契約した場合、税込1,100円の割引が13ヶ月も続きます。
家族割引で税込1,180円の割引がされるので、シンプルMであれば13ヶ月間、月額990円(税込)で利用できます。

 

このページでは、ワイモバ親子割の申し込み方法や適用条件、注意事項などについて詳しく紹介していきます。

 

ワイモバ親子割の概要と実施期間

ワイモバ親子割は、5~18歳の利用者が対象となる「ワイモバ親子割」と、家族向けとなる「ワイモバ親子割(家族)」の2つがあります。
※なお5~18歳の利用者が対象となる「ワイモバ親子割」は分かりやすくするため、本ページでは「ワイモバ親子割(学生)」として解説します

 

ワイモバ親子割の実施期間は下記の通りです。

 

2021年11月17日(水)~2022年5月31日(火)
※オンラインストア・My Y!mobileでも受付可
※My Y!mobileからの申し込みは 2022年5月21日(土)20時まで

 

半年くらいの実施期間なので、余裕をもって申し込みできます。

 

ワイモバ親子割の割引金額

ワイモバ親子割は、学生と家族のどちらも下記の金額が割引されます。

 

プラン 割引金額(税込) および 割引適用期間
1~7ヶ月目(*1) 8~13ヶ月目
シンプルM/L 1,100円

(*1)契約月は日割り計算となる

 

シンプルSはワイモバ親子割の対象外プランとなるので、ご注意ください。

 

割引金額はかなり高いので、オトクな割引なのは間違いないです。
シンプルMで契約した場合、家族割引まで適用すれば990円(税込)の月額料金で利用できます。

 

シンプルMの月額料金例(税込)
シンプルMの月額料金 3,278円
ワイモバ親子割 -1,100円
家族割引 -1,188円
合計 990円

 

我が家では、同じ割引金額となっている前年度のワイモバイルの学割サービスに申し込みをしており、月額990円(税込み)でシンプルMを利用できています。

 

月額990円

月額990円

 

シンプルMで月額990円(税込)となるワイモバ親子割は、とてもオトクな割引です。

 

ワイモバ親子割の適用条件

ワイモバ親子割には、学生向けとなる「ワイモバ親子割(学生)」と、家族向けとなる「ワイモバ親子割(家族)」の2つがあります。

 

割引金額は同じですが、適用条件には違いがあります。
それぞれの適用条件を見ていきましょう。

 

ワイモバ親子割(学生)の適用条件は6つ

ワイモバ親子割(学生)の適用条件は6つです。

 

  1. 個人の申し込みであること
  2. 使用者の年齢が申込時点で5~18歳であること
  3. 新規契約、他社から乗り換え(MNP)、ソフトバンクから乗り換え、LINEMOから乗り換え、ソフトバンク回線MVNOから乗り換え、契約変更(*1)、またはプラン変更(*2)であること
  4. シンプルM/Lを申し込むこと
  5. 契約時に使用者の年齢確認書類を提示すること
  6. 申し込み回線にワイモバ学割<2018-2019>、ワイモバ学割<2019-2020>、ワイモバ親子割の適用履歴がないこと

(*1)4G-Sプラン(ベーシック含む)からの契約変更のみ対象
(*2)ケータイプランSS(ベーシック含む)、スマホプラン(ベーシック含む)、タブレットプラン、シンプルSからのプラン変更が対象

 

ワイモバ親子割と言ってはいますが、厳密には学生でなくともOKです。
申し込み時点で5~18歳であれば、幼稚園・保育園児が利用者となっても申し込みできます。

 

申し込みに必要な書類

ワイモバ親子割(学生)を申し込む際には、「契約者の本人確認書類」と「利用者の本人確認書類」が必要です。
本人確認書類として使えるのは下記いずれかの書類となります。

 

利用できる本人確認書類

  1. 学生証・生徒手帳
  2. 自動運転免許証
  3. 健康保険証
  4. 住民基本台帳カード(QRコード付)
  5. 日本国パスポート
  6. マイナンバーカード
  7. 身体障害者手帳

