Libero S10実機レビュー|安くても高性能の実力派スマホ

 

ワイモバイル(Y!mobile)のLibero S10は、2019年冬に発売された4機種の中の1つです。

 

4機種の中でも最安なのですが、デュアルカメラ・指紋認証を搭載しており、高性能の実力派スマホです。

 

今回はLibero S10の実機レビューを行っていきます。

 

Libero S10の特徴や、実際に使った感想、安く購入するためのキャンペーンなどを紹介していきますので、興味がある方はぜひご覧ください。

 

Libero S10のスペック

まずはざっとLibero S10のスペックを紹介します。

 

Libero S10のスペック
ディスプレイ 5.7インチ TFTディスプレイ
ディスプレイ解像度 2,160×1,080(FHD+)
CPU Qualcomm SDM450(オクタコア) 1.8GHz
ROM / RAM容量 32GB / 3GB
対応外部メモリ microSDXC / 最大512GB
縦幅 152.2mm
横幅 73.2mm
厚さ 8.4mm
重さ 約165g
アウトカメラ画素数 約1,300万画素 + 200万画素(デュアルカメラ)
インカメラ画素数 約500万画素
バッテリ 3,100mAh
データ通信方式 下り最大112.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Ver4.2
おサイフケータイ ×
NFC ×
赤外線 ×
防水/防塵 IPX7/IP5X 対応
ワンセグ ×
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G) - / ● / ●
認証機能 指紋
カラー ホワイト/ネイビー/レッド

 

Libero S10は、低価格帯のスマホの中では抜群に高い性能を持っています。

 

5.7インチの大きめサイズのディスプレイで画面が見やすく、CPU性能も普段使いのスマホとしては十分高いです。
防水・防塵にも対応している上、デュアルカメラと指紋認証も搭載しています。

 

ワイモバイルでLibero S10と同じ価格帯のスマホには、Android One S5になります。

 

しかしAndroid One S5はシングルカメラとなっており、デュアルカメラではないです。
また指紋認証もAndroid One S5にはありません。

 

価格帯を考えるとLibero S10のスペックはかなり優秀だと思います。

 

付属品

Libero S10付属品は特になし

付属品は特になし

 

付属品は特にありません。
クイックスタートガイド、お願いとご注意の冊子と、SIM取り出し用のピンだけです。

 

充電に必要なType-CのUSBケーブルは付いていないので、持っていない方は購入しておきましょう。

 

外箱はワイモバイルのロゴがでかでかと書かれていて、ワイモバイルのスマホであることを主張しています。

 

Libero S10の外観

ワイモバイルのLibero S10はホワイト/ネイビー/レッドの3色展開です。
(レッドは2019年12月1日から追加されました)

 

今回紹介するのは、ネイビーとなります。

 

ディスプレイは5.7インチのFHD+となっており、今どきの大型ディスプレイになっています。
画面サイズが大きく解像度も高いので、普通にキレイな映像を写すことができます。

 

Libero S10の正面

FHD+のディスプレイにキレイに写る

 

電源、ボリュームボタンは右側面にあります。
片手で持った時に操作がしやすいです。

 

Libero S10の右側面

電源、ボリュームボタンは右側面

 

左側面にはSDカードとSIMカードのスロットがあります。
SIMカードを挿す際には、下記の画像のような感じになります。

 

Libero S10の左側面

カードのスロットは右側面

 

端末の上部にはイヤホンジャックがあります。
音楽を聞く際には、ここにイヤホンを挿しましょう。

 

Libero S10の上部

上部にイヤホンジャック

 

USBの充電差し込み口、スピーカーは端末の底面にあります。

 

Libero S10の底面

底面にUSB、スピーカー

 

背面には指紋認証センサーが付いています。
スマホを片手で持った時に、ちょうど人差し指がくる位置なので使いやすいです。

 

Libero S10の背面

背面には指紋認証センサーとカメラ

 

片手起動も簡単です。
この価格帯のスマホに指紋認証が付いているのは素直にスゴイと思います。

 

なお背面はピカピカしていて、光を良く反射します。
キレイですが指紋やホコリなどの汚れが付きやすいので、できればすぐにケースに入れておいた方がいいです。

 

実際この記事を書いているときに触っていたら、指紋ヨゴレやほこりがバッチリ付きました(笑)

 

デュアルカメラでカメラ写りは良い

デュアルカメラ

2つのカメラで撮影できる

 

カメラは1300万画素+200万画素のデュアルカメラです。
ついにこの価格帯のスマホでデュアルカメラになりました!

