ワイモバ学割2020 親子どちらも1100円引きのお得なキャンペーン

ワイモバ学割2019 親子どちらも1100円引きのお得なキャンペーン

 

ワイモバイル(Y!mobile)で2020年の学割サービス「ワイモバ学割」が開始されました。
5~18歳の利用者と、その家族の両方に適用できるお得な割引になっています。

 

さらに学割といっても、学生である必要がないので利用しやすいです。

 

家族みんなで上手に申し込めば、普段よりもすごくお得に申し込みできます。

 

このページではワイモバ学割の申し込み方法や適用条件、注意事項などについて詳しく紹介していくので、5~18歳のお子様がいる家庭はぜひご確認ください。

 

ワイモバ学割は「学生向け」と「家族向け」の2種類がある

ワイモバイルでは毎年学割キャンペーンが行われていますが、今年は前回の学割(2018年~2019年実施)と同じで2種類の学割があります。

 

  • 5~18歳の利用者に適用される「ワイモバ学割(学生向け)」
  • ワイモバ学割(学生向け)を適用した家族に適用される「ワイモバ学割(家族向け)」

 

5~18歳の利用者がいるご家庭で、家族みんなで申し込みをすれば全員割引されます。
例年よりもスゴクお得な学割になっているので、利用を検討してみてください。

 

それでは、ワイモバ学割について詳しく解説していきます。

 

ワイモバ学割(学生向け)の詳細

まずは5~18歳向けのワイモバ学割(学生向け)について、解説します。

 

キャンペーンの期間

以下の期間が、キャンペーンの開催期間となります。

  • 2019年11月29日~ 2020年6月1日

 

キャンペーンの特典

契約月を1ヶ月目とし13 ヶ月間、基本使用料が1,100円(税込)割引されます。
なお、契約月の割引金額は日割り計算となります。

 

キャンペーンの適用条件

キャンペーンの適用に必要な条件は、下記5つとなります。

 

  1. 期間中にスマホベーシックプランM/Rを申しこむこと
  2. 新規契約、MNP、番号移行またはPHSからの契約変更のいずれかであること
  3. 使用者の年齢が、申込時点で5歳以上18歳以下であること
  4. 契約時に使用者の年齢確認書類を提示すること
  5. ワイモバ学割(家族)に申し込む場合、特典適用判定のため、ワイモバイルが契約情報を確認することに同意すること

 

ざっくりと説明すると、5~18歳の方を使用者としてスマホベーシックプランM/Rを契約すれば適用されます。
後は年齢確認書類を提示するだけです。

 

アウトレットを含む全機種、SIMカード単体契約も対象となるので、申し込みやすいです。
なおスマホベーシックプランS、機種変更での申し込みは対象外となっているので、ご注意ください。

 

申し込みに必要な書類

ワイモバ学割(学生向け)を申し込む際には、「契約者の本人確認書類」と「利用者の年齢確認書類」が必要です。

 

契約者の本人確認書類 以下のどちらかでOK
  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票
利用者の年齢確認書類 健康保険証

 

利用者の年齢確認書類としては、健康保険証を利用できます。
(チャットサポートにて確認済)

 

年齢確認のための書類ということで、本人確認書類ほど厳しいチェックはありません。

 

ワイモバ学割(家族向け)の詳細

次はワイモバ学割(家族向け)について、解説します。

 

キャンペーン期間

以下の期間が、キャンペーンの開催期間となります。

  • 2019年11月29日~ 2020年6月1日

 

ワイモバ学割(学生向け)と全く同じ期間になります。

 

キャンペーンの特典

適用条件を満たした月を1ヶ月目として13ヶ月間、基本使用料が1,100円(税込)割引されます。
なお、契約月の割引金額は日割り計算となります。

 

キャンペーンの適用条件

キャンペーンの適用に必要な条件は、下記3つとなります。

 

  1. 期間中にスマホベーシックプランM/Rを申しこむこと
  2. 新規契約、MNP、番号移行またはPHSからの契約変更のいずれかであること
  3. 期間中にワイモバ学割(学生向け)を適用した回線と同じ家族割引グループに加入すること

 

ざっくりと説明すると、期間中にスマホベーシックプランM/Rを契約したうえで、ワイモバ学割(学生向け)と家族割引を組めば適用されます。

 

