ワイモバイル(Y!mobile)のモバイルWiFiルーターで通信費を節約しよう!

Y!mobileのモバイルWiFiルーターで通信費を節約しよう!

 

 

 

ワイモバイル(Y!moible)のモバイルWiFiルーターを使えば、より通信費を節約できることはご存知ですか?

 

モバイルWiFiルーターはスマホのプラン料金を節約できる上に、インターネットの固定回線の代わりにも使えるため、契約をする人が多くなってきています。

 

 

あなたが通信費をより節約しようと考えているのであれば、モバイルWiFiルーターを導入すれば、更に安く便利になるかもしれません。

 

 

 

 

 

モバイルWiFiルーターってそもそも何?

 

モバイルWiFiルーターは持ち運びできる小型のルーターで、パソコンやスマホ、タブレットなどをWi-Fi(無線LAN)で繋げることができます。

 

工事が不要で、料金もインターネットの固定回線より安いため、固定回線を契約せずにモバイルWiFiルーターを利用する人が増えてきています。

 

 

ポケットなどに入れられるくらい小さい機械なので、外出先でも簡単にインターネット接続をすることができます。

 

 

しかもスマホで使用するパケットを節約することもできるため、スマホのプラン料金を安く済ませて節約に使うこともできます。

 

 

モバイルWiFiルーターはこんな人におすすめ
  • 固定回線の工事が面倒くさい人
  • 引っ越しが多い人
  • スマホ、インターネット固定回線の通信料金を安くしたい人
  • 外出先でもWi-Fiでインターネットに繋げられたい人

 

 

 

タブレットとの抱き合わせで売られていたりもする

 

実はタブレットには2つのモデルがあるのはご存知ですか?

 

WiFiモデルとセルラーモデルの2つです。

 

ワイモバイルで販売されているタブレット「Lenovo TAB2」、「Suface 3」、「MediaPad M1 8.0」などはセルラーモデルと呼ばれているタイプのタブレットです。

 

もしWiFiモデルのタブレットを使う場合には、モバイルWiFiルーターを契約することをお勧めします。

 

 

WiFiモデルとセルラーモデルの違いとは

 

WiFiモデルとセルラーモデルの違いは、SIMカードが挿せるか挿せないかの違いです。

 

WiFiモデルのタブレットはSIMカードを挿せないため、WiFi通信でインターネットに接続します。

 

WiFi通信のために、モバイルWiFiルーターなどを用いたりWiFiスポットを利用したりします。

 

一方、セルラーモデルはSIMカードを挿せるタブレットです。

 

WiFiを利用しなくても、タブレット自身がそのままインターネットに接続できます。

 

 

つまり、WiFiモデルのタブレットを使う場合には、モバイルWiFiルーターを契約していないと外出中はインターネットに接続できないことが多くて不便だということになります。

 

そのため、WiFiモデルのタブレットはモバイルWiFiルーターと抱き合わせで販売されていたりします。

 

テザリングでも代用可能

WiFiを外出先で使う場合、モバイルWiFiルーターの代わりとしてテザリング機能を利用するのもアリです。

 

スマホでテザリングをすれば、スマホ経由でインターネットに接続が可能になります。

 

ただし、テザリングで使用したデータ通信量はスマホのデータ通信容量を利用することになるので、スマホで契約しているデータ通信容量には十分にご注意ください。

 

 

 

ワイモバイルのモバイルWiFiルーターを使うと安くなるかも?

 

ワイモバイルではモバイルWiFiルーターが複数販売されています。

 

一番安い価格帯のモバイルWiFiルーターであれば、本体代金を含めても3,000円未満で運用できます。

 

ワイモバイルのモバイルWiFiルーターは安いので、一度検討してみるのも良いかもしれません。

 

 

ワイモバイルのモバイルWiFiルーター>>こちら

 

 

 

Top⇒Y!mobileの気になる評判は?メリット・デメリットまで徹底解説!