ワイモバイル(Y!mobile)のおすすめ料金プランはどれ?選び方まとめ

ワイモバイル(Y!mobile)のおすすめ料金プランはどれ?選び方まとめ

 

ワイモバイル(Y!mobile)のスマホには、使い方に合わせてプランが3つ用意されています。
初めてワイモバイルの契約を考えている方には、どのプランを選ぶべきか迷ってしまう方もいると思います。

 

そこで、今回はワイモバイルのプラン説明をしながら、使い方に合わせた料金プランの選び方を紹介していきたいと思います。

 

スマホベーシックプランS/M/Rのデータ通信容量と料金

ワイモバイルではスマホベーシックプランという基本プランが用意されています。
※ここではガラケー専用のケータイプランSS、タブレット用のデータプランについては省略します。

 

スマホベーシックプランは契約するデータ通信容量に合わせ、S/M/Rのいずれかを選ぶことができます。

 

いずれのプランも、国内通話が10分無料となります。

 

プラン データ通信容量 ※1 月額料金(税抜き) ※2
スマホベーシックプランS 4GB 1,980円
スマホベーシックプランM 12GB 2,980円
スマホベーシックプランR 17GB 3,980円

※1 データ増量キャンペーン2適用によるデータ通信容量
※2 ワンキュッパ割適用時の料金

 

どのくらいのデータ通信容量が必要かは、下記の目安を参考にしてください。

 

LINE、インターネットしか使わない

⇒スマホベーシックプランS

 

漫画、ゲームなどのアプリを頻繁に利用する

⇒スマホベーシックプランM

 

動画を見たりゲームをバリバリ使う

⇒スマホベーシックプランR

 

できれば、過去に自分が使っていたデータ通信容量をもとに考えるのが一番いいです。

 

タブレットを使う場合はシェアプランもおすすめ

 

もしタブレットを使うのであれば、「シェアプラン」を利用できます。

 

シェアプランはタブレット用のSIMカードを追加契約できるプランです。

 

スマホベーシックプランM/Lのみ契約可能で、スマホベーシックプランで契約しているデータ通信容量を、タブレットと分けて使うことができます。

 

家に余っているタブレットなどがある場合には、おすすめのプランです。

 

電話かけ放題にする場合はスーパーだれとでも定額オプション

 

スマホベーシックプランは国内通話が10分かけ放題になりますが、時間無制限かけ放題ではありません。

 

もし10分で物足りないという場合には、月額1,000円(税抜き)のスーパーだれとでも定額オプションに加入しましょう。

 

私の母は電話をたくさん利用するので、スーパーだれとでも定額オプションに加入しています。

 

ワイモバイルで注意したい点2つ

ワイモバイルでスマホベーシックプランを契約するときに、注意しておきたい点が2つあります。

 

機種代金は別になるので注意

スマホベーシックプランの月額料金と、機種代金は別です。

 

機種代金が高めのスマホを選ぶと、ワイモバイルを契約しても料金が高めになってしまいます。

 

ほどほどの料金になるよう、スマホの機種を選びましょう。
ワイモバイルにはお手頃価格で購入できる端末もいくつかありますので、それらの中から選んでも良いと思います。

 

 

データ通信容量の繰り越しが無い点には注意

ワイモバイルは安い料金でそれなりに大きいデータ通信容量を使えますが、データ通信容量の繰り越しはありません。

 

「今月はあまり使わないから来月に使おう」
というようなことができない点は、少し痛いところです。

 

ただし、パケットマイレージやEnjoyパックで追加のデータ通信容量をもらうことはできます。

 

 

ワイモバイルはスマホベーシックプランSかMがおすすめ

ワイモバイルを利用するならスマホベーシックプランSかMがおすすめです。

 

LINEやネットサーフィン程度であれば、1ヶ月に2GBを使えるスマホベーシックプランSで十分です。

 

漫画を見たり、ゲームをしたりとアプリを結構使う場合には、少し多く6GB使えるスマホベーシックプランMがいいです。

 

最近はスマホを使う人が増えてきているので、一番いいのはスマホベーシックプランMだと思います。

 

電車に乗ったり、会社の休憩室を見たりするとみんなスマホ触ってます。

 

 

なお、スマホベーシックプランの変更は後から可能ですが、容量の大きいプランに変更する場合は月額割引が少なくなる可能性があります。

 

どのくらいデータ通信容量を使うのか、最初から見越してスマホベーシックプランを選んでおきましょう。