ワイモバイルの料金シミュレーションを行うとどのくらい安くなるか分かる

ワイモバイル(Y!Mobile)のホームページには料金シミュレーションがあります。

 

この料金シミュレーションを行うと、どのくらい料金が安くなるのか分かります。

 

料金シミュレーションはワイモバイルのホームページの下部にある料金シミュレーションをクリックすると使えます。

 

 

 

実際のページは以下のような感じで、現在のスマホ月額利用料などを入力して、あなたが欲しいスマホと契約するプランを選んでいくという感じです。

 

では実際に入力していきたいと思います。

 

 

料金シミュレーションを実施

 

まず、スマホの平均月額料金と言われている7,000円を入力。

 

使うスマホにはそれほどこだわらないから防塵、防水の「DIGNO C」を選択。

 

他者からMNPで乗り換えを選択。

 

 

 

 

データ通信量は3GBあればよいので、「スマホプランM(タイプ1)24回払い」を選択。
ここまでで、月額料金は4,298円と出てきました。

 

端末代を含めてこれくらいなので、やはり3大キャリアよりは断然安いですね。

 

 

 

 

 

シミュレーション結果

 

月額料金の差額は・・・2,702円!!
月に2,702円の違いだとしても、2年に直すと2,702円×24=64,848円も違います!!

 

 

オプションなどを何もつけていない状態ではありますが、実際にこれくらいの金額が変わってくるということですね。

 

しかし、ワイモバイルは安いのは確かですが格安スマホと比べてしまうと少し高めです。

 

そのうえ、ワイモバイルの運営会社の片方がソフトバンクなので、3大キャリアのように2年縛りはしっかりと残しています。

 

 

何を置いても料金重視!!という方には残念ながらワイモバイルはオススメではありません。

 

他の格安スマホを使った方が間違いなく安いです。

 

 

しかし、料金を3大キャリアより抑えて、3大キャリア並のサービスを実店舗で受けたい!

 

という方には、ワイモバイルがオススメです。

 

実店舗があるというのは、何かがあった時にすごく安心できます。

 

スマホなんて精密機器なので案外故障しますし、故障してしまったら私には手も足も出ません。

 

 

 

 

そんな時に実店舗がなく、メールや電話でのやり取りのみとなると、とっても大変です。

 

はそんな手間を取るのは絶対にイヤなので、ワイモバイルを使っています。

 

 

 

私は実際にドコモからワイモバイルへ乗り換えましたが、十分すぎるほど料金は安くなっています。

 

家族割引サービスによる料金の割引もあり、シミュレーションよりもワイモバイルの月額料金は安くなっています。

 

[ドコモとワイモバイルを2年間使った時の料金差額]

 

 

もし、あなたが私と同じような考えであるのならば、ワイモバイルがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

Top⇒Y!mobileの気になる評判は?メリット・デメリットまで徹底解説!