ワイモバイル2年後は乗り換えがお得?我が家の契約結果はこうなった

ワイモバイル2年後は乗り換えがお得?我が家の契約結果はこうなった

 

ワイモバイル(Y!mobile)では2年後ごとに契約更新月が来るので、2年経過した時が乗り換えなどの見直しをするチャンスです。

 

私と妻はワイモバイルを使って2年が経過したので、「乗り換え・機種変更、契約の継続」どのようにするかを検討しました。

 

結果としては、以下のようになりました。

 

私→UQモバイルへ乗り換え
妻→ワイモバイルを継続

 

この結論を出すために、どの方法がどのようにお得なのか、じっくりと比較・検討しました。せっかくなのでこのページでは、以下のようなことを紹介します。

 

  • 我が家ではどのようにしたか
  • 2年経過した時の3つの対応方法、それぞれのメリットとデメリット

 

ワイモバイルで2年経過した時にどうするかお悩みの方、2年経過前にどうするか考えておきたい方は、ぜひご覧ください。

 

【2019/10/4追記】
2019年10月1日(火)から2年縛りの無いベーシックプランが基本プランとなりました。
他社でも同じように2年縛りの無いプランが基本プランとなります。

 

それに伴い、新規契約・MNPによる端末の割引がかなり減りました。
2年ごとに乗り換えるメリットは減ったので、本記事は

 

私がUQモバイルへ乗り換えた理由

ワイモバイルからUQモバイルへ乗り換え

 

ワイモバイルで2年経過した後、私はUQモバイルへ乗り換えました。
私がUQモバイルへ乗り換えた理由は3つです。

 

  1. UQモバイルを試してみたかったから
  2. ワイモバイルと料金プランがほぼ同じだから乗り換えやすい
  3. 欲しいスマホ端末が安く購入できるから

 

一番大きな理由はワイモバイルと同じような料金プラン、サービス内容になっているので試してみたかったという点です。

 

かけ放題は5分に減ってしまいますが、同じ料金で1ヶ月に使えるデータ通信容量は同じです。

 

スマホ端末はHUAWEI P20 liteを購入しましたが、ワイモバイルで機種変更するより安く済みました。

 

やはり、料金を安くするという点では他社への乗り換えが一番安く済みます。
また2年後あたりにワイモバイルへ戻る予定です。

 

 

 

妻が契約継続した理由

2年後もワイモバイル継続

 

妻の場合は2年経過しても、ワイモバイルを継続しました。
契約を継続することにした理由は3つです。

 

  1. 通話は多めなので、10分かけ放題が良い
  2. 家族割引やおうち割が継続して適用できる
  3. iPhone 6sも安く用意できた

 

ワイモバイルほどデータ通信が安定していて、かつ10分かけ放題を使える事業者は他にありませんでした。

 

  • 他の格安スマホ⇒データ通信が安定しない
  • 3大キャリア⇒10分かけ放題が無い
  • UQモバイル⇒10分かけ放題が無い

 

妻は通話が多めなので、5分かけ放題では明らかに物足りないです。
(2019年10月1日から、UQモバイルに10分かけ放題が登場しました。)

 

変に3大キャリアやUQモバイルに乗り換えると高くつきます。

 

家族割引とおうち割り でんきセット(A)が適用できているので、使い方を考えるとワイモバイルが一番お得です。

 

ソフトバンクのiPhone 6sも格安で譲ってもらえたので、そのままワイモバイルの契約を継続しました。

 

2年経過した時におすすめの方法は3つ

我が家では上記のように対応しましたが、2年経過した時にどうするか、候補は3つ挙がりました。

 

  1. UQモバイルへ乗り換える
  2. ソフトバンクへ乗り換える
  3. 契約継続または機種変更

 

それぞれの方法にどんなメリット・デメリットがあるかを検討したので、それぞれの検討結果も紹介していきます。

 

UQモバイルへ乗り換える

正規代理店ならキャッシュバックも付いてくる

 

私もUQモバイルへ乗り換えることにしたのですが、UQモバイルへの乗り換えが一番メリットは大きいと思います。

 

なにより、同じようなプランで、かつほぼ同じ料金で使うことができる点がいいです。

 

端末購入をしつつ、安い月額料金でスマホを使い続けるのであれば、おすすめの乗り換え方法です。
UQモバイルのメリット・デメリットを考えてみましたが、メリットは5つ、デメリットは3つありました。

 

UQモバイル5つのメリット

UQモバイルへ乗り換える5つのメリットは以下の通りです。

 

  1. ワイモバイルとほぼ同じ料金で使える
  2. かけ放題・通話定額が用意されている
  3. データ通信速度も速い
  4. 家族割引が用意されている
  5. キャッシュバックキャンペーンもある

 

UQモバイルはワイモバイルに対抗したプランを用意しているだけあって、ワイモバイルとほぼ同じ料金で利用できます。
5分かけ放題または通話定額(60分/120分/180分いずれかの無料通話)も用意されているので、通話料金も安心です。

 

データ通信速度も速いので、他の格安SIMに乗り換えするより良いと思います。
ちなみに家族割引もありますし、正規代理店を利用すればキャッシュバックも貰えます。

 

ワイモバイルで満足している方であれば、UQモバイルは同じくらい満足して使える格安SIMだと思います。

 

UQモバイル3つのデメリット

UQモバイルへ乗り換える3つのデメリットは以下の通りです。

 

