ワイモバイル(Y!mobile)のシェアプランでタブレットの料金を節約!

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)にはシェアプランというプランが存在しています。

 

シェアプランはスマホとタブレットでデータ通信容量を分け合いたいという方などにおすすめのプランです。

 

タブレット用のSIMカード契約を考えている方は、ぜひご覧ください。

 

 

シェアプランとは

 

 

ワイモバイルでスマホプランS/M/Lのいずれかに加入している場合、別のスマホやタブレットとデータ通信容量を分け合うことができるプランです。

 

スマホプランS/M/Lのいずれかに加入している親回線1台に対し、最大3台分の子回線の契約ができます。

 

子回線にはUSIMカードというSIMカードを使います。
(SIMフリー端末であれば問題なくUSIMカードは使えますが、

 

 

シェアプランの料金

 

シェアプランの料金は、親回線の料金に加えて子回線の料金がかかります。

 

料金表は以下の通りです。

 

親回線プラン

基本使用料

(3回線まで)

通信速度低速化までの通信量

データ通信容量

の追加料金

加入月

加入翌月以降

(親回線との合算)

スマホプランS 

980円

 3GB

 

1GB

500円/500MB

スマホプランM

 

490円(*)

3GB

スマホプランL

0円(*)

7GB

 

子回線1台ごとに980円(税抜き)の金額がかかります。

 

しかし、シェアプランを契約する場合には、「シェアプランセット割」という割引を適用させることができます。

 

上記の表では「シェアプランセット割」適用時の金額です。

 

割引を適用すると、親回線で7GBのプランを契約している場合、嬉しいことに子回線はお金が一切かかりません!!
※「シェアプランセット割」がなくなった場合は上記と金額が変わってくるのでご注意ください。

 

あと、注意する点は以下の通りです。

  • 加入翌月以降、親回線と共用する当月ご利用のデータ通信量が速度制限の基準に達した場合、当月末まで通信速度を低速化します。通常速度に戻すには、追加料金(500円/500MB)が必要です。親回線から通常速度に戻す申込みが可能です。
  • 子回線にユニバーサルサービス料はかかりません。
  • 親回線と同時加入でない場合、USIMカードを追加するごとに契約事務手数料が別途かかります。

 

データ通信量にさえ気を付ければ、シェアプランはかなりオトクに使えるプランです。

 

タブレットを安く使いたい方に、シェアプランはおすすめです!!

 

 

シェアプランはデータSIM専用のプラン

 

シェアプランはデータ通信専用の料金プランとなっており、音声通話は利用できません。

 

音声通話を使うことを前提とする場合は、スマホプランの契約を考えてください。

 

シェアプランはタブレット用のお得なプランとして考えた方がいいです。

 

 

家族で安くするなら家族割引サービスがおすすめ

 

ワイモバイルには、家族でスマホを契約すると月額料金を500円(税抜き)割り引いてもらえる家族割引サービスもあります。

 

タブレットを使う場合などには、シェアプランがおすすめです。

 

どういった使い方をするかじっくり考えて、お得になるプラン・サービスをご利用ください。