 

写真を撮影してみると、けっこう良い感じに撮影できました。

 

ホットケーキ

おいしそうなホットケーキ

 

パスタ

SNS映えしそうなパスタ

 

クリスマスツリー

遠くからでも全体が鮮明に映る

 

さすがに高価格帯のスマホの画質には及びませんが、同価格帯のスマホと比べると良い画質だと思います。

 

ただ1つ使っていて気になるのは、シャッター音がうるさいところです。
カメラで撮影をすると、「ガシャッ」という感じの少しうるさい音が鳴ります。

 

この音だけは、もうちょっと気を使ってくれても良かったと思います。
人前で撮影すると、ちょっと恥ずかしいかもしれません。

 

その他機能も充実

Libero S10は色々な機能を備えています。
今までに紹介した以外の主な機能を紹介します。

 

高速指紋認証で素早く起動

Libero S10には生体認証機能として、指紋認証が付いています。
背面のセンサーに指をあてると、ロックが簡単に解除できます。

 

実際に指紋認証でロック解除すると、一瞬でパッと起動します。

 

片手で高速起動

 

片手で高速起動するので、ストレスフリーです。

 

ほんとに技術進歩がすごいです。
ついに低価格帯スマホも、この域まで来てしまいました。

 

防水・防塵対応

Libero S10は防水・防塵対応

ちょっと濡れたくらいなら問題なし!

 

防水・防塵にも対応しています。
性能は以下の通りです。

 

[IPX7]常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、電話機本体内部に浸水がなく、電話機としての性能を保ちます。

[IP5X]直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに電話機の機能を有し、かつ安全を維持することを意味します。

ワイモバイルHPより

 

ちょっとした雨や庭での土作業などくらいであれば、安心して使えます。

 

バッテリーは大容量の3,100mAh

バッテリーは3,100mAhとなっており、けっこう大きい容量です。

 

普通に使えば2日くらいは保つと思います。
少し充電し忘れたくらいなら大丈夫なので、安心です。

 

CPU性能もけっこう高い

CPU性能は、すごく良いというほどではありませんが、けっこう高いです。
AntutuというCPU性能をテストするアプリがあるので、テストをしてみました。

 

ついでに同じ価格帯のAndroid One S5もいっしょにテストをして比較します。

 

Libero S10

Libero S10のAntututスコア

Android One S5

Android One S5のAntutuスコア

 

Libero S10のスコアは89,149点となり、88,351点のAndroid One S5より少しだけ高いスコアでした。
だいたいこれくらいの性能だと、ミドルレンジ(中級)スマホの下位くらいの性能となります。

 

普段使いのスマホとしては十分な性能を持っているスマホです。

 

Libero S10の機種代金

Libero S10の機種代金は、定価23,760円(税込)です。

ただしワイモバイルオンラインストアから申し込むことで、さらに機種代の割引を受けることができます。

 

機種代割引

オンラインストアの申し込みなら機種代割引

 

ワイモバイルオンラインストアから申し込みをすると、以下の金額の割引をしてもらえます。

 

機種代の割引額
契約方法 機種の割引額(税込)
新規契約、他社から乗り換え

【スマホベーシックプランS】
9,360円

 

【スマホベーシックプランM/R】
15,840円

ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 0円
機種変更、PHSからの契約変更 7,200円

 

この割引金額を、Libero S10の機種代金から差し引いた金額が、実際に支払う機種代金となります。

 

