ワイモバイル「DIGNOケータイ2 702KC」のスペック・評価レビュー

 

ワイモバイル「DIGNOケータイ2 702KC」のスペック・評価レビュー

 

ワイモバイル(Y!mobile)で現在販売されているガラケー(ガラホ)の1つが、DIGNOケータイ2 702KCです。

 

今回はDIGNOケータイ2 702KCをゲットしたので、スペックや評価のレビューをしていきたいと思います。

 

 

DIGNOケータイ2 702KCの外観

 

DIGNOケータイ2 702KCの外観を見ていきましょう。

 

DIGNOケータイ2 702KCの正面

 

折り畳み時の正面画面には、でかでかと時刻が表示されます。
とても見やすいです。

 

背面にはKYOCERAの文字が刻印されています。

 

DIGNOケータイ2 702KCの背面

 

端末を広げるとかなり縦長になります。
手に持った感じは、昔ながらのガラケーという感じです。

 

DIGNOケータイ2 702KCを持ってみた

 

ガラケーの中でも、できるだけ大きい画面・大きい文字が良いという方には向いていると思います。

 

 

DIGNOケータイ2 702KCのスペック

 

まずはDIGNOケータイ2 702KCのスペックについて紹介します。

 

DIGNOケータイ2 702KCのスペック

サイズ 横幅:51mm

高さ:113mm
厚み:17.1mm

重さ 約137g
連続通話時間 [FDD-LTE]約640分

[3G]約910分
[GSM]約410分

連続待受時間< [FDD-LTE]約600時間

[3G]約740時間
[GSM]約650時間

バッテリー容量 1,700mAh
充電時間 約140分
CPU MSM8909(クアッドコア)1.1GHz
ROM/RAM容量 8GB / 1GB
対応外部メモリ / 最大容量 microSDHC / 最大32GB
カメラ有効画素数 約800万画素
ディスプレイサイズ 3.4インチ
表示方式 TFT
解像度 854×480ドット
Wi-Fiテザリング機能 最大接続数:10台
Bluetooth
赤外線通信
ワンセグ
防水 IPX5/IPX7
防塵 IP5X
国際ローミング
VoLTE(HD+)/VoLTE/HD Voice(3G) − / ● / ●

 

大容量バッテリーで長持ち、VoLTEで通話も問題なし。
赤外線も対応でデータ移行もバッチリ。

 

Wi-Fi、Bluetoothも使えてデータ通信も安心。
ワンセグも標準装備している、文句なしの端末です。

 

なお、付属品として卓上ホルダが付いてくるので、自宅で充電しやすいです。

 

卓上ホルダ付き

 

 

DIGNOケータイ2 702KCのおすすめポイント8つ

 

DIGNOケータイ2 702KCの中でおすすめのポイントが8つあります。

 

  1. 防水・防塵・耐衝撃で頑丈
  2. 電池持ちも良い
  3. キーも押しやすい
  4. VoLTE対応で音質もバッチリ
  5. Wi-Fi、テザリング対応
  6. 赤外線も対応
  7. 卓上ホルダで充電できる
  8. LINEが使える

 

防水・防塵・耐衝撃で頑丈

 

DIGNOケータイ2 702KCは防水・防塵対応

防水・防塵にも対応

DIGNOケータイ2 702KCは耐衝撃構造

耐衝撃構造となっている

 

IPX5/IPX7の防水対応、IP5Xの防塵対応となっているため、とても壊れにくいです。

 

また、耐衝撃となっているので、落下などの衝撃にも強いです。
十分な頑丈さを持っているガラケーです。

 

電池持ちも良い

 

1700mAhのバッテリーを持っています。
スマホと比べると若干少ない容量に見えますが、ガラケーには十分すぎる容量です。

 

普通に電話とか使っていると3日くらい、あまり使わなければ1週間くらい充電しなくても大丈夫です。

 

キーも押しやすい

 

キーも押しやすい構造になっています。
キーが丸みを帯びて出っ張っている構造になっているので、指をあてた時にすんなり押せます。

 

DIGNOケータイ2 702KCはキーも押しやすい

キーが丸みを帯びているかつ出っ張ってる

 

ボタン連打をするガラケーでは重要な部分だと思います。

 

VoLTE対応で音質もバッチリ

 