 

学生であれば、本人確認書類として学生証・生徒手帳を利用できます。
(契約者と利用者が、同姓または同居している場合のみOK)

 

学生証・生徒手帳以外も本人確認書類として使えますが、健康保険証を利用する場合は追加書類として住民票(戸籍謄本または住民票記載事項証明書)が必要となるので、ご注意ください。

 

ワイモバ親子割(家族)の適用条件は4つ

ワイモバ親子割(家族)の適用条件は4つです。

 

  1. 新規契約、他社から乗り換え(MNP)、ソフトバンクから乗り換え、LINEMOから乗り換え、ソフトバンク回線MVNOから乗り換え、契約変更(*1)、またはプラン変更(*2)であること
  2. シンプルM/Lを申し込むこと
  3. 受付期間中にワイモバ親子割(学生)を適用中の回線と同一グループの家族割引サービスに加入すること
  4. 申し込み回線にワイモバ学割<2018-2019>、ワイモバ学割<2019-2020>、ワイモバ親子割の適用履歴がないこと

(*1)4G-Sプラン(ベーシック含む)からの契約変更のみ対象
(*2)ケータイプランSS(ベーシック含む)、スマホプラン(ベーシック含む)、タブレットプラン、シンプルSからのプラン変更が対象

 

ワイモバ親子割(学生)を適用している回線と家族割引を組めば、ワイモバ親子割(家族)が適用されます。

 

申し込みに必要な書類

ワイモバ親子割(家族)を申し込む場合は、家族割引を適用します。
家族割引には、本人確認書類と家族であることを証明するための書類が必要です。

 

必要となる書類は、家族割引を組む回線契約者が同居している場合と同居していない場合で変わってきます。

 

同居している場合
  1. 家族割引サービス同意書(※1)
  2. 親回線・子回線の契約者それぞれの本人確認書類

 

(※1)親回線・子回線の契約者が同じ場合は不要

別居している場合
  1. 家族割引サービス同意書(※1)
  2. 親回線・子回線の契約者それぞれの本人確認書類
  3. 下記いずれかの家族確認書類(※2)
    • 戸籍謄本(発行から3ヵ月以内のものに限る)
    • 住民票記載事項証明書(発行から3ヵ月以内のものに限る)
    • 同性のパートナーシップを証明する書類

 

(※1)親回線・子回線の契約者が同じ場合は不要
(※2)My Y!mobileで後から申し込む場合、同性(同じ苗字)であれば③の家族確認書類は不要

 

契約後にMy Y!mobileで家族割引を申し込む場合、別居している場合でも同性であれば家族確認書類は不要となります。

 

実家の家族と家族割引を組む場合、名字が同じであれば後からMy Y!mobileで申し込む方が必要書類は少なく済むのでオススメです。

 

なお家族割引や家族確認書類の詳細については、以下のページでも解説していますので、もう少し詳しく知りたい方はご覧ください。

 

 

ワイモバ親子割の申し込み方法

ワイモバ親子割を申し込む際のポイントは2つです。

 

  1. 5~18歳のお子様を利用者として申し込み、ワイモバ親子割(学生)を適用する
  2. 2回線目以降を申し込み、ワイモバ親子割(学生)を適用した回線と家族割引を組んで、ワイモバ親子割(家族)を適用する

 

ワイモバ親子割を申し込む際の流れとしては、まずはワイモバ親子割(学生)の回線を申し込んでから、次にワイモバ親子割(家族)の回線を申し込む形となります。

 

ただし、新規に申し込んだ回線を主回線とする家族割引サービスの申し込みはできません。

 

ワイモバイルで既存回線の契約がない場合は、契約後にMy Y!mobileまたはワイモバイルショップで家族割引サービスを申し込んでください。

 

ワイモバ親子割の申し込みの流れ

それでは、実際にワイモバイルオンラインストアから申し込むときの流れを見ていきましょう。

 