割引を含めた実際の機種代金は、以下の通りになります。

 

割引を含めた実際の機種代金
契約方法 実際の機種代金(税込)
新規契約、他社から乗り換え 【スマホベーシックプランS】

11,520円

 

【スマホベーシックプランM/R】
7,920円

ソフトバンクからの乗り換え(番号移行) 23,760円
機種変更、PHSからの契約変更 16,560円

 

機種代金の支払いは、一括払いと分割払いを選べます。
分割払いは24回、36回のどちらかを選べます。

 

Libero S10の月額料金

月額料金

 

オンラインストアから申し込む場合、先ほど紹介した機種代金にスマホベーシックプランの基本料金を加えた金額が、実際に支払う月額料金となります。

 

ここでは、例としてLibero S10を3年間(36回払い)で契約した場合の月額料金(税込)を紹介します。

※2020年4月3日時点での金額となります

 

新規契約、または他社から乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,498円 3,268円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,498円 4,268円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 4,598円 5,368円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

ソフトバンクから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,838円 3,608円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,938円 4,708円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 5,038円 5,808円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

PHSから乗り換え
プラン 1ヶ月目 2~7ヶ月目 8~37ヶ月目
スマホベーシックプランS 2,948円(※1) 2,638円 3,408円
スマホベーシックプランM 4,048円(※1) 3,738円 4,508円
スマホベーシックプランR 5,148円(※1) 4,838円 5,608円

(※1)記載した金額の日割り料金になります

 

月額料金を計算する際のポイントは3つです。

 

料金計算のポイント3つ

  1. 初月のスマホベーシックプランの料金は日割り計算
  2. 端末代金の支払いは2ヶ月目から
  3. 新規割(770円オフ)は2~7ヶ月目のみ適用

 

ワイモバイルオンラインストアは2つあるので注意

機種代割引されてオトクなワイモバイルオンラインストアですが、実はオンラインストアは2つあります。


  • ソフトバンクが運営している「ソフトバンク運営のオンラインストア」
  • Yahooモバイルが運営している「Yahooモバイル内のオンラインストア」

2つのオンラインストアは、それぞれ違う限定キャンペーンを開催しています。



正直ややこしいのですが、申し込みをする時にどちらを選ぶかは重要です。
それぞれのオンラインストアで申し込むときに適用されるキャンペーンは、以下のような違いがあります。


オンラインストアで適用されるキャンペーン

キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否
ソフトバンク運営 Yahoo!モバイル
機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。
  • 新規契約:14,400円
  • 他社から乗り換え:14,400円
  • 契約変更(PHSから乗り換え):7,200円
  • 機種変更:7,200円

※ソフトバンクから乗り換えは対象外
※一部機種は割引額の増減あり

契約事務手数料 無料キャンペーン オンストアからの申し込みで、契約時に必要な事務手数料3,300円(税込)が無料になる。

×

ワイモバイル スマホご契約特典 毎月5日/11日/15日/22日/25日(5のつく日・ゾロ目の日)にスマホ購入すると、PayPayボーナスライトがもらえる

【新規契約、他社から乗り換え、ソフトバンクから乗り換え】
5,555円相当


【PHSからの契約変更、機種変更】
2,555円相当

×

ワイモバイル どこでももらえる特典 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y!mobileサービスの初期登録」を行うとPayPayボーナスライト3,000円相当もらえる


上記のようにキャンペーン内容が異なり、契約種別ごとに適用できるキャンペーンも異なります。


どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用して申し込むかはとても重要です。

 

契約種別ごとに最大限オトクになる方法を紹介

最大限オトクになる方法


さきほど説明した通り、どちらのオンラインストアで申し込みをするかはとても重要です。
初めてワイモバイルに乗り換えようと考えている方は、かなり悩むと思います。


実際、オンラインストアから申し込む際には下記5つの契約種別ごとに適用できるキャンペーンが違います。


  1. 新規契約
  2. 他社から乗り換え
  3. ソフトバンクから乗り換え
  4. PHSからの契約変更
  5. 機種変更

そこで、どちらのオンラインストアでどのキャンペーンを申し込めば最大限オトクになるか、5つの契約種別ごとにキャンペーンの組み合わせを紹介します。

 