  1. メールアドレスは有料
  2. 店舗でのアフターサポートは無い
  3. 特典はワイモバイルより少ない

 

私としてはメールアドレスが有料になったのが一番ショックでした。
UQモバイルもキャリアメールを使えますが、月額200円です。

 

あとワイモバイルはYahooプレミアム会員が無料になるという大きな特典があります。
PayPayを使っている人は分かると思いますが、この特典は結構でかいです。

 

なにせキャンペーンでの還元額が10%とか変わってきたりするので。

 

2,030円の支払いで406円も返ってきた

Yahooプレミアム会員はキャンペーンで還元額アップする

 

私はPayPayユーザーなので、この特典もかなり大きく感じます。

 

 

ソフトバンクへ乗り換える

おとくケータイ.net

 

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。
そのためワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは、けっこう優遇されています。

 

ワイモバイルを1年以上使っていれば、以下2つの特典を貰うことができます。

 

  1. 契約解除料、番号移行手数料、新規契約事務手数料が無料
  2. 毎月の通信料を1,000円×24ヶ月割引

 

手数料が無料かつ月額1,000円引きになるので、ドコモ・auに乗り換えるよりもお得にしやすいです。
さらに代理店を経由して申し込めば、キャッシュバックも貰えます。
キャリアに乗り換えるのであれば、間違いなくソフトバンクだと思います。

 

なおソフトバンクへ乗り換えるメリットは3つ、デメリットは1つありました。

 

ソフトバンク3つのメリット

ソフトバンクへ乗り換える3つのメリットは以下の通りです。

 

  1. 各種手数料が無料・月額料金の割引特典を受けられる
  2. キャッシュバック付きで乗り換えできる
  3. 同じエリアで同じ電波を使える
  4. Yahooプレミアム会員が無料

 

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは優遇されていて、他キャリアへ乗り換えるよりもお得になりやすいです。
ワイモバイルを1年以上使っていれば、いつでも各種手数料が無料、かつ月額1,000円割引(24ヶ月)の特典を受けられます。

 

代理店などを利用すれば、キャッシュバック付きで乗り換えることも可能です。

 

同じエリアで同じ電波をそのまま利用できるので、ワイモバイルと同じように通話・データ通信も使えます。
またYahooプレミアム無料の特典が付いてくるので、PayPayユーザーには嬉しいです。

 

3大キャリアへお得に乗り換えたいのであれば、ソフトバンクへ乗り換えるのがおすすめです。

 

 

ソフトバンク1つのデメリット

ソフトバンクへ乗り換える1つのデメリットは以下の通りです。

 

  1. 月額料金は高くなる

 

やはり3大キャリアだけあって、ソフトバンクへ乗り換えた方が料金は高くなります。
ただしワイモバイルから乗り換えた場合は各種手数料が無料になりますし、月額料金1,000円の割引を貰えます。
さらにキャッシュバックを貰って乗り換えることもできます。

 

ドコモ・auへ乗り換えるより、ソフトバンクに乗り換えた方が良いと思います。

 

契約継続または機種変更

 

新しいスマホを自分で用意できた場合などは、契約継続または機種変更をしてワイモバイルを使い続けるのもアリだと思います。

 

実際に私の妻は、そのままワイモバイルをスマホプランSで契約し続けています。
割引サービスや料金プランに十分満足しているのであれば、そのまま継続するのもアリです。

 

契約継続または機種変更する場合、メリットは2つ・デメリットは1つありました。

 

契約継続または機種変更2つのメリット

契約継続または機種変更する2つのメリットは以下の通りです。

 

  1. 同じプラン、特典を利用し続けることができる
  2. 端末を新規購入しなければ料金は安いまま

 

簡単に言ってしまえば、現状維持できるということになります。

 

スマホプランSであれば、10分かけ放題付きで月額3,000円程度なので3大キャリアに比べると十分安いです。

 

家族割引やインターネット割引などもあるので、割引を適用していればさらに安い金額で維持できます。
SIMフリースマホも、2万円くらいで十分に高い性能の機種を購入できるので、そのような機種を自分で買ってもいいです。

 

ワイモバイルに満足しているのであれば、そのまま使い続けるのは悪くない選択だと思います。

 

変に他社へ乗り換えて、不満を感じるというのはリスクなので。

 

契約継続または機種変更1つのデメリット

契約継続または機種変更する1つのデメリットは以下の通りです。

 

  1. 端末購入をする場合、乗り換えよりも割高になることが多い

 

他社へ乗り換える大きなメリットは「端末を新規購入しても、安い月額料金利用できる」という点です。
やはりワイモバイルを継続利用すると、どうしても端末の新規購入は高くなってしまいます。

 

新しい機種が欲しい場合は、SIMフリースマホである程度高い性能を持った機種を安く購入するのがおすすめです。

 

まとめ

ワイモバイルを契約して2年経過した時には、ある程度スマホも古くなってくるので乗り換えを検討するチャンスです。

 

ワイモバイルでは家族割引やその他の割引も用意されているので、そのまま使いづづけるのもアリです。

 

Yahooプレミアム会員無料の特典は魅力的なので、それ目当てでワイモバイルを契約し続けている人も意外に多いです。

 

スマホを買い換えるなら、私のように他社へ乗り換えするのも良いと思います。

 

契約更新月は2ヶ月あるので、できればその間にどうするか検討しておきましょう。
ぜひ本ページを、その参考にしていただければと思います。