【比較】一般ユーザーはUQモバイルよりワイモバイルがおすすめなワケ

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)とUQモバイルというと、
格安SIMの中でも大手キャリアに近いサービスとしてよく知られています。

 

似たようなプランを展開しているので、どちらがいいのかを迷う方も多いハズ。

 

しかし、あえてここで言ってしまうと、
「一般ユーザーにはワイモバイルの方がおすすめ」
です。

 

このページでは、プランやサービス・特徴などの比較をして、なぜワイモバイルがおすすめなのかを解説していきます。

 

 

 

 

ワイモバイル・UQモバイルそれぞれに向き・不向きはある

 

私はワイモバイルとUQモバイルでは、ワイモバイルをお勧めしていますが、
UQモバイルに向いている人も間違いなくいます。

 

最初に、それぞれに向いている人はこんな感じの人であるという比較結果を紹介したいと思います。

 

 

ワイモバイルに向いている人はこんな人

 

 

下記のどれかに当てはまる人は、ワイモバイルが向いています。

 

  • 通話が5分かけ放題だと物足りない人
  • Yahooプレミアム会員費を無料にしたい人
  • 実店舗でアフターサポートを利用したい人
  • 既にソフトバンク光などを使っている人
  • キャリアのメールアドレスが使いたい人

 

私の場合は、ワイモバイル推しです。
通話を重視していますし、店舗でのアフターサポートを利用できるのが魅力的だと思ってます。

 

オプション1,000円を足すことで完全かけ放題にできるのもさらにグレイトです。
実際に私の実家の母は、完全カケホにしております。

 

 

データ通信容量の繰り越しはありませんが、
「データ通信そんな使わないから、他のところ充実させてほしい」
という目的とバッチリ合っているので、我が家ではワイモバイルを使ってます。

 

 

あと、何気にメールアドレスがキャリアとして認識されるのもポイント高いです。
(UQモバイルもキャリアのメールアドレスとして認識されますが、有料で200円なのが痛い)

 

公式サイト⇒ワイモバイル

 

 

UQモバイルに向いている人はこんな人

 

 

下記の全部に当てはまる人は、UQモバイルが向いていると思います。

 

  • データ通信重視の人
  • 通話が5分かけ放題でも良い(場合によっては無しでもOK)人
  • 実店舗のアフターサポート無しで良い人

 

ざっくり言ってしまうと、UQモバイルはデータ通信重視の人向けです。
ワイモバイルとUQモバイルはキャリアのサブブランドと言われているだけあり、データ通信速度は同じくらい速いです。
(ただし、UQモバイルはKDDIのグループ会社であるという点で、少し違いがあります)

 

しかし、店舗でのアフターサポートは受けられませんし、
通話もワイモバイルに比べると手薄なサービスになっています。

 

ただし、かけ放題をなくしたりすることも逆にできるので、
通話を重視していない人には魅力的になってくると思います。

 

公式サイト⇒UQモバイル

 

 

プランの比較

 

それでは、具体的にワイモバイルとUQモバイルの比較をしていきます。
まずはそれぞれのプランを紹介します。

 

ワイモバイルのプランの特徴

 

ワイモバイルはスマホプランの1種類です。
1ヶ月に使うデータ通信容量によって3つのプランから選ぶことができます。

 

プラン 月額料金(※1) 月間データ容量(※2) 通話 契約期間
スマホプランS 1.980円 1GB

国内通話10分かけ放題
※10分超過以降は20円/30秒

2年
スマホプランM 2,980円 3GB
スマホプランL 4.980円 7GB

(*1)2年目以降はワンキュッパ割非適用により、+1,000円
(*2)データ容量2倍オプション無料キャンペーン適用により2年間はデータ容量2倍

 

 

通話に関しては、10分かけ放題が付いています。
+1,000円で「スーパーだれとでも定額」オプションを付けると、時間無制限の国内通話かけ放題となりまます。

 

データ通信についての注意点は、余った容量の繰り越しが無いという点です。

 

UQモバイルのプランの特徴

 

UQモバイルはワイモバイルに比べてプランが多いです。
音声通話ができるプランとしては、おしゃべりプラン、ぴったりプラン、データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プランの4つから選べます。

 

プラン 月額料金 月間データ容量 通話 契約期間
ぴったりプランS 1.980円(※1) 1GB(※2)

国内通話5分かけ放題
※5分超過以降は20円/30秒

2年
ぴったりプランM 2,980円(※1) 3GB(※2)
ぴったりプランL 4.980円(※1) 7GB(※2)
おしゃべりプランS 1.980円(※1) 1GB(※2)
おしゃべりプランM 2,980円(※1) 3GB(※2)
おしゃべりプランL 4.980円(※1) 7GB(※2)
データ高速+音声通話プラン 1.680円 3GB 20円/30秒 1年
データ無制限+音声通話プラン 2,680円 月間データ容量無制限で送受信最大500kbps 20円/30秒 1年

