Y!mobileの気になる評判は?メリット・デメリットまで徹底解説

Y!mobileの気になる評判は?メリット・デメリットまで徹底解説!

 

当サイトではワイモバイル(Y!mobile)を夫婦で使っている管理人が、感想などを交えながらメリット・デメリット、口コミ評判まで検証していきます。

 

 

 

 

その他にもドコモからワイモバイルへ乗り換えた時のレビューや割引サービスやキャンペーンなどのお得情報の紹介なども行っています。

 

これからワイモバイルへ乗り換えをしようか考えている方は、ご参考までにぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

ワイモバイルってそもそも何?

 

ワイモバイルはソフトバンクの格安ブランドです。

 

ソフトバンクよりもスゴク安い料金でソフトバンク回線が利用できちゃいます。

 

ただ結局はワイモバイル=ソフトバンクなので、ソフトバンク以外のキャリアからのお客さんを主に獲得しようとしてます。

 

そのため、ドコモ・auユーザー、新規契約の方はワイモバイルへの乗り換えが優遇されています。

 

ソフトバンクからワイモバイルに移行しても十分安くなるのですが、ソフトバンク以外からだと更におトクです。

 

 

ワイモバイルは格安スマホ!?

ワイモバイルの料金はドコモ、au、ソフトバンクの3社よりもスゴク安いので、「格安スマホ」や「格安SIM」などと呼ばれています。

 

ただし最近話題になっている格安スマホとは違います。

 

格安スマホと一般的に呼ばれているのは、MVNOと呼ばれる事業者が販売しているスマホです。

 

MVNOは、料金が安いかわりにデータ通信速度が遅いなどのデメリットがあります。

 

それに対して、単純にソフトバンクが安くなったのがワイモバイルです。

 

格安スマホ(MVNO)について、より詳細を知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
Y!mobileと格安スマホ(MVNO)の違いは?分かりやすく解説

 

 

 

キャッシュバックなどのキャンペーンはある?

 

キャンペーンは随時実施されています。

 

月額料金の値引きなどのキャンペーンはけっこう頻繁に行われています。
(キャッシュバックキャンペーンは、おそらくキャッシュバック規制のためか最近では見ないです)

 

中にはワイモバイルオンラインストア限定のキャンペーンなどもあります。

 

ワイモバイルのキャンペーンを活用できないとかなり損するので、乗り換えを検討している方には必ずチェックしておくことをオススメします。

 

 

今はSIMフリースマホが最大2万円安くなるキャンペーンがワイモバイルオンラインストアで開催されています。

 

モバイルWiFiルーターに関してはYahoo!WiFiの方が安い

 

ワイモバイルでは、インターネット回線の代わりに利用できるモバイルWiFiルーターも用意されています。

 

しかし、価格の安さではYahoo!WiFiには及びません。

 

Yahoo!WiFiはワイモバイルと同じ回線を利用しているのですが、Yahooプレミアム会員向けのサービスです。

 

しっかりとした性能を持つモバイルWiFiルーターを、1,980円の激安価格から利用できます。

 

モバイルWiFiルーターの中では最安の価格帯で利用できるので、安くWiFiを使いたい方にはおすすめです。

 

 

>>【Yahoo! WiFi】お申し込み・詳細はこちら

 

 

スマホ料金はどれくらいか

 

ワイモバイルではスマホプランS/M/Lという3種類の基本プランが用意されています。

 

この基本プランには割引が適用されるのですが、割引の内容はソフトバンクからの乗り換えかどうかで割引料金が変わってきます。

 

具体的には、下記のような料金になります。

 

 

[ソフトバンク以外からの乗り換え、もしくは新規契約]

プラン 1ヶ月目 2〜13ヶ月目 13〜25ヶ月目 26ヶ月目以降
スマホプランS

(月々1GB)

2,980円 1,980円 2,980円 2,980円
スマホプランM

(月々3GB)

