【ドコモ版】スマホのSIMロック解除手続きの方法と注意点まとめ

 

 

 

ドコモのスマホをワイモバイルで利用する場合、SIMロック解除が必要です。

 

今回は、ドコモのSIMロック解除の方法や注意点について解説します。

 

 

 

 

ドコモのSIMロック解除について

 

3大キャリアの中でも、実はドコモはSIMロック解除を最初から受け付けていました。

 

そのため、au、ソフトバンクが2015年5月以降の機種しかSIMロック解除できないのに対し、ドコモは2011年4月以降の機種からSIMロック解除できます。

 

 

ただし、「2015年5月以降の機種」と「2015年4月以前の機種」では手続きの受付条件や手続きの方法などに違いがあります。

 

 

2015年5月以降に発売された機種の手続き

 

まずは2015年5月以降に発売された機種のSIMロック解除について解説します。

 

SIMロック解除をするための6つの条件

 

下記の6つの条件を全て満たしている機種のみ、SIMロック解除できます。

 

  • ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  • 機種を購入した本人であること
  • 利用料金の支払実績が確認できること
  • SIMロック解除対応機種であること
  • 端末料金の支払いが終わっている、または購入日から100日経過していること
  • ドコモ解約済の場合、解約日から100日以内であること

 

それぞれの条件を詳しく解説します。

 

ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと

 

ロックがかけらているスマホは、SIMロック解除を受け付けてくれません。

 

ロックの確認は、下記サイトにてネットワーク利用制限の対象電話機であるか確認できます。

 

⇒ネットワーク利用制限携帯電話確認サイト
(外部サイトです)

 

 

機種を購入した本人であること

 

購入者本人以外の申し出では、SIMロック解除を受け付けてくれません。

 

そのため、中古スマホの場合などはSIMロック解除対応してくれません。

 

 

利用料金の支払実績が確認できること

 

利用料金の支払い実績をドコモ側で確認できれば、SIMロック解除を受け付けてくれます。

 

ドコモを契約してから、1〜2ヶ月くらいは経過しないといけないようです。

 

 

SIMロック解除対応機種であること

 

SIMロック解除対応機種のみ、SIMロック解除を受け付けてくれます。

 

対応機種の一覧は、ドコモ公式サイトの「SIMロック解除対応機種一覧」をご覧ください。

 

⇒SIMロック解除対応機種一覧
(PDFファイルです)

 

 

端末料金の支払いが終わっている、または購入日から100日経過していること

 

端末料金の支払いが終わっている場合は、SIMロック解除を受け付けてくれます。

 

分割で料金を支払い中の場合は、購入日から100日経過していれば、SIMロック解除を受け付けてくれます。

 

※端末購入サポートを利用している場合は、端末料金の残金に関わらず、端末購入サポートの解除料の支払いが必要になります。

 

 

ドコモ解約済の場合、解約日から100日以内であること

 

ドコモを既に解約している場合も、SIM解除を受け付けてくれます。

 

ただし、解約日から100日以内であることが条件となっています。

 

 

SIMロック解除の手続き方法は3つ

 

下記3つのいずれかで、SIMロック解除を行うことができます。

  • My Docomo
  • 電話
  • ドコモショップ

 

なお、ドコモ解約済みである場合はドコモショップのみ手続き可能です。

 

 

My Docomoでの手続きと手数料

「My Docomo」⇒「ドコモオンライン手続き」から申し込みできます。
SIMロック解除手数料は無料です。

 

 

電話での手続きと手数料

下記の連絡先に電話をすると、SIMロック解除の手続きができます。
SIMロック解除手数料は3,000円です。

 

ドコモ携帯から: 151(無料)
一般電話から: 0120-800-000

 

受付時間:午前9時〜午後8時

 

ドコモショップでの手続きと手数料

営業時間内であれば、SIMロック解除対応してくれます。
SIMロック解除手数料は3,000円です。

 

 

2011年4月から2015年4月に発売された機種の手続き

 

次に、2015年4月以前に発売された機種のSIMロック解除について解説します。

 

SIMロック解除をするための2つの条件

 

下記の2つの条件を両方とも満たしている機種のみ、SIMロック解除できます。

 

  • ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  • SIMロック解除対応機種であること

 

ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと

 

ロックがかけらているスマホは、SIMロック解除を受け付けてくれません。

 

ロックの確認は、下記サイトにてネットワーク利用制限の対象電話機であるか確認できます。

 

⇒ネットワーク利用制限携帯電話確認サイト
(外部サイトです)

 

 

SIMロック解除対応機種であること

 

SIMロック解除対応機種のみ、SIMロック解除を受け付けてくれます。

 

対応機種の一覧は、ドコモ公式サイトの「SIMロック解除対応機種一覧」をご覧ください。

 

⇒SIMロック解除対応機種一覧
(外部サイトです)

 

 

SIMロック解除の手続きはドコモショップのみ可

 

ドコモショップでSIMロック解除してもらえます。

 

SIMロック解除手数料は3,000円です。

 

※My Docomoおよび電話でのSIMロック解除受付はしていません。

 

 

中古スマホはSIMロック解除できる?

 

中古で購入したスマホについては、SIMロック解除できるケースとできないケースがあります。

 

2015年4月以前に発売された機種はSIMロック解除可

 

2015年4月以前に発売された機種については、SIMロック解除をすることができます。

 

購入者本人がSIMロック解除をするのと同じ条件で、ドコモショップでSIMロック解除できます。

 

2015年5月以降に発売された機種はSIMロック解除不可

 

2015年5月以降に発売された機種のSIMロック解除受付条件の1つに、
機種の購入者本人であること
という条件があります。

 

そのため、中古スマホの場合はSIMロック解除できません。

 

 

SIMロック解除をする時に注意すべき2つのこと

 

SIMロック解除をする時に、注意しておくべき点が2つあるので紹介します。

 

SIMロック解除によるデータの変化・消去があるかも?

 

SIMロック解除をした場合、スマホに保存されているデータが変化したり、消えたりする恐れがあるそうです。

 

万一、データが変化したり消えてしまった場合にドコモの保証は一切ありません。

 

 

実際にそのようなことが発生した事例は聞いたことはないですが、SIMロック解除でデータが消えるのが怖いという場合は電話帳やメール・写真データのバックアップをとっておいた方がいいです。

 

別キャリアを使う場合は事前にバンドの確認が必要

 

SIMロック解除をすると、どのキャリアのSIMカードでも使えるようになります。

 

ただ注意したいのは、
「SIMカードが使えるからといって、通信が問題なくできるか分からない」
ということです。

 

スマホが受信できる電波の周波数帯(バンド)は機種ごとに違いがあります。

 

キャリアが扱っている電波のバンドとスマホが対応している周波数帯が一致しなければ、通話やデータ通信はできません。

 

別キャリアのSIMカードを利用する場合は、スマホがキャリアのバンドに対応していることを確認してください。

 

ワイモバイルのバンド確認方法

 

 

まとめ

 

SIMロック解除をすれば、ドコモのスマホでもワイモバイルのSIMカードが使えるようになります。

 

ドコモのスマホを利用する場合は、下記のポイントを抑えてSIMロック解除を行いましょう。

 

ポイント
  • SIMロック解除するための条件を満たしている
  • ワイモバイルのバンドにスマホが対応している

 

なお、ドコモからワイモバイルへのMNPについては、下記の記事をご参照ください。
【3分でわかる】ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えする手順