ワイモバイルスマホ(iPhone)のテザリングの使い方・設定手順を解説

ワイモバイルスマホ(iPhone)のテザリングの使い方・設定手順

 

ワイモバイル(Y!mobile)では、iPhoneのテザリングオプションの利用料金は無料となっています。

 

申し込みは不要なので、ワイモバイルを契約すればそのままテザリングを利用できます。
このページではテザリングについての紹介と、テザリングの設定方法を紹介していきます。

 

 

ワイモバイルのテザリングオプションについて

ワイモバイルでは、下記いずれかのプランを契約していればテザリングオプションを利用できます。

 

テザリングが利用できるプラン
  • スマホプラン
  • データプラン
  • シェアプラン
  • ケータイプランSS

 

申し込みは不要、利用料金は不要です。

 

ただし、契約しているスマホの高速データ通信容量を利用するので、使い過ぎには注意が必要です。

 

iPhoneで利用できる3つのテザリング

iPhoneでは3つのテザリングを利用できます。

 

  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • USB

 

それぞれ、親機(インターネットの中継をする側)・子機(インターネットを利用する側)の設定が必要になります。
テザリングというと、一般的にはWi-Fiテザリングのことを指しますが、それ以外にもBluetooth、USBによるテザリングもあります。

 

ここでは実際にiPhone 5sを使って、3つのテザリング設定手順を詳しく紹介していきます。

 

Wi-Fiテザリングの設定手順

親機の設定手順

Wi-Fiテザリングの設定手順は、親機・子機どちらも設定が必要です。

 

1.「設定」の「インターネット共有」を選ぶ

 

2.インターネット共有をONにして、「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選ぶ

インターネット共有画面に表示されているパスワードは、子機で入力する

 

以上で親機(iPhone側)の設定は完了です。
次に子機の設定をします。

 

子機の設定手順

1.「設定」の「Wi-Fi設定」を選ぶ

 

2.表示されたiPhoneを選んで、パスワードを入力する

 

 

なお、入力するパスワードはiPhoneの「インターネット共有」画面下部に表示されています。
テザリングが成功すると、親機(iPhone)の画面に接続台数が表示されます。

 


画面上部に接続台数が表示される

 

Bluetoothテザリングの設定手順

Bluetoothテザリングの設定手順は、親機・子機どちらも設定が必要です。

 

親機の設定手順

親機の設定はWi-Fiと全く同じ手順になります。

 

1.「設定」の「インターネット共有」を選ぶ

 

2.インターネット共有をONにして、「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選ぶ

 

 

以上で親機(iPhone側)の設定は完了です。
次に子機の設定をします。

 

子機の設定手順

子機側の設定は下記のようになります。
なお、最後に親機(iPhone)側でもペアリングという設定を行います。

 

1.「設定」の「Wi-Fi設定」を選ぶ

 

2.表示されたiPhoneを選んで、ペアリングを設定する

 

ペアリングの設定については、親機(iPhone)側にも表示されます。
同じように、親機もペアリング設定をします。

 

 

3.親機(iPhone)もペアリングを設定する

 

 

テザリングが成功すると、親機(iPhone)の画面に接続台数が表示されます。

 

 

USBテザリングの設定手順

USBテザリングはパソコン専用(だと思う)のテザリング方法です。

 

まず、iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続しておきます。
その後は、Wi-Fi/Bluetoothテザリングと同じようにインターネット共有するだけです。

 

親機を設定するだけで、子機は設定が不要です。
※ただし、パソコン側で接続設定が必要になっている場合などには、別途設定が必要です。

 

1.インターネット共有をONにして、「USBのみ」を選ぶ

なお、「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選んでもUSBテザリング可能です

 

 

なお、パソコンなどで初めてUSBテザリングを行う場合、
ドライバのインストールなどが必要な場合があります。

 

その場合、テザリングが使えるまでに多少時間がかかる場合があるのでご注意ください。

 

頻繁に使うならモバイルWi-Fiルーターがオススメ

テザリングは電池消費も多くなり、スマホで契約している高速データ通信容量も消費します。

 

頻繁に使う場合には、モバイルWi-Fiルーターを契約した方がよいです。

 

【初心者向け】おすすめのモバイルWiFiルーターの選び方

 

 

モバイルWi-Fiルーターは3日間で10GBなどの利用制限はありますが、大容量の高速データ通信を前提としています。

 

動画などを頻繁に見たりして「データ通信容量が足りない」というような場合には、モバイルWi-Fiルーターの契約も検討してみてください。

 

まとめ

ワイモバイルのテザリングオプションは申し込み不要、利用料も不要です。

 

3大キャリアはオプションの申し込みが必要であったり、利用料が有料だったりします。
(最初の2年は無料となりますが)

 

ワイモバイルのテザリングオプションは使い勝手が良いので、ぜひご利用ください。