DIGNOケータイ2 702KCはVoLTE対応

通話はVoLTE対応

DIGNOケータイ2 702KCは音質調整もできる

2段階の音質調整も可能

 

VoLTEに対応をしているので、ワイモバイル・ソフトバンク同士でのVoLTE対応端末との通話はバッチリです。

 

さらに音質も「おだやか」、「くっきり」の2段階調整をすることができるので、通話重視の方にもおすすめです。

 

Wi-Fi、テザリング対応

 

Wi-Fiでデータ通信ができるので、ケータイプランSS+ベーシックパックでの契約を考えている人も安心です。

 

DIGNOケータイ2 702KCはWi-Fiも使える

 

さらにテザリング機能も付いているので、もしスマホプランで契約するのであれば、ルータ代わりにも使用可能です。

 

 

赤外線も対応

 

DIGNOケータイ2 702KCは赤外線対応

 

赤外線機能に対応しています。
ガラケーからの電話帳移行は赤外線で対応できます。

 

卓上ホルダで充電できる

 

DIGNOケータイ2 702KCを充電

 

現在、ワイモバイルで販売されているガラケー機種の中では、唯一卓上ホルダが付いているタイプです。

 

「ガラケーの充電は卓上ホルダじゃないといかん!」
という人も安心です。

 

LINEが使える

 

LINEも使えます。

 

DIGNOケータイ2 702KCはLINEも使える

 

基本的には上下左右キーでの移動でポチポチ押して移動していくのですが、思っていたより使い勝手もいいです。
もちろんスタンプも使えます。

 

一応ポインタ機能もあるので、カーソル移動もできます。
ですが、切り替えが大変なので上下左右キーでの移動前提で使った方がいいです。

 

基本が上下左右キーでの移動なので、以下のようにバリバリLINEを使う人だと少し大変かもしれません。

 

  • ニュースを見る
  • タイムライン投稿する
  • 写真を添付する

 

利用目的が家族や知人とLINEする程度なら、普通に使えるレベルだと考えてもらえばいいと思います。

 

なお、ワイモバイルでLINEを使えるガラケーには、もう一機種「AQUOSケータイ2 602SH」があります。

 

 

 

DIGNOケータイ2 702KCで気になる2つの点

 

ワイモバイルのガラケーを何台か使っているので、それらと比較しての注意点となっています。
使い始めればあまり気にする必要もない気はしますが、気になる点2つを書いておきます。

 

両手で開く必要がある

 

画面を開くためのプッシュボタンが無いため、自分の手でパカッと開かないといけません。

 

端末の開き具合は柔らかいのでスムーズに開けることはできますが、両手を使わないといけません。
片手はキツイです。

 

片手だと開くのがキツイ

片手だと開くのがキツイ

 

AQUOSケータイ2 602SHはプッシュボタンで片手操作できるので、便利です。
その分、端末の開き具合は少し固めになっています。

 

ここら辺は好みが分かれるかもしれません。

 

Wi-Fi ON/OFFのショートカットキーが無い

 

意外に使い勝手が悪く感じたのは、Wi-FiをON/OFFするショートカットキーが無かった点です。

 

BluetoothのON/OFFはあるのに。。。
個人的には付けて欲しかったです。

 

DIGNOケータイ2 702KCの料金

 

ケータイプランSS+ベーシックパックで新規契約、または他社から乗り換えの場合の料金は以下のようになります。

 

DIGNOケータイ2 702KCの料金

 

頭金は540円(税込)、月額料金は1,540円(税込)です。

 

国内通話無制限かけ放題の「スーパーだれとでも定額」オプションを付ける場合は、さらに1,080円(税込)が必要となります。

 

 

まとめ

 

ワイモバイルのDIGNOケータイ2 702KCは、主に次のような特徴を持っているガラケー(ガラホ)です。

 

6つの主な特徴

  1. 大きめサイズだが使いやすい
  2. 通話音声はキレイ
  3. キーも押しやすい
  4. Wi-Fi、赤外線対応
  5. 防水・防塵・耐衝撃対応で安心
  6. 卓上ホルダ付き

 

頑丈な作りになっていて、かつ使い勝手も良いので、長期間の運用に耐えられる機種であることは間違いないです。

 

何年も使っていくことを前提にするのであれば、DIGNOケータイ2 702KCはおすすめの機種です。