(*1)2年目以降はイチキュッパ割非適用により、+1,000円
(*2)2年間はデータ容量2倍

 

ワイモバイルのスマホプランと同等となる「おしゃべりプラン」のかけ放題は、5分となっていて、この点に関しては少し劣っています。

 

しかし、UQモバイルはいずれのプランでも翌月へのデータ通信容量の繰り越しができるというメリットがあります。

 

かけ放題が不要な場合は、「データ高速+音声通話プラン」などを選んでも良いので、その点は自由度が高いと思います。

 

 

ワイモバイルが優れているポイント

 

プランの比較をしたところで、次にそれぞれが優れているポイントを挙げていきます。
まずはワイモバイルの優れているポイントです。

 

通話サービスが強い

 

ワイモバイルのプランで一番強いと思う点がここです。

 

  • 基本プランに10分かけ放題が付いている
  • +1,000円で無制限かけ放題にできる

 

私が昔ドコモを使っていた時は、5分だと短いと感じていたので、
ワイモバイルの10分かけ放題はとっても魅力的です。

 

UQモバイルは5分かけ放題までしかないので、通話では一歩劣ってしまいます。

 

実店舗が日本全国にある

 

ワイモバイルは日本全国にアフターサポートをしてくれる店舗があります。
さすがに3大キャリアほどの数はありませんが、十分な店舗数となっています。

 

UQモバイルには実店舗がないので、
アフターサポート重視の人はワイモバイルとなります。

 

Yahooサービスとの連携がある

 

この点はワイモバイルならではですが、Yahooサービスとの連携による
お得なサービスがいくつかあります。

 

一番大きいのはYahooプレミアム会員が無料になることです。

 

ヤフオク出品のためにYahooプレミアム会員になっている人も多いと思いますが、
スマホをワイモバイルにすれば月額会員費462円(税込)が無料になるのでお得です。

 

データ通信速度は一番安定している

 

ワイモバイルは格安SIMの中でも、一番データ通信速度が安定しています。
ソフトバンクの回線をそのまま使っているからです。

 

UQモバイルも格安SIMの中では断トツに速いと言われていますが、
あくまでMVNOなので、自社回線を使っているわけではありません。

 

今でもひいきをしていると言われているので、今後何らかの要因で
通信速度が遅くなる可能性はあります。

 

 

ワイモバイルはキャリアなので、そのような心配が無いという点でも安心です。

 

キャリアとしてのメールアドレスが無料で使える

 

ワイモバイルとUQモバイルの2つだけは、格安SIMの中でも
キャリアのメールアドレスが使えます。

 

キャリアのメールアドレスなので、大手キャリアなどの迷惑メールフィルタに
引っかからないです。

 

 

ワイモバイルはメールアドレス(@ymobile.ne.jp)を無料で貰えます。
UQモバイルのメールアドレス(@uqmobile.jp)は+200円のオプションとなってしまうのが残念なところです。

 

 

UQモバイルが優れているポイント

 

次にUQモバイルが優れているポイントを紹介していきます。

 

データ通信容量の繰り越しがある

 

UQモバイルはどのプランを選んでも、データ通信容量の繰り越しがあります。
余った容量の繰り越しはできれば欲しいところ。

 

ワイモバイルは残念ながらありません。

 

データ通信に関する点は、UQモバイルのサービスの方がしっかりとしています。

 

データを使い切った後も低速通信が300kbps

 

UQモバイルはデータ通信容量を使い切った後の速度も速いです。
おしゃべりプラン/ぴったりプランは、最大300kbpsの低速通信が利用できます。

 

[プランごとの低速通信速度]

プラン 低速時の通信速度
おしゃべりプランS/M/L 300kbps
ぴったりプランS/M/L
データ高速+音声通話プラン 200kbps
データ無制限+音声通話プラン 常時、送受信最大500kbps

 

ワイモバイルは最大128kbpsなので、けっこう差があります。

 

プランの自由度が高い

 

「通話をほとんどしない」という方にはかけ放題自体が不要だと思います。
UQモバイルは4種類の通話プランから、自分に合ったプランを選べます。

 

かけ放題が不要であれば、かけ放題無しのプランを選べます。

 

 

【比較結果】一般ユーザーはワイモバイルだと思う

 

それぞれに良い点があるのですが、一般ユーザーにおすすめなのはワイモバイルです。

 

  • 10分かけ放題が付いている
  • アフターサポートしてくれる店舗がある
  • メールアドレスが無料
  • キャリアとしての信頼性がある

 

 

データ通信容量の繰り越しが無い点は痛いところですが、それ以外は十分です。
当月の使い過ぎに注意をすれば、問題ありません。

 

アフターサポートが無いと不安な人も多いと思います。

 

格安SIMの料金で、キャリア並みのサービスを受けられるのはワイモバイルだけです。
安い料金で安心してスマホを使うのであれば、ワイモバイルをおすすめします。