【終了】ワイモバイルのタダ学割!申し込み方法から必要書類まで徹底解説

 

 

※タダ学割は2018年5月31日で受け付け終了したキャンペーンです。

 

ワイモバイル(Y!mobile)では5月31日までの期間限定にて、「タダ学割」というお得な学割キャンペーンを開催しています。

 

タダ割を適用すると、基本使用料が3ヶ月1,000円引きとなるので、ぜひ利用したいところ。

 

今回はタダ学割の申し込み方法や適用条件、必要書類などを徹底解説します。

 

 

 

 

 

タダ学割とは

 

タダ学割はワイモバイルで実施されている学割キャンペーンです。

 

特徴的なのは、下記の2点です。

 

  • 学割といっても学生だけでなく、5歳〜18歳以下であれば利用できる
  • 利用者登録するだけで適用できる
  • 親だけでなく、祖父母などもタダ学割の対象にできる
  •  

 

つまり、5歳〜18歳以下の家族を利用者としてしまうと、本人でなくとも利用できるという超お得なキャンペーンです。

 

 

ただし、利用者1人につき1回までしか適用できません。

 

両親の両方のスマホの利用者を、同じ子供にした場合などは片方しかタダ学割が適用されないのでご注意ください。

 

タダ学割の2つの特典

 

タダ学割は「基本使用料が一定期間無料」、「データ容量が次の機種変更まで2倍」という2つの特典があります。

 

特典1 「基本使用料が一定期間無料」

基本使用料が、契約月から3ヶ月間無料となります。
※なお、2017/12/31までに契約した場合は2018/3/31までの4ヶ月間無料でした。

 

特典2 「データ容量が次の機種変更まで2倍」

データ容量2倍オプションの月額料金540円(税込)が次回の機種変更まで無料となります。

 

 

タダ学割の適用条件

 

それではタダ学割を適用させるために必要な条件を、具体的に紹介します。

 

  • 利用者が5〜18歳以下であること
  • スマホプランS/M/Lいずれかの契約であること
  • 新規契約、またはMNP(ソフトバンクの番号移行を含む)による乗り換えであること
  • 2018/5/31(木)までに申し込みをすること

 

この4つを満たしていればOKです。

 

利用者が5〜18歳以下であること

 

申し込み時点で5〜18歳以下であればOKです。

 

スマホプランS/M/Lいずれかの契約であること

 

つまり、スマホの契約(いちおう、ガラケーでのスマホプラン契約も含む)をした方限定のキャンペーンということですね。

 

ガラケーのケータイプランSSは対象外となります。

 

新規契約、またはMNP(ソフトバンクの番号移行を含む)による乗り換えであること

 

新規契約もMNP(ソフトバンクからの番号移行による乗り換えも含む)は、全て対象となります。

 

PHSからの契約変更は、機種変更は残念ながら対象外です。

 

2018/5/31(木)までに申し込みをすること

 

申し込みは2018/5/31(木)までに行わなければいけません。

 

この申し込み時点で利用者が18歳であればOKです。

 

 

タダ学割に必要な書類

 

タダ学割を適用するためには、「契約者の本人確認書類」と「利用者の年齢確認書類」が必要になります。

 

利用者の年齢確認書類は健康保険証で問題ないそうです。
(オンラインストアのチャットにて確認済)

 

ただし、利用者と契約者が同じ住所かつ名字でない場合には必要な書類が増えます。

 

利用者が契約者と同じ住所、かつ同じ名字である場合

  • 契約者の銀行口座 もしくは クレジットカード(※)
  • 契約者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証+住民票など)
  • 年齢確認書類(健康保険証など)

 

利用者が契約者と違う住所、または違う名字である場合

  • 契約者の銀行口座 もしくは クレジットカード(※)
  • 契約者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証+住民票など)
  • 年齢確認書類(健康保険証など)
  • 利用者の家族証明書類(戸籍謄本など)

 

※オンラインストアからの申し込みは、支払いはクレジットカードのみとなります

 

 

本人確認書類と家族証明書類の詳細

 

 

「本人確認書類と家族証明書類って何を用意すればいいの?」と思う方もいらっしゃると思うので、何を用意すればいいかご説明したいと思います。

 

本人確認書類について

 

本人確認書類は、下記のいずれかになります。

 

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 健康保険証+補助書類

 

補助書類は、下記のいずれかになります。

 

  • 住民票(住民票記載事項証明書の原本でも可)
  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)または官公庁発行の印刷物
  • ソフトバンク発行の請求書や領収書(発行日から3ヵ月以内のもの)

 

なお、戸籍謄本(住民票)は発効から3ヶ月以内が有効期間となります。

 

 

家族証明書類について

 

同一住所かつ同一苗字でない場合は、家族証明書類が必要になります。

 

違う住所に住んでいる祖父母などを契約者とする場合には、必ず用意してください。

 

家族証明書類は、発効から3ヶ月以内の戸籍謄本(世帯連記式の住民票)があればOKです。

 

 

ちなみに、親せきなども血縁であれば「家族」と見なされます。

 

「この関係は家族なの?」と疑問に思う場合は、「家族と見なされる条件」をご覧ください。

 

 

 

タダ学割の申し込み方法

 

店舗に行く場合は必要書類を持っていくだけです。

 

ここではオンラインストアからの申し込み方法を紹介します。

 

といっても気を付ける点は2つだけです。

 

  • 申し込み時に「利用者」を契約者と別にする
  • 必要書類を後でアップロードする

 

順に見ていきましょう。

 

 

申し込み時に「利用者」を契約者と別にする

 

オンラインストアから申し込みをすると、途中で利用者を入力する箇所が出てきます。

 

「契約者と別」にチェックを入れて、利用者の情報を入力すればOKです。

 

 

 

必要書類を後でアップロードする

 

申し込みが完了すると、あとから書類をアップロードするためのURLが送られてきます。

 

スマホで写真を撮ったり、パソコンに取り込んだ必要書類を、このURLからアップロードしてください。

 

 

ちなみに書類の不備があれば、あとから電話がかかってくるので安心してください。

 

 

実際、以前に私が申し込んだとき、書類の不備があったのでアップロードしなおしたことがあります(笑)

 

そのときは戸籍謄本を3ページ目(家族証明に必要っぽいところ)だけアップロードしたのですが、全部欲しいと言われました。

 

 

 

まとめ

 

 

タダ学割は本人が18歳以下でなくても、利用者が5〜18歳以下であれば適用できるお得なキャンペーンです。

 

料金が通常時よりも安くなるので、ワイモバイルへの乗り換えを考えている方でお子様がいらっしゃる場合はタダ学割をぜひご利用ください。