アウトレットを含む全機種、SIMカード単体契約も対象となるので、申し込みやすいです。
なおスマホベーシックプランS、機種変更での申し込みは対象外となっているので、ご注意ください。

 

ワイモバ学割(学生向け)と少し違う点は、家族割引グループに加入したタイミングが、特典適用されるタイミングであるということです。

 

 

契約日から特典の期間が起算されるのではなく、家族割引グループに加入したタイミングから13ヶ月が起算されます。

 

申し込みに必要な書類

ワイモバ学割(家族向け)を申し込む場合は、家族割引を適用します。
家族割引には、家族であることを証明できる、親回線・子回線の契約者の本人確認書類(家族確認書類)が必要です。

 

家族確認書類は、同居している場合と同居していない場合で必要な書類は変わってきます。

 

同居している場合 同じ住所であることが確認できる、親回線・子回線の契約者それぞれの本人確認書類
別居している場合 親回線・子回線の契約者それぞれの本人確認書類と、家族であることがわかる以下の書類いずれか
  • 戸籍謄本
  • 住民票記載事項証明書(発行から3ヵ月以内のものに限る)
  • 同性のパートナーシップを証明する書類

 

ほとんどの場合は同居しているケースが多いと思います。
本人確認書類として利用でき、かつ同住所であることが確認できる書類は以下いずれかの書類がいいでしょう。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票

 

別居している場合は、戸籍謄本を追加でアップロードすれば大丈夫です。

 

1つ注意してもらいたいのは、家族割引を適用するのに必要な書類は、あくまで回線の契約者の家族確認書類であるという点です。

 

例えば、父親名義でワイモバ学割(学生向け)の回線を申し込んだ後、父親自身のスマホを追加で申し込む場合で考えてみます。
どちらも契約者は父親となるので、父親の運転免許証だけで家族割引に加入できます。

 

なお家族割引や家族確認書類の詳細については、以下のページでも解説していますので、もう少し詳しく知りたい方はご覧ください。

 

ワイモバイルの家族割引サービスの詳細

 

ワイモバ学割の申し込み方法

ワイモバ学割を申し込む際のポイントは2つです。

 

  1. 5~18歳のお子様を利用者として、ワイモバ学割(学生向け)を適用する
  2. ワイモバ学割(学生向け)を適用した回線と家族割引を組んで、ワイモバ学割(家族向け)を適用する

 

ワイモバ学割を申し込む際の流れとしては、まずはワイモバ学割(学生向け)の回線を申し込んでから、次にワイモバ学割(家族向け)の回線を申し込むのがオススメです。
※同じ日に申し込んでも大丈夫です。

 

それでは、実際にワイモバイルオンラインストアから申し込むときの流れを見ていきましょう。

 

ワイモバ学割(学生向け)の申し込みの流れ

まずはワイモバ学割(学生向け)の申し込みの流れを紹介します。

 

親名義で契約し、利用者を子供にするケースを想定しています。
この場合、申し込みの際に利用者を「家族」として、後は年齢確認書類をアップロードします。

 

申し込みの流れは、以下のようになります。
※流れの要点のみ記載し、細かいところは省略しています

 

1.商品を選ぶ

まずはワイモバイルオンラインストアで購入する商品を選びます。

 

商品を選ぶ

 

商品を選んだら、「ご購入手続きへ」を押して、次の画面へ進んでいきます。

 

2.契約者の本人確認書類をアップロード

ワイモバイルを契約するためには、契約者の本人確認書類のアップロードが必要になります。
※5~18歳のお子様ではなく、保護者の本人確認書類です

 

運転免許証をスマホで撮影してアップロードするのが、一番カンタンです。

 

運転免許証がおすすめ

 

3.利用者を「家族」にして利用者情報を入力

必要事項を入力していくと、「利用者」を選ぶ欄があります。
利用者は「家族」を選び、5~18歳のお子様の情報を入力してください。

 

「利用者と別」を選び、利用者情報を入力

 

4.年齢確認書類を提出

5~18歳のお子様の年齢を確認できる書類をアップロードします。
年齢確認書類は、お子様の健康保険証でOKです。(チャットサポートで確認済)

 

スマホで撮影してアップロードしましょう。

 

健康保険証でOK(チャットサポートで確認済)

 