ワイモバ親子割(学生向け)の申し込みの流れ

まずはワイモバ親子割(学生)の申し込みの流れを紹介します。
※流れの要点のみ記載し、細かいところは省略しています

 

1.対象プランを選ぶ

ワイモバ親子割が適用されるプランは、シンプルM/Lのどちらかだけです。
どちらか好きなプランを選びます。

 

シンプルM/Lのどちらかを選ぶ

シンプルM/Lのどちらかを選ぶ

 

2.契約者の本人確認書類をアップロード

ワイモバイルを契約するためには、契約者の本人確認書類のアップロードが必要になります。
※5~18歳のお子様ではなく、保護者の本人確認書類です

 

運転免許証などをスマホで撮影してアップロードしましょう。

 

運転免許証がおすすめ

運転免許証がおすすめ

 

3.利用者を「家族」にして利用者情報を入力

必要事項を入力していくと、「利用者」を選ぶ欄があります。
利用者は「家族」を選び、5~18歳のお子様の情報を入力してください。

 

利用者情報を入力

利用者情報を入力

 

情報入力後は、5~18歳のお子様の本人確認書類をアップロードします。
本人確認書類として、学生証・生徒手帳を利用できます。
(契約者と利用者が、同姓または同居している場合にのみ可能)

 

 

学生証・生徒手帳がない場合などは、健康保険証+住民票などの本人確認書類を用意してください。

 

 

2021年11月21日(日)時点では、健康保険証を選ぶ場合は「社会保険証(表)」もしくは「国民健康保険証(表)」を選択できます。
そのどちらかを選択した場合、住民票を2枚目の書類として選ぶことはできず、「社会保険証(裏)」もしくは「国民健康保険証(裏)」が表示されます。

 

その場合、そのまま住民票をアップロードすれば良いらしいです(チャットサポートにて確認済)

 

4.重要事項説明ページで、学割を申し込む

申し込みの手続きを進めていくと、入力内容確認ページで親子割の適用を確認できます。

 

 

そして最後に重要事項の説明があります。

 

重要事項の説明では、「親子割に関する確認」のチェック項目があります。
この項目にチェックを入れてください。

 

 

以上の流れでワイモバ親子割を申し込むことができます。

 

ワイモバ親子割(家族)の申し込み方法

次は、ワイモバ親子割(家族)の申し込みです。
「期間内に契約すること」と「ワイモバ親子割(学生)と家族割引を組むこと」が条件です。

 

家族割引は、2回線目以降(副回線)が最大1,188円(税込)引きになる割引サービスです。

 

1回線目を主回線、2回線目以降を副回線と呼びますが、下記のように申し込みすることを想定したケースを紹介していきます。

 

  • ワイモバ親子割(学生)を適用する回線を、家族割引の主回線にする
  • ワイモバ親子割(家族)を適用する回線を、家族割引の副回線にする

 

なおオンラインストアから申し込む際に家族割引を適用する場合は既存回線を主回線としなければいけないため、ワイモバ親子割(学生)の回線が開通した後に申し込みをしないといけません。

 

ワイモバ親子割(学生)の回線と同日に申し込みをする場合、ワイモバ親子割(家族)の家族割引は後から適用することになります。
(My Y!mobileまたはワイモバイルショップにて行うことができます)

 

それでは、申し込みの流れを見ていきましょう。
※流れの要点のみ記載し、細かいところは省略しています

 

1.対象プランを選ぶ

ワイモバ親子割が適用されるプランは、シンプルM/Lのどちらかだけです。
どちらか好きなプランを選びます。

 

シンプルM/Lのどちらかを選ぶ

シンプルM/Lのどちらかを選ぶ

 

2.家族割引にチェックを入れる

商品を選んだ後、適用する割引サービスを選ぶ項目があります。
ここで「家族割引サービス」にチェックを入れてください。

 

 

 

チェックした後は「ご購入手続きへ」を押して、次の画面へ進んでいきます。

 

