【ドコモ版】スマホのSIMロック解除手続きの方法と注意点まとめ

 

 

 

ワイモバイルとソフトバンクは同じ回線を利用していますが、別の会社となっています。

 

そのため、ソフトバンクのスマホをワイモバイルで利用する場合、SIMロック解除が必要です。

 

今回は、ソフトバンクのSIMロック解除の方法や注意点について解説します。

 

 

 

 

ソフトバンクのSIMロック解除について

 

SIMロック解除義務化によって、2015年5月以降に発売されたソフトバンクのスマホはSIMロック解除が可能となりました。

 

また、2015年4月までに発売されたスマホでも、一部のスマホのみSIMロック解除が可能です。

 

 

ドコモ、auも同じようにSIMロック解除できるのですが、受付条件などは微妙に違います。

 

ここではソフトバンクのSIMロック解除の条件や手続き方法を紹介します。

 

 

 

2015年5月以降に発売された機種の手続き

 

まず、2015年5月以降に発売された機種のSIMロック解除について解説します。

 

SIMロック解除をするための5つの条件

 

下記の5つの条件を全て満たしている機種のみ、SIMロック解除できます。

 

  • ネットワーク利用制限中でないこと
  • SIMロック解除対応機種であること
  • 機種を購入した本人であること
  • 購入日から101日目以降である、または一括購入している(※)こと
  • ソフトバンク解約済の場合、解約日から90日以内であること

(※)一括購入の条件は、2017年12月1より適用開始されます

 

それぞれの条件を詳しく解説します。

 

ネットワーク利用制限中でないこと

 

ネットワーク利用がソフトバンクによって制限されているスマホは、SIMロック解除を受け付けてくれません。

 

制限されているかどうかの確認は、下記サイトにて製造番号(IMEI)を入力すれば確認できます。

 

⇒ネットワーク利用制限携帯電話機の確認
(外部サイトです)

 

 

IMEIの確認方法

 

電池カバー/電池パックを取り外すと、製造番号(IMEI)が確認できます。

 

また、iPhoneの場合は「設定」→「一般」→「情報」の画面で確認できます。

 

 

SIMロック解除対応機種であること

 

SIMロック解除対応機種のみ、SIMロック解除を受け付けてくれます。

 

対応機種の一覧は、下記のソフトバンク公式ページに記載されている「SIMロック解除機能を搭載した製品」をご覧ください。

 

⇒ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除
(ソフトバンクの公式サイトです)

 

 

機種を購入した本人であること

 

購入者本人以外の申し出では、SIMロック解除を受け付けてくれません。

 

そのため、中古スマホの場合などはSIMロック解除対応してくれません。

 

 

購入日から101日目以降である、または一括購入していること

 

購入日から101日目となっていればSIMロック解除を受け付けてくれます。

 

なお、対象機種の購入日当日を「1日目」としてカウントします。

 

 

2017年12月1日からは一括購入での手続きも可能になります。

 

一括購入している場合は101日経過しなくてもすぐにSIMロック解除が可能となります。

 

 

ソフトバンク解約済の場合、解約日から90日以内であること

ソフトバンクを既に解約している場合も、SIM解除を受け付けてくれます。

 

ただし、解約日から90日以内でないといけません。

 

 

SIMロック解除の手続き方法は2つ

 

下記のどちらかで、SIMロック解除を行うことができます。

  • My Softbank
  • ソフトバンクショップ

 

なお、ソフトバンク解約済みである場合はソフトバンクショップのみ手続き可能です。

 

 

My Softbankでの手続きと手数料

「My Softbank」⇒「契約・オプション管理」⇒ページ下段の「SIMロック解除手続き」から申し込みできます。

 

SIMロック解除手数料は無料です。

 

 

ソフトバンクショップでの手続きと手数料

営業時間内であれば、SIMロック解除対応してくれます。

 

SIMロック解除手数料は3,000円です。

 

 

2015年4月までに発売された機種の手続き

 

次に、2015年4月以前に発売された機種のSIMロック解除について解説します。

 

対象となるスマホは「BLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Z」の5機種のみです。

 

 

SIMロック解除をするための4つの条件

 

4つの条件を全て満たしている機種のみ、SIMロック解除できます。

 

  • ネットワーク利用制限中でないこと
  • SIMロック解除対応機種であること
  • 機種を購入した本人であること
  • ソフトバンク解約済の場合、解約日から90日以内であること

 

条件の詳細に関しては、2015年5月以降に発売されたスマホと全く同じなので割愛します。

 

 

SIMロック解除の手続きはソフトバンクショップのみ可

 

ソフトバンクショップでSIMロック解除してもらえます。

 

SIMロック解除手数料は3,000円です。

 

※My SoftbankでのSIMロック解除受付はしていません。

 

 

中古スマホはSIMロック解除できない

 

中古で購入したスマホについては、SIMロック解除できません。

 

ソフトバンクでのSIMロック解除の受付条件に、
「機種を購入した本人であること」
があります。

 

そのため、中古スマホはSIMロック解除対象外となってしまいます。

 

 

SIMロック解除をする時の注意点

 

SIMロック解除をした場合、スマホに保存されているデータが変化したり、消えたりする恐れがあるそうです。

 

万一、データが変化したり消えてしまった場合にソフトバンクの保証は一切ありません。

 

 

実際にそのようなことが発生した事例は聞いたことはないですが、SIMロック解除でデータが消えるのが怖いという場合は電話帳やメール・写真データのバックアップをとっておいた方がいいです。

 

 

バンドの確認をしなくても使える

 

ワイモバイルとソフトバンクは、別の会社ですが同じ回線を使っています。

 

そのため、ソフトバンクを使っていた時と全く同じエリアおよびバンド(周波数帯)で、ワイモバイルを使えるようになります。

 

 

ドコモやauと違ってバンドの確認をする必要はないので、とても乗り換えしやすいです。

 

SIMロック解除をするとワイモバイルのSIMカード使えるようになるので、そのままSIMカードを契約すれだけでOKとです。

 

 

 

まとめ

 

SIMロック解除をすれば、ソフトバンクのスマホでもワイモバイルのSIMカードが使えるようになります。

 

ソフトバンクはワイモバイルと同じ回線を利用しているため、ドコモやauと違ってバンドを意識する必要がないのは良い点だと思います。

 

 

ドコモやauと比べると、最初の2年は月額料金が1,000円ほど高くなってしまいますが、スマホを今までと同じように使えるのは魅力的です。

 

 

スマホ料金を安くしたい方は、ぜひソフトバンクのスマホをワイモバイルで利用してみてください。