5.重要事項説明ページで、学割を申し込む

申し込みの手続きを進めていくと、最後に重要事項の説明があります。

 

重要事項の説明では、「学割に関する確認」のチェック項目があります。
この項目にチェックを入れてください。

 

同意にチェックを入れる

 

以上の流れでワイモバ学割を申し込むことができます。

 

ワイモバ学割(家族向け)の申し込み方法

次は、ワイモバ学割(家族向け)の申し込みです。
ワイモバ学割(学生向け)と家族割引を組むことが条件です。

 

家族割引は、2回線目以降(副回線)が550円(税込)引きになる割引サービスです。

 

1回線目を主回線、2回線目以降を副回線と呼びますが、下記のように申し込みすることを想定したケースを紹介していきます。

 

  • ワイモバ学割(学生向け)を適用する回線を、家族割引の主回線にする
  • ワイモバ学割(家族向け)を適用する回線を、家族割引の副回線にする

 

なおオンラインストアから申し込む日は、ワイモバ学割(学生向け)を申し込んだ日と同じで問題ないです。
家族割引の主回線が開通した後、家族割引の副回線も開通します。

 

それでは、申し込みの流れを見ていきましょう。
※流れの要点のみ記載し、細かいところは省略しています

 

1.商品を選ぶ

まずはワイモバイルオンラインストアで購入する商品を選びます。

 

商品を選ぶ

 

2.家族割引にチェックを入れる

商品を選んだ後、適用する割引サービスを選ぶ項目があります。
ここで「家族割引サービス」にチェックを入れてください。

 

「家族割引サービス」にチェック

 

チェックした後は「ご購入手続きへ」を押して、次の画面へ進んでいきます。

 

3.家族割引の主回線情報を入力

家族割引の主回線の情報を入力します。

 

主回線の契約情報を入力

 

なお、主回線に指定した回線と同時に副回線を申し込んだ場合、主回線が開通した後に副回線が開通する流れになります。

 

4.家族確認書類をアップロード

家族確認書類をアップロードします。
家族割引の主回線と同じ契約者であれば、本人確認書類(運転免許証)をアップロードするだけでOKです。

 

同じ住所に住んでいる場合、もしくは実家の家族で同じ苗字の場合である場合も、運転免許証でOKです。

 

書類をアップロードする

 

上記の流れで申し込みを完了させましょう。

 

ワイモバ学割(学生向け)を適用した回線と同じ家族割引グループに加入完了すれば、無事にワイモバ学割(家族)が適用されます。

 

ワイモバ学割を申し込む時の3つのポイント

ワイモバ学割を申し込むときに、知っておいて頂きたいポイントが3つあるので、紹介します。

 

ワイモバ学割の学生向け・家族向けは同時申込OK

「これからワイモバイルに家族で乗り換える」という場合、まだ家族割引の主回線を契約していないと思います。

 

その場合でも、複数回線を同じ日に申し込んでOKです。

 

ただし家族割引の主回線と副回線を同時に申し込んだ場合は、副回線の開通は主回線の開通後になります。

 

副回線の開通は、主回線の開通後になる

 

ワイモバ学割(家族向け)は後から家族割引を適用してもいい

ワイモバ学割(家族向け)の適用条件の1つとして、家族割引の適用があります。
実は申し込み時でなくても、キャンペーン期間内であれば後から家族割引を適用すれば、キャンペーンの対象となります。

 

ワイモバ学割の適用イメージ

 

ただし、ワイモバ学割(学生向け)と同じ家族割引グループに加入しないといけないので、その点だけご注意ください。

 

SIMカード単体契約も含め、全機種が対象

ワイモバ学割は学生向け・家族向けのどちらも、スマホ全機種およびSIMカード単体契約がキャンペーン対象になっています。
アウトレット商品も対象です。

 

申し込みをする機種に関して迷ってしまう場合は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

オンラインストア限定キャンペーンも同時適用できる

ワイモバ学割は、ワイモバイル公式キャンペーンとなります。
オンラインストア限定のキャンペーンと同時適用できるので、とてもお得になります。

 

しかし、実はワイモバイルオンラインストアは「ソフトバンク運営のオンラインストア」と「Yahooモバイル内のオンラインストア」の2つがあり、それぞれ適用できるキャンペーンが異なります。

 