3.家族割引の主回線情報を入力

家族割引の主回線の情報を入力し、主回線契約者の本人確認書類と家族割引サービス同意書をアップロードします。

 

主回線契約者と同居していない場合は、戸籍謄本などの家族確認書類もあわせてアップロードします。
※主回線契約者と副回線契約者が同じ場合は、書類はすべて不要です

 

主回線情報を入力①

主回線情報を入力①

主回線情報を入力②

主回線情報を入力②

 

 

家族割引サービス同意書①

家族割引サービス同意書①

家族割引サービス同意書②

 

 

戸籍謄本をアップロード

戸籍謄本をアップロード

 

 

上記の流れで家族割引サービスが申し込みできます。
ワイモバ親子割(学生)を適用した回線と同じ家族割引グループに加入完了すれば、無事にワイモバ親子割(家族)が適用されます。

 

家族割引サービスは契約後に申し込んでもOK

なお家族割引サービスは、契約後にMy Y!mobileから申し込むことができます。
新しくワイモバイルを契約する場合、後から家族割引を申し込むことを考えてもよいと思います。

 

 

ワイモバ親子割の適用イメージ

ワイモバ親子割のポイントをまとめると、以下の通りになります。

 

  • ワイモバ親子割(学生)は、受付期間中に契約すればOK
  • ワイモバ親子割(家族)は、受付期間中に契約 かつ ワイモバ親子割(学生)の回線と家族割引を組めばOK

 

それぞれの適用イメージは、下図のようになります。

 

ワイモバ親子割の適用イメージ

 

ワイモバ親子割(学生)は、2021年11月17日(水)~2022年5月31日(火)に契約すれば適用されます。
(契約時にワイモバ親子割の申し込みは必要です)

 

ワイモバ親子割(家族)は、2021年11月17日(水)~2022年5月31日(火)に契約し、かつ同期間内にワイモバ親子割(学生)と家族割引を組めば適用されます。

 

なお家族割引の申し込みは、受付期間内であれば後からでも問題ありません。
家族割引が適用された月から、ワイモバ親子割(家族)が適用されます。

 

オンラインストア限定キャンペーンも同時適用できる

ワイモバ親子割は、ワイモバイル公式キャンペーンとなります。
オンラインストア限定のキャンペーンと同時適用することができるので、さらにお得に契約できます。

 

しかし、そのワイモバイルオンラインストアですが、実は2つのオンラインストアがあります。

 

ワイモバイルオンラインストアは2つある

ワイモバイルオンラインストアは2つある

 

  • ソフトバンクが運営している「ワイモバイルオンラインストア」
  • Yahoo!JAPANが運営している「ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)」

 

Yahoo!JAPANはソフトバンク系列の会社なので、どちらも公式のワイモバイルオンラインストアとなります。

 

しかし2つのオンラインストアの名前は似ているので、分かりにくいです。
そのため、当サイトでは下記の名前で区別しています。

 

  • ワイモバイルオンラインストア⇒「ソフトバンク運営のオンラインストア」
  • ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)⇒「Yahoo!モバイルオンラインストア」

 

2つのオンラインストアの見分け方は簡単です。
Yahoo!モバイルオンラインストアは、ロゴに「ヤフー店」と記載されています。

 

Yahoo!モバイルオンラインストアのロゴ

ロゴに「ヤフー店」の記載がある

 

ロゴに「ヤフー店」と記載されていない方が、ソフトバンク運営のオンラインストアとなります。

 

2つのオンラインストアは、それぞれ違う限定キャンペーンを開催しています。

 

 

正直ややこしいのですが、申し込みをする時にどちらを選ぶかは重要です。
それぞれのオンラインストアで申し込むときに適用されるキャンペーンは、以下のような違いがあります。

 

オンラインストアで適用されるキャンペーン

キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否
ソフトバンク運営 Yahoo!モバイル
対象機種限定値引きセール オンラインストアでの対象機種を購入すると、最大21,6000円(税込)または18,000円(税込)の割引がされる。

