【終了】ワイモバ学割 5〜18歳とその家族に適用するための条件と注意事項


 

※ワイモバ学割は2019年5月31日(金)で受け付け終了しました。

 

ワイモバイル(Y!mobile)で学割サービス「ワイモバ学割」が開始されました。
今回は5〜18歳の利用者と、その家族の両方が適用できるお得な割引になっています。

 

家族みんなで上手に申し込めば、普段よりもすごくお得に申し込みできます。

 

このページではワイモバ学割の申し込み方法や適用条件、注意事項などについて詳しく紹介していくので、5〜18歳のお子様がいる家庭はぜひご確認ください。

 

 

ワイモバ学割は「学生向け」と「家族向け」の2種類がある

 

ワイモバイルでは毎年学割キャンペーンが行われていますが、今年は例年と違って2種類の学割があります。

 

  • 5〜18歳の利用者に適用される「ワイモバ学割(学生向け)」
  • ワイモバ学割(学生向け)を適用した家族に適用される「ワイモバ学割(家族向け)」

 

5〜18歳の利用者がいるご家庭で、家族みんなで申し込みをすれば全員割引されます。
例年よりもスゴクお得な学割になっているので、利用を検討してみてください。

 

それでは、ワイモバ学割について詳しく解説していきます。

 

 

ワイモバ学割(学生向け)の詳細

 

まずは5〜18歳向けのワイモバ学割(学生向け)について、解説します。

 

キャンペーン期間

以下の期間で、ワイモバイルへスマホプランM/Lを申し込んだ方が対象となります。

  • 2018年12月5日〜2019年5月31日

 

キャンペーンの適用条件

ワイモバ学割(学生向け)の特典は、特典Aと特典Bの2種類があります。
それぞれの特典の適用条件については、以下の通りです。

 

特典Aの適用条件

 

特典Aの適用条件は4つです。

 

  1. 利用者年齢がお申し込み時点で5歳以上、18歳以下であること
  2. 契約時に、利用者の年齢確認書類を提示すること
  3. 利用者の本キャンペーンの申し込みが初めてであること
  4. 新規契約、MNP、ソフトバンクからの番号移行のいずれかにて、スマホプランM/Lを契約すること(ベーシックプランは対象外)

 

特典Bの適用条件

 

特典Bの適用条件は1つです。

 

  1. 特典Aの適用条件を満たす状態で、おうち割 光セット(A)が適用されていること

 

特典Aの適用条件を満たしたうえで、おうち割 光セット(A)を適用していれば、特典Bが適用されます。
ぱっとみると特典Bの方がお得に見えますが、実はそうでもありません。

 

その理由は、次で紹介します。

 

キャンペーン特典

キャンペーンの適用条件を満たした場合、下記の特典Aまたは特典Bの割引が適用されます。

 

割引金額(税抜き)
  • 特典A:月額1,000円引き(※1)
  • 特典B:月額1,500円引き(※2)
割引の適用期間 契約月を1ヶ月目として13ヶ月間

(※1)加入月の割引金額は日割り計算となります。
(※2)適用条件が確認された当月利用分から適用される。また特典Aとは重複適用されない

 

特典Bに関する注意事項

 

特典Bはおうち割 光セット(A)の適用が条件になっているのですが、以下2つの割引は重複して適用されません。

 

  1. おうち割 光セット(A)
  2. 家族割引サービス

 

これが先ほど説明した、特典Bがあまりお得でない理由です。
特典Aは家族割引が重複して適用できるので、家族割引が適用されていれば特典Bと同じ1,500円の割引になります。

 

家族割引は主回線が500円割引にならないので、その分は特典Aよりも500円追加で安くなるのがメリットです。

 

ワイモバ学割(家族向け)の詳細

 

次はワイモバ学割(家族向け)について、解説します。

 

キャンペーン期間

以下の期間で、ワイモバイルへスマホプラン・ケータイプランSSを申し込んだ方が対象となります。

  • 2018年12月5日〜2019年5月31日

 

キャンペーンの適用条件

ワイモバ学割(学生向け)と同じように、A・Bの2種類の特典があります。

 

特典Aの適用条件を満たしたうえで、おうち割 光セット(A)を適用していれば、特典Bが適用されます。
特典Aの適用条件は、学生向けの条件と微妙に違います。

 

それぞれの特典の適用条件については、以下の通りです。

 

特典Aの適用条件

 

特典Aの適用条件は2つです。

 

  1. ワイモバ学割に申し込んでいる回線と、同一グループの家族割引サービスに加入していること
  2. 新規契約、MNP、ソフトバンクからの番号移行のいずれかにて、スマホプランS/M/LもしくはケータイプランSSを契約すること(ベーシックプランは対象外)

 

特典Aの適用条件においてワイモバ学割(学生向け)と少し違う点は、後からスマホプランM/Lに契約変更しても割引適用されるという点です。

 

ただし特典適用期間は、適用条件を満たした月から開始されるので、後からプラン変更をすると適用期間が短くなります。

 

【例】

2019年1月にスマホプランSにMNPで乗り換え、ワイモバ学割(学生向け)を適用した回線と家族割引を組んだ。
2019年7月にスマホプランMに手続きを行い、翌月にスマホプランMに変更されたため、2019年8月にワイモバ学割(家族向け)が適用された。
この場合の割引適用期間は、2020年1月までとなる。

 

特典Bの適用条件

 

特典Bの適用条件は1つです。
特典Bの条件については、ワイモバ学割(学生向け)と全く同じです。

 

  1. 特典Aの適用条件を満たす状態で、おうち割 光セット(A)が適用されていること

 

キャンペーン特典

キャンペーンの適用条件を満たした場合、下記の特典Aまたは特典Bの割引が適用されます。

 

割引金額(税抜き)
  • 特典A:月額1,000円引き(※1)
  • 特典B:月額1,500円引き(※2)
割引の適用期間 適用条件を満たした月を1ヶ月目として13ヶ月間

(※1)加入月の割引金額は日割り計算となります。
(※2)適用条件が確認された当月利用分から適用される。また特典Aとは重複適用されない

 

特典Bに関する注意事項

 

特典Bはおうち割 光セット(A)の適用が条件になっているのですが、以下2つの割引は重複して適用されません。

 

  1. おうち割 光セット(A)
  2. 家族割引サービス

 

重複して適用されてない点については、学生向けと同じです。

 

 

ワイモバ学割の必要書類

 

ワイモバイル学割の申し込みに必要な書類について、紹介します。
学生向け・家族向けの申し込みの際に必要な書類は異なるので、それぞれ紹介します。

 

ワイモバ学割(学生向け)の必要書類

 

ワイモバ学割(学生向け)を申し込む際には、「契約者の本人確認書類」と「利用者の年齢確認書類」が必要です。

 

契約者の本人確認書類 以下のいずれかが必要
  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票
利用者の年齢確認書類 以下のいずれかが必要
  • 学生証(氏名、生年月日が確認できるページ)
  • 健康保険証+住民票

 

学割シーズンならではですが、利用者の年齢確認書類として学生証を利用できます。
(普段はできません。)

 

学生証を持っていない、または氏名・生年月日が確認できない学生証の場合は、健康保険証+住民票の組み合わせで書類を用意しましょう。

 

ワイモバ学割(家族向け)の必要書類

 

ワイモバ学割(家族向け)を申し込む場合は、家族割引を適用します。
家族割引には、家族であることを証明できる、親回線・子回線の契約者の本人確認書類(家族確認書類)が必要です。

 

家族確認書類は、同居している場合と同居していない場合で必要な書類は変わってきます。

 

同居している場合 同じ住所であることが確認できる、親回線・子回線の契約者それぞれの本人確認書類
別居している場合 親回線・子回線の契約者それぞれの本人確認書類と、家族であることがわかる以下の書類いずれか
  • 戸籍謄本
  • 住民票記載事項証明書(発行から3ヵ月以内のものに限る)
  • 同性のパートナーシップを証明する書類

 

ほとんどの場合は同居しているケースが多いと思います。
本人確認書類として利用でき、かつ同住所であることが確認できる書類は以下いずれかの書類がいいでしょう。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票

 

別居している場合は、戸籍謄本を追加でアップロードすれば大丈夫です。

 

なお家族確認書類の詳細については、以下のページでも解説しています。
もう少し詳しく知りたい方は、ご覧ください。

 

 

 

ワイモバ学割の申し込み方法

 

次に、オンラインストアでのワイモバイル学割の申し込み方法について紹介します。
※店舗で申し込む場合は必要書類を持って来店してください。

 

ワイモバイル学割(学生向け)の申し込み方法

 

申し込みの際に利用者を「契約者と別」として、後は年齢確認書類をアップロードします。
流れとしては、以下のようになります。

 

「利用者と別」を選び、利用者情報を入力

 

書類をアップロードする

 

年齢確認書類は、以下どちらかの書類をアップロードしてください。

 

  • 学生証(氏名、生年月日が確認できるページ)
  • 健康保険証+住民票

 

ワイモバイル学割(家族向け)の申し込み方法

 

ワイモバ学割(家族向け)の場合は、ワイモバイル申し込みと同時に家族割引を申し込みます。

 

「家族割引サービス」にチェック

 

書類をアップロードする

 

アップロードする書類は、先に解説した家族確認書類を用意しましょう。

 

 

ワイモバ学割の抑えておきたい5つのポイント

 

【注意】特典Bとおうち割光セット(A)の特典は併用できない

 

ワイモバ学割での特典Bは割引額が1,500円となるので、ぱっと見るとお得に見えるかもしれません。
しかし実は、割引金額は特典Aと大きく変わりません。

 

特典Aは家族割引が併用できるので、合計の割引金額は1,500円になります。
※ただし主回線は家族割引が適用されないので、割引金額は1,000円です。

 

特典Bはおうち割光セット(A)も家族割引も併用できないので、合計で1,500円のままです。

 

「あれっ?割引金額が少ない!」と勘違いしやすい点なので、ご注意ください。

 

ワイモバ学割は条件を満たせば自動適用される

 

ワイモバ学割は学生向け、家族向けともに割引申請の必要がありません。
適用条件を満たせば、自動的に割引が適用されます。

 

割引の申し込みを追加で行う必要は無いので、簡単です。

 

ワイモバ学割(学生向け)は利用者が5〜18歳であれば適用される

 

ワイモバ学割(学生向け)の良いところは5〜18歳の利用者が対象になっている点です。
親が利用する携帯の利用者を、5〜18歳のお子様にしておけば割引が適用されます。

 

ワイモバ学割(学生向け)が適用できれば、2回線目以降はスマホプランM/Lで家族割引を適用して申し込みするだけです。

 

5〜18歳のお子様がいる家庭であれば、すごくお得になります。

 

ワイモバ学割(家族向け)は後から家族割引を適用してもいい

 

ワイモバイル学割(家族向け)の適用条件の1つとして、家族割引の適用があります。
実は申し込み時でなくても、キャンペーン期間内であれば後から家族割引を適用すれば、キャンペーンの対象となります。

 

ワイモバ学割の適用イメージ

 

SIMカード単体契約も含め、全機種が対象

 

ワイモバイル学割は学生向け・家族向けのどちらも、スマホ全機種がキャンペーン対象になっています。
もちろんSIMカード単体契約も対象です。

 

同時適用できるお得なキャンペーンも開催されているので、あわせて利用すればお得度は倍になります。

 

 

 

 

まとめ

 

ワイモバ学割は学生向け、家族向けの2つが用意されているお得なキャンペーンです。
5〜18歳のお子様がいる家庭であれば利用できますし、その他のキャンペーンとも併用できる点も魅力的です。

 

学割シーズンは特にショップが混みやすくなるので、簡単に自宅から手続きできるオンラインストアからの申し込みがオススメです。

 

オンラインストアでの申し込みは、以下3つのメリットもあります。

 

  1. オンラインストア限定のキャンペーンも利用できる
  2. ショップでの店頭手数料(またはオプション契約)が不要
  3. 送料無料

 

手間をかけず、さらにお得に申し込むのであればオンラインストアの利用も検討してみてください。