  • ソフトバンクが運営している「ソフトバンク運営のオンラインストア」
  • Yahooモバイルが運営している「Yahooモバイル内のオンラインストア」

 

2つのオンラインストアは、それぞれ違う限定キャンペーンを開催しています。

 

 

正直ややこしいのですが、申し込みをする時にどちらを選ぶかは重要です。
それぞれのオンラインストアで申し込むときに適用されるキャンペーンは、以下のような違いがあります。

 

オンラインストアで適用されるキャンペーン

キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否
ソフトバンク運営 Yahoo!モバイル
機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。
  • 新規契約:14,400円
  • 他社から乗り換え:14,400円
  • 契約変更(PHSから乗り換え):7,200円
  • 機種変更:7,200円

※ソフトバンクから乗り換えは対象外
※一部機種は割引額の増減あり

春のオンラインストア 大感謝セール 新規契約・他社から乗り換えで対象機種をスマホベーシックプランM/Rで申し込んだ場合、以下の金額が税込で割引される。
  • Libero S10:5,400円(18,360円オフ)
  • HUAWEI P30 lite:10,800円(12,960円オフ)
  • Xperia 8:32,400円(18,000円オフ)
  • iPhone 7(32GB):26,640円(18,000円オフ)
  • iPhone 7(128GB):37,440円(18,000円オフ)

※ソフトバンクから乗り換えは対象外


SIMカード契約の場合、他社から乗り換えでスマホベーシックプランS/M/Rを申し込んだ場合、PayPayボーナス3,000円相当をもらえる

×

PayPayキャンペーン 他社から乗り換えで、SIMカードをスマホベーシックプランS/M/Rで申し込んだ場合、PayPayボーナス3,000円相当をもらえる

×

契約事務手数料 無料キャンペーン オンラインストアからの申し込みで、契約時に必要な事務手数料3,300円(税込)が無料になる。

×

SIMカード 春トク特典 【2月13日(木)~3月31日(火)】

新規契約・他社から乗り換えにて、スマホベーシックプランM/RでSIMカードを申し込みすると、4,400円相当のPayPayボーナスライトをもらえる

×

ワイモバイル SIMカードご契約特典 5のつく日・ゾロ目の日(毎月5日/11日/15日/22日/25日のいずれか)に、新規契約・他社から乗り換えでSIMカード申し込みをすると6,600円相当のPayPayボーナスライトをもらえる

×

ワイモバイル スマホご契約特典 毎月5日/11日/15日/22日/25日(5のつく日・ゾロ目の日)にスマホ購入すると、PayPayボーナスライトがもらえる

【新規契約、他社から乗り換え、ソフトバンクから乗り換え】
5,555円相当


【PHSからの契約変更、機種変更】
2,555円相当

×

ワイモバイル どこでももらえる特典 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y!mobileサービスの初期登録」を行うとPayPayボーナスライト3,000円相当もらえる

 

 

上記のようにキャンペーン内容が異なり、契約種別ごとに適用できるキャンペーンも異なります。

 

よりオトクになりやすいのは、たくさんのPayPayボーナスライトをもらえる「Yahooモバイル内のオンラインストア」になります。

 

ただし、ソフトバンク運営のオンラインストアでは、「春のオンラインストア大感謝セール」が実施されており、特定機種はかなりオトクになっています。

 

どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用するかはとても重要です。

 

各キャンペーンの内容、どのような組み合わせでキャンペーンを適用できるかは、下記のページにまとめているので、ぜひ一度ご覧ください。

 

 

まとめ

ワイモバ学割は学生向け、家族向けの2つが用意されているお得なキャンペーンです。
5~18歳のお子様がいる家庭であれば利用できますし、その他のキャンペーンとも併用できる点も魅力的です。

 

学割シーズンは特にショップが混みやすくなるので、簡単に自宅から手続きできるオンラインストアからの申し込みがオススメです。

 

オンラインストアでの申し込みは、以下3つのメリットもあります。

 

  1. オンラインストア限定のキャンペーンも同時適用される
  2. ショップでの店頭手数料(またはオプション契約)が不要
  3. 送料無料

 

手間をかけず、さらにお得に申し込むのであればオンラインストアの利用も検討してみてください。

 

↑機種代割引+契約事務手数料3,300円無料↑

 

↑機種代割引+PayPayをオトクにもらえる↑