【ケース別に解説】ワイモバイルで持ち込みスマホで機種変更する方法

 

 

「ワイモバイル(Y!mobile)は持ち込んだスマホで機種変更できる?」

 

このような質問をたまに貰います。

 

そして、機種変更とはいっても人によって下記2つのケースがあります。

 

  1. ワイモバイルを既に契約していてスマホだけ変えるケース
  2. 新規契約をする時にもスマホを持ちこむケース(厳密には新規契約)

 

どちらのケースも対応可能です。

 

ここでは、2つのケースの機種変更を行う方法について、詳しく解説していきます。

 

 

 

 

ワイモバイルを既に契約していてスマホだけ変えるケース

 

まずは、「ワイモバイルのSIMカードをそのまま利用して、スマホだけ自分で用意する」ケースを紹介します。

 

この場合は、3つのポイントの確認と2つの点に注意すれば利用できます。

 

その1.SIMカードのサイズを確認する

 

まず、SIMカードのサイズがスマホが対応しているサイズであるか確認をします。

 

SIMカードのサイズが違う場合は、サイズ変更をすることも可能です。

 

サイズ変更は手数料3,000円(税抜き)が必要です。

 

 

その2.対応バンドの確認が必要

 

次にスマホが対応するバンドを確認する必要があります。

 

バンドが合わないと、SIMカードが利用できても通話やデータ通信を行うことができません。

 

詳しいバンドの確認方法に関しては、「Y!mobileでSIMカードだけ契約するならバンドの確認が必要」の記事をご覧ください。

 

その3.キャリアスマホはSIMロック解除も必要

 

SIMフリースマホである場合は問題ないですが、キャリアスマホを利用する場合はSIMロック解除も必要です。

 

SIMロック解除の方法についてはキャリア別に紹介しているので、下記の個別記事をご覧ください。

 

 

【注意1】AndroidとiPhoneでSIMカードの種類が違う

 

一方、注意する点もあります。

 

ワイモバイルのSIMカードは、AndroidとiPhoneではSIMカードの種類が違います。

 

Android用のSIMカードはn101/n111の2種類があり、iPhone用のSIMカードはn141の1種類があります。

 

 

Android用のSIMカードを別のスマホに利用する場合は問題ないようなのですが、iPhoneのSIMカードを別のスマホで利用する場合には注意が必要です。

 

【注意2】iPhoneはAPN構成プロファイルが公開されていない

 

iPhoneのn141は、実は専用のAPN構成プロファイルになっています。
(これはiPhone 5s/SE両方とも)

 

 

しかし、APN構成プロファイルは非公開になっています。

 

そのためデータ通信が利用できないという状態になるようです。。。

 

一応Google検索をするとAPN設定は出てくるのですが、公式ではないので辞めた方が無難なようです。

 

 

持ち込みスマホで新規契約するケース

 

次に、持ち込みスマホで新規契約をするケースをご紹介します。

 

基本は機種変更と同じ確認が必要

 

基本的には、「ワイモバイルを既に契約していてスマホだけ変えるケース」と全く同じポイントの確認が必要になります。

 

  1. SIMカードのサイズ確認
  2. 対応バンドの確認
  3. SIMロック解除

 

上記3つに問題なければ利用できます。

 

SIMカードのサイズは、新規契約時にスマホに合うサイズを選びましょう。

 

なお、SIMカードの種類はn101となります。

 

Android・iPhoneどちらでも利用可能です。

 

SIMカードのみのキャッシュバック付きでお得

 

SIMカードのみの契約をすると、最大1万5千円のキャッシュバックが付いてきます。

 

スマホの機種代がかからない上にキャッシュバックがもらえるので超お得です。

 

 

 

 

事前確認は必要だが持ち込みで機種変更は可能!

 

持ち込みで機種変更をする場合、下記の3つのポイントが重要です。

 

  • SIMカードのサイズがスマホに合っていること
  • ワイモバイルのバンドに対応できること
  • SIMロック解除をしてSIMフリー化しておくこと

 

持ち込みで機種変更を考えている方は、ぜひ本記事をご参考に機種変更をしてください。