ワイモバイルのAPN設定方法(Android・iPhone)を詳しく解説


 

ワイモバイルでSIMカードのみを契約した場合、APN設定というネットワークの設定が必要です。

 

APN設定をすることで、インターネットに接続することができるようになります。

 

ここではAndroidスマホ、iPhoneそれぞれのAPN設定方法について詳しく解説していきます。

 

 

AndroidスマホのAPN設定

 

Androidの場合、スマホの機種ごとに細かい点が異なる場合があります。
しかし、設定の流れはどのAndroidスマホもほとんど同じなので、本記事を参考にしてください。

 

ここではワイモバイル製のAndroidスマホ「AQUOS Crystal 403SH」を使って解説していきます。

 

1. 「設定」アプリを立ち上げる

 

 

2. 「その他」⇒「その他の設定」を選択

 

 

3. 「ネットワーク設定」を選択

 

 

4. 「モバイルネットワーク」を選択

 

 

5. 「アクセスポイント名」を選択

 

 

6. 「+」を選択して、アクセスポイントの編集を行う

 

 

7. アクセスポイントおよびMMSを設定する

 

アクセスポイントおよびMMSを、以下の表の通りに設定します。

 

APN(アクセスポイント)設定

APN plus.acs.jp
ユーザー名 ym
パスワード ym
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP

 

MMS設定

MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080

 

 

 

8. 「:」を選択し、「保存」を選択

 

 

9. 保存したAPN設定を選択

 

 

以上で設定は終了です。

 

iPhoneのAPN設定

 

iPhoneのAPN設定は簡単です。
「APN構成プロファイル」というファイルをインストールするだけです。

 

このAPN構成プロファイルに、Androidスマホで設定したような情報が入っているので、iPhoneではAndroidスマホのように細かい設定は必要ありません。

 

iPhone 5s,/SE/6sなどの機種による違いもなく、iPhone全機種で共通の流れとなります。

 

インストールの流れは、以下の手順で行っていきます。

 

1. Wi-Fi経由にて、SafariでAPN構成プロファイルをダウンロードする

 

インターネットから、「APN構成ファイル」というファイルをダウンロードします。
Wi-FiをONにして、下記URLからファイルをダウンロードしてください。

 

ワイモバイルAPN設定用の構成プロファイル

 

2. APN構成プロファイルをインストールする

 

iPhoneからアクセスすると、下記のようなプロファイルのインストール画面になります。
右上の「インストール」をタップしてください。

 

 

 

警告画面になりますが、もう一度「インストール」をタップします。

 

 

 

そのまま、インストールを完了すればAPN設定は完了です。

 

 

ワイモバイルを契約した場合は他にも初期設定が必要

 

ワイモバイルを契約した場合、APN設定以外にも初期設定が必要です。

 

 

どれも重要なので、必ず設定しておきましょう。

 

 

まとめ

 

APN設定と聞くと難しいイメージがありますが、見ての通り簡単です。
iPhoneに至っては、ファイルをインストールするだけでAPN設定が完了します。

 

ワイモバイルでSIMカードのみ契約する場合、APN設定は必須の設定になります。
スマホ購入不要!?Y!mobileはSIMカードのみの契約も可能

 

 

SIMカード設定を行うのであれば、ぜひ本記事を参考にしてください。