【ガチ比較】auピタットプランはワイモバイルより安い?オススメ?

 

ワイモバイル(Y!mobile)と同じように月額1,980円という触れ込みで、auから「auピタットプラン」という新プランが提供開始されました。

 

auから格安SIMへの対抗策として始まったプランらしいのですが、本当に月額料金は安いのでしょうか?

 

ワイモバイルと比較をして、本当に良いプランなのか検証をしていきます。

 

 

 

 

auピタットプランの料金について

 

まずはauピタットプランの料金について確認していきます。

 

auピタットプランでは、3つの通話プランを選ぶことができます。

 

スーパーカケホ 1回5分以内の国内通話が24時間カケ放題

「誰でも割+家族割」適用時、家族間の通話は無料(※)

カケホ 国内通話24時間カケ放題
シンプル 国内通話は話した分だけ支払い。

20円/30秒の国内通話料が別途かかります。
「誰でも割+家族割」適用時、家族間の通話は無料(※)

(※)「誰でも割(スマイルハート割引または誰でも割ライト)+家族割」適用時、同一の家族割にご加入の家族への通話が無料になる

 

 

通話プランごとの月額料金は、下記の通りになります。

 

通話プラン 〜1GB 〜2GB 〜3GB 〜5GB 5GB超〜20GB
スーパーカケホ 1,980円 2,980円 3,480円 4,480円 5,480円
カケホ 2,980円 3,980円 4,480円 5,480円 6,480円
シンプル 1,980円 2,480円 2,980円 3,980円 4,980円

※誰でも割、ビッグニュースキャンペーン、auスマートバリュー適用時の料金

 

 

スーパーカケホ、シンプルプランの1GBまでが1,980円となっています。

 

 

ワイモバイルとauピタットプランを比較

 

比較した結果、ワイモバイルの方がオススメです。

 

 

まず、ワイモバイルとauピタットプランのプラン内容と料金を比較してみます。

 

ワイモバイルはスマホプランS/M/Lの3プラン、auピタットプランはスーパーカケホプラン(5分かけ放題)で比較をします。

 

データ容量ワイモバイル(※)au
1GB−(無し)1,980円
2GB1,980円2,980円
3GB−(無し)3,480円
5GB−(無し)3,480円
6GB2,980円5,480円
10GB−(無し)5,480円
14GB4,980円5,480円
20GB−(無し)5,480円

(※)ワイモバイルはデータ容量2倍オプション無料キャンペーンで、最初の2年間データ容量が2倍使えます。

 

 

ざっとプランの内容も比較してみます。

 

ワイモバイルは10分かけ放題が無料で付いてきますが、auピタットプランではスーパーカケホで5分かけ放題となります。

 

無制限かけ放題のカケホプランは、月額料金が1,000円高くなってしまいます。

 

以前私もドコモで5分かけ放題を使っていましたが、5分の通話時間は短くて使いづらいです。

 

 

1番利用者数が多い3GB以上のプランに関しても、auピタットプランは3,480円〜となっていますが、ワイモバイルは2,980円〜です。

 

同じ6GBでも、それぞれ2,980円と5,480円という料金になっており、大きな開きがあります。

 

 

10分かけ放題付きで安く使えるワイモバイルの方が、オススメです。

 

 

 

 

 

auピタットプランで気を付けるべき5つの点

 

auピタットプランは一見安い料金に見えますが、注意しなければいけない点が5つあります。

 

auスマートバリューが前提となる

 

料金の注意書きにも記載しましたが、auピタットプランの1,980円〜というのは、「auスマートバリューによる割引」が前提となっています。

 

auスマートバリューはauひかりに加入しなければいけません。

 

 

ワイモバイルでも同じように光インターネットによる割引サービス(光セット割)があります。

 

光セット割を適用した場合、1,980円〜の月額料金はさらに500円安くなります。

 

 

auピタットプランの場合はauスマートバリューを適用しないと、500円または1,000円高くなってしまうので微妙です

 

 

ビッグニュースキャンペーンは期間限定

 

auスマートバリューと同じく、「ビッグニュースキャンペーン」を適用することが1,980〜の料金にするための前提となっています。

 

ビッグニュースキャンペーンは、2017年7月14日(金)〜2017年12月31日(日)の期間限定受付となっています。

 

この期間が終わったら、料金はどうなるのでしょうか。。。

 

 

使うほど料金が発生する「従量制プラン」

 

auピタットプランは、使ったデータ通信量に合わせて料金が高くなる「従量制プラン」です。

 

データ通信を使いすぎた月は、思ったより高くなるということがあるので要注意です。

 

 

毎月割が適用されなくなる

 

通常スマホを購入するときに利用する「毎月割」が適用されなくなります。

 

au端末購入サポートは対象となるのが救いですが、毎月割が適用されないのは痛いです。

 

いくら月額料金が安くなっても、端末代金が高いのでは割に合いません。

 

端末料金と合わせて、本当に安くなるのか見極めが必要になります。

 

 

テザリングはいずれ有料になる

 

auでテザリングを使う場合、いずれ有料になるのはご存知でしょうか?

 

2018年3月まではテザリング料金が無料なのですが、それ以降は有料になります。

 

ワイモバイルは、、、普通にテザリング無料です。

 

 

ワイモバイルがauピタットプランより良い5つの点

 

ワイモバイルがauピタットプランより良いと思う点を5つ紹介します。

 

10分かけ放題が付いている

 

基本のスマホプランS/M/Lに10分かけ放題がついてきます。

 

追加料金なくかけ放題を利用できる点はスゴイ良いです。

 

また、5分でなく10分であるところも良いです。

 

 

5分は少し話しこむと超えることが多いのですが、10分であれば余裕をもって話し終えることができます

 

光インターネットや家族割引でさらに安くなる

 

ワイモバイルでは、光インターネットによる割引「光セット割」や家族利用による割引「家族割引」が用意されています。

 

1,980円〜の料金がさらに安くなるので、上手く適用していくとすごく安くなります。

 

我が家でも、もちろん家族割引を活用しています。

 

月額割引もしっかり適用される

 

もちろん、端末購入による月々の料金割引「月額割引」も適用されます。

 

最安のスマホ端末を購入すれば、端末料金を含めて1,980円(税抜き)で利用することも可能です。

 

 

端末代金を含めると高くなるというのは携帯あるあるですが、ワイモバイルは本当に安いです。

 

テザリングはずっと無料

 

テザリングはずっと無料です。

 

また、以前はSIMフリー版iPhoneではテザリングができなかったのですが、SIMフリー版iPhoneでのテザリングも可能になりました。

 

最初の2年はデータ容量2倍使える

 

データ容量2倍オプション無料キャンペーン」によって、最初の2年間はデータ容量が2倍使えます。

 

このキャンペーンによって、auピタットプランよりも圧倒的にコスパが良くなっています。

 

最初の2年が終わった場合、500円のオプション料金で2倍使うことも可能です。

 

 

【まとめ】ワイモバイルの方がオススメ

 

auピタットプランは格安料金プランという触れ込みでしたが、実際に見てみると微妙なプランに見えました。
複雑で料金も分かりにくいです。

 

一方のワイモバイルは料金プランがシンプルな上に安いので、使いやすいです。

 

比較してみた結論としては、ワイモバイルの方が安くてオススメです。