新規契約、他社から乗り換え

新規契約、他社から乗り換えの場合は、Yahoo!モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。

 

機種代割引・ワイモバイルスマホご契約特典・ワイモバイル どこでももらえる特典の3つのキャンペーンが適用できます。

 

機種代割引(最大15,840円割引)+
ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay5,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)=
合計24,395円おトク

 

最大限オトクに申し込む手順はこちら

 

ソフトバンクから乗り換え

ソフトバンクから乗り換えの場合は、Yahoo!モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「ワイモバイルスマホご契約特典」・「ワイモバイル どこでももらえる特典」の2つのキャンペーンが適用できます。


ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay5,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)=
合計8,555円おトク


合計8,555円オトクに申し込む手順はこちら

 

PHSからの契約変更

PHSから乗り換えの場合は、Yahoo!モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「機種代割引」・「ワイモバイルスマホご契約特典」・「ワイモバイル どこでももらえる特典」・「PHSからの契約変更事務手数料無料プログラム」の4つのキャンペーンが適用できます。


機種代割引(7,200円割引)+
ワイモバイルスマホご契約特典(PayPay2,555円相当)+
ワイモバイル どこでももらえる特典(PayPay3,000円相当)+
PHSからの契約変更事務手数料無料プログラム(事務手数料3,300円無料)※
合計22,955円おトク


※PHSから乗り換えする場合、どちらのオンラインストアで乗り換えしても事務手数料は無料になる。


合計22,955円おトクに申し込む手順はこちら

 

機種変更

機種変更の場合は、ソフトバンク運営のオンラインストアからの申し込みがオススメです。


「機種代割引」・「事務手数料無料キャンペーン」の2つのキャンペーンが適用できます。


機種代割引(7,200円割引)+
事務手数料無料キャンペーン(事務手数料3,300円無料)
合計10,500円おトク


合計10,500円おトクに申し込む手順はこちら

 

5~18歳のお子様がいるご家庭は学割も適用できる

ワイモバ学割2019 親子どちらも1100円引きのお得なキャンペーン


5歳~18歳のお子様がいるご家庭は、ワイモバイル公式キャンペーンの「ワイモバ学割」も適用できます。


ワイモバ学割は、お子様・家族の両方のスマホベーシックプランM/Rの月額料金が1年間1,100円(税込)引きできる超オトクなキャンペーンです。


5歳~18歳のお子様がいるご家庭は対象になるので、条件に当てはまる場合は、ぜひワイモバ学割を検討してください。


 

同じ価格のスマホはAndroid One S5

Android One S5

Android One S5

 

ワイモバイルで同じ価格のスマホには、Android One S5があります。
Libero S10とほぼ同じCPU性能ですが、防水・防塵性能がより高く、耐衝撃にも備えている頑丈なスマホです。

 

国産スマホにこだわりがあったり、より頑丈なスマホが良いという方は、Android One S5を選んでも良いと思います。

 

 

まとめ

Libero S10は低価格でありながら、標準以上の性能に指紋認証・デュアルカメラを備えているスマホです。
主なおすすめポイントをまとめると、下記の5つになります。

 

おすすめポイント5つ

  1. デュアルカメラで画質もそこそこ
  2. 指紋認証が速い
  3. 防水・防塵対応
  4. 3,100mAhの大容量バッテリー
  5. 普段使いには十分な性能

 

低価格帯のスマホの中では、頭1つ抜けた性能を持っているのが、Libero S10です。
スマホも年々高性能化していくのを感じます。

 

月々の支払いを安くしたいけど、それなりのスマホが欲しい方にLibero S10はオススメです。

 

↑機種代割引+PayPayをオトクにもらえる↑

 

↑機種代割引+契約事務手数料3,300円無料↑