ワイモバイル(Y!mobile)の評判は悪い?不満に感じる人はこんな人

 

 

我が家のスマホはワイモバイル(Y!mobile)を契約しています。

 

特に不満なく利用できているのですが、インターネットでワイモバイルについて調べると不満がある方もいるようです。

 

どのような点が不満なのか、少し調べてみました。

 

「ワイモバイルって本当はどうなの?」と気になる方はぜひご覧ください。

 

 

モバイルWi-Fiルーターへの不満

 

ワイモバイルが過去に一番不評となっているのが、モバイルWi-Fiルーターです。

 

モバイルWi-Fiルーターにはスマホと同じように、高速データ通信容量の上限が設定されているのですが、それが上限なしで使えるキャンペーンを実施していました。

 

しかし、実際に契約するとすぐに「3日間で1GB」の上限が設定され、すさまじい非難を受けていました。

 

未だにこのときの話が不満として残っているようです。

 

 

今では、特にワイモバイルスマホの契約者には関係のない話です。

 

 

タブレット契約に対する不満

 

店舗でスマホを契約すると、だいたいタブレットをオプション品として勧められます。

 

「1,000円から使えるよ」という感じで勧められるので契約してしまう方も割と多いのですが、タブレットはスマホと違って3年契約です。

 

この3年契約が曲者で、スマホは2年なので解約しようと思ったときに「あれ?」となる方が多いようです。

 

 

実際に私も「タブレットが不満」という話を契約した方から聞いたことがあります。

 

こういったお誘いもあるので、私はワイモバイルを契約する場合はオンラインストアをオススメしています。

 

 

スマホの種類が少ないことへの不満

 

ワイモバイルのスマホは最新機種がありません。

 

iPhoneなどはiPhone SEや6sなど、現役ではあるけれど1世代前となります。

 

スマホの種類自体も多いとは言えませんが、他のMVNO(格安スマホ)などと比べると同じか少し多いラインナップというくらいなので、仕方ない点だと思います。

 

 

ワイモバイルカスタマーセンターに繋がるのに時間がかかる

 

ワイモバイルカスタマーセンターへの不満も結構多いです。

 

電話をすると混んでいることが多く、私自身も電話をかけてみたときには5分くらい待たされることもありました。

 

ただし、混む時間帯はあらかじめ予想されていて、公式サイトで確認することができます。

 

混む時間帯をチェックして、できれば空いている時間に電話をかけましょう。

 

 

データ通信容量が少ないことへの不満

 

「データ通信容量が少ない」という意見もわりと見かけます。

 

しかし、キャンペーンによってデータ通信容量はずっと2倍になるので、それほど気にする点ではないと思います。

 

スマホプランSで2GB、Mで6GB、Lは14GB使えるので十分だと思います。

 

これで足りないのであれば、他のキャリアやMVNOを使った方がよいと思います。

 

 

月額料金が2年目以降高くなることへの不満

 

ワンキュッパ割を適用することで、ワイモバイルは1,980円から利用できます。

 

しかし、2年目以降はワンキュッパ割が適用されません。

 

そのため、2年目以降は月額料金が1,000円高くなります。

 

 

思ったよりも料金が高くなってしまい、この点に不満がある方もいるようです。

 

しかし、1,000円高くなっても十分安いので、こちらに関しても仕方がない点だと思います。

 

ワンキュッパ割以外にも家族割引などのお得な割引が多数用意されていますし、春などには学割キャンペーンなども開催されます。

 

正直、十分すぎるほど安いと思います。

 

 

【結論】コスパ重視の方にはおすすめ間違いなし

 

ワイモバイルに不満を持つ方もいらっしゃるようですが、コスパ重視でスマホを契約する場合にはあまり問題がないと感じます。

 

我が家でもワイモバイルを利用していますが、安い月額料金には満足しています。

 

スマホを安く利用したいのであれば、ワイモバイルはおすすめです。