料金激安のDMMモバイルとワイモバイル(Y!mobile)はどっちがおすすめ?

料金激安のDMMモバイルとY!mobileはどっちがおすすめ?

 

格安スマホの中でも特に安いのが業界最安値クラスの価格と豊富なプラン数を提供しているDMMモバイルです。

 

DMMモバイルの価格の安さはワイモバイル(Y!mobile)よりもはるかに上です。

 

しかし、もちろんワイモバイルの方が良い点も多いです。

 

ワイモバイルとDMMモバイルはどちらの方がよいのでしょうか?

 

両方の比較をしてみます。

 

 

 

 

プラン内容の比較

 

まずは通話SIMのプラン内容を比較してみます。

 

ワイモバイルの基本プランの数は3つ。

 

スマホプランS(1GB)/スマホプランM(3GB)/スマホプランL(7GB)です。

 

それぞれのプランの詳細および料金は下記のようになります。

 

プラン名 データ通信容量 月額料金(税抜き) *1
スマホプランS 1GB 1,980円
スマホプランM 3GB 2,980円
スマホプランL 7GB 4,980円

*1:ワンキュッパ割、スマホプラン割引による割引後の料金

 

 

これ以外のプランとして、複数台のスマホ、タブレットで利用できるシェアプランなどがありますが、プラン数はそれほどお多くないです。

 

 

一方、DMMモバイルのプラン数は豊富で、かつ料金も安いです。

 

DMMモバイルの基本プラン(通話SIMプラン)はデータ通信容量によって10プランに分かれています。

 

データ通信容量 月額料金(税抜き)
ライト※1 1,140円
1GB 1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
7GB 2,560円
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 4,300円
20GB 5,980円

※1:ライトプランの最大通信速度は200Kbpsです。

 

 

このほかにも複数台のスマホ、タブレットで利用できるシェアコースというプランがあります。

 

 

DMMモバイルと一般的なユーザーがスマホを使う際に欲しいと言われている3GBのデータ通信容量で料金を比較しています。

 

事業者 プラン名 月額料金(税抜き)
ワイモバイル スマホプランM 2,980円
DMMモバイル 通話SIMプラン 3GB 1,500円

 

 

DMMモバイルは1,500円に対し、ワイモバイルは2,980円です。

 

しかもワイモバイルは料金の割引が大きいのであまり料金が変わらないように見えますが、ワンキュッパ割という1年限定での割引を含めての金額となっています。

 

1年経過してワンキュッパ割が終了した後は、3,980円の料金となります。

 

やはり安さでは、DMMモバイルが圧倒的に安いです。

 

 

ワイモバイルには家族割引というファミリー向けの家族サービスがあります。

 

2台目以降のスマホは月額料金500円引きになるという、とてもお得な割引サービスです。
その他にも光おトク割というインターネット回線による割引もあります。

 

家族みんなで安くなるのはワイモバイルの家族割引サービス
ワイモバイルをインターネットと併せて安くできる光おトク割は本当に得か?

 

もし、家族みんなでスマホを利用する場合、ワイモバイルの割引サービスも含めて料金の比較をするといいです。

 

 

通話料金の比較

 

通話料金を比較してみます。

 

事業者 通話料金について 備考
ワイモバイル

10分かけ放題プランあり

 

10分を超えた場合は30秒ごとに20円の料金がかかる。

スマホプランS/M/Lに含まれている
DMMモバイル

・通話料半額アプリあり
[通話料半額アプリ使用時]
30秒10円

 

[通話料半額アプリ不使用時]
30秒20円

 

・通話料半額アプリによる5分かけ放題あり
月額850円

DMMトークという通話アプリを利用することで、通話料金が半額になる。

 

 

比較してみると、ワイモバイルの方がかけ放題もあり、かなりお得です。

 

DMMモバイルはかけ放題プランはなく、通話料金が半額になるDMMトークを利用すれば通話料金を安く抑えることができますがかけ放題にはかないません。

 

通話料金に関しては、ワイモバイルの方がおすすめです。

 

 

 

データ通信速度の比較

 

通常時のデータ通信速度はワイモバイルの方が多少速いという程度ですが、データ通信速度の安定性に差があります。

 

ワイモバイルはキャリアだけあって、データ通信速度は常に安定しています。

 

しかし、DMMモバイルは格安スマホ特有の「お昼などの混雑する時間帯にデータ通信速度がとても遅くなる」というデメリットがあります。

 

データ通信速度の速さ・安定性は間違いなくワイモバイルがおすすめです。

 

 

 

今持っているスマホを使ってのMNP乗り換え方法の比較

 

DMMモバイルはドコモ回線を使っている格安スマホです。

 

もし、あなたがドコモのスマホ端末を持っているのであれば、そのままSIMカードのみを契約してDMMモバイルを使うことが可能です。

 

ワイモバイルはというと、スマホを自分で用意して乗り換えるのは少し難しいです。

 

スマホには通信規格と周波数帯(バンド)というものがあり、これらの確認をしなければいけません。

ワイモバイルでSIMカードだけ契約するならバンドの確認が必要

 

また、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを使う場合にはSIMロック解除という手続きも必要になります。

 

 

比較すると、今持っているスマホを使ってのMNP乗り換えのしやすさはDMMモバイルの方が上だと思います。

 

 

 

アフターサポートの比較

 

アフターサポートに関しては、間違いなくワイモバイルの方がいいです。

 

DMMモバイルは実際の店舗が無く、お客様サポートも電話かメールのみです。

 

しかし、ワイモバイルはキャリアだけあって日本全国にアフターサポートをするための店舗を設けています。

 

 

もし、あなたが実際に店舗へ行ってアフターサポートを受けたいのであれば、ワイモバイルの方がおすすめです。

 

 

 

まとめ

 

ワイモバイル、DMMモバイルそれぞれに優れている点があります。

 

ワイモバイルは少し料金が高くなってしまいますが、より安心してスマホを利用できる体制やサービスが整っています。

 

一方、DMMモバイルの料金は激安ですが、安心してスマホを利用するための体制やサービスには少し不安があります。

 

 

結局はスマホの月額料金とサービス内容の比較をして、どちらを使いたいかを選ぶと良いと思います。

 

 

ワイモバイルがオススメな人

  • 何かあった時は店舗でサポートを受けたい
  • データ通信速度は速くて安定しないとイヤだ
  • 家族みんなでスマホを使いたい

 

 

DMMモバイルがオススメな人

  • ドコモのスマホを使って料金を安くしたい
  • 普段スマホをあまり使っていない
  • スマホの知識がある

 

 

 

 

Top⇒Y!mobileの気になる評判は?メリット・デメリットまで徹底解説!