通常の機種代割引よりも、優先して適用される。

×

機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。

【ソフトバンク運営のオンラインストア】

  • 新規契約:14,400円
  • 他社から乗り換え:14,400円
  • 機種変更:7,200円

【Yahoo!モバイルオンラインストア】

  • 新規契約:11,800円
  • 他社から乗り換え:11,800円
  • 機種変更:3,168円

※ソフトバンク、ソフトバンクMVNOから乗り換えは対象外
※一部機種は割引額の増減あり

PayPayキャンペーン ソフトバンク運営のオンラインストアから、新規契約または他社から乗り換えでSIMカードを申しこむと、5,000円相当のPayPayボーナスをもらえる
  • シンプルM/Lを契約すると、PayPayボーナス5,000円相当

×

契約事務手数料 無料キャンペーン ワイモバイルオンラインストアからの申し込みで、契約時に必要な事務手数料3,300円(税込)が無料になる。

ワイモバイル SIMカードご契約特典 新規契約・他社から乗り換えでSIMカード申し込みをするとPayPayボーナスをもらえる。
  • シンプルS:3,000円相当
  • シンプルM:5,000円相当
  • シンプルL:7,000円相当

※シンプルSは他社から乗り換えのみ対象

×

ワイモバイル スマホご契約特典 スマホ購入すると、PayPayボーナスがもらえる

【新規契約、他社から乗り換え、ソフトバンクから乗り換え、ソフトバンクMVNOから乗り換え】
5,555円相当


【機種変更】
3,300円相当

×

ワイモバイル 新どこでももらえる特典 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で、エントリーの翌月末までに契約すると、最大3,000円相当のPayPayボーナスをもらえる
  • シンプルS:500円相当
  • シンプルM/L:3,000円相当

×

 

上記のようにキャンペーン内容が異なり、契約種別ごとに適用できるキャンペーンも異なります。
どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用するかはとても重要です。

 

各キャンペーンの内容、どのような組み合わせでキャンペーンを適用できるかは、下記のページにまとめているので、ぜひ一度ご覧ください。

 

 

【注意】ワイモバ親子割と「新どこでももらえる特典」は併用できない

ワイモバイル どこでももらえる特典

 

Yahoo!モバイルオンラインストアでは、「新どこでももらえる特典」というキャンペーンが実施されています。

 

新どこでももらえる特典は、どこで契約をしてもPayPayボーナス3,000円をもらえるお得なキャンペーンです。ワイモバイルショップでも、ワイモバイルオンラインストアでも、どこで契約してもPayPayボーナス3,000円をもらえます。

 

しかしシンプルM/Lでワイモバ親子割を適用する場合、「新どこでももらえる特典」は適用されなくなります。
新どこでももらえる特典をもらおうと考えている方は、ご注意ください。

 

 

まとめ

ワイモバ親子割は学生、家族のどちらにも適用できるオトクなキャンペーンです。
キャンペーンを利用するためのポイントをまとめると、下記のようになります。

 

4つのポイント

  1. シンプルM/Lが対象プラン
  2. 使用者の年齢が申込時点で5~18歳であれば、ワイモバ親子割(学生)が適用できる
  3. ワイモバ親子割(学生)の回線と家族割引を組めば、ワイモバ親子割(家族)が適用できる
  4. 新規契約、他社から乗り換え(MNP)、ソフトバンクから乗り換え、LINEMOから乗り換え、ソフトバンク回線MVNOから乗り換え、契約変更(*1)、またはプラン変更(*2)が対象

(*1)4G-Sプラン(ベーシック含む)からの契約変更のみ対象
(*2)ケータイプランSS(ベーシック含む)、スマホプラン(ベーシック含む)、タブレットプラン、シンプルSからのプラン変更が対象

 

5~18歳のお子様がいるご家庭であれば、対象となります。
ぜひワイモバ親子割を適用して、オトクに申し込んでください。

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料↑

 

↑機種代割引+事務手数料3,300円無料+PayPayをオトクにもらえる↑


]