Y!mobileと格安スマホ(MVNO)の違いは?分かりやすく解説

 

 

 

月額料金が安いスマホが格安スマホとして人気になっていますが、ワイモバイル(Y!mobile)と格安スマホ(MVNO)は違うものです。

 

どういった点に違いがあるのか、分かりやすく解説します。

 

料金を安くするために格安スマホへの乗り換えを検討している方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

ワイモバイルと格安スマホ(MVNO)について

ワイモバイルとは

 

ワイモバイルはソフトバンクの格安ブランドです。

 

ソフトバンク回線をそのまま使っているので、通信回線や通信品質はソフトバンクそのままです。

 

ただし、ソフトバンクとワイモバイルは会社が違うので、スマホ端末のラインナップが違います。

 

料金が安くなっている分、店舗数や店員の数にも違いがあります。

 

 

ワイモバイルはドコモ/au/ソフトバンクと同じキャリア

キャリアは自社の通信回線を利用して、サービスを提供する事業者のことです。

 

ワイモバイルはドコモ/au/ソフトバンクの3大キャリアに続くキャリアとして、世間では認識されています。

 

キャリアは安定した通信サービスと、質の高い店舗サービスを提供しているのが主な特徴となります。

 

格安スマホ(MVNO)とは

 

最近増えてきている格安スマホは、MVNOという事業者が提供しています。

 

MVNOはドコモ/au/ソフトバンクの通信回線を借りて、通信サービスを提供しています。

 

 

↓MVNOと契約したスマホがインターネットに繋がるまでの流れ

 

 

スマホを日本全国で使うには、莫大な費用をかけて基地局(電波塔)を設置したりして通信回線網を作っていかなければいけません。

 

しかし、MVNOはキャリアの回線を借りるので、インターネットに繋ぐまでの回線網を持つだけで、スマホの通信サービスを提供できます。

 

そのため、安い月額料金でスマホの通信サービスを契約できます。

 

MVNOは安い料金を実現している事業者

MVNOはキャリアの回線を利用することができるけれど、キャリアよりも圧倒的に安い月額料金を実現しています。

 

しかし、安い料金を実現するためにコストカットも行っています。

 

店舗サービスが無いのも、人件費を削減するためです。

 

安い料金に見合っただけのサービスを提供しているのが、MVNOとも言えます。

 

 

MVNOの通信速度が遅くなる2つの原因

 

 

ワイモバイルは十分なお金をかけて、自社で通信設備を整えています。

 

一方、MVNOはキャリアの設備を借りながら、低予算で通信設備を整えています。

 

この違いは大きく、MVNOが利用者に「遅い」と言われる原因となっています。

 

MVNOの回線網が十分に整っていない場合がある

 

MVNOはインターネットまでの橋渡しをするだけですが、この橋渡しをするための通信設備が十分でない場合があります。

 

安い金額でサービスを提供するので、設備のための予算をあまり多く取れないためです。

 

そのため、一度に通信をする人が多くなった時に通信設備の処理が追いつかなくなって、通信速度が遅くなります。

 

中には、十分に通信設備を整えているMVNOもあります。

 

そういったMVNOが、比較的速いと言われているようです。

 

 

キャリアから借りている帯域が十分でない場合がある

 

MVNOはお金を払ってキャリアの通信回線網を使っていますが、帯域(一度に通信できる量)は限りがあります。

 

十分な帯域を借りていないと、通信をする人が多くなった時に遅くなります。

 

MVNOの利用者からよく聞くデメリットは
「お昼休みや帰宅時にデータ通信速度が遅くなる」
ということです。

 

データ通信回線の利用者がピークの時間帯は、この2つの原因によって遅くなるようです。

 

格安SIMの「mineo」の平日のデータ通信速度を測ってみましたが、お昼はメチャクチャ遅くなっていました。

 

 

 

 

タブレットでmineoを使ってみているのですが、平日のお昼はすごく遅いです。

 

 

ワイモバイルは安定の自社回線

 

 

一方、ワイモバイルは全てを自社回線で用意しているので、安定したデータ通信速度を常に保っています。

 

ドコモ/au/ソフトバンクを今まで使っていた方で、「データ通信速度が遅い」とストレスを感じることはなかったはずです。

 

ワイモバイルも全く同じです。

 

実際にワイモバイルの平日のデータ通信速度を測ってグラフにしてみましたが、どの時間帯も速かったです。

 

 

 

格安料金でありながら、データ通信速度は安定して速いです。

 

 

 

 

 

ワイモバイルを選ぶメリット・デメリット

 

ざっくりまとめると、下記のような感じです。

 

メリット

  • 店舗サービスが利用できる
  • 通信回線が安定している
  • スマホが故障した時も安心
  • 10分かけ放題付きになってる

デメリット

  • 2年縛りがある
  • MVNOよりは料金が少し高い

 

 

ワイモバイルはMVNOより少し料金が高いですが、その分サービスは充実しています。

 

10分かけ放題が付いてくるのも、かなりいいです。

 

かけ放題も含めて考えると、ワイモバイルの方がMVNOよりオトクだと思います。

 

利用料金などの細かい話は、下記の記事を参考にしてください。

 

Y!mobileの契約内容と月額料金の基礎知識

 

 

MVNOを選ぶメリット・デメリット

 

ざっくりまとめると、下記のような感じです。

 

メリット

  • 適切なプラン・オプションを選べる
  • 縛り期間が圧倒的に短い

デメリット

  • データ通信速度が遅いときがある
  • 基本的に店舗サービスが利用できない
  • スマホが故障した時は不安

 

 

MVNOごとに様々なプランやオプションが用意されていて、あなたに合った適切なプラン・オプションを選べます。

 

かけ放題ですら、オプションとして選べるMVNOもあります。

 

長くても1年間利用すれば、以降はいつ解約しても違約金がかからないのも魅力的です。

 

 

その反面、データ通信速度が遅いときもあり、常に快適に利用できるとは言えません。

 

店舗サービスが基本的に無いというのも大きなデメリットです。

 

 

料金を安くした分、使い勝手が悪くなっているというのが正直なところです。

 

 

 

まとめ

 

ワイモバイルとMVNOにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

 

それを踏まえると、どちらを使うべきかは以下のような感じで決めるといいと思います。

 

ワイモバイルを使った方がイイ人

  • かけ放題を安く利用したい人
  • スマホを快適に利用したい
  • アフターサービスを店舗で受けたい
  • スマホの扱いに自信が無い

 

MVNOを使った方がイイ人

  • スマホをあまり使わない・こだわりが無い
  • スマホの扱いに自信がある
  • とにかく料金を安くしたい

 

 

私はスマホの使い方を検討した結果、ワイモバイルを選んで契約しました。

 

ワイモバイルは安い料金で電話かけ放題付き、しかも安定したデータ通信を行うことができるし店舗でのアフターサービスをしっかりと受けられるというのが決めた理由です。

 

もし、あなたがほとんどスマホを使わないのであればMVNOをおすすめします。

 

しかし、あなたがスマホをある程度利用している一般ユーザーであれば、私と同じようにワイモバイルがおすすめです。