ワイモバイルの解約方法や違約金・注意事項についての説明

 

 

ワイモバイル(Y!Mobile)を使っていて、

 

  • 他の業者のスマホを使いたい
  • キャンペーンで乗り換えしたい
  • サービスや現在使っている端末に不満がある

 

などといったときに、どうしても辞めたくなった場合は解約をすることになると思います。

 

このページでは、ワイモバイルの解約方法や解約時の注意事項についての説明をしていきたいと思います。

 

 

契約更新月以外での解約は違約金9,500円(税抜き)が必要

 

ワイモバイルは3大キャリアと同じように2年縛りをしているので、契約から2年以内の解約の場合は違約金9,500円(税抜き)が発生します。

 

2年が経過して「契約更新月」となっていれば、違約金がかかることなく解約できます。

 

また、端末の分割代金が残っている場合などは、そちらの残りの金額も支払うことになるので注意してください。

 

ソフトバンクへの乗り換えの場合はキャンペーン利用で違約金不要になる

 

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えについては、「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」というお得なキャンペーンが用意されています。

 

ワイモバイルを1年以上利用している場合は、違約金(契約解除料)、番号以降手数料、新規契約事務手数料が無料になるうえ、月額料金が月々1,000円引きとなります。

 

特典全てを適用すると、最大で39,500円(税抜き)が割引されるという超お得なキャンペーンです。
ソフトバンクからユーザーを逃がさないため、かなり優遇されているので、違約金が発生する方はこのキャンペーンを利用して乗り換えをするのもアリだと思います。

 

 

ワイモバイルの解約方法は3つ

 

ワイモバイルの解約方法は3つあります。

 

  1. MNPによる乗り換えをする
  2. ワイモバイルの店舗に直接行って解約する
  3. ワイモバイル カスタマーセンターに連絡をする

 

MNPによる乗り換えで解約する場合

 

一番多い解約パターンが、MNPによる乗り換えだと思います。
MNPによる乗り換えを行った場合は、解約の手続きは不要です。

 

乗り換え先の事業者にて回線が開通したタイミングで解約されるようになっていて、自動解約となります。

 

店舗で解約する場合

 

ショップへ行くときに必要な以下のものを持って、店舗へ行けば解約できます。

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 電話機/データ通信カード
  • USIM

 

最寄りの店舗を探す場合は、ショップ検索ページから探してください。

 

カスタマーセンターへ連絡して解約する場合

 

カスタマーセンターへ連絡した場合は、後ほど解約申請書を郵送してくれるので、それに必要事項を記入して返送します。

 

解約申請書がカスタマーセンターに届いてから、ワイモバイルにて解約手続きが完了した日が解約日となります。
(実際、どのくらい手続きに時間がかかるか不明ですが、2,3日もかかるものではないと思われます)

 

 

解約後の料金請求について

 

基本料金は、月末までの請求もしくは日割りでの請求となります。
月額料金のサービスは端末がご利用できなくなった前日までの日割り計算で請求となるそうです。

 

オプション料金については、月単位での請求となる場合があります。

 

 

解約後の主な注意事項3つ

 

ワイモバイルを解約した時に、主な注意事項が3つほどあります。

 

  • 解約手続き完了のお知らせは行われていない
  • メールアドレスが利用できなくなる
  • My Y!mobileは、解約後90日間は閲覧のみ可能

 

 

ワイモバイル解約の確認方法

 

解約できたかどうかは、ワイモバイル カスタマーセンターで確認できます。

 

音声自動応答にて確認する場合は、音声ガイダンスにしたがって以下の番号を選択してください。
[2]契約内容の照会・変更
→[3]解約
→[3]解約完了確認

 

 

まとめ

 

ワイモバイルを解約するときには、契約更新月に解約をしないと違約金などが余分に発生してしまいます。
これに関しては、MNPによる乗り換えでも、普通に解約する場合も一緒です。

 

契約更新月をしっかりと確認して解約時期を決めましょう。