Y!mobileでSIMカードだけ契約するならバンドの確認が必要

 

ワイモバイル(Y!mobile)ではSIMカードだけ契約する場合、バンド(周波数帯)の確認が事前に必要です。

 

 

 

スマホが通話・データ通信を行う時には携帯会社が使用しているバンドとスマホが対応しているバンドが一致していなければいけません。

 

そのため、ワイモバイル以外のスマホとワイモバイルのSIMカードを組み合わせて利用する場合はバンドの確認が必要です。

 

このページではSIMカードだけ契約するときに確認が必要なバンドについて詳しく解説していきます。

 

 

 

 

 

 

バンド(周波数帯)って何?

 

 

スマホが通話・データ通信をするときには、基地局と電波のやり取りをしています。

 

この電波のやり取りをする際には、基地局とスマホの間で同じバンド(周波数帯)を使用しなければいけません。

 

そのため、基地局が出している電波のバンドとスマホが利用することのできるバンドが一致している必要があります。

 

ワイモバイルでSIMカードだけ契約する場合は、ワイモバイルのバンドとあなたが用意するスマホの対応しているバンドが同じであるかを確認しなければいけません。

 

 

[参考記事]
ワイモバイルでSIMカードのみの契約も可能!?注意点も紹介

 

 

通信規格にも注意が必要

 

電波には通信規格(3G、4Gなどと呼ばれているもの)ごとに利用しているバンドが違います。

 

通信規格が違う場合も、通話やデータ通信が利用できなくなるので注意が必要です。

 

バンドだけでなく、通信規格も一致しているか必ず確認しましょう。

 

 

キャリア(事業者)ごとに対応している通信規格は以下の通りです。

 

キャリア(事業者) 通信規格
3G 4G
NTTドコモ W-CDMA FDD-LTE
KDDI(au) CDMA2000 FDD-LTEおよびTD-LTE
ソフトバンク/ワイモバイル W-CDMA FDD-LTEおよびTD-LTE(*)

(*)ソフトバンク/ワイモバイルでは「AXGP」と呼ばれている

 

注意したい点は、auの3G回線の通信規格のみCDMA2000という通信規格になっていることです。
そのため、auで購入したスマホをワイモバイルで利用する場合には注意が必要です。

 

ワイモバイルの対応しているバンド

 

ワイモバイルの対応しているバンドは現在ではソフトバンクと全く同じになっています。

 

実際にワイモバイルが対応しているバンドは、下記のようになります。

 

バンド 3G 4G
W-CDMA FDD-LTE AXGP(TD-LTE)
Band1

(2.1GHz)

 
Band3

(1.7GHz)

   
Band8

(900MHz)

 
band11

(1.5GHz)

   
band28

(700MHz)

   
band41

(2.5GHz)

   

 

4G(LTE)の対応バンドについて

 

特に重要なのが、Band1/Band3です。

 

この2つに対応していないスマホはワイモバイルで利用しない方がいいです。

 

Band8はプラチナバンドと呼ばれているバンドなので、こちらも対応していればなお良いです。

 

それ以外に関しては、対応していなくても大丈夫です。

 

3Gの対応バンドについて

 

3Gで重要になるバンドはBand1とBand11です。

 

この2つのバンドに対応していれば問題なく利用できると思います。

 

スマホがワイモバイルのバンドに対応しているか要チェック

 

ワイモバイルの使っているバンドについては紹介した通りです。

 

そのワイモバイルのバンドにスマホが対応しているかチェックが必要です。

 

キャリアで購入したスマホであれば、キャリアで公開されている下記の情報から確認をしましょう。

 

  • ドコモスマホのSIMロック解除対応機種の対応バンドはこちら
  • auスマホのSIMロック解除対応機種の対応バンドはこちら
  • ソフトバンクスマホのSIMロック解除対応機種の対応バンドはこちら

※「SIMロック解除のお手続きに関するご注意事項」を参照

 

 

SIMフリースマホの場合については、メーカーなどが公開している情報から確認しましょう。

 

 

Android One 507SHのバンドを試しに確認してみる

 

 

 

ワイモバイルで取り扱っているSIMフリースマホ「Android One 507SH」で、受信できるバンドを試しに見てみます。

 

507shの通信仕様は下記のようになっています。

 

 

 

この通信仕様と、先ほどのワイモバイルの対応バンドと比較してみると、507shが受信できるバンドは下記のようになります。

 

 

バンド 3G 4G
W-CDMA FDD-LTE AXGP(TD-LTE)
Band1

(2.1GHz)

 
Band3

(1.7GHz)

   
Band8

(900MHz)

 
band11

(1.5GHz)

×    
band28

(700MHz)

  ×  
band41

(2.5GHz)

   

●:507shが受信できるワイモバイルのバンド
×:507shが受信できないワイモバイルのバンド

 

 

3G(W-CDMA)はband11が受信できず、4G(FDD-LTE)はband28が受信できないということが分かりました。

 

4G(FDD-LTE)のband28を受信することはできませんが、主要バンドではないため特に問題なく使えると思います。

 

 

ワイモバイルのバンドに対応しているSIMフリースマホを使おう

 

ワイモバイルのバンドに対応しているSIMフリーのスマホであれば、ワイモバイルのSIMカードのみ契約して使っていくことができます。

 

SIMフリースマホであれば問題ないですが、キャリアで購入したスマホはSIMロックがかかっているためSIMロック解除をしなければいけないのでご注意ください。

 

 

 

 

ワイモバイルのSIMカードのみを契約する場合は、SIMフリーのスマホを必ず用意しておきましょう。
※SIMカードのみの契約をすると、今なら最大1万5千円のキャッシュバックが付いてきます。
(キャッシュバック金額は時期によって変わるので、正確な金額はワイモバイルでご確認ください。)