ワイモバイルのSIMカードのみ契約で貰えるキャッシュバックの詳細

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)ではSIMカードのみ契約した場合、キャッシュバックを為替証書で貰うことができます。

 

本記事では、キャッシュバックの金額や貰うための詳細条件、お得なスマホプラン選び方を紹介していきます。

 

 

 

 

各プランのキャッシュバックの金額とプラン月額料金

 

まず、スマホプランごとのキャッシュバック金額を見てみます。

 

スマホプランS 10,000円
スマホプランM 15,000円
スマホプランL

 

キャッシュバックの金額と同額の普通為替証書が、契約先の住所に郵送されます。
郵送時期は、契約成立の翌々月末以降です。

 

 

次にスマホプランごとの1年目の月額料金を見てみます。

 

プラン名 月額料金(税抜き)
スマホプランS(2GB) 1,980円
スマホプランM(6GB) 2,980円
スマホプランL(14GB) 4,980円

※ワンキュッパ割、スマホプラン割引を適用した1年目の月額料金です

 

スマホプランMはスマホプランSよりも月額料金が1,000円高いだけです。

 

しかし、キャッシュバック金額はスマホプランLと同じ15,000円となっているので、コスパがいいです。

 

 

キャッシュバックの概要

 

ワイモバイルの音声SIMを新規または他社からのりかえで契約した場合、普通為替証書が契約先の住所に郵送されます。

 

郵送時期は、契約成立の翌々月末以降です。

 

 

なお、解約・契約変更する場合には注意が必要です。

 

契約月を1ヵ月目として、24ヵ月以内にスマホプランS/M/Lを解約または契約変更した場合、最大10,000円(税込)が、スマホプランS/M/Lの契約解除料10,260円(税込)に追加で発生します。

 

 

つまり、解約・契約を変更すると最大20,260円(税込)の契約解除料が発生するので、ご注意ください。

 

キャッシュバック分はしっかりと取り返されてしまいます。。。

 

【補足】スマホプラン間の変更は契約変更にならない

スマホプラン間の変更は、契約変更となりません。
そのため、スマホプランS/M/Lの間での変更は契約解除料が発生しません。

 

ただし、スマホベーシックプランS/M/L(2年縛りがないスマホプラン)へ変更する場合は契約変更となるので、ご注意ください。

 

 

キャッシュバックが無効となる条件

 

キャッシュバックが無効となる条件もあるので、注意が必要です。

 

発送時点で次のいずれかに該当する場合、受け取りの権利が無効となります。

 

  1. 契約時のプランまたは契約種別を変更している場合
  2. 解約している場合
  3. 利用料金の支払いを確認できない場合
  4. 発送先住所が不明、転居・連絡不能などで商品が届けられなかった場合
  5. 受取人が不在のため、差出人戻りになった場合

 

普通に使っていれば特に問題ないですが、スマホプランを変更したくなった時などは注意が必要です。

 

 

スマホプランSよりもMの方がお得に利用できる

 

キャッシュバックの金額とキャッシュバックが無効となる条件を紹介しました。

 

その2つの条件を踏まえると、スマホプランMを契約するのが一番お得です。

 

 

スマホプランMは3GB(2倍で6GB)のデータ通信容量を使えますが、月額料金はスマホプランSより1,000円高いだけです。

 

しかし、キャッシュバックはスマホプランSよりも5,000円高いです。

 

 

5,000円はスマホプランSとMの月額料金の差額にすると、約5ヶ月分(1,000円×5)と同じです。

 

契約当初はスマホプランMにして、5ヶ月以内にスマホプランSへ変更すればキャッシュバック分がお得になりつつ、データ通信容量が多く使えます。

 

プラン変更もMy Y!mobileからすぐに行えるので、よりお得にワイモバイルを使いたい方はお試しください。

 

 

 

 

ちなみに、データ通信容量が2倍使える「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」はスマホプランを変更した場合は、変更後のスマホプランと同じ容量で利用できます。

 

スマホプランMでは+3GBですが、スマホプランSに変更すると+1GBに戻ります。
(さすがに3GB使えるほど甘くはなかった。。。)

 

ワイモバイルのデータ容量2倍オプション無料キャンペーン詳細

 

 

【注意】為替証書が届くまではプラン変更してはダメ

 

ただし、一点気を付けなればいけません。

 

それは、
「契約してすぐにプラン変更していはいけない」
という点です。

 

発送時点で、契約時のプランまたは契約種別を変更している場合は、キャッシュバックが無効となってしまいます。

 

 

そのため、プラン変更は為替証書が届いてから行わないと、キャッシュバック自体が貰えなくなるのでご注意ください。

 

 

まとめ

 

SIMカードのみを契約した場合はキャッシュバックを貰うことができますが、貰うための条件があります。

 

普通に使っていれば問題なく貰えるようになっていますが、スマホプランの変更などを行う場合などには注意が必要です。

 

 

また、よりお得に利用するのであれば、本記事内で紹介したようにスマホプランMがお勧めです。

 

キャッシュバックをしっかり貰いつつ、SIMカードを契約しちゃいましょう。