スマホ購入不要!?ワイモバイル(Y!mobile)はSIMカードのみの契約も可能

スマホ購入不要!?Y!mobileはSIMカードのみの契約も可能

 

 

 

スマホを使うために必要なのがSIMカードというICカードです。

 

このICカードを挿すことで、スマホで電話やデータ通信ができるようになります。

 

実はワイモバイル(Y!mobile)ではこのSIMカードのみを契約することができます。

 

 

既にスマホ端末を持っている方は、SIMカードを契約することでワイモバイルをすごく安く利用することも可能です。

 

今持っているスマホ端末を使ってワイモバイルを使いたいという人にはSIMカードのみの契約はおすすめです。

 

 

 

 

 

SIMカードのみ契約して料金をより安くしよう

 

 

 

スマホを契約するときには、スマホ端末とSIMカードをセットで契約します。

 

しかし、スマホにSIMカードを挿せばスマホを使えるのであれば、必ずしもスマホ端末とSIMカードをはセットで契約しなくてもいいですよね。

 

手持ちのスマホがある場合は、SIMカードのみを契約すればスマホ端末代金がかからないので、とても安くなります。

 

ワイモバイルではSIMカードのみを契約することが可能です。

 

お手持ちのスマホ端末をワイモバイルで使いたい場合は、SIMカードのみの契約を検討してみてください。

 

ワイモバイルで利用できる動作確認済のスマホ端末はこちらから確認できます。
(動作確認済の端末はSIMフリーである、もしくはSIMロック解除がされていることが前提となっているのでご注意ください)

 

ただし、ワイモバイルで動作確認されていないスマホ端末も多いです。

 

動作確認されていないスマホ端末を利用する場合は、2つのチェックをして問題がなければ利用できます。

 

 

 

ワイモバイル以外のスマホ端末を使う時に必要な2つのチェック

 

ワイモバイルでスマホ端末をセット契約しない場合、2つのチェックをしておかないと使えるかどうかは分かりません。

 

SIMロック解除が必要であるかチェックが必要

 

キャリアで購入したスマホ端末にはSIMロックという制限がかけられています。

 

SIMロックがかかっているスマホは他社のSIMカードを利用することができません。

 

ワイモバイルのSIMカードを使う場合も、SIMロックによる制限をされていないことが前提になります。

 

SIMフリーであればSIMロック解除は必要なし

よく聞くSIMフリーモデルのスマホ端末であれば、最初からSIMロックはかかっていません。

 

そのため、SIMロック解除は必要ありません。

 

 

ドコモ・au・ソフトバンクの端末はSIMロック解除が必要

キャリアのスマホ端末はSIMロックがかけられています。

 

SIMロック解除を必ず行ってください。

 

 

利用するスマホ端末の周波数帯チェックが事前に必要

 

ワイモバイルが電話およびデータ通信に使用している電波の周波数帯に、スマホ端末が対応しているかのチェックが必要です。

 

スマホ端末がワイモバイルの周波数帯に対応していない場合、スマホを使える地域が限定される、もしくはスマホが使えない場合もありえます。

 

ワイモバイルの周波数帯はソフトバンクと同じなので、ソフトバンクのスマホであれば全く同じように利用することができます。

 

ドコモ・auはスマホ端末の対応している周波数帯をしっかりチェックしないといけません。

 

 

周波数帯の確認方法については、下記の記事をご覧ください。

ワイモバイルでSIMカードだけ契約するならバンドの確認が必要

 

 

 

SIMカードのみ契約すれば激安料金でワイモバイルが使える

 

SIMカードのみを契約した場合、2つのチェックを行わなければ、本当にスマホが使えるかどうかは分かりません。

 

しかし、スマホ端末代金がかからない分、月額料金は圧倒的に安くなります。

 

ワンキュッパ割を適用すれば、スマホプランSは1,980円で利用することもできるので、ものすごく安いです。

 

この金額で10分無料通話を月300回まで可能にしているので、驚きです。

 

ワイモバイル以外を契約していてスマホ料金が高いという方は、ワイモバイルのSIMカードのみを契約しても良いかもしれません。

 

 

 

 

 

Top⇒Y!mobileの気になる評判は?メリット・デメリットまで徹底解説!