SIMカードとかSIMフリーって何?知っておきたいスマホ基礎知識

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)に限らず、スマホを使っていれば「SIMカード」とか「SIMフリー」などの単語を聞いたことがあると思います。

 

普通に購入をしたりする場合には特に知らなくても大丈夫です。

 

しかし、ワイモバイルでSIMカードのみ契約してスマホをお得に利用する場合などには知っておかなければいけません。

 

そこで、今回はSIMカードやSIMフリーといったスマホの基礎知識を紹介していきたいと思います。

 

 

[目次]

  1. SIMカードとは
  2. SIMカードは3種類のサイズがある
  3. ワイモバイルで取り扱っているサイズは2種類
  4. SIMロックとSIMフリー
  5. SIMカードのみ契約してスマホを使う場合に必要な2つの注意
  6. SIMロックスマホはSIMロック解除が必要
  7. ソフトバンク⇔ワイモバイルもSIMロック解除が必要
  8. 通信規格と周波数帯の確認も必要
  9. まとめ

 

 

SIMカードとは

 

SIMカードとは、スマホの中に挿さっているICカードのことです。

 

 

スマホを契約するときにはSIMカードも同時に契約しています。

 

SIMカードには固有の番号が割り振られていて、契約者と契約内容を識別できるようになっています。

 

スマホ端末にSIMカードを挿すと契約内容が分かるので、スマホでかけ放題の通話をしたり、高速データ通信を利用したりできるようになります。

 

 

 

SIMカードは3種類のサイズがある

 

SIMカードには、標準SIM/microSIM/nanoSIMの3種類のサイズがあります。

 

 

スマホ端末はいずれかのサイズのSIMカードが挿さるように作られています。

 

そのため、SIMカードのみ契約する場合にはスマホに合ったサイズを選ぶ必要があります。

 

ワイモバイルで取り扱っているサイズは2種類

 

ワイモバイルではSIMカードのみ契約することができます。

 

しかし、取り扱っているサイズはmicroSIM/nanoSIMの2種類のみです。

 

SIMカードのみを契約する場合は、どちらかのサイズに合うスマホ端末を選びましょう。

 

 

SIMロックとSIMフリー

 

 

キャリアで購入したスマホ端末は、他社の回線で利用できないようになっています。

 

この制限のことをSIMロックと言います。

 

SIMロックスマホを他社回線で使うためには、制限を解除する「SIMロック解除」が必要です。

 

 

なお、「SIMロックによる制限がない」スマホも販売されています。

 

このようなスマホは、SIMフリースマホと呼ばれています。

 

 

SIMカードのみ契約してスマホを使う場合に必要な2つの注意

 

SIMカードをスマホ端末に挿すことで、通話や通信ができるようになります。

 

つまり、自分でスマホを用意してSIMカードのみを契約すれば、スマホが使えるようになります。

 

しかし、SIMカードのみを契約してスマホを使う場合、2つ注意しておくことがあります。

 

SIMロックスマホはSIMロック解除が必要

 

先ほど説明した通り、SIMロックスマホは他社回線で利用できないようになっています。

 

そのため、SIMロック解除をしてスマホを利用できるようにしなければいけません。

 

※SIMフリースマホはSIMロックの制限が無いので、特に気にしなくて良いです。

 

 

通信規格と周波数帯の確認も必要

 

スマホが通信をする際には、電波を利用しています。

 

電波で通信をする時には、通信規格・周波数帯(バンド)が重要になってきます。

 

通信規格と周波数帯はキャリアごとに違いがあるので、スマホが対応しているか確認が必要です。

 

ワイモバイルの通信規格と周波数帯(バンド)について

 

 

まとめ

 

ワイモバイルだけでなく、最近では格安SIMが流行っています。

 

紹介した基礎知識を覚えておけば、格安SIMなども自由に契約できるようになります。

 

ワイモバイルでもSIMカードのみの契約ができるため、スマホ端末を自分で用意して使うことも可能です。
(しかもワイモバイルのSIMカードは最大1万5千円のキャッシュバックが付いてきます。)

 

 

 

 

月額料金の節約や好きなスマホを使うためなどにも、本記事で紹介した基礎知識はぜひ覚えておいてください。