3,980円 2,980円 3,980円 3,980円
スマホプランL

(月々7GB)

5,980円 4,980円 5,980円 5,980円

 

[ソフトバンクからの乗り換え]

プラン 1ヶ月目 2〜13ヶ月目 13〜25ヶ月目 26ヶ月目以降
スマホプランS

(月々1GB)

3,980円 2,980円 3,980円 2,980円
スマホプランM

(月々3GB)

4,980円 3,980円 4,980円 3,980円
スマホプランL

(月々7GB)

6,980円 5,980円 6,980円 5,980円

 

比較すると分かりますが、ソフトバンクから乗り換えるよりも、新規契約もしくはソフトバンク以外から乗り換えた方が25ヶ月目まで1,000円ほど安くなります。

 

 

スマホプランの料金と割引の仕組み

なぜ料金に差があるかというと、適用される割引に違いがあるからです。

 

スマホプランに適用される割引は基本的に3つです。

 

割り引き名称 割引期間/割引金額 適用条件
スマホプラン割引 1ヶ月目〜25ヶ月目

/1,000円

ソフトバンク/ディズニーモバイル・オン・ソフトバンク以外からの乗り換え、または新規契約であること
ワンキュッパ割 2ヶ月目〜13ヶ月目

/1,000円

誰でも適用される
長期利用割引 26ヶ月目以降

/1,000円

誰でも適用される

 

 

割引の期間を図で分かりやすくすると、以下のような感じです。

 

 

 

 

ソフトバンク以外からの乗り換えの方(新規契約含む)の場合、スマホプラン割引という25ヶ月目まで1,000円引きになるサービスが適用されます。

 

この差が大きいです。

 

26ヶ月目以降はスマホプラン割引の代わりに長期利用者割引が適用されるので、ソフトバンクからの乗り換えでも料金は同じになります。

 

なお、この3つの割引以外にも、2台以上ワイモバイルを契約していると適用できる家族割引、ソフトバンク光を契約している場合に適用できる光おトク割といった割引があります。

 

家族割引は我が家でも利用している割引で、使いやすい割引です。

 

2台以上ワイモバイルを契約する予定のある方はぜひご利用ください。
ワイモバイルの家族割引サービスの詳細

 

 

思いきって我が家の月額料金を紹介

我が家では夫婦でワイモバイルを利用しています。

 

もう思い切って具体的に支払っている月額料金も書いちゃいます。

 

これを見て頂くと、どれくらいの月額料金になるかイメージがつくと思います。

 

 

管理人の月額料金

スマホはドコモからの乗り換えで「AQUOS CRYSTAL Y2 403SH」を使っています。

 

 

で、気になるスマホ料金は

 

スマホプランS 基本料金 3,218円
スマホ 分割支払金(24回) 2,052円
月額割引 -1,080円
家族割引 -540円
故障安心パックプラス 745円
合計 4,395円/月

 

 

なんと月額4,395円のプライス!
(私が乗り換えた時はワンキュッパ割引きが無かったので、ちょっと損してます)

 

 

妻の月額料金

スマホはドコモからの乗り換えで「iPhone5s」を使っています。

 

 

で、気になるスマホ料金は

 

内容 月額金額(税込)
基本使用料(スマホプランS) 3,218円
iPhone5s 分割支払金 2,700円
月額割引(iPhone5s購入による割引) -1,620円
ワンキュッパ割引(12カ月割引) -1,080円
家族割引 -540円
AppleCare+ for iPhone 576円
合計 3,254円/月

 

 

なんと月額7,649円のプライス!
(ただし、2年目以降はワンキュッパ割引が効かないので、1,000円高くなります。)

 

 

合計した月額料金

なんと1ヶ月のスマホの料金が、2人で7,649円です。

 

ワイモバイル2台分で、ドコモ1台分の料金になってしまいました。

 

これで10分のかけ放題がついているので超満足!

 

お互いの実家の親が運よくワイモバイル(PHS)を使っているため、2人とも家族割引を適用できたのも更に安くできたところも良かったです。

 

家族みんなで安くなるのはワイモバイルの家族割引サービス

 

 

ちなみに、2人ともアクセサリーはY!mobile selectionで購入しました。

 

オンラインストアで購入する場合は、ついでにこちらでアクセサリーを買うと楽チンです。

 

 

使って分かったワイモバイルの安さ

実際に使ってみてわかったのですが、ワイモバイルはドコモと比べるとめちゃ安いです。

 

ドコモだとカケホーダイライトプランで月に平均7,000円くらいかかっていたのが、2人で7,000円くらいになったので大幅な節約です。

 

もし、2年縛りで2人ともドコモを続けたことを考えると、

 

7,000円×24ヶ月=168,000円

 

 

ざっくりりと計算して、これだけの金額が浮いていることになります。

 

これはとてもありがたいです!!
(というか、大手が高すぎるんですけどね。。。)

 

 

 

 

 

 

使って感じたワイモバイル5つのメリット

 

無料通話がある

月300回まで10分以内の国内通話が無料になります。

 

格安スマホは無料通話が無いので、案外重宝できるサービスです。

 

 

10分以内の通話が1日平均で10回までできるので、結構使えます。

 

実際、私は電話をそこそこ掛けるのですが、スマホは通話料金が高いので今までの料金体系だとかけ放題を選ぶか、電話代割増しの金額を払うかしなければいけませんでした。

 

この無料通話が無いと料金的にきついです。

 

 

ちなみに10分を超過した場合、超過した時間分の料金がかかってきます。
最初の無料10分間は料金がかからないので安心してください。

 

 

家族割引サービスがある

実はこれを知っているとかなりお得なのですが、ワイモバイルには家族割引サービスがあります。

 

 

 

家族のかた2回線目以降(副回線)の基本料が、スマートフォンの場合は500円割引、ケータイの場合は無料になります。

 

スマホにこだわらなければ、基本料はタダになってしまいます!

 

これ、うまく使えばかなり良いプランです!

 

2世帯で済んでいる家族などには、かなり有効なサービスです。

 

 

[関連記事]
家族みんなで安くなるのはワイモバイルの家族割引サービス

 

実店舗がある

格安スマホを出しているMVNOは、実店舗を持たないところがほぼ全てです。

 

店舗を持つとコストがかかるため、そのコストを極限まで下げることが「実店舗無し」に繋がっています。

 

店舗を持っているMVNOもありますが、そういった店舗は契約をするためだけの店舗であるため、故障などの対応をしてくれるわけではありません。

 

 

しかし、ワイモバイルは実店舗があります。

 

ここが格安スマホを選ぶときに、ワイモバイルをオススメするポイントで、実店舗があるのと無いのとでは安心感が違います。

 

やはり、万が一のときに実店舗があるのは安心感に繋がります。

 

実店舗が無いとスマホの故障などが発生した時に、持ち込めません。

 

もし、実店舗が無くてもよいのであれば、もっと安いMVNOもあります。

 

DMMモバイルなどは業界でもトップクラスの安さでスマホを利用できるMVNOとしてオススメです。

 

データ通信速度が安定している

 

ワイモバイルと同じようにスマホが格安になるMVNOは、データ通信速度が不安定なのが当たり前です。

 

しかし、ワイモバイルは違います。

 

自社回線による安定したデータ通信速度を常に提供してくれています。

 

ドコモ/au/ソフトバンクのどれかを使っていて、データ通信速度が遅いと感じることはめったにないですよね。

 

ワイモバイルはキャリアなので、全く同じです。

 

「お昼にデータ通信遅い」
「いつデータ通信速度が遅くなるのか分からない」

 

 

そんな悩みを持たずにスマホ料金を安くできるのが、ワイモバイルです。

 

キャンペーンが多い

 

スマホ端末や月額料金が安くなるキャンペーンが特に多いです。

 

ワイモバイルオンラインストア限定のキャンペーンなども多く、上手くキャンペーンを活用することで更にお得になります。

 

安い料金をもっともっと安くするなら、キャンペーンを活用しましょう。

 

 

 

使って感じたワイモバイル3つのデメリット

 

MVNOに比べて料金が少し高い

3大キャリアと比べると料金はずいぶん安いのですが、MVNOと比べるとどうしても料金が高くなってしまいます。

 

ここに関しては、キャリアとして実店舗を持ってMVNOよりサービスを強化しているため、仕方がないことではあると思います。

 

 

2年縛りがある

3大キャリアの悪習ともいえる2年縛りがあるのです。

 

ここに関してはキャリアなのでしょうがないとしか言えないので、割り切るしかないでしょう。

 

それか、2年縛りがない別の会社(MVNO)を選ぶかになります。

 

 

ただ同じ2年縛りの3大キャリアよりも安い金額で、同じレベルのサービスを提供してもらっていると考えると仕方ないかなと思います。

 

キャンペーンが多い

 

キャンペーンが多いということは何気にデメリットになることもあるなと感じました。

 

「いつお得なキャンペーンが開催されるか分からない」
というのが逆に難しいところ。

 

実際、私が最初に乗り換えた時は「ワンキュッパ割」はなかったです。

 

妻がiPhone5sに乗り換えた時は、現在のように実質108円ではなかったです。
どんどん安くなるからいいのですが、キャンペーン前に乗り換えると損した気分になります。
(それでも十分安いんですけど。。。)

 

 

 

ワイモバイルの電波の繋がりやすさは?

 

基本的にはソフトバンクと同じです。
ソフトバンクの提唱している900MHz帯を使用した「プラチナバンド」ですね。

 

高速データ通信は4Gに対応しているので、それなりに早いと思います。
少なくとも、普通に使っていて不便は感じません。

 

 

 

ワイモバイルの口コミはどう?

 

調べてみると、良い口コミ、悪い口コミの両方がありました。

 

色々な口コミを見た限りでは、メリットとデメリットをしっかりと把握していれば問題なさそうです。

 

ワイモバイルの良い口コミ

 

 

Nexusに乗り換えましたが、色々と特典があってかなり割安に乗り換えられました。
スペックもとても良いです。
サクサク動くし、余計なアプリが入っていないので助かります。


 

 

ワイモバイルは三大キャリアとMVNOの中間みたいな立ち位置です。
三大キャリアほどではないですが、サポートもありますし、新機種の発売もされます。
回線はソフトバンクと全く同じです。

 

こういった点をしっかりと理解して使えば、安く使えるので良いと思います。


 

 

月額料金が安くなって満足です。
通信速度などにも特に不便を感じていません。


 

 

ワイモバイルの悪い口コミ

 

 

三大キャリアと同じように2年縛りがある。
せっかく格安スマホに乗り換えたのに、縛りは止めてほしい。


 

 

 

ワイモバイルは店舗サポートの品質がバラバラ。
店員にもよるが、対応を悪く感じることもある。


 

 

 

ソフトバンクから乗り換えたら、25ヶ月の間1,000円引きになるスマホプラン割引が適用外だった。

 

26ヵ月目以降は1,000円引きになるが、ソフトバンクからの乗り換えもスマホプラン割引の1,000円引きを適用してほしかった。


 

 

あと、実際にワイモバイルを利用している人にインタビューをして感想を聞いてみました。

 

興味のある方は下記の記事をご覧ください。
ワイモバイルを使ってる人に直接聞いてみた!生の感想・口コミ

 

 

ワイモバイルはインターネットから申し込む方がお得!

 

実際に契約して思いましたが、ワイモバイルはインターネットから申し込む方が絶対にお得です。

 

 

私がワイモバイルの契約を最初に考えた時、実はワイモバイルショップ(実店舗)に行きました。

 

しかし、店舗で話を聞いたら契約するときに余分なオプションに入るようにお願いされました。

 

ワイモバイルショップに行くと、ほとんどの場合が余計なオプションへの2ヶ月の加入をお願いされてしまいます。

 

この辺りは3大キャリアと同じですね。

 

私の場合は余計なオプションに入らない場合は、頭金10,000円(税別)を支払わなければいけませんでした。
(この辺りはショップによって違いがあるみたいです)

 

 

 

「そんなに払いたくないし、オプション入るのはイヤだなぁ」

 

たしかインターネット(オンラインストア)からの申し込みを見た時は、頭金は100円(税別)だったハズ。。。

 

店員さんにそのことを聞いてみると、

 

 

 

 

 

インターネットから申し込んだ方が確かに安いです。

 

ワイモバイルショップでは、このようにオプションへの加入をお願いしています。


 

とのことでした。

 

インターネットで調べてみると、ショップで契約するときは頭金が必要になるっぽい。

 

お店ごとにこの頭金は違うが、インターネットからの申し込みであれば頭金は100円で済むようだ。

 

 

 

 

 

そういうことなら、遠慮なくインターネットから申し込もう

 


 

ということでインターネットから申し込みました。

 

 

実際にiPhone5sをワイモバイルオンラインストアからMNPで申し込んだときのレビューもしています。

 

ワイモバイルオンラインストアから申し込みをする時には、下記の記事をご覧頂くと参考になると思います。

【実録】ワイモバイルオンラインストアでiPhone5sにMNP!

 

 

 

あと、オンラインストア限定でSIMフリースマホが最大2万円引きになるキャンペーンやをアウトレットのスマホ端末を安く購入できるキャンペーンが開催されています。

 

興味がある方は、下記のキャンペーンページをご確認ください。

 

 

ワイモバイルのキャンペーンページ

 

なお、ワイモバイルオンラインストアから申し込みをする場合は実機に触ることができないというデメリットがあります。

 

そのため、おすすめしたいのはワイモバイルショップで実機を触ってみてからオンラインストアから申し込みするという方法です。

 

クレジットカードが必要になりますが、ショップからの申し込みのように「余計なオプションに入る」、もしくは「頭金を余分に払う」必要がなくなります。

 

しかし、ショップでは口座振替も可能なので、口座振替をしたい人はショップから申し込んだ方がいいです。

 

 

[関連記事]

 

 

 

ワイモバイルを実際に使ってみての感想

 

実際に使ってみると、「料金は安くなったけど、使い勝手は変わらない!」という感じです。

 

しかもワイモバイルでは、基本プラン(スマホプランS/M/L)で10分以内の通話が1ヶ月ごと300回まで無料となので通話料金もすごく安いです。

 

通話・データ通信ともに高い品質を保ちながら、実店舗によるアフターサービスもしっかりと用意されているのに月額料金がすごく安いと思います。

 

そのため、ワイモバイルに乗り換えて私も妻も「いいね!」しちゃうくらいスゴク満足しています。

 

 

 

 

 

料金だけ見れば他に安いところもありますが、キャリアとしての安心感と、プラン料金の安さの折り合いがすごくイイ感じです。

 

 

ワイモバイルは節約に最適

ワイモバイルへ乗り換えると、だいたい3,000円くらい安くなります。

 

実際に2年間使った時の差額を比べてみると、とても大きい差です。

 

色々な節約術はあると思いますが、これほど劇的に効果がある節約術は他に見当たりません。

 

節約をしたい方はやらないだけ損だと思います。

 

 

[ドコモとワイモバイルを2年間使った時の料金差額]

 

 

 

結論

以下の人におすすめです。

  • スマホ料金が高いと感じている人
  • 実店舗があるところが良いと感じる人
  • 大手が運営しているところに安心できる人
  • 家族みんなの携帯料金を減らしたい人