【ドコモと比較】docomo Withとワイモバイルはどっちがおすすめ?

 

 

ドコモとauが格安SIMなどへの対抗のため、新料金プランを新たに提供し始めました。
ドコモで提供開始されたのは「docomo With」という料金プランです。

 

月々1,500円割引になるというのが特徴ですが、ワイモバイルと比較するとどっちがいいのでしょうか?

 

ドコモとワイモバイルを比較してみたいと思います。

 

 

 

 

docomo Withの概要

 

まず、docomo Withは対象機種を購入すると、次の機種変更まで1,500円割引になるという割引サービスです。

 

対象機種を購入した際に、下記いずれの料金プランおよびパケットパックに加入すると、割引が適用されます。

 

対象料金プラン※
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • シンプルプラン(スマホ)
対象パケットパック
  • データパック(S/M/L)
  • ウルトラデータパック(L/LL)
  • シェアパック(5/10/15/20/30)
  • ウルトラシェアパック(30/50/100)
  • ビジネスシェアパック(5〜3000)
  • ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

※「ずっとドコモ割コース」「フリーコース」「定期契約なし」も対象

 

 

docomo Withの2つの注意点

 

docomo Withには2つ注意点があります。

 

1つ目は、対象機種が限られているという点です。

 

2017年8月時点では、

 

  • arrous Be F-05J
  • Galaxy Feel SC-04J

 

の2機種のみとなっています。

 

 

2つ目は、月々サポートや端末購入サポートが利用できないということです。

 

端末料金の補助を行わないことで、月々の料金を割り引きするということになっています。

 

そのため、プラン料金が安くなっても結果的に料金は高いままということになりかねないです。

 

長く端末を使い続けることで、初めてdocomo Withのメリットが出てきます。

 

 

ワイモバイルの料金プランと比較

 

それでは実際、どのくらいの料金になるのか比較してみます。

 

なお、ここでは端末代金は比較に含みません。

 

 

1人の場合の料金イメージを比較

 

1人でスマホを使っている場合の料金イメージを比較してみます。

 

まずはドコモの料金イメージを見てみます。

 

ドコモの料金イメージ

カケホーダイライト 1,700円
SPモード 300円
データSパック(2GB) 3,500円
docomo With -1,500円
合計 4,000円

 

月額料金は4,000円と、けっこう高めです。

 

これに端末料金が上乗せされます。

 

 

次にワイモバイルの料金イメージを見てみます。

 

ワイモバイルの料金イメージ

スマホプランS

(1GB2GB)※1

3,980円
ワンキュッパ割※2 -1,000円
スマホプラン割引 -1,000円
合計 1,980円

※1:2年間、2倍のデータ通信容量が使えます
※2:加入翌月から12ヵ月間、適用されます

 

2年間で支払う月額料金の平均は、2,480円となります。
(1年目:1,980円、2年目:2,980円)

 

 

月額料金の差額で比較すると、ワイモバイルの方が1,500円ほど安いことになります。

 

しかし、ワイモバイルは10分かけ放題なのに対してドコモは5分かけ放題なので、ワイモバイルの方がお得感は大きいです。

 

 

家族3人の場合の料金イメージを比較

 

次に家族3人の場合を比較してみます。

 

まずはドコモの料金イメージを見てみます。

 

項目 1人目(代表回線) 2人目 3人目(25歳以下)

シンプルプラン

980円 980円 980円
spモード 300円 300円 300円
シェアパックS 6,500円 500円 500円
docomo With -1,500円 -1,500円 -1,500円
合計 6,280円 280円 280円

 

月額料金は3人合計で6,840円。1人当たり2,280円となります。

 

ただ、シンプルプランはかけ放題の対象が家族のみとなっているので、通話料金に注意が必要です。

 

 

次にワイモバイルの料金イメージを見てみます。

 

項目 1人目(主回線) 2人目 3人目

スマホプランS
※1

3,980円 3,980円 3,980円
ワンキュッパ割※2 -1,000円 -1,000円 -1,000円
スマホプラン割引 -1,000円 -1,000円 -1,000円
家族割引 0円 -500円 -500円
合計 1,980円 1,480円 1,480円

※1:2年間、2倍のデータ通信容量が使えます
※2:加入翌月から12ヵ月間、適用されます

 

 

2年間で支払う月額料金の平均は、3人合計で6,440円。1人当たり2,146円です。

 

 

結局はワイモバイルが安い

 

1人で契約する場合は、ワイモバイルの方が明らかに安いです。

 

家族で契約する場合は、ドコモとワイモバイルの料金はかなり近くなってきます。

 

docomo Withとシンプルプランを組み合わせれば、ドコモは1人当たりの月額料金を2,280円くらいまで抑えられます。

 

しかし、これはワイモバイルの2年間の料金とほぼ同額です。

 

シンプルプランはかけ放題がついていないですし、端末の購入サポートが付いていない状態になるので割高になるケースが多くなります。

 

そのため、家族で契約する場合もワイモバイルの方が安いです。

 

 

比較してみると、結局はワイモバイルの方が安いです。

 

 

 

【結論】ワイモバイルの方がおすすめ

 

docomo Withによって料金は安くなりますが、

  • 機種変更ができない
  • 月々サポートなどの割引が適用できない

といったデメリットがあります。

 

月々の料金が安くなるのは魅力的ですが、まだまだ高いと思います。

 

料金を安くするのであれば、やはりワイモバイルがおすすめです。