ワイモバイルはパケット繰り越し不可!?パケットに困らない3つの方法

 

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)では、余ったパケット(データ通信容量)を翌月に繰り越しすることができません。

 

しかし、色々なサービスを上手に利用していくことで、パケットに困らないように利用することができます。

 

ここでは、ワイモバイルでパケットに困らないようにするための3つの方法を紹介していきます。

 

 

 

 

利用できるデータ通信容量を2倍にする

 

ワイモバイルでは、データ容量2倍オプション無料キャンペーンが実施されています。

 

 

 

このキャンペーンを利用することで、契約しているスマホプランの倍のデータ通信容量を利用することができます。

 

  • スマホプランS:1GB⇒2GB
  • スマホプランM:3GB⇒6GB
  • スマホプランL:7GB⇒14GB

 

ただし、利用するためには快適モードなどの設定が必要になります。

 

詳しくは下記の紹介記事をご覧ください。

 

 

ワイモバイルの「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」の詳細

 

 

なお、データ通信容量2倍キャンペーンは2年間のみとなります。

 

2年経過後は、月額500円で引き続き利用できます。

 

 

 

データ通信容量を追加でもらう

 

実は、データ通信容量を追加でもらうこともできます。

 

追加でもらう時は、無料の方法と有料の方法があります。

 

 

【無料】パケットマイレージでパケットをもらう

 

 

パケットマイレージという無料サービスを利用してマイルを貯めていくと、貯めたマイルに応じてデータ通信容量をもらうことができます。

 

マイルはYahooにログインしたり、Yahoo!ショッピングやLOHACO、ヤフオクなどを利用することで貯まっていきます。

 

 

【有料】パケットを買い足す

 

データ通信容量を有料で買い足すこともできます。

 

 

 

500MBごと500円なので少し割高ですが、どうしても足りないという時には利用するといいです。

 

あまりにも足りなくなることが多いようであれば、スマホプランの変更を考えた方がいいです。

 

 

【有料】enjoyパックで500MBもらえる

 

 

 

enjoyパックという月額500円のサービスに加入すると、500MB分のデータ通信容量が貰えます。

 

買い足す場合は500円で500MBなので、いちおうオトクです。

 

ついでにYahooショッピングで使える500円クーポンと、Yahooショッピング・LOHACOでの買い物がTポイント最大12倍になる特典も付いてきます。

 

 

Yahooショッピング・LOHACOでの買い物が多い方にはオトクなサービスです。

 

 

 

Wi-Fiで節約する

 

家にいるときなど、外出した時などにWi-Fiでパケットの節約をすることで、1ヶ月で利用できるデータ通信容量も増えます。

 

家や職場のWi-Fiは活用する

 

家や職場にWi-Fiがある場合、必ず利用するようにしましょう。

 

特に容量が大きい動画などを見るときやアプリのダウンロードなどには、Wi-Fiを使わないとパケットの減りが早いです。

 

 

ソフトバンクWi-Fiスポットも活用する

 

ワイモバイルを契約すると、ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で利用できるようになります。

 

ソフトバンクWi-Fiスポットは結構色々なお店にあります。

 


↑こんなステッカーがあります

 

見かけたら積極的に利用しましょう。

 

 

 

まとめ

 

ワイモバイルはパケットの繰り越しこそないですが、少し工夫をすることで問題なく利用できます。

 

特に下記の2点は重要です。

 

  • データ容量を2倍使えるようにする
  • Wi-Fiでパケットの節約をする

 

 

「ワイモバイルを使っていると、すぐ速度低下してしまう」というような方は、ぜひ本記事を参考に使い方や設